スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボット大戦L


スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付きスーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き
(2010/11/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る


 かなかの良作だった。スーパーロボット大戦L。NEOの出来も悪くはなかったが、久々にまともなシナリオのスパロボだった。Wほどではないにせよ、各作品間のクロスオーバーが面白い。ボルテスとマクロス勢の絡み、ラインバレル・エヴァ・主人公の学生絡みなどなど、あたかも一つの作品かと錯覚するほどテンポの良い会話が進められていく。これぞまさにスパロボ。つぎはぎ感の否めなかったZやKのシナリオに辟易した人には朗報と言えるだろう。

 各キャラクターの行動や性格が修正されているのも本作の見どころ。個人的には空気にしか見えなかったマクロスFのアルトはちゃんと主人公らしい言動を取っているし、SEEDDESTINYのキラの不可解な行動も筋が通るように変更が加えられている。

 一方で気になったのは一部の参戦作品と敵勢力の少なさ。機体性能はともかく、コンバトラーの影の薄さと来たら。ボルテスと絡むわけでもなく、「何故いる?」状態に。戦闘アニメが格好いいだけに不憫である。
 敵対勢力はラインバレルとマクロスがメイン。そこにイクサー系、擬態獣、MS、ダンクーガ系、ガイキング系のキャラクターがちょこちょこと混ざってくる。シナリオの整合性を取るために敢えて超電磁系やマジンガー系の敵を削ったのは分かるが、物寂しい感は否めなかった。(ちなみにマジンガーは歴戦の勇者的なポジションで存在感大)

 システムは強化パーツを廃止するという思い切った措置が取られた。その代わりに導入されたのがパートナーユニットのボーナス効果である。これが旧来の強化パーツの役割を果たしている。各機体ごとにバラエティ豊かな効果が揃っており、思わぬユニットが強力なボーナス効果を持っているのが面白い。強い機体ばかりじゃなくて、サポートユニットも使って欲しい、ということである。
 かつてのスパロボが持っていた一騎当千的な要素はタイトルを重ねるごとに薄れているが、今作は「そこそこ無双できる」という点ではいい落としどころだと思う。ただ一騎当千的なスパロボをプレイしたい人は正直、もうこのタイトルから離れるしかないのだろうなという感想も抱いた。小隊システムが導入されてから、「多くのロボットを使う」というプレイスタイルに変化していて、今後もそれは変わることはないだろう。
スポンサーサイト

Marvel vs Capcom



 マーヴェルVSカプコンの新しいトレーラー。

 キャップが格好良すぎる。

 アマ公とジョーのデコボココンビも微笑ましい。思わずにこにこしてしまう素敵なトレーラーだ。

 気になるのは一点。FFの面々は出ないのかしら。スーパースクラルばかりフィーチャーされているのだけれど……

アイルー村での生活


モンハン日記 ぽかぽかアイルー村(特典なし)モンハン日記 ぽかぽかアイルー村(特典なし)
(2010/08/26)
Sony PSP

商品詳細を見る


 アイルー村をぼちぼちプレイしている。とりあえず、スタッフロールが追加される程度の進行具合。ただ、リオレイアクエストにはまだ挑んでいないので、先は長そうだ。

 正直、ゲームの作りこみは甘さがある。移動できる範囲は狭いし、やっていることとは殆ど「ボタンを押すだけ」だ。ゲーム単体を長時間プレイするのは辛い。DVDでも見ながらプレイするのが丁度いいと個人的には思う。

 とはいえ、独自のデフォルメを施されたアイルーは可愛いし、癒されるのだけれど。狙いは悪くないのだから、次回作があるならゲーム部分を大幅に練り直して欲しいな。村を歩き回るしか出来ないのは、ちと虚しい。クエストは仲間に指示を出すだけだし。アイルーを鑑賞するゲームではなく、アイルーを操作できるゲームになれば没入感が深まると思うのだが。

バースバイスリープ

キングダム ハーツ バース バイ スリープキングダム ハーツ バース バイ スリープ
(2010/01/09)
Sony PSP

商品詳細を見る


 とりあえず、一通りクリア。残すはシークレットEDのみ。ちまちまとプラウドモードをやり始めますかね。

 352daysがハズレだったので、今回はどうかなーと思ったんですが杞憂でした。DSとPSPでは根本的にマシンパワーが違いすぎる。戦闘システムの爽快さと練りこみ具合が段違いです。352daysの、あの単調な戦闘は一体……

 主人公は三人。ストーリーがそれぞれ独立していて、三人をクリアーすることで初めて物語の全体像が見えるというもの。一人辺りのプレイ時間は10~13時間程度。やり込み要素が満載なので、もっとガッツリ遊べます。
 三人プレイすると飽きが来そうですが、その辺りはストーリーの描き分けと戦闘システムでテンションを保たせています。個人的に上手いなと思ったのが、戦闘難易度。アクションが苦手な人への配慮なのか、スタンダードモードだと大して強化しなくてもサクッとクリア出来てしまいます。一週目なんか、~ガ系を殆ど合成せずにEDまで突っ走っておりましたwそれでもクリア出きるくらい(さすがに最後は苦戦するけど)の難易度なんですね。なので、ぶっちゃけ今回用意された戦闘システムを駆使しなくてもEDは見られる。
 で、次に二人目をプレイするとなると、正直ダルさがあるわけですよ。またLV1からやり直しかよ、みたいな。とはいえ、ストーリーは追いたい。そこで、一週目は放置していた戦闘システムに手を出してみると、その奥深さに気づくんです。コマンドのカスタマイズ、アビリティの付与、D-LINKの強化、フィニッシュコマンドの進化などなど。知れば知るほど、やればやるほど、面白さが増してくる見事な戦闘システムなのです。まあ、ハマるハマる。
 殆どだれることなく、ラストエピソードまで突っ走れます。

 ストーリーも一人一人は小粒なのですが、三人プレイしたのちのラストエピソードをクリアするとグッと来るものが。KHシリーズの中では一番好きなEDかもしれない。アクアがねえ、いいキャラなのですよ。彼女を主役にもう一度外伝を作って欲しいくらい。

テーマ : キングダムハーツシリーズ
ジャンル : ゲーム

SDガンダムGジェネレーションスピリッツ



ジェネレーションスピリッツ。GジェネはNEOとAの出来に絶望してもう二度と買うまいと決めていたんですが、戦闘シーンが刷新&戦闘システムがF形式に戻ったらしいということで購入してみました。ちなみにポータブルの方は未購入。ポータブルもF形式らしいですね。まあ、NEOとSEEDの不人気っぷりは凄まじいものがありましたからねぇwアレでGジェネ離れ起こした人は多そう。

 さて、今回の収録作品は宇宙世紀のみという豪快ぶり。特に一年戦争関連の充実ぶりが凄まじい。こんなのシナリオに組み込むのって作品まで収録されてます。反面、アドバンスオブZやガンダムセンチネルなど、個人的にプレイしたい作品が省かれてもいて、バランスの悪さは否めないかも(機体のみ参戦してます)。
 各作品の収録話数もF時代と比べると減少しているんですが、その分シナリオがフルボイスになっていたり、語られないシーンをダイジェストで見せてくれたりと、フォローはしっかりしてます。イベント面を設けて二部構成にするといった工夫もボリューム感を出していて好感を持てるかな。

 システムはまず、テンションシステムに少々変更が加わりました。テンションが超強気になった後に敵を撃破し続けると、「壱→弐→参→魂」と更にテンションが増加していくんですね。んで、魂状態での攻撃は大ダメージを与えられる代わりにテンションがノーマルまで戻ってしまう。要するにFのような半永久的な活動が封じられているわけです。かといってストレスが溜まるわけでもなく、ゲームバランス的には程よい感じ。
 あと大きな変更点といったら、ハロポイントの導入かな(ポータブルから導入されたものらしいですが、魂のそれはちょいと性格が違うみたい)。敵を撃破するとハロポイントが蓄積されていって、その分が資金としてゲットできるっつーシステムです。それから、ハロポイントのランクによってボーナスパーツのランクが変動したり、原作キャラが自軍に無料で加入してくれたりというボーナスもあり。
・クリティカル
・オーバーキル
・支援攻撃
 この三種の行動でハロポイントを増加させることが可能になります。一番重要なのは支援攻撃。より多くのユニットで攻撃を仕掛けるほどにポイントが増加していくのです。そのため、単体で撃破可能な敵をわざと生かしておいて、集団でフルボッコ→ポイント増加というプレイスタイルが日常化していきます。このせいで、ちょいとテンポが悪くなっているかも。
 もっとも、クリアするだけなら簡単だし、ランクが低い強化パーツも意外に使えるっつーか、プラチナランクのパーツは序盤にはあまり必要ないものが多いので(特にMAP兵器関連)、特に気にする必要もないかも。金は捕獲ユニット売り飛ばしでも稼げますしね。問題になってくるのは原作キャラの加入くらいかな?

 今作最大の売りであろう戦闘シーンは素晴らしいの一言。動く紙芝居風な戦闘アニメなんですが、ちゃんと格好良さのツボを押さえていて見てて飽きないんですわ。美麗なCGで描かれたMSが集団戦闘する様は一見の価値あり。以前のGジェネは見て楽しむものではなかったんですが、今回は見ているだけでも楽しいゲームとなっております。試みは面白かったものの躍動感にかけたNEO形式を切り捨てたのは大正解。ハロポイントでもたつき気味なテンポを軽快な戦闘シーンが補ってくれてます。

 肝心の難易度は相変わらずマゾいw簡単な面を二~三面クリアして資金を溜めてからクスィー生産登録&生産すると楽になりますけどねー。同じように序盤でVガン作成も攻略が楽になるっちゃなりますが、こちらのマゾさは半端じゃないのでおススメしません。

←発売中

テーマ : Gジェネレーションスピリッツ
ジャンル : ゲーム

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。