スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルスピーカー

 audio-technicaのモバイルスピーカーを購入。


audio-technica コンパクトスピーカー AT-SPP30 TBLaudio-technica コンパクトスピーカー AT-SPP30 TBL
(2010/05/21)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る


 宿泊先で音楽を聴きたいと思ったとき、イヤホンでは耳が疲れるし、iphoneのスピーカーではやや力不足だしということで購入してみた。amazonでの評判はかなり低い。どうも1ランク下の機種とそれほど変わらないらしい。むう。

 とはいえ、スピーカーの性能はそれなり。パッシブ機能をオンにするとiphone内臓スピーカーより数段パワフルに音が聴こえる。最大にすると、かなりの音量になる。オフのまま、つまり電池を消費せずに使用することも出来るけど、iphone内臓スピーカーと対して差異はない。

 使用用途は旅先のみと決まっているから十分な性能ではあるかな。サイズも手ごろ。モバイル充電器・スピーカー、ネックストラップ。iphoneのオプション機器が大分充実してきた。あとはベルトホルダーくらいか。
スポンサーサイト

Weight is a gift


Weight Is a GiftWeight Is a Gift
(2005/09/13)
Nada Surf

商品詳細を見る


 NadaSurfの4th「Weight is a gift」の日本盤を入手。(リンクは輸入盤)
 本音を言えば輸入盤のデラックス盤?(Always Loveのvideo収録)が欲しかったのだけれど、値段と入手難度を比較して断念した。NadaSurfのPVは心惹かれるものが少ないので別にいいか。

 お目当てはボーナストラック。名盤だけあって、ボーナストラックも質が高い。沁みる。すっと心に溶け込んでくるメロディラインが素敵だ。彼らの音楽は決して派手でもないし、フックも少ないし、いわゆるロックバンドにしてはちょっと地味。だけど、とても身近に感じる。音楽がしっかり生活に根付いている感じがする。
 やっぱり好きだなあ、このバンド。

 そうそう、日本盤の解説もとてもよかった。現在は中古でしか買えないので、oidから再発して欲しいなあ。

 尚、Weight is a giftはこれで三枚目。一枚目?はitunesからダウンロード、二枚目は中古の輸入盤(ジャケットが可愛い!)、三枚目は中古の国内盤。輸入盤のジャケットに国内盤+解説を入れて、国内版ジャケット+輸入盤を布教用に使おうかしら。

DIVE


DIVEDIVE
(2010/03/24)
坂本真綾

商品詳細を見る


 しぶりに坂本真綾のDIVEを聴く。セカンドアルバムなので、まだまだ青臭さが残る時期だ。けれども程よく力の抜けた歌が、そっと沁みこんでくる。派手さも尖ったところも、あと一歩といったところだけど、かえってそれがいい。
 まったりしたい時には最適だ。

 最近は洋楽を聴き漁っていて、ほとんど邦楽は聞かないのだけれど、時どき坂本真綾と菅野よう子のコンビを無性に聴きたくなる。特に初期の楽曲群。聴いていて、ホッとする。歌い手の伸び伸びとした様子が伝わってくるからなのかな。あとは、声質がとても素敵だ。上手いとはあまり思わないのに、惹きつけられる。

 ハチポチあたりが導入としてはおススメ。

Release Me


Release MeRelease Me
(2010/06/15)
Like

商品詳細を見る


 The Likeのセカンドアルバム、「Release Me」がキュート。そこはかとなくレトロな雰囲気のするジャケット通り、曲もレトロポップ。もちろんこの時代の音楽センスによって解体・再構築された「レトロ」なので、とても聴きやすい。



 動画はThe ShirellesのWill you still love tomorrowをカバーしたもの。切ない曲とヴォーカルの組み合わせが沁みるなあ。そして、やはり過去の音楽との相性が良いという証左でもある。もちろん、彼女たちのアレンジ技術があってこそだけれど。動画を見る限りはもはや持ち歌の一つと化しているよね。
 Time after time辺りも、この子たちには合いそう。アコースティックなTime after time……いいねえ。次は是非ともカバー集で。

夜の支配者


夜の支配者夜の支配者
(2009/09/30)
踊ろうマチルダ

商品詳細を見る


 ろうマチルダのセカンドミニアルバム「夜の支配者」を購入。youtubeで色々なアーティストの映像を漁っている時に偶然、踊ろうマチルダの「踊ろうマチルダ」を見つけたのが、最初の出会いだった。

 何処となく乾いたサウンドに、渋みのあるボーカル。派手さはないが、体に染み入るようなメロディが印象に残っていた。先日タワーレコードでひっそりと売られているのを見つけたので、これ幸いと購入したみたのだけれど……

 良い。

 地味だし、売れ線の音ではないけど、いい音楽だ。肩の力の抜けたボーカルが、凝り固まった頭をほぐしてくれるよう。疲れている体に実によく響く。日々の生活にそっと寄り添ってくれる音楽だと思う。
 ボーカリストの初めて購入したCDが「FFのサントラ」というのも、親近感を感じるなあ(笑)でも確かに、あの頃のゲームミュージックは素晴らしかったよね。なけなしの小遣いを叩いてサントラを買っていたもの。

 
 以下、物欲メモ

Hush 踊ろうマチルダ
Very Best of キャット・スティーブンス
Roadsinger - To Warm You Through the Night ユスフ・イスラム(キャット・スティーブンス)
フィールド・マニュアル クリス・ウォラ
イリノイ スフィアン・スティーブンス
DOWN TOWN/やさしさにつつまれたなら(初回限定盤)(DVD付) 坂本真綾

 メモっておかないと忘れてしまうので。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。