スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイビズ マーベルレジェンド シリーズ10 サイクロップス

xicrop5.jpg

 まだまだ続くよアメトイ祭り。今回はシリーズ10からサイクロップスをレビューです。サイクロップスはカプコンのゲームで大活躍しているので、ご存知の方も多いはず。
 元祖〝目からビーム〟のお方です。誰とも目を合わせられないという哀れな男でもあります。サイクロップスについては、こちらでより詳しく触れられているので、興味がある方はどうぞ。(逆引きX-MEN!さん

 どうでもいいことですが、管理人は映画版のサイクロップスが嫌いです。だって、スゲーかっちょわるいんだもの。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

今月の本vol.2

 昨日はボウケンジャーとカブトを見逃しましたOTLだって、スゲー眠かったんだもん。最近、疲れが溜まりまくってまして。

 それはともかく、今日は予定を変えていつもの備忘録にしたいと思います。では、さっそく。

1.シービスケット


 実在した競走馬シービスケットと、彼を取り巻く男たちの物語を描いた〝ノンフィクション〟。スパイダーマンですっかりお馴染みになったトビー・マグワイア主演で映画化されているので知名度はバッチリかな。
 映画公開当時はハードカバーのあまりの高さに買い控えしていたのですが、ブックオフでゲット。その後、同じような値段で文庫本が発刊されてプチショックだったのは、どうでもいいお話。
 肝心の内容は、素晴らしいの一言に尽きます。あまりにドラマティックな展開に、ページをめくる度に震えが来ました。実話だけが持つ、確かな重みと厚みが感じられる一品です。これはもう、大プッシュしたい。こんなに面白いノンフィクションは今まで読んだことがないです。
 ちなみに、競馬を知っていると更に楽しめるので、ある程度知識を仕入れてからの方がいいかも。優駿やジョッキーで得られる程度の知識で結構です。

2.西の魔女が死んだ


 児童文学。児童文学といえど、物語は物語。小説は小説なのです。バッテリーが驚異的なヒットを記録したように、どんなジャンルの小説であろうと、人の心に響くものは評価される。「西の魔女が死んだ」も、そんな一冊でしょう。
 この物語において、戦いは描かれません。現実との戦いは一切描かれず、精神論的なシーンばかりが展開されます。それを現実からの逃避と見るのか、現実との戦いは読者へと委ねられたと見るのかによって評価は真っ二つにわかれそう。私としては、「上手く逃げたな」という感想ですね。細かく見ていくと、やっぱり不満が出てくる。
 ただ、「アイ・ノウ」の一言で、全てが報われます。主人公の、まいと同じく。この一言を読むだけでも、読む価値は十分にあると思います。優しさに溢れた作品を読みたい方は是非。

3.抗いし者たちの系譜~逆襲の魔王


 富士見ファンタジア大賞の審査員特別賞を受賞した作品。
 魔王が〝逆襲〟するという、何ともかわったコンセプトで造られています。コンセプトだけなら、受賞作品の中でも抜きん出ていたのですが……いかんせん、心理描写に頼りすぎで世界観が薄い。全体的に、勿体ない感が漂う作品でした。
 ただし、魔王ラジャスの鮮烈な生き様は恐ろしいまでに格好いいです。彼が活躍する場面を見るだけでも、買う価値は十分にあると思う――というか、彼がこの物語の全てです。それくらい、素晴らしい。ラジャスの格好よさに酔いしれてくださいませ。

 さて、今回は三冊のみとさせていただきます。残りの二冊は公開すると、身元がバレそうな本なので^^;一部の友人を除いて、あんまりこのブログの存在は知られたくないのです(((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル




 へたれ大MAXさん、タカラ ACTIC GEAR AG-V07 1/48 ATH-06-WP ダイビングビートルレビューです。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 天羅ブログさん、レビューの紹介ありがとうございます!
 日本人の知らないようなマイナーキャラが続々リリースされる、それがレジェンドクオリティなのですw

 ゲーザ10歳SSさん、タカラ 戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー 00 創造神プライマスレビューです。
 キター(゜∀゜)あ、圧倒的な存在感じゃないですか。こういう出鱈目な(いい意味で)商品がリリースされると楽しいですよねぇ。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 FIGUREFULLMUSKさん、BRAVE合金 宮沢模型限定版 ジェネシックガイガー(ジェネシックギャレオン)レビューです。
 レビューの紹介ありがとうございます!
 アメコミはライターによって絵柄が違うのが面白くもあり、困ったところでもありますよね^^;

 ななななさん、ブラックパンサーレビューです。
 待ってました! これでブラックパンサーのプロフィールがバッチリですよ、皆さん。
 >Vengeance
 ゴ、ゴーストライダーって引退とか出来るのでしょうか(笑)冗談はともかく、これでVengeanceが心置きなくレビューできそうです。勉強になりました。ありがとうございます!

 すきモノ。さん、閉鎖のようです。う~む、残念です。

今回は大丈夫……らしい?

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

交響詩篇エウレカセブン第四十四話 イッツ・オール・イン・ザ・マインド

 今週もアネモネ祭り? ある意味、祭りではないような気もしますが。むしろユルゲンス艦長祭りというか、サブキャラ祭りでしたね。レントンパートは相変わらず鬱展開。それでは、いつものようにいきます。

貴様、また太ったな
 今週唯一の笑いどころ。デューイの命でガリバーが運び込まれたような台詞がありましたが、あまり意味はないような気がしますね。とりあえず、重すぎとwそういえばガリバーって、何ていう動物なんでしょ。謎の動物ですよね。

手遅れになる前に、俺の出来ることは全部やっておきたいんだ
 俺の体はボロボロだー!状態だったホランド。死亡フラグとかそんなんじゃなく、もう既に死に掛けているという(汗)いやぁ、この人は死なないと思うんですけどね。それとも贄の王は最後まで贄の王なのか
 さてさて、ホランドがボロボロになったのはターミナス03に搭乗したせいだとか。このターミナス、新型かと思っていたら旧式の機体だったようです。操縦者に危険すぎるが故に封印されていたという位置づけみたい。ガンダムWのトールギスを思い浮かべると分かりやすいかもしれません。303の方が色々とやばいですが。薬剤投与しながらの操縦ですからね(先週の戦闘シーンでつけていた奇妙なヘッドギアは、薬剤投与のためだったようです)。
 薬剤投与で思い浮かぶのは、アネモネ。後々の台詞から類推するに、彼女とホランドは似たような薬剤を投与されている可能性が高そうです。その理由は恐らく、〝あの手のLFO〟に乗るため。ターミナス303とジ・エンドのデザインが似通っているのも、この共通点ゆえかと。ターミナス303はジ・エンドのプロトタイプってな位置づけではないでしょうか。そろそろジ・エンドの開発経緯も明かされそうなのでこれ以上の予想はよしておきます(笑)

戦争で家族を失ったのが自分だけだと思ってるのか
苦しんでいるのは貴様だけじゃない、貴様だけじゃ
 この間はユルゲンスもワルサワに何かあると知っているのではと書いたのですが、ただの深読みでした。
 ワルサワは、ユルゲンスの出身地。そして、妻と娘を失った土地。ベタなシチュエーションではありますが、それをサブキャラに持って来たことに意義があるかと。ユルゲンスの墓参りのシーンで副官のキャラを立てることにも成功していますからね。おまけにドミニクの過去も、わずかではありますが浮き彫りにしてくれて、このシーンの組み立て方は堅実かつ素晴らしいです。王道ここに極まれり。ユルゲンスの描き方に関してはパーフェクトに近いですよ。

ノヴァク財団の施設
 先週、ムラサメ研究所みたいな位置づけではと予想して、見事に的中というか……むしろムラサメ研究所よりえぐかったですね。
 ワルサワの施設の正体は「絶望病患者を擬似コーラリアン――アネモネに造り替える」というもの。ただし、アネモネといっても、クローンではありません。どうもアネモネというのは、擬似コーラリアンの型番のようなものみたいですね。ジ・エンドのライダーになる者がアネモネと言った方が分かりやすいでしょうか。とにかく、人の名前ではない模様。物語では便宜上の問題でアネモネを「アネモネ」と呼び続けていますが。
 そうそう、アネモネに関しては四十二話の予想でビンゴでしたね>『無理矢理コーラリアン的な性質を持たされたと考えた方が自然かもしれません

出来損ない
 アネモネシリーズの正体は、擬似コーラリアンとは前途したとおり。製造方法は不明ですが、彼女らに投与された血液のような液体が擬似コーラリアンを擬似コーラリアンたらしめるもののようです。まさかエウレカの血ってことはないと思うのですが……
 絶望病患者を使用するのは、魂魄ドライブを介して環界と繋がっているからでしょうかね。普通の人間よりもスカブコーラルに近い位置にいるわけですから、そういった点で常人よりも適性が高いのでしょう。ただ、スカブに魅せられた精神をどうやって補うかは謎のまま。アネモネがゾーンで見たヴィジョンから考えると、人格までも擬似的に造られた可能性が高いです。
 そのアネモネですが、出身はユルゲンスと同じくワルサワのよう。EDで出てくる彼女の後姿は、人間だった頃のものなんでしょうね。にしても、ユルゲンスと同じ出身地ですか。ここでユルゲンスを掘り下げてきた理由を考えると……
 さて、アネモネシリーズのオリジナルですが、やはりエウレカのようです。整形手術を施されたアネモネ候補者たちは髪型や肌の色こそ違えど、顔は以前のエウレカそのもの。顔をオリジナルに近づけたところで、大して意味はなく。エウレカに似せきれなかった〝今のアネモネ〟が長期間稼動していることからも、それは明らかです。エウレカに対する、デューイの妄執といったところでしょうか。

アレの特異性
 薬物耐性の強さ・ゾーンへの依存度。アネモネはすべてにおいて特別だったようで。これまた先週の感想で触れたまんまですな>『彼女ほどの出来の模造品が完成しなかったからなんでしょうね
 余談はさておき、首輪にこめられた意味は未だに明かされていないんですよね。アネモネの候補者たちとアネモネを分けるアイテムでもあるんですけどねぇ。首輪の意味は、いつ明かされるんでしょ。

生贄
 「アネモネの代わりに誰かを生贄にしなければならない」と悩むドミニクに突きつけられたのは、復活したレイ・アウト。ま、まさかユルゲンスがレイアウトフラグの解消者だったなんて。これはかなり驚きました。よくよく考えてみれば、首都陥落の真実を知るのはデューイ直属の人間だけ。ありえない可能性ではなかったのですが、これは予想できなかった。ユルゲンスが小さな波となって世界情勢を動かしていきそうです。OPで新規カットが入れられたのも、このためだったみたい。

真の約束の地
 相変わらず鬱展開の約束の地。地図で見ると、着陸当初からかなり進んでいるようです。とまあ、そんなことはどうでもよくって。レントンの感情の流れが明らかにおかしいです。
 「不満があるなら言ってよ」
 「焦る気持ちは分かる。冷静に対処しなきゃ」
 などですね。先週、焦りまくっていたのは一体どこのどいつだと(苦笑)今までは矛盾した展開があってもレントンが反省することでカバーしてきたのですが、今回はダメダメ。これは読み取り方が悪いとかそんな問題じゃなくて、単純なミスですね。DVDでは先週の約束の地パートは全カットした方が懸命ですな。先週さえなければ、今週の展開は十分に受け入れられるものですから。

ライフル銃
 新OP感想で触れたように、シートの裏に入っていたのはチャールズのライフル銃。今の状況ですと、銃口が向けられるのはたった一人――エウレカです。あくまで、人間を射撃対象とした場合ですが。スカブコーラルの核を撃ち抜くという展開もありそう。

光る体
 エウレカの体(スカブコーラルと癒着した部分)が魂魄ドライブと同じ輝きを。この子はホントに不憫ですなぁ。ヒロインなのに、痛い目にあってばかり(涙)

トレゾア技研へ向かえ
 ようやくかよ!?と三村ばりのツッコミをしたくなるデューイからの命令。トレゾア技研もデューイもお馬鹿さんですな(苦笑)
 このシーンの見所は、「よろしいのですか?」「これは命令だ」と阿吽の呼吸で離反フラグを見事に打ち立てたユルゲンスとその副官にあり。いやいや、この存在感は凄いですよ。まるでレギュラーキャラクターみたいです。

僕は決めたよ……アネモネ
 そして、離反を誓う者がここにも一人。サブキャラクターたちのドラマもいよいよ本格化。ラストへの伏線は揃いつつあります。あとは伏線をどう爆発させるか。モーニンググローリーの感動よ、もう一度!

 ではでは、今日はこんなところで。また来週。

←サントラ2!

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トイビズ マーベルレジェンド シリーズ10 エンジェル

angel10.jpg

 今回ご紹介するのは、エンジェル。Xメンの初期メンバーの一人で、本名はウォーレン・ワージントンⅢ世。名前の由来は、見たまんま、背中に羽が生えているから。Xメンファンでもない限り知らないようなキャラクターですが(私も知らなかったし)、今夏公開予定のXMEN-3に登場するので、ちょっとは知名度が上がるかも。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

トイビズ マーベルレジェンド シリーズ10 ブラックパンサー

 へたれ大MAXさん、バンダイ ハイパーディティールリミテッド 仮面ライダーレビューです。
 スパイダーマンの紹介ありがとうございます!

 天羅ブログさん、アルター「Fate/hollow ataraxia セイバー 私服Ver.」レビューです。
 スカートなしの方がいいですなwすらりとしたおみ足も拝見できるし。
 スパイダーマンの紹介ありがとうございます!

 ゲーザ10歳SSさんFIGUREFULLMUSKさん、スパイダーマンの紹介ありがとうございます!




pantherb2.jpg

 一日あけようと思ったんですが、レビューしたいフィギュア(マーブルレジェンドシリーズ)が大量に増えてしまったので、連続レビューでっす。
 今回ご紹介するのはブラックパンサー。日本ではかなりマイナーというか、アメコミファンでもない限り知らないようなキャラクターです。アフリカの小国ワガンダの王様で、キャプテンアメリカが所属するアヴェンジャーの一員だったとか。
 私もよく知りません(ぇー特撮の偉い人に任せます(最悪)
 
 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

トイビズ マーベルレジェンド シリーズ10 スパイダーマンファーストアピアランス

spidermanapear7.jpg

 アメトイ祭り第二弾。今回はマーブルレジェンドシリーズ10からスパイダーマンファーストアピアランスを紹介。ファーストアピアランスとは、スパイダーマン創刊時のデザインを忠実に再現したもののこと。そのため、現在リリースされているスパイダーマンクラシックスや映画版スパイダーマンと比べて、目つきがキツメ。それがまた味だったりするんですがwそうそう、背中にネットがついてくるんですが、ダサいのでハサミでカットしちゃいました。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

カネヒキリ

 月曜の記事で何か書き忘れていると思ったら、競馬のことを忘れてました。先週はG1フェブラリーステークス。砂のディープインパクトと呼ばれ、ドバイ行きも決定しているカネヒキリが出走。レース前は斤量の問題などが取り上げられていましたが、快勝。上がり3Fのタイムを見れば分かるんですが、一頭だけ次元が違います。実際、ゴール前での追い上げは凄まじいものがありました。トップに立った後も足が鈍るどころか、さらに伸びましたからね~。いやはや、さすがG1といったレースでございましたよ。ドバイ、勝てるといいですね。

appo.jpg

 性懲りもなく集める俺ガイル。今日はX23をゲットして来ましたよ。ウルヴィーと絡ませようと思って。ところがこのX23、出来が大変よろしくない。ちょっとガックリです。ウルヴィーの出来が凄まじいだけに、余計。完全にアポカリプスのパーツの、オマケですね。
 んで、このアポカリプスのヘッドパーツ、半端じゃない出来なんですが。ちょっと手を加えればミニバストと言っても通用しそうなクオリティ。これがトイビズの底力か……!
 でも、オマケのフィギュアにも力は入れようね。

silsuf.jpg

 実は銀色サーファーもゲットしていたりする。残り一個だったもので、急遽マエストロからこちらに購入を変更。関節に難ありですが、保護して正解でした。これはイイモノですよ、皆さん?
 さて……明日はマエストロとビショップをゲットしてくるか。ブリスターがかさばって、一気に買えないのですよ。





カティサークは『○○』のキャンディー♪さん
と相互リンクなのです。よろしくお願いしますm(_ _)m

 へたれ大MAXさん、バンダイ MOBILE SUIT GUNDAM SEED THE HYPER HYBRIDMODE・WF2006[冬]限定 CM's 舞-HiME×舞-乙HiME 舞衣&アリカ TypeA&Bレビューです。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 中指こそ! モノを言う!さん、ユージン「SRDX かみちゅ! 一橋ゆりえ」で遊ぶ!公開です。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 天羅ブログさん、レビューの紹介ありがとうございます!

 FIGUREFULLMUSKさん、Wave バスターマシン キャンフヴァンディスレビューです。
 こんな動かなさそうなデザインによく関節を仕込めたもんですなぁ。凄い。
 レビューの紹介ありがとうございます!
 黒騎士、うらやますぅい(笑)

 ちなみに。ウチはリンクフリーですんで、ばんばん貼っちゃってください。見つけたら多分、リンク折り返しますwそれから、エウレカでお世話になっているブログさんはエウレカリンクの方に収録してあります。こっちは、ウチが勝手に貼りまくりなんですがw

←28%オフ!

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

SPAWN REBORN2 THE RAVEN KNIGHT

ravennight9.jpg

 アメトイ祭り開催。ガイバーとか撮りたいものは一杯あるんだけど、アメトイ祭り開催。
 というわけで、今日は投売りでゲットしたアメトイの歴史を語る上で欠かせないSPAWN REBORNシリーズから、RAVEN NIGHTをご紹介。
 REBORNシリーズは、それまでにリリースされたもののリペイントもの。新規造形はほとんどないので、現行のSPAWNシリーズとは別物として考えてください。ちなみにこのRAVEN NIGHTは元々BLACK NIGHTという商品名で1998年にリリースされたものです。
 1998年ですよ? 1998年。マクファーレントイズが、どれだけ異常(笑)な造形力を誇っているかがよく分かりますね。現在では更にパワーアップして、2000円台なのにスタチュー並のクオリティという状況に。マクファトイ、恐るべし。(RAVEN NIGHT自体は2004年リリース)

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

スーパーヒーロータイム

BLOOD+
 土曜日に書こうと思っていたのに、マーヴェルレジェンドの撮影していたら忘れてました(ぇー
 とりあえず、小夜のシャワーシーンがほのかにエロかったことは覚えてます。冗談はさておき、見所は胴体を貫かれたハジですかね。色々なところから悲鳴が聞こえてきそうだ(笑)あとは、OPにも出てくる黒フード集団とか、ディーヴァの正体とか、今後の物語に大きく関わってくるであろう要素が惜しみなく出されていました。面白くなりそうな要素は十分に揃ってきたので、あとはキャラクターの掘り下げですね。こちらも順調に進んでいるので、心配はないかな。

ボウケンジャー
 いよいよ始まったボウケンジャー。スーツのデザインはマジの方が好みかな。
 第一話からロボ登場と、なかなかのサービスっぷり。通常武器がつるはしとハンマー(でしたっけ? うろ覚え)なのはどうかと思いますがw必殺武器は全然違うし(笑)
 何年も続いているシリーズだけあって、滑り出しは好調かつ堅実でしたね。あとは、どれだけ「冒険」してくれるのかといったところかな。東京近辺ばかり冒険するのは嫌デスよ?

仮面ライダーカブト
 面白かった。今回のエピソードは天道のヒーロー性が分かりやすく描かれていたので、一気に好感度がアップしそうな予感です。相変わらず傍若無人に振舞っていますが(サバとか)それにしても、いつまでサバネタで引っ張るんだろう。そろそろ、サバから離れません(笑)?

フォーグラーを止めろ

urupure.jpg

 着々と増えていく、アメトイ。うふふふ……もういくらつぎ込んだなんか考えたくない。

htpure.jpg

 今年はアメトイメインのレビューサイトになりそうな予感ですよ。今あるストックだけで一ヶ月は戦える(ぇー! いやほら、ウチは毎日レビューとか出来ませんし。
 とりあえず、目下のブームはマーヴェルレジェンド。今度はアポカリプスを完成させようかと考えております。次シリーズのオンスロートは、ラインナップされたヴィラン(悪役)が微妙なのばかりなので、思案中。グリーンゴブリンとブラックハートくらいはゲットしておきたいですが。そうなると、他のパーツも揃えたくなってきちゃうわけで……
 んで、マーヴェルレジェンドの次にはまっているのがFF4のフィギュア。既にミスターファンタスティックとシングのセット・ヒューマントーチをゲットしております。インビジブルガールが欲しいのですが、どこにもなく。あ~、映画公開時に買っておけばよかったよぅ。あの頃はトイビズを完全に侮ってたからなぁ。やっちまったZE。

 気を取り直して、これからのトイビズのシリーズ展開をちょこっと載せておきますね。

Marvel Legends - Series 13: Set Of 6(二月発売予定。四月かも)
 ヴィランのみのシリーズ。パイロ・アポミネーション・グリーンゴブリン・ロキ・ブラックハート・レディ デス ストライクの六種を全て集めることで、オンスロートが完成します。

Marvel Legends - Series 14 : Set Of 6(七月発売予定)
 ファーストアピアランス アイアンマン・ロングショット・バロン ジーモ・ルーク ケイジ・ファルコン・サイロックの六種でMojoが完成。パーツを集めさせようという魂胆見え見えのラインナップですな(汗)ファーストアピアランスアイアンマンじゃなくて、フツーのを出して欲しかったOTLこのシリーズはサイロックだけでいいかなぁ。

Marvel Legends - Gift Pack: Young Avengers(七月発売予定)
 ron Lad・Patriot・Asgardian・Hulklingの四体セット。これはイイ(゜∀゜)

Marvel Legends - Gift Pack: House of M(九月頃発売予定)
 アイアンマン・ハルク・イット・インヒューマントーチの四体セット。ヤングアベンジャーパックと合わせて購入したいところ。

Marvel Legends - Gift Pack: Monsters(七月頃発売予定)
 Zombi・WereWolf by Night・Dracula・frankensteinの四体セット。これは微妙なラインナップ。トイビズさん、自棄になりすぎです^^;投売りされそうだなぁ。

Marvel Legends - Face-Off Twin Pac Series 1: Set Of 3(七月頃発売予定)
 ヒーローとヴィランの二体セットの新シリーズ。
 キングビン vs デアデビル・ハルク vs リーダー・キャプテンアメリカ vs レッドスカルの三種類がリリースされます。キャプテンだけゲットとw

Marvel Legends - Face-Off Twin Pac Series 2 : Set Of 3(九月頃発売予定)
 あと一年しかないのに、新シリーズの第二弾がリリースされるってどういうことなんでしょうねぇwトイビズはマジで馬鹿だなぁ(誉めてますよ?)
 ウルヴァリン vs セイバートゥース・アイアンマン vs マンダリン・パニッシャー vs ジグソーの三種類。こいつぁ、全部ゲットしなきゃならんですな!

Marvel Legends - Masterworks Series 1: Set Of 2(七月発売予定)
 またまた新シリーズ。こちらはアクションフィギュアではなく、スタチューみたいな感じになってます。ラインナップは、スパイダーマン・ファンタスティック フォー #1。トイビズの固定フィギュアには興味ないのでスルーっす。

Marvel Legends - Icons 12inch Action Figure Series 1: Set Of 3(七月頃発売予定)
 またまたまた、新シリーズ。今度は12インチになって登場だ!
 ラインナップは、キャプテンアメリカ・アイアンマン・ウルバリン。

Marvel Legends - Icons 12inch Action Figure Series 2: Set Of 3(八月頃発売予定)
 新シリーズ、早くも第二弾! ってな感じなのでしょうか……
 ラインナップは、ベノム・ハルク・スパイダ-マン。ベノムはゲットしなきゃあかんですな!

 以上が目ぼしいところ。他にもミクロマンサイズのMarvel Legends - Showdownシリーズも最新作が次々とリリースされる模様。

 トイビズは消費者を殺す気か(笑)

 全部買えないこともないけど、ブリスターの始末と置き場所が……好みのものだけチョイスしようと思います。

 ちなみに、ここの載せたのはマーヴェルレジェンドだけですからね。スパイダーマンとか、X-MEN3のフィギュアはまた別

 トイビズさん、勘弁してくださいOTL




 千川オタク御殿さん100万ヒットおめでとうございます!

へたれ大MAXさん中指こそ! モノを言う!さん天羅ブログさんFIGUREFULLMUSKさん、レビューの紹介ありがとうございます!
 今回は時間がないのでまとめてお礼とさせていただきますm(_ _)m

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

交響詩篇エウレカセブン第四十三話 ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド

 今回はアネモネ祭り。アネモネスキーな方にはたまらないお話だったんじゃないでしょうか。レントンたちが真の約束の地にいる間くらいは、アネモネにスポットライトを当てるのかな?

世界は変わってしまった
 私はそれを望んでいたはずだった
  この光景を覚悟していたはずだったというのに

 変わってしまった世界、変わって欲しかったはずの世界。変貌した世界は、ドミニクの望むものではありませんでした。朝っぱらからゲロゲロ(笑)音だけですけどね。他にもアネモネに唇を噛み切られる音や、ホランド誕生時の母親の悲鳴など、音に拘った演出が見られたような気が。話の雰囲気も含め、全体的に怪しげなお話でした。
 ドミニクが世界の変革を望むまでになった理由は、未だ明かされず。彼の生い立ちと関わってくるのは確実ですが、明かされることはあるんでしょうか(苦笑)EDの写真から連想しろってことなのかなぁ(ぇー

「救えるの? 私のこと。救ってくれるの?」
 問いかけには、キスで答えますbyドミニク
 唇噛み切られるけどbyドミニク
 というわけで、そして僕らはキスをした状態のドミニクとアネモネ。「デューイにすがりつきたいのに、すがれない」アネモネの揺れ動く複雑な感情も相まって、なんとも重苦しいキスシーンに。アネモネが人型コーラリアンだとしたら、このキスで何らかの変化が起きそうですが、彼女はドミニクを選んだわけではないんですよねぇ。欠けた心を埋める代替品。そもそも、アネモネは人型コーラリアン(偽)だと思われるので、選択云々の話は関係ないわけですが。

アゲハ蝶のドレス

 新年のパーティーに出席するアネモネ。彼女のドレスはアゲハ蝶をあしらったデザインでした。髪型も変わって、かなり可愛い。と、ここまで書いて重大なことに気づきましたよと。エウレカでは女性キャラクターの成長を外見の変化と共に描いているんですよね。そして今回、アネモネの服装・髪型が変わった。来週からはいつもの服に戻りそうですが、〝変化〟の伏線を盛り込んできたのは間違いないですな。

ジ・エンドの次期ライダー候補
 アネモネが代替品を求めたように、デューイもまた代替品を求める。ニルヴァーシュと対を成すかのようなジ・エンドのライダー候補ということはつまり……エウレカの代替品に過ぎないアネモネの、代替品が存在するというわけですな。それでもすぐにアネモネを使い捨てにしなかったのは、彼女ほどの出来の模造品が完成しなかったからなんでしょうね。

贄の王
 デューイがアゲハ計画に固執する理由がようやく判明。身分の高い人間だとはほのめかされていましたが、まさか「宇宙へと人類を引き連れた血筋」だとは。だからデューイは、スカブコーラルが新参者であることを知っていたんですね。地球のミニチュアにしてもそう。あー、でも〝科学の王〟アドロック・サーストンに師事して真実を知ったという可能性もあるのか。
 それはさておき、この贄の王は不気味なフラグですな。王の証であるタトゥーを彫られたホランドは、命を削るようにして戦っているわけですから。ホランドの血もまた、タルホに宿った子供の誕生と同時に大地に捧げられるのでしょうか。ただ、変化を描き続けているエウレカセブンにおいて、過去の風習がそのまま踏襲されるとは考えにくく、ミスリードの一環という気もします。

「少しでもあいつらのために時間を稼いでやることなんだ」
「そうだよね。レントンたちだって、頑張ってるはずだもんね。私達だって」

 いきなりターミナスの新型で登場のホランド。前回からの時間経過が不明なのですが、CFSの副作用とかはどうなってるんだろう。新型ターミナスはライダーに負荷をかけそうだし、「俺の体はボロボロだー!」状態になってそうですね。
 にしてもだ……戦艦同士の戦闘が凄まじすぎるんですが(笑)異常なまでの機動性。まるでドッグファイトを見ているかのようでしたよ。乗組員は絶対、吐いてる(ぇー。前々から気になっていたんですが、エウレカ世界の乗り物はオーバーテクノロジー気味な衝撃緩衝材でも仕込んでいるかのようですね。でなきゃ、戦艦でドッグファイトなんか出来ない。LFO登場時にシートベルトをあまりしないのも、衝撃を吸収してくれるのかなぁ、と。
 ……で、あの新型ターミナスはまたトレゾア技研提供なんでしょうか(苦笑)

贄の王から真の王へ
 何をどう清めたのか知りませんが、ますます底が見えてきたデューイ。アネモネも、〝手をごしごし拭いたり〟・〝デューイの白髪を払い落としたり〟とデューイへの嫌悪感を芽生えさせ始めたようです。終いには「早く迎えに来なさいよ!」と(ドミニクに)叫ぶ始末。ドミニクへの好意を認識しているかは不明ですが、デューイの元から離反する日はそう遠くなさそう。

ワルサワとガリバー
 ワルサワへジ・エンドの次期ライダー選出へ向かうドミニク。アネモネが強化人間的な位置づけだとすると、ムラサメ研究所みたいなイメージでしょうか。ユルゲンスの反応からすると、なにやら忌々しい秘密が隠されていそうで、この予想は当たらずとも遠からずといったところでしょうか。
 そして、ガリバー。「アネモネが可愛そうだから」と生み出されたこの動物キャラですが……重要な意味がある? のかな? あの異常な重さがギャグなのか伏線なのか、よく分かりません^^;

地下の、真の約束の地
 何で地球なのという方は先週の感想を参考にしてください。
 この地球と私達の知る地球との相違点を挙げると
 ・柱の存在
 ・日の降り注ぎ方

 が、ぱっと思いつきます。特に奇妙なのは日の降り注ぎ方で、海の中から空を見上げたかのような光の漏れ具合なんですよね。さすがに太陽まで内包しているとは思えないので、あの光は何なのかって話になってきます。フツーに昼夜も存在するようですし。生命が存在している(先週、鳥が出てきた)ことを考えると、太陽光に近い性質を持っていることは明らかなのですが……いやぁ、これは全然分からないです。誰か、教えて。
 それから、ニルヴァーシュの飛行タイプってトラパーからの飛躍を意味しているんじゃなかったんですかね。トラパー薄いから飛べないって、どういうこと? ニルヴァーシュの調子が悪いから飛べないだけなんじゃ?

分からない
 レントンとエウレカの間に生じ始める亀裂。この感情の流れは無理矢理ですなぁ。無理矢理、鬱展開を作り出してる感がアリアリと。先週のレントンと今週のレントンはどうやっても結びつきません。本当にありがとうございましたとさ。
 何かしらイベントがあってエウレカと対立するなら理解できるんですけどねぇ。

RtoEの指輪・RtoCの指輪
 よく似た指輪ですが、この二つは微妙に違います。まず、色が違う。琥珀の中に入っているせいもありますが、ゴールドリングに見えます。大して、レントンが持っているのはシルバーリング。ゴールドかシルバーかは判断しにくいし、取るに足らないことなので置いておくとして(ぇー、見逃してはならない違いは「EとC」の文字の彫り方。よく見れば分かるんですが、レントンが持つ指輪「RtoC(レイからチャールズへ)」に棒を足しても「RtoE(レントンからエウレカへ)」にはなりません。メカニックのレントンならCを削り落としてEを彫るくらいの芸当は……出来るなら、やるでしょうが。出来るなら。出来るかどうか、何の知識もないのでサッパリです^^;
 まぁ、似て非なるものくらいに考えておいた方がいいのかな。コメントでも触れたんですが、タイムパラドックスものは苦手なのでパスです~



エウレカの体
 スカブコーラルと融合しかけた場所が発光。レントンには分からないと言っていますが、エウレカ自身は何かを感じ取っているようですね。鬱展開の臭いがぷんぷんしますよ~。今週はこのエウレカの変化をメインに描いておくべきだったんじゃないかな。レントンをあそこまで馬鹿に描く必要がイマイチ見当たりません。むしろ、レントンが現状を打破しようとしているのに、エウレカが一人でうじうじしているというのが痛々しいわけで。二人とも鬱になられちゃ困りますな。

 そんなこんなで感想終わり。アネモネ祭りと割り切れば面白かったかな……というお話でした。なので今週はテンション低めでお送りしました。ではでは、また来週。

←PSPの怪しげなゲームw←サウンドドラック2キタ!

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

ライダーヒーローシリーズ 仮面ライダーカブトマスクドーフォーム

masked4.jpg

 今日は仮面ライダーカブトマスクドフォームをレビューです。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

玩具の錬金術師

senti.jpg

 二月十三日(月曜)時点で管理人の残金は六十円だった! ワンフェスにも行けないと嘆いていたはずだ……!

 だが、だがっ!

senti2.jpg

 この巨大なフィギュアは、マーブルレジェンドのシリーズ10をコンプリートしなければ完成しないはず……

senti3.jpg

 管理人はどんな魔法を使ったというんだ……!?


                           ∧
                   / ̄ヽ---⌒-_
                   /   /ソ   )       <  玩  >
                   .|  /ノ/   /|           .具
                   >ソア |  イ |       <  の   >
                  < ∠ノ ヽ丿ノ           .錬
                __( / / ̄─-ヽ、       <  金   >
               ノ|::了ゝ | ̄くヘ  │          .術
             /  |::|∥| \ (ο   │      <  師   >
          、-イ  ノ ヽ:::::ヽ ヽλ√ ̄ │
       ___/  /ノ'''   \::::ヽ、 丶彡=|          ∨
     --ヽ __- ''''      丶:::::::ヽ-+-¬<、
 _---ゝ、ヾゝ           |::::::::::::::::>〆'; |ヽ       ─ フ
=─フ ̄二\(           |::::::::::::::: [ヽヽ| |   / ̄   /
' ソ / / ヾヽ         │:::::|::::::::::::]ヽヽ ]/      |
ノ/ノ /  | |         │:::::∧:::::::::::|ヾ/ _-──-ア |
(、<、く、|  | ヽ、       │::::::::|ヽ:::::__彡─''      / │
  ヾゝ、\、 |\ ソ    -─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          |  |
 ̄ ̄ ̄-─--、_ゝ__─ ̄   ノ                │ │_
\       - ̄    /      __-──── ̄ ̄ ̄ ̄ /
  \    ─---─---'' ̄|                   /





         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i




 つーわけで、ブリスターの店員さんに乗せられて買って来ちゃった。シルバーサーファー見て唸ってたら、声かけられちゃったんですよねえ。その前にヴェノムがないか必死に探してたので、マークされてたっぽい(笑)紙袋(ファンタスティック4のフィギュア入り)を持ってたので、万引きと間違えられたのかも分からんけど(ぇー
 で、せっかく声をかけてもらったのでトイビズの今後の展開とか聞かせてもらいましたよ。マーベルがトイビズと契約と打ち切ったそうなので、やはり今年がトイビズ製マーベルフィギュアの締めくくり。今のウチにゲットしておいた方がよいらしいですな。まぁ、その内中古ショップに出回るかも分かりませんが(コラ)
 とりあえずまぁ、キチガイじみたペースでマーベルレジェンドは展開されるそうで、嬉しいやら哀しいやら、懐が淋しいやら
 それでも、日本でのアメトイのマイナーっぷりなどを考えると、すぐに投売りされるSICを追っかけるよりもマーベルレジェンドを追っかけた方がいいんじゃないかと思う俺ガイル

 ああ、それにしてもセンチネルいいわぁ。40cmの巨体で片足立ちまで出来るなんて素敵過ぎるわっ!!

 シリーズ12も買っちゃおうかなぁ……

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

Hellboy - 8 Inch Action Figures - Series 1.5: Hellboy (Anung Un Rama)

hellboy2.jpg

 第二次大戦末期、敗戦色濃いナチスが起死回生を図って進めていた「ラグナロク計画」。 “破滅的な運命”を意味するその言葉通り“未知なる存在”が地獄より召還された。その名をヘルボーイ!それから数十年後。成長した彼は超常現象捜査局(B.P.R.D.)の腕利きエージェントとして闇の存在と戦っていた……プラスティックラボより引用



 今日はヘルボーイのレビューです。映画公開は2004年。あまり大々的な展開をしなかったので日本での知名度は低いですが、ハガレンの原作者荒川弘がヘルボーイのファンだそうで、アニメの第一期EDではヘルボーイを意識した仕上がりになっていました。独特の色使いが印象に残っている方も多いかと思います。
 そして、その色使いはもちろん原作でも遺憾なく発揮されていて、原作者マイク・ミニョーラは「影と色彩の魔術師」と呼ばれているとか。日本語版も出版されているので、興味がある方はネットで注文してみるといいかもしれません。

 それでは、そろそろレビューに入ります。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : TOY
ジャンル : サブカル

マニア開けにチャレンジしてみよう


「よう、みんな! 今日はマニア開けにchallengeの時間だぜ!」


maniaake2.jpg
 ということで、一週間で一万近くアメトイに注いでしまったお馬鹿な管理人がお届けするマニア開け講座。マニア開けってのは、ブリスターを開ける方法の一つ。通常、ブリスターを開ける時には接着面から力任せにはがしたり、裏から切れ込みを入れたりするのですが、これらの手段を取ると見映えが悪くなってしまいます。しまい直すことも不可能に。
 そこで、マニア開けの出番。写真を見ればお分かりになると思いますが、既にマニア開けしてあります。

maniaake3.jpg

 どこも

maniaake4.jpg

 切れていませんね。

 というのは、嘘。

maniaake5.jpg

 ブリスターの下部だけハサミで切れ目を入れてあります。コの時に切る感じですね。

maniaake6.jpg

 これで、切れ込みから自由に出し入れが可能になります。切断面は横でも上でも下でも構わないと思うんですが、一般的なのは下なのかな。

maniaake7.jpg

 マニア開けは見映えがいいだけでなく、取り出すにも効率がよいのでオススメ。余計なゴミが出ないので捨てるのも楽ですよ。まぁ、今は分別とかありますが( ´Д`)

 ちなみに、真のマニア開けなるものがあるらしいんですが、マニア開けしてもすぐにブリスターを捨てる(ォィ)私には分かりません。

maniaake8.jpg
「皆、分かったな! 今日からお前らも、アメトイを買いまくってマニア開けするんだ!」

maniaake9.jpg
「マーブルレジェンド、絶賛発売中!」

 マニア開けでした。玩具オタでもブリスターに馴染みのない人は知らないんじゃないかな。つーことで、一応紹介してみました。ネタがなかったからというわけでは、決してない。ないよ?



お礼とか私信とか

 へたれ大MAXさん、仮面ライダーカブト with 素体くんレビューです。
 かっちょいいなぁ。でも、ソフビを切り刻む度胸は私にはありません。失敗したらと思うと(((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
 邪武の紹介ありがとうございます!

 天羅ブログさん、S.I.C Vol.9 仮面ライダーV3・ユージンSRDXアルジェントソーマ ハリエット・パーソロミュー(ハティ)レビューです。
 うわあ、何か超ツボのレビューが二連発なんですけど(笑)! ソーマのOP「silentwind」は未だに聞いてますよ~。そして、固定版V3キタ(゜∀゜)コレ、めっちゃ欲しいんですが、再販がかからないんですよねぇ。馬鹿の一つ覚えみたいにキカイダー&ハカイダーしか再販してくれないからOTL
 >個人的にはこの頃のS.I.Cの方が好きなのですが
 右に同じく。アクションばりばりなSICも好きですが、プロポーションが美しい固定版も捨て難いんですよねぇ。せめてイナズマン・キカイダー01・OO・ビジンダーは再販して欲しいですな。
 レビューの紹介ありがとうございます!

 ゲーザ10歳SSさん、邪武の紹介ありがとうございます!
 ゴールドと違って、腰の可動がでかいですねぇ。存在感はゴールドセイントの方が遙かにありますがw

 FIGUREFULLMASKさん、邪武の紹介ありがとうございます!

 ななななさん、HGウルトラマン47 狙われない街編レビューです。
 >ブラックパンサー
 Σ(゜Д゜)スゲー! ななはるさん、造詣深すぎッスよw! 特撮のみならず、アメコミにも詳しいとは。まさにオールラウンダーですなぁ。
 >ヴェノム
 うは、羨ましい(笑)行動範囲にヴェノムがないんですよねぇ。スパイディよりコヤツの方が欲しいんですが。それにしてもアメトイの進化は凄まじいものがありますな。ミクロマンとか、研究してる感じ。実際、ミクロマンサイズのマーヴェルレジェンドもありますしね(1050円……高い^^;)

←40%オフ!←41%オフ! 参考レビュー

……SICの投売りが凄まじいことに。キカイダーは出来がよろしいのでオススメ。SICの、I(イマジネイティブ)が遺憾なく発揮された代物です。

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

聖闘士聖衣神話 ユニコーン邪武

jabu3.jpg

 今日は聖闘士聖衣神話からユニコーン邪武をレビューです。セイントマイス第二弾。ホントは星矢がよかったんですが、どれもこれも肌が変色していて購入意欲が削がれまくりですOTLあの肌の色、明らかにおかしいよぉ。真っ赤か。
 そんなこんなで紫龍も変色しているのではないかとぶるぶる震え、こやつなら比較的新しいし変色はないだろうとふんで購入に踏み切りました。変色してなくて、よかった。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : おもちゃ
ジャンル : サブカル

BLOOD+とか、カブトとか、競馬とか



 ピンキーレビューのせいで遅れてしまったBLOOD+の感想から。

BLOOD+
 今回はお話的に大きな展開はなく、世界観をより深めるためのエピソードといったところでしょうか。一人一人の個性が決して濃いとは言えないBLOOD+で、主人公サイドとサブキャラサイドで物語を描くのは感心しませんが、脚本がかなりこなれてきていて、安心して見られます。
 また、アクション面でも1クールのような「気の抜けた殺陣」は見られず、かなりのレベルに仕上がっていました。アクションダメダメ&脚本イマイチの1クールからよくぞここまでレベルを向上させたなと驚きですな。もちろん、まだまだな面はあるのですが(キャラの掘り下げとか)、これからの展開に期待が持てます。毎週、同じことを言っているのはマジでちょっぴり期待しているから(何じゃそりゃ)いやホント、1クールに比べれば断然面白くなりましたよ。

仮面ライダーカブト
 お前の鯖味噌は世界一だ。( ´Д`)えぇぇぇぇ
 番組開始から三週しか経っていないにも関わらず、天道のキャラ立ちは異常w昨日のエウレカで「エキセントリックなキャラを用意するのは掘り下げなくても済むから」と書いたんですが、カブトはその真逆ですな。凄い凄い。電波としか思えない(コラ)キャラクターを、よくもまあ主人公にすえたものです。脚本家は書きやすいだろうけど、一方で視聴者への共感は得にくいかもしれない。天道、嫌いな人多そうですからねぇ。
 今週は「警備員を薙ぎ倒す一方で、ジェットコースターの乗客をキッチリ助ける」というシーンに違和感を感じた人もいるのでは? ただ、これは先週の「客を店からたたき出す一方で、一般市民を助ける」という流れとまったく同じもので、脚本サイドがあえてこの矛盾する要素を持って来たのは明らか。
 まぁ、いわゆる一つのツンデレって奴です(ぇー
 天道のキャラ以外、つまりストーリー面もテンポよく進められており、来週は興味深い展開になりそうです。
 しかしキャストオフって意味あるんですかね。ライダーフォームに何らかのペナルティが課せられているかと思いきや、そうでもないような……う~ん。あ、ソフビ買わなきゃ(ぇー

マッキーマックス
 昨日のダイヤモンドステークスはマッキーマックスが初重賞勝利でした。競馬に興味を持つようになってから、そのレースに出走する馬の戦績などをチェックしていたのですが、こいつはノーマークでした。まだまだだなぁと思い知らされると同時に、競馬の面白さを新しく発見した思いでもあります。
 きさらぎ賞ではドリームパスポートが勝利。こちらは妥当な勝利といったところですね。
 それにしてもマッキーマックスの走りっぷりは気持ちよかった。覚えておこうっと。

マーヴェルレジェンド
 我慢できなくなって買ってきちゃいました、マーヴェルレジェンド。買ったのはブラックパンサーVengeance。他にもシルバーサーファーとか欲しいものはあったんですが、とりあえず気になったこの二つをピックアップ。どちらも元ネタ知りませんw
 ちなみに、写真はフィギュアに付属してくるコミックスのもの。単なるオマケかと思いきや、ちゃんとコミックスになっていて結構満足。フルカラーはいいですな。フィギュアの方も、なかなかの出来で、ちょっとはまっちゃいそうです。次はウルヴァリン買おうとか思ってますからね。あはは。残金60円で何を買うのかって話ですがOTLお金、下ろさなきゃ……


へたれ大MAXさん
中指こそ!モノを言う!さん天羅ブログさんFIGUREFULLMUSKさん、レビューの紹介ありがとうございます!

←40%オフキタ(゜∀゜)!

テーマ : BLOOD+
ジャンル : アニメ・コミック

交響詩篇エウレカセブン第四十二話 スターダンサー

 OPの地球の意味が、早くも明かされた今回。まさか、ああ来るとは……見事に、設定に騙されたって感じ。以前に「エウレカの設定は、本当とは限らない」という旨の発言を監督がしていたことを教えてもらったのですが、まさにその通りでしたね。やられた(笑)
 ただ、今回の展開は設定に惑わされしなければOPでモロネタバレしてるんですよね。だから、「ああ、こっちで来たのか」と思った程度。設定には、見事に騙されましたが……
 ではでは、いつものようにゆっくりまったりいきましょう。

塔の結界
 塔を守護するために使われていたという、サクヤの力。塔を守護する理由は、自分を守るためとも取れますが、ノルブとサクヤがあの塔でゾーンを突破しようとしたことを考えると、塔自体に何らかの意味がありそうですね。もう明かされる気配はありませんが(笑)

ポロロッカ
 ポロロッカとは、アマゾン川を逆流する潮流のことらしいです。大波が来るので、サーファーは大喜びだとか。リフ(波乗り)にかけたネーミングですね。さてさて、そのポロロッカは「グレートウォールに張られた結界を一時的に反転させる」ことを指しているようです。先週の「キスでゾーン突破」で、グレートウォールって何なのさと混乱したのですが、やはり「数千年前にスカブコーラルが目覚めた場所」の模様。しかも、ヴォダラ宮のすぐ近くにグレートウォールがあったのね。位置関係がさっぱり分からなかったので、真の約束の地の正体よりも、こっちの方が驚きだったり^^;

お前たちに出会えて、嬉しかった。人と人との出会いは突然だ。だが出会いで人は変わり、進んでいく。別れもまたしかり。だがその突然に戸惑ってはならない
 そして、ポロロッカを起こすためにノルブはレントンたちと別れることに。今までの生臭坊主の面影は何処へやら、先達として、しっかりアドバイスしてますね。ただ、ノルブはサクヤ関連以外のことではどうにも人間味に欠けているところがあり、「俺たちには欠けていて、お前たちは持ち合わせているものがあるんだよな」とうシーンではニルヴァーシュのみを見ていたという始末。サクヤとノルブに足りなかったものは、外界との接触(経験)人間としての感情経験だと思うのですが、その現実には気づいていないみたい。サクヤが、エウレカチルドレンとニルヴァーシュを見て、「羨ましい」と呟いたとのは対照的。この物語では、女性陣の方が人格者として描かれていますねぇ。確かに男はいくにつなっても餓鬼なトコがありますけど(苦笑)

ね、見て。これ。マイブック、四十年分真っ白。だけど、それ以外は……
「サクヤ」
「やっと呼んでくれたね」
「私、ずっと待ってたんだから」
始めよう、あの子達のために
そして、私達のために
 サクヤ(涙)! この二人、ずるいよ。こんなにラブラブ光線出されたら、泣くしかないじゃないか! しかも、そこはかとなくレントンやエウレカへの愛情が滲み出ていて、それがまた泣かせるんだ。エウレカはサブキャラの描き方が上手いなぁ、やっぱり。そうそう、アネモネ好きの方が多いのですが、あれだけエキセントリックな性格なキャラを作ったのは「掘り下げる時間がないor掘り下げなくてもいい」ためなので、アネモネファンが満足することは今後もなさそう(苦笑。もうちょっとマイルドな性格だったらよかったんですけどねぇ。それだと今ほどの人気にはならなかっただろうし。かといって、下手に掘り下げればエウレカが食われちゃうし。アネモネは色々な意味で可愛そうな子ですな。どうでもいいことなんですが、誰もこの辺りのバランスについて突っ込まないので一応、書いておきました。

ジ・エンドを向かわせろ。奴らよりも先に、アレを送り込むのだ
 久々登場のアゲハ隊。同胞の安否を気遣う彼らに、ちょっち違和感。キャラ立てが上手いサブキャラがいる一方で、下手くそなサブキャラもいくらかいて、アゲハ隊はその顕著な例ですね。
 それはともかくとして、モンスーノのトランスモデルって出ないんですかね?
 じゃ、なかった。この期に及んでも、アレ呼ばわりされるアネモネが不憫すぎる。
 そして、不憫なアネモネちゃんは「だって、デューイが望んでいるんだもの」と、あれだけ嫌がっていた薬を自ら打って出撃。ドミニクとの、気持ちのすれ違いが痛すぎる。アネモネ・ドミニクはそろそろ離反する頃だと思うのですが、まだなのかな。それとも、アネモネには悲劇しか待ってない?

ゾーンを突破出来ないモノ
 ニルヴァーシュを追ってグレーとウォールに突入するも、ゾーンを突破できなかったアネモネ。その際に彼女が見た幻影が、彼女という存在の正体を物語っているような気がしますね。サクヤに言及されなかったり、薬品投与が必要だったりと、純粋な人型コーラリアンとは明らかに違うアネモネ。彼女は元々人間だったんじゃないかな。人類をコピーすることすら可能というスカブコーラルの能力から考えると、地球の人間のコピーと取れそうですが、それだと大地から生まれていなきゃいけないわけで(サクヤが言及しなかったのも不自然)。無理矢理コーラリアン的な性質を持たされたと考えた方が自然かもしれません。人型コーラリアンと人間は割と近しい構造を持っているようですからね(子供が出来る発言)。何にせよ、エウレカと対の首輪がキーかな。

クテ級コーラリアン、再び
 時間列が滅茶苦茶になってますが、ご勘弁を。クテ級現出によって、またもやジェノサイドが。抗体コーラリアンを拝むヴォダラクの人々も、容赦なしです。うへえ。
 気になったのは、エウレカとアネモネがコーラリアン現出に頭痛を感じているのに、サクヤは痛みを感じていなかった点。サクヤになくて、エウレカ・アネモネにあるものといえば、首輪。サクヤの体の変化(スカブコーラル化?)が差に現われたとも考えられますが、やっぱり首輪が気になりますね。

この先何かあったら、サブシートの裏のスペースにおいてあるものを使え。それは俺が使うより、お前にふさわしいものだ
 909に見事なダイブを決めたり、アネモネと対決したりと、八面六臂な活躍を見せてくれたホランド。さて、サブシートの裏に置いてある物とはチャールズのライフル銃のことでしょうね。はてさて、ライフルの銃口は誰に向けられるのか。重い展開が待っていそうです。
 それにしても実に四十話ぶりに登場したCFS(コンパクフィードバックシステム)。もう二度と出てこないと思ってましたよ(苦笑)しかぁし、CFS発動するも909はおしゃかに。今週が最後の花道でしたね。ちなみにLFOのコックピットは背部にあるので下半身が千切られようが頭部が吹き飛ばされようが、コックピットには関係ないです。衝撃で死ぬことはあるでしょうけどね。ともかく、どっかのアニメみたいに「コックピットを貫かれても、へっちゃらさ!」みたいな糞演出とは違うわけです。ホランドの生死をいたずらに引っ張らなかったのも好感。
 さてさて、そんなことよりも「子供を送り出す大人たち」的な構図が素晴らしかったですね。物語楷書当初はホランドもタルホもアダルトチルドレンだったのに、いつの間にか「お兄さん(お父さんじゃないよ?)」と「お母さん」みたいになっちゃって。キャラクターの変化をここまで見事に描く作品も、なかなかないんじゃないでしょうか。

行こう。行こう、エウレカ。皆のために!
 グレートウォールへ。ゾーンの向こう側で、並んで歩くノルブとサクヤが幸せそうで何より。恐らく二人の肉体は失われたのでしょうが、これはこれで一つの幸せの形なのかな。

でも私、怖くない。レントンと一緒なら
 グレートウォールの向こう側には、地球があった。衝撃の事実が発覚!ですね。しかし、これで数々の謎に答えが出たことになります。
 まず、スカブコーラルが飛来してきた・後からやって来たというデューイの言葉。仮にスカブコーラルが後からやって来たとして、それ以前に存在した人間の文明がないのは不自然とコメントで書いたりしたのですが、全然不自然じゃありませんでしたね。
 なぜなら、今回の話によって「地球にスカブコーラル飛来→何割かの人類は避難or外宇宙探索に出ていた人類が地球に帰還したが既にスカブコーラルに地球が乗っ取られていた→真実を隠して、地球を約束の地に仕立て上げた」という仮説がたてられるようになったからです。これなら、「後から来て大きな顔をしている」発言の裏も取れますし、スカブコーラル飛来以前の文明の遺跡がないのも頷けます。
 また、デューイが地球文明のミニチュアを見ていたのは、スカブコーラルが地球を覆い尽くしていることの暗示だったと思われます。
 イメージしにくい方は卵を連想すればいいかと。卵の殻がスカブコーラルで、中身が地球

 他にも今回の地球に関しての意見はあるでしょうけど、OPの「約束の地→地球へ」というアニメーションを見ると、「スカブコーラルが地球を覆っている」と考えた方がしっくりきます。まぁ、これから出される解答待ちですね。それでは、また来週~

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

PK004~6B ピンキーストリート第2シリーズ リペイントver.2

kokoro.jpg

 たまえ様に引き続き、萌とこころをレビュー。今日はこれだけで手一杯なので、BLOOD+の感想は月曜にカブトの感想と合わせて書きます。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : ピンキーストリート
ジャンル : サブカル

たまえ様(PK003B ピンキーストリート第1シリーズ リペイントver.2)

tamae.jpg

 お待たせしました。たまえ様の登場です。
 ウチに降臨なされた、たまえ様は眉毛が削れていました。アイプリントもちょっと雑。リペイントバージョン1ではあった目のハイライトもありません……この不憫な扱いはさすがたまえ様といったところですね!

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

とても、眠い



 寝不足なので眠いです。当たり前ですね。たまえ様と愉快な仲間たちのレビューは明日になりそうです。ごめんなさい。

 じゃ、サードウォッチ見てきますので~更新は後ほどノシ

 見てきた! 新シリーズ早々銃弾に倒れたボスコがついに復活。汚職警官フィニーの死、テロとの戦いなど、盛り沢山の回でした。しかも、クルーズはAIDS? ちょっと詰め込みすぎな話でしたが、それを四十五分足らずで調理する脚本の力に脱帽です。駄目な回はとことん駄目なんですけどね(苦笑)

 さてさて、写真を見て分かるとおりアメトイ分を補給してきました残金三千円w! 今月をどう乗り越えろと? 我ながらお馬鹿ちゃんですね。は、は、は……ちなみに画像のキャラクターは「ヘルボーイ」シリーズのヘルボーイです。日本でも映画公開とかされたんですけどねぇ、あまりヒットしなかったみたい。最近はアメコミ原作映画といえど「スパイダーマン」など非常に高レベルの脚本を持ってきてますからねぇ。映画版ヘルボーイの脚本では正直ヒットしなくても仕方なかったかなという感じ。ただ、アメリカではそこそこヒットしたようで続編の製作が決定されたようです。
 同じく日本でヒットしなかったアメコミ映画の中にSINSITYがありますが、あちらは3作目まで製作が予定されている模様。ヘルボーイもSINSITYも日本ではヒットしなかったから、続編は入ってこないんだろうなぁ。入ってきても相変わらず上映館が限られそう。
 そういえば昔、スポーンが映画化されましたがアレは一作限りで終わっちゃいましたねぇ。スポーン、好きなんですけどねぇ。主にヴィジュアル面wダークなスパイダーマン的な風貌がよいのですよ(スポーン原作者トッド・マクファーレンはスパイダーマンを執筆していたこともあります)マント&鎖アクションもイカスし。もう一度映画化されないかなぁ。

 今日はとことんアメコミ話。今日はCOMIXブリスターに寄ってきたのですよ。どちらも、東京近辺生息のアメトイファンなら知っているお店。そして、どちらも「採算取れてんの?」ってな具合に微妙に客が少ないお店でもあります(涙)アメトイって、人気ないのねぇ……まぁ、ブリスターの方はナイトメア・コープスブライド商品を取り揃えているおかげで、向かいのディズニーストア→ブリスターみたいな流れが出来ているっぽいですが。ブリスターは若い女の子が多くてビックリするのよ、ホント。しかも何気にレベル高いんだ。とまあ、余計な話は置いといて。
 今回のフィギュアはCOMIXで一個だけ残っていたところを確保しました。最近のマクファトイの「ブリスター状態で飾っとけ!」みたいなフィギュアとは違い、このヘルボーイはぐりぐり動いてくれます。う~ん、久々にアメトイ好きの血が騒ぎ出してきましたぞ。

 スターウォーズのトランスフォーマーを買っちゃおうかな!

 冗談はさておき、今気になっているのがマーベルレジェンドシリーズ。一個1470円と安価なのにコミックス&36の可動箇所を持つアクションフィギュアが買えちゃうイカシたシリーズです。ブリスターの店頭でディスプレイを見たところ、出来もいいみたい。マーベルシリーズの版権がトイビズからハズブロに移るらしい?ので、今のウチにゲットしておいた方が懸命かも。再販がかかるか不明ですからねー。それにしてもハズブロか……
 ハズブロといえばスターウォーズのフィギュアシリーズを展開していることで有名ですが、ぶっちゃけ造形も可動もイマイチですからなぁ。トイビズと同じ価格帯で、同じクオリティの製品が出せるとは思えない。高額な商品になれば、ある程度のクオリティは供給できるようですが、マーベル関連の玩具展開はお寒いことになりそうです。スパイダーマン3とか悲惨だな。まぁハズブロに版権が移るとしたらの話ですけどね。

←28%オフ!

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

サイレンを聞いてはならない

 CMがあまりに怖すぎたために放送中止になったことで有名な「SIREN」の続編、SIREN2が発売されました。
 ゲームの続編発売に合わせたのか、今週末には映画SIERNが公開される予定。「サイレンを聞いてはならない、サイレンを聞いてはならない」というフレーズのみを使った宣伝で、映画の内容はヴェールに包まれていました。あの独特な世界観のゲームをどうやって再現したのか気になっていたのですが……たまたまGYAOで長いプロモーションを見たところ……

 うん、何て言うのかな。スゲー微妙臭が

 画面は安っぽいし、ゲームのおどろおどろしさは全然表現できていないように見えるし……印象に残ったのはサイレンの音くらい。予告の時点で地雷臭ぷんぷん。これは回避かなぁ。予告ばかりに力を入れる最近の映画界の風潮には困りものですが、予告の時点で興味を削がれるのも同じく困りものですよねぇ。まぁ、見てみなければ何とも言えなのですが。

 ゲームの方は公式サイトを見る限り、かなり期待が出来そうです。つーかSLEEPWALKERの時点でもうお腹一杯……いやいや、充分に怖いw今回はどんなドラマが展開されるのか楽しみですな。私は買いませんが(ぇーだって、一人でホラーゲームしたくないですもん。怖いッス。んまぁ、それ以前に、PS2がお亡くなりになっているわけですけどね。あはは。今年こそワンフェスに行こうと思ってたのに、予想外の出費が出そうなので無理ッポOTL畜生、投売りで得した分がこの出費で相殺されそうですよ。因果応報とはこのことか。




 ガムの玩具店さん、アルデバラン&PK001・002Bの紹介ありがとうございます!
 カシオスとか出たら神ですよね。最近のバンダイならやってくれそうですwライオネット&ウルフを発売する冒険心に脱帽。
 ピンキーの目の色はまぁ……今度は金色とか、絶対に有り得ない色にしてみようと思いますよ。二度とかぶらないように(涙)

 レッドショルダーさん、PK002Bの紹介ありがとうございます!
 ぶっちゃけピンキーはパチものが多すぎて(ry

 へたれ大MAXさん、バンダイ ムゲンバイン ムゲン合体シリーズ クエストナイトレビューです。
 アルデバラン&PK001Bの紹介ありがとうございます!

 中指こそ! モノを言う!さん、メガハウス「エクセレントモデル RAHDX ラクス・クライン」で遊ぶ!公開です。移転の件は了解です~貼りかえておきました。復活早々レビューをするナパニさんのサービス精神に脱帽っすwお体にお気をつけくださいませ。

 天羅ブログさん、ヘルシングDVD1巻付属「アーカードレリーフ」レビューです。
 モノスゲー存在感ですなwOVAの出来はどうなんでしょうねぇ。TV版の出来が凄まじくダメダメだったのは記憶にあるのですがw
 アルデバラン&PK001・002Bの紹介ありがとうございます!

 ゲーザ10歳SSさん、アルデバランの紹介ありがとうございます!

 FIGUREFULLMASKさん、AIRGEAR×Pinky:st. 01 RINGOレビューです。
 アルデバラン&PK001・002Bの紹介ありがとうございます!
 私なんかうお座ですよ……うふ、うふふふ(壊)

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

PK002B ピンキーストリート第1シリーズ リペイントver.2

sutyan.jpg

 ふらっと工具箱さんの可動ピンキーでもおなじみの、スゥちゃん。(あちらはぱふぇちゃんですが)
 枚数は少なめ、画像は大きめでいきます。


 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : ピンキーストリート
ジャンル : サブカル

PK001B ピンキーストリート第1シリーズ リペイントver.2



 去年末に発売されるはずだった第1シリーズのリペイントがようやくリリースされました。アマゾンだと、発売日が11日になっているようですが、ホビーショップを2~3件回ったところ、全ての店で発売されていました。売れ行きからすると、昨日あたりから発売されているところもあるのではないでしょうか。尚、PK003(たまえ様!)の再生産も同時出荷とVANCEでアナウンスされていますが、発見できませんでした。ピンキストにソッコーで確保されてしまったのか、それとも出荷数が少ないかは不明。

 さて、今日はPK001Bをまずレビューしたいと思います。時間があれば残りもアップしたいのですが、色々と試行錯誤しながら撮影しているので時間がかかりそう。今週中には全てアップする予定なのでお待ちくださいませ。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

聖闘士聖衣神話 タウラスアルデバラン

 二月の初レビューは聖闘士聖衣神話からタウラスアルデバランでっす。今月買う玩具はピンキーくらいなので、一月の投売りで買った玩具をちまちまと紹介していくつもり。いつものことですが、まぁ、ご勘弁ください。

 続きを読む、を押してくださいな。

続きを読む

テーマ : フィギュア
ジャンル : アニメ・コミック

チラシの裏のようでいて、文章が長い何か

 日曜はエウレカに手を取られてしまうので、月曜はカブトや競馬のことなどをつらつらと書き連ねて行こうかと思います。
 それにしても昨日の感想は長すぎますな。道理で時間がかかると思いましたよ。書いても書いても終わんねーんだもん(笑)で、昨日の感想についてちょっと補足というか、他のブログさんを見ていたら疑問が浮かんできたので。

 サクヤとエウレカがハートマークを書き込んだのは、サクヤの本ですよね? サクヤの精神世界に飛び込んだのだから、エウレカの本があるとは思えないのですが。もしくは、どちらの本でもないのかな。あれは、単にスカブコーラルにメッセージを伝えるためのものってこと。本に人型コーラリアンが何を書き込もうと自由。もう一度この本が出てくるとしたら、レントンとエウレカの共同作業になりそうな予感がしますよ。
 それはともかくとして、やはり今回の本がエウレカのものだってのは違和感が拭えませんねぇ。サクヤがどの環界に属しているかは不明ですが、あそこはまさにサクヤの〝寝所〟でしょうから。要するに、サクヤの精神世界。あれをエウレカの本だと考えるのは、納得がいきませんな。

 むしろ問題は、サクヤの本にエウレカがハートマークを書き込んじゃったよ! ということでは(笑)? 余談ですが、この二人のハートマークの描き方の違いは結構興味深いですよ。わざわざ説明するまでもないので書きませんが。

 で、コメントで指摘いただいたんですがエウレカの首輪は最初からついてるものじゃなかったんですね。エウレカ=首輪の先入観があったので、まったく気づきませんでした。となると、あの首輪がますますの謎の存在に。アネモネと対ってところがミソなのかな。



 カブトのお話。今年の私は違いますよ。一話目からちゃんとチェックしてますからね(いつもはエウレカ見た後に眠ってた)! 今回のお話はライダーフォームになって敵をやっつけたぞ!という流れでした(ぇー
 物凄く分かりやすいストーリー展開で、ライダーフォームはかっちょいいし、CM番組としては上々の滑り出しではないでしょうか。CM番組という嫌味抜きにしても、ライダーフォームのシンプルなフォルムは格好いいですね。戦闘もキビキビしていて、かなり好み。CM番組として、見事に王道を貫いてます。装着変身やカブトゼクターの購入意欲がムラムラと沸きあがってまいりました。ちなみにソフビのレビューはこちらですよと。マスクドフォームもゲットかな。

 個人的には天道のキャラが蝶ツボです。蝶強烈な個性がいいですねぇ。演技がイマイチ追いついていないのがアレですが、かえって味があるような気がしないでもない(笑)ただの粗暴な奴かと思ったら、人間をキッチリ助けていて何気にヒーローしてるのもいいですな。まさに、キャラ紹介の「熱い魂の持ち主だが、それをストレートに表に出すことはない」という文面通りの性格です。
 天道語録もツボに入る人間にはたまらないものが。公式サイトの天道語録は要チェックですぜ!



 近頃はまっている競馬。昨日の目玉は共同通信杯でした。本命と目されていたフサイチリシャールは二着と残念な結果に終わってしまいましたが、上がり3ハロンのタイムを見ると敗北も止むなしですねぇ。フサイチリシャールは33秒台の足を使えないから、今後も苦労するかも。
 個人的にはアドマイヤムーンと同じ上がり3ハロンのタイムをたたき出してきたマッチレスバローの今後に期待かなぁ。

 はい、競馬の話お終い。詳しくないから、この程度しか語れないのですよ。

 これから、月曜はこんな感じで行きますのでよろしゅう~

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

交響詩篇エウレカセブン第四十一話 アクペリエンス・3

 エウレカのベリーショートも今日で見納め。最初は「これってアリなのか」と密かに首を捻っていましたが、見慣れていくうちに「ベリショもありじゃん」などと思ったものです。頬を赤らめたり笑ったりと、演出にしてやられちゃいましたね。
 とまあ、そんな戯言はさておき今週の感想です。いつもとちょっと方式を変えてみようと思います。話の筋を追うような感想は、ウチに求められていないと思うんで気になったことをつらつらと。それの何処が今までと違うんだとは言わないでください。お願いします(苦笑)

サクヤの寝所と結界
 サクヤの寝所の周りに張り巡らされた障壁。物理法則を完全に無視しているようでした。これとよく似た現象が、スカブコーラルが目覚めた地域にて発生していることは過去のお話に出てきましたね。ただ、サクヤが覚醒した時にどうなるかは別問題。スカブコーラルが目覚めれば第三環界(つまり世界)が破壊されますが、サクヤ覚醒時に同じことが起きるとは限りません。サクヤの眠りは自らの身を守るためのものであって、情報力学云々は関係なさそうですしね。もっとも、「サクヤは眠り続けることでヴォダラクを守っていた」理由や〝結界〟の話は来週に解明されそうですが。まぁ、この辺はあまり気にせずに。下手に予想すると先週みたいに「スカブコーラルは宇宙か飛来した」というトンでも設定が飛び出してきた時に困るのってのが一番の理由だったり(苦笑)

 それより気になったのが、グレートウォールの定義。てっきり何処か特定の場所を指していると思っていたのですが、要するにゾーンの向こう側ってことなのでしょうか。サクヤとノルブは寝所でキスをしただけですからね。寝所にそこまで特別な意味があるとは思えませんし。しかし、キスするだけでゾーンに突入できるとは……第一クールでゾーン突破を試みた時の苦労が報われませんなwまぁ、それだけ人型コーラリアンが特定の人間を選択することが重要なのでしょうが。

 ちなみに、サクヤが蓮の花と化したのはノルブとの思い出が具現化したものであって、あれ自体に物語の根幹に関わってくるような深い意味はなさそうです。もちろん色々な暗喩は含まれているでしょうけど。余談になりますが、蓮の花言葉は「清らかな心」。エウレカとレントン・サクヤとノルブ、彼らの関係性を上手く象徴していますね。やっぱ、愛なのですよ(ぇー

 しかし、つぼみの中身はどうなっているんでしょうね。次週予告を見た限りかろうじて人型は保っているようですが……

 ここからはサクヤとエウレカの共通点と相違点について突っ込んでみましょう

 最大の違いは、ニルヴァーシュと魂魄ドライブの有無。サクヤの時代にはLFOが発見されていません。そのためか、サクヤの体には複数の魂魄ドライブが備わっていました。ゾーンを突破するための装置として作動する予定だったのでしょう。結果は、失敗。スカブコーラルにとって、サクヤはテストケースだったのかもしれません。魂魄ドライブを埋め込んだ人型と人間が対になれるかどうかの。
 そして、彼らの失敗を受け、「ゾーンを越えるための、渡航の船――ニルヴァーシュ」が生み出された。
 もっとも、彼らがグレートウォールを突破できなかった理由はもっと別のところにあると私は思っていますが。実はそこが今日の感想の肝なので、後ほどじっくりと。

 首輪の有無。これも気になった相違点。サクヤにはチョーカー(体の模様?)があるのみで、首輪はありませんでした。仮に首輪が「存在の固定化」を可能とするものだとしたら、サクヤの存在もまた成り立たなくなるように思えます。
 ここでゾーン内での出来事を思い出してみましょう。ノルブが魂魄ドライブをサクヤの胸から引き抜いた途端、彼女の肉体崩壊が加速しました。また、人型の名が魂魄ドライブに浮かび上がることからも、彼女たちと魂魄は切っても切れない関係にあることは明らか。
 ここから考えるに、人型コーラリアンが肉体を保つためには魂魄ドライブが必要なのではないでしょうか本来は。魂魄ドライブの代わりを果たしているのが、あの首輪というわけです。つまり魂魄ドライブは肉体を保つための道具でもあり、ゾーンを突破するための装置でもあった。そしてその役割が、首輪とニルヴァーシュに分けられたと。整理すると↓みたいな感じ。

                   サクヤ      エウレカ

 肉体を保つための道具   :魂魄ドライブ   首輪
 ゾーンを突破するための装置:魂魄ドライブ   ニルヴァーシュ

 白紙の本、つまりタイトルのない本。これは共通点ですね。サクヤは自らハートマーク(愛)を書き込みますが、ノルブと恋した彼女でも、かつての「レントンを選択していなかった」エウレカと大差はなかったということです。では、愛を刻まれたはずのサクヤは如何なる理由でメッセンジャー足り得なかったのかという疑問が当然沸いてきます。
 それが、今日の肝。実はエウレカが名前のない本を手に取った時、彼女にも刻み込まれたメッセージがありました。デル・シエロでの虐殺でエウレカに刻まれた、悲しみや憎しみ。そう、レントンがエウレカに好意というメッセージを書き込むよりも以前に、負の感情が書き込まれていたのです。この負の感情が、サクヤとエウレカの最大に違いにして、サクヤ・ノルブがグレートウォールを突破できなかった理由かと。
 人間は好意や愛情といった正の感情だけで成り立っているわけではありません。正があれば、負がある。愛だけじゃ駄目、憎しみも必要。ニルヴァーシュのカラーリングがそれを物語っていますね。サクヤがメッセンジャーとして不完全だったのは、結局は一つの感情しか刻まれなかったからなのではないかと思うんですよ。人間としては不完全だった

これは、私が今まで生きてきたことの証だから

 こういった台詞に見られる人間的な厚さは愛と憎しみを刻まれたエウレカならではのものでしょう。つーか、これが化粧してなかった理由なのか。この辺の心境変化はもっと前に描いておいて欲しかったところですね……そもそも、化粧話がいら(ry

 エウレカチルドレンの有無。これはまあ、罪を背負って生きていることを指しているのでしょう。同時に、家族を得たことも指しているのかな。

 感想はこの辺にして。あとはラブラブ光線発しまくりの台詞を並び立ててみましょう(笑)

ノルブ、大好き……

彼がサクヤって呼んでくれた時、やっと一つになれたって気がしたんだもん。うれしかったぁ。だって、私、ノルブのこと……

 矢島ボイスとあいまって、ニマニマせずにはいられない台詞連発でしたね。可愛すぎ。今更ですが、顔はアネモネに似ているような気がしました。そういえばアネモネについてサクヤは一言も触れませんでしたね。やっぱアネモネちゃんは模造品なんだ。不憫な子。
 それからレントンの母=人型という説も消えたっぽい。これは視聴者が勝手に妄想しただけなんで、消えたところでさして影響はないのですが。

幸せになるのよ、エウレカ
サクヤもね
うん

 目頭が思わず熱くなった台詞のやり取り。二人の、互いを思いやる優しさが目に染みます。

ここを死守する。それがレントンたちとの約束だ
いいか。俺達は死なない、誰も死なせない。俺達は血反吐を吐いても生き残らなきゃなんねぇんだ!

 ホランドの気合たっぷりの啖呵で今週は終わり。来週も目が離せませんな。

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

ウチのたまえ様とかBLOOD+とか

 ななななさんに静流inたまえ様を捧げられたので、ウチのたまえ様を捧げ返すっ!

CIMG1003.jpg

 お嬢様、俺が馬になります!!な、たまえ様(ォィ

CIMG1004.jpg

 
 withクロス




 さて、今日のBLOOD+は過去編……なのですが、最初はちぃと混乱しました。もっと分かりやすく過去話に入って欲しかったところ。小夜の髪型が同じなので、本気でしばらく分かりませんでしたよ。
 出来はそんなに酷くはなかったかな。過去の小夜と今の小夜の違いが出ていて、彼女のキャラクター性がより深まったのではないかと。今の小夜のフツーっぽさが際立ってよかったですよ。今までも過去の小夜は出てきましたが、あのバーサーカー状態って戦闘時の彼女と大して変わらないんですよね。
 それから、過去の小夜が抱えていた不安が描かれたのもGOOD。ハジと交わした約束は今後の展開にも関わってきそうですね。

 個人的には、またレズっ子が出てきたってのがポイントですが(ぇー

 女性向けにはハジ・男性向けにはレズっぽい描写と、色々狙いすぎです、スタッフ(笑)

 とまあ、こんな感じでそれなりに楽しめたのですが、先週のせっかくのアップテンポが削がれてしまったのでプラスマイナスゼロといったところ。今週はもっとスピィーディーに進めてもよかったかな。とはいえ、女学院編のようなどうしようもない迷走はなさそうなので安心して見られますね。

←高橋瞳1stアルバム

テーマ : BLOOD+
ジャンル : アニメ・コミック

風の谷ーのナウーシカー♪

 ナウシカは何度見ても面白いですねー。宮崎監督の最高傑作だと思うのですよ。アカデミー賞などの評価を受けるようになったのは最近ですが、過去作品の方が俄然面白いですな。

 とまあ、そんなことは置いといて。決算期が近づいてきたせいか、アマゾンさんで色々と安くなっているようです。今日はそれのご紹介。

S.I.C.VOL30 仮面ライダーカイザ&仮面ライダーデルタ←50%オフ! 参考レビュー
ファイナル・ファンタジー VII バハムート・シン←50%オフ!
強殖装甲ガイバー BIO FIGHTER COLLECTION MAX 獣神将 ギュオー←40%オフ! 参考レビュー
装着変身EX ミラーモンスターズ02←35%オフ!
EXTENDED MS IN ACTION!! 量産型ザクII←35%オフ!
GZ-016ムゲンライガー←33%オフ!
HGUC 1/144 アッシマー←31%オフ!
1/144 HGUC MK2+フライングアーマー←31%オフ!
P:キャラ ストリートファイター 春麗 & さくら←30%オフ! 参考レビュー

 他にもケロロ軍曹関連商品が安いみたい。
 んで、仮面ライダーヒビキ ディスクアニマルEX ムービーエディションセットは相変わらず売れ残っているようで(苦笑)よっぽど売れなかったんでしょうねぇ。

 ミラモンとかバハムートをゲットしたいですねぇ。しかし、定価近くで買ったデルタがこうも投売りされるのはちょっち複雑。何か損した気分。でも、その分投売りで色々ゲットしているわけで、因果応報ってこのことかなと思ったり思わなかったり(ぇー

←ようやく最新作!

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

ピンキーQラビットスクーターの発売〝予定は未定〟とか

 久々にピンキーのお話。
 ピンキーQラビットスクーターの予約が開始されてました。全然気づかんかった。発売予定日は4月25日。rmピンキーや、ピンキーの新シリーズと同日販売の予定のようです。ちなみにrmピンキーはなずなから順に一ヶ月間隔でリリースされる模様。三ヶ月連続ってやつですね。

 そして、 Pキャラ サクラ大戦 真宮寺さくらが五月上旬リリース予定。今年のピンキーは四月からが本番のようですね! 期待です!

 って、そんな訳あるかボケ

 ハッキリ申しまして、今のVANCEの製品管理体制ではこのペースで商品展開することは出来ないでしょう。

 いくつ延期されるのかな?

 ってのが、ピンキーファンの正しい姿でしょう(ぇー 昨年は新シリーズの延期に次ぐ延期で、私はもう諦めてます。この会社が予定通り商品を発売することを(ぇー
 キツイことを言わせてもらえば、ピンキーは果たして後どれだけ生き残ることが出来るかなといったところでしょうか。ピンキーが幕を閉じるその時まで生温かく見守っていきたい所存でございます。ピンキーは大好きなシリーズの一つですが、経営陣の無節操な販売戦略には溜息しか出てきませんのでね。ピンキーの亜種であるフィギュメイトの方が元気ってどういうこっちゃい(ボソリ)

 さて、そんな迷走っぷりの凄まじいVANCEから今月リリースされるのがこちら。



 ばばん! リペイントです。キタコレ(゜∀゜)! リペイント自体は嫌いではないのでいいんですけどねー……それもこれも、新製品が発売されていたらの話ですからねー
 まぁ、買いますがね。初期シリーズはリペイントもオリジナルもツヤツヤで、今のピンキーと組み換えるにはちょっと不自然なところがあったりするんですよ。それに商品写真を見る限り、色使いがすっごい可愛いし。

 何より、たまえ様がいらっしゃるのがポイントですよね。たまえ様のリペイントにほれ込んで買った身としては、見逃せないですわ。とまあ、ピンキストにだけ分かることを書いてもしょうがないので、今回のリペイントでピンキーデビューする人がいたらと仮定して話を進めていきましょう

 まずゲットすべきはPK003のリペイント。つまり、たまえ様です(ぇー いや、ホントホント。PK001・PK002共に人気のある顔なのでピンキーアミューズやその他の抱き合わせ販売(コラ)で割かしよく見かけるのですよ。その点、たまえ様は一味違う。ピンキーアミューズ第一弾では、PK001・002&PK004・005がリペイントされたのに、たまえ様は華麗にスルーされるという偉業を達成しましたからね! 凄いね、たまえ様

 でも、ホントは結構可愛い顔してるんです。何せ、たまえ様に一目ぼれしてピンキー修羅道に足を踏み入れましたからね、私。髪型を変えてあげれば、マジで可愛いっすよ。

 お次に押さえておきたいのが、PK006のリペイント。こちらは顔パーツは付属せず、オプションパーツのみの構成となっています。組み換えのバリエーションを増やすためには、コレはゲットしておきたいところ。二個買いして、リペイントするのもアリ。
 その他はお好みでどうぞというところでしょうか。チアガールを押さえておきたい人はPK004・006を買えばよし。ブーツを押さえておきたいひとはPK001・002を買えばよし。

 もちろん、たまえ様をゲットした後でね!

←882円! 参考レビュー

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

GARO

 GAROの第一話が無料配信中とのことで、早速チェックしてまいりましたよ! フィギュア買ったのに元ネタ知りませんでしたからねー。つーかお前は元ネタ知らないフィギュアを買いすぎという話なんですが、まぁ、かっちょいいもんはかっちょいいのですよということで。

 さて、視聴後の第一声が鋼牙も動けばなぁ。ああ、もちろんフィギュアのことですよ。鋼牙のアクションシーンも迫力あるというか、あちらもメインになってるじゃないですか。あれを見ちゃうと、ぐりぐり動く鋼牙のフィギュアが欲しくなっちゃうのです。顔が似てる似てないはともかくとして(笑)う~ん、第三弾あたりまでに素体を改良してくれないかなぁ。
 そういえばガロのソフビって出ないんですかねぇ。ソフビ魂あたりで出したら、結構売れそうなんですけど。

 ガロの話はここまで。久しぶりに検索ワードのお話。というか、相変わらず足フェチが上位ワードの件について(苦笑)足フェチ死すべしで投稿したBLOOD+の記事が未だに根強くヒットしている模様。ちなみに「エウレカ 足フェチ」で検索するとウチがトップに躍り出ます。駄目だこりゃ。
 さてさて、先月はキングダムハーツで飛んで来られる方が多かったようです。皆さん、シークレットムービー目当てのようで^^;まぁ、キングダムハーツ2をプレイしちゃえば1&ファイナルミックスのシークレットムービーはそれほど価値のあるものではなくなるのですが。それとも、2のシークレットムービー目当てなのかな?
 次点がエウレカ関連のワード。これはさすがに根強いですね。毎日、コンスタントに検索に引っかかっているようです。よきかな、よきかな。毎週感想を書いている甲斐があるってものです。

 その他はボチボチってな感じ。しかし検索だけで一万近くヒットするようになったのはありがたいことですわ。最後に先月の個人的ベストワード↓

 生足がみたい 

 ……友達になりましょう!(ぇー




ガムの玩具店さん、バンダイ GUNDAM FIX FIGURATION ♯0028 ガンキャノン/量産型ガンキャノンレビューです。
 カブトの紹介ありがとうございます!
 もっと安っぽい物を想像していたのですが、なかなかどうして高クオリティのソフビでしたよ~。う~む、ソフビ侮りがたし。

へたれ大MAXさん200万ヒットおめでとうございます! &電撃ホビーマガジン付録 MSセレクション ガンダムTR-1[ヘイズル改]レビューです。
 カブトの紹介ありがとうございます!

トイ部さん、ユージン SRDX ARIA 藍華レビューです。
 カブトの紹介ありがとうございます!
 恥ずかしい台詞禁止!の子ですなw


天羅ブログさん
、グリフォンエンタープライズ「一騎当千 呂蒙子明~DVD裏ジャケットVer.~」(18禁)レビューです。
 カブトの紹介ありがとうございます!

FIGURE FULLMASKさん、カブトの紹介ありがとうございます!
 番組にも玩具展開にも期待ですな。去年はまったくといっていいほど特撮関係を追っかけなかったので、今年はちっと頑張ってみようと思うのですよ~。GAROもちゃんとチェックしなきゃ。ガロといえば、四個購入は凄まじすぎですよ(笑)

ななななさんと相互リンクなのです。よろしくお願いします~。
 ちなみに、アクマイザー3やガロの大まかなストーリーを知ったのはななななさんのとこ(笑)割と特撮関係が強い方のようにお見受けしました。コレの元ネタわかんねーって人は行ってみるとよいかも?

←50%オフ!

テーマ : 特撮
ジャンル : サブカル

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。