スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の秘宝part1


ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)
(2010/12/01)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


 リーポッター最終章開幕。何だかんだでシリーズ一作目からの付き合いなので、見てきた。原作は読了済み。原作を読んだのは発売当初だったので物語の細かいところはすっかり忘れていた。覚えているのは、「暗い」「長い」の二点のみ。サブキャラクターやサブドラマを展開しすぎたせいで、ハリーポッターは巻を重ねるごとに冗長になっていくという傾向があった。
 映画は当然原作をベースに制作されるわけだから、原作のボリュームが一挙に増えた炎のゴブレット以降、ダイジェスト版を見せられているような気分になった。制作体制が変わったというのもあるだろうが、あの分厚い原作を二時間半に収めるのはかなり困難な仕事だったと思う。

 最終章の今作では二部作という形を取ることで、尺的にはかなり余裕が。これがいい方向に働いた。相変わらず原作未読者にはハードルが高く、前シリーズまでの展開を踏まえていることが前提だが、ゴブレット以降ではベストな出来だ。ダイジェスト感も大分薄れた。(もっとも、原作からしてあちらこちらに話が飛ばなかったという点もあるが)
 前作までの出来にうんざりしている人でも楽しめるはず。
 ただ、今作では原作同様ホグワーツが登場しないので、明るく楽しい魔法世界を求める人は止めた方が吉。ひたすら暗い。決戦はpart2からなので、爽快感も薄い。part1はレンタルで済ませ、part2を劇場でというのも大いにアリだと思う。

 個人的な見どころはエマ・ワトソン。実に美しく成長している。女性としての脂がたっぷり乗っていて、ハリー・ロンの二人を完全に食っていた。しかし、女優業にはあまり関心がないよう。勿体ない。
スポンサーサイト

邦訳アメコミガイド KICK-ASS


キック・アス (ShoPro Books)キック・アス (ShoPro Books)
(2010/11/19)
マーク・ミラー

商品詳細を見る


 月公開の同名映画KICK-ASSの原作コミックが発売。ごく普通の青年が、ごく普通の世界で、何の能力も持たずにスーパーヒーローになったら。いや、スーパーヒーローごっこをしたらどうなるか。次々とヒットを飛ばすアメコミ映画を皮肉るような設定は、風刺が効いてる。ヒーローがヒーローする時代は終わったんだぜと言わんばかりに、主人公のキックアスはヘナチョコだし(でも、悪い奴ではない)、ヒロイン的位置にあるヒットガールは慈悲の欠片もない。特にヒットガールは10歳の殺人マシーンという設定でいかにもアニメ的だけど、コミック中のゴア描写は正直可愛さの欠片もなかった。趣味が悪いなあという感想が真っ先に来る。
 原作はマーク・ミラー。シビルウォーを手掛けた人物でもある。ヒーローとヒーローが抗争を広げる、あのシビルウォー。趣味の悪いものをエンターテイメントにする手法にかけては、なかなかのものがあると思う。そんな訳で、この趣味の悪さを楽しめるかどうかで作品の評価は変わってくる。

 要するに、ノレるかノレないか。ノリについていければ、非常に楽しくページをめくることが出来るだろう。だけれど、ついていけなければ……
 ちなみに私は前者。この趣味の悪いコミックにすっかり魅せられてしまった。読み返すと話の筋自体は単純なのだが、読んでいる最中はストーリーが何処に着地するのかまったく読めなかった。先が気になって、ついついページをめくってしまうのはストーリーだけではなく、ロミータJrのアートの功績も大きい。血みどろの本作に実に合っている。

 一方、映画の方は予告を見る限り方向性が若干異なっている。



 愛すべき馬鹿映画の匂いぷんぷん。デスペラード的なノリで敵をばっさばっさと倒していくヒットガールは実にキュートなキャラクターになっている。まあ、単にヒットガール役のクロエ・グレースが可愛いからというだけかもしれないけれど。
 公開は来月18日より。コミックオタクで知られるニコラスおじさんも出ているし、劇場まで足を運ぶかな。
 

アーカムアサイラム完全版


バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)バットマン:アーカム・アサイラム 完全版 (ShoPro Books)
(2010/09/30)
グラント・モリソン

商品詳細を見る


 ットマン:アーカムアサイラム。
 キリングジョーク完全版に続く形で、こちらも復刊した。例によって出版社は小学館集英社プロダクション。
 本編の後に脚本が収録されており、そちらにはグラント・モリソンの注釈がついている。かなりマニアック。コミックの後に立て続けて読む気にはさすがになれなかったが、アメコミの脚本を見られるのはかなり貴重な体験だと思う。
 劇中に配置したメタファーの解説を脚本内で興奮気味に書いているモリソンと、脚注を加えるモリソンの冷静さの対比もまた面白い。
 また、モリソンによるアーカムアサイラムのアーキタイプ的なスケッチ(コマ割りされているので、ネームと言った方がいいかもしれない)も収録。トレンチコートを着たロビンという奇妙な姿も、ラフ画ではあるが、お目にかかれる。

 中身はコミックというより、もはやアートの領域。悪夢のような一晩を、美しくもおぞましく描いている。アートも脚本も高レベルだけれど、刺激が強すぎてしばらくは読み返したくない。読むのなら、健康な時に。
 

キングダムカム愛蔵版


キングダム・カム 愛蔵版 (ShoPro Books)キングダム・カム 愛蔵版 (ShoPro Books)
(2010/10/30)
マーク・ウェイド

商品詳細を見る


 年以上前に発売されたキングダムカムが愛蔵版となって再登場した。化粧箱つきなのが地味に嬉しい。
 発売元は小学館集英社プロダクション。HOMを発売しているヴィレッジブックスとは異なり、絶版していたコミックを再販する機会が増えている。映画ダークナイトの高評価、ウォッチメンの映画化と上手く波に乗っている印象だ。

 個人的にはヴィレッジの勢いと小プロの堅実さの中間が程よいと思うのだけれど。飛鳥新社から発売しているユーロマンガシリーズがペース的に気持ちいい感じ。ジャイブはずっとマイペースなので、あれはあれでいいと思う。

 閑話休題。

 キングダムカムは全編、アレックス・ロスの美麗かつ写実的なアートで綴られる。アートを眺めているだけでもため息がこぼれる。これが十年以上前の作品なのだから、もう唸るしかない。ストーリーも錆びついてはおらず、名作たる所以を感じさせる。消耗されるのが常の創作において色褪せないのは凄い。もう、凄いという言葉しか思い浮かばない。どれだけ言葉を並び立てても、アレックス・ロスのアートを見た瞬間に消え失せる。

 本編以外も、大充実。ボリュームたっぷりの設定イラスト集には詳細な解説が加えられ、巻末・冊子と二つの解説が付属。別冊冊子の方には昨今のDCコミックとキングダムカムの関連性が記載されており、親切な作り。すべてを味わおうと思ったら、本編以上に時間を費やすことになるんじゃないだろうか。愛蔵版の名に恥じない重厚な一冊だ。

 少しでもアメコミが好きなら、間違いなく買いの一品。

ハウスオブM


X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・MX-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M
(2010/10/30)
ブライアン・マイケル・ベンディス

商品詳細を見る


 ウスオブMの邦訳版が発売中。

 当ブログで紹介したのはもう随分昔のこと。記事と照らし合わせながら、じっくりと堪能した。原文で読んだ時の感動には及ぶべくもないけれど(訳する時にはどうしても訳者のフィルターを通してしまうため。文字数の制限もある)、詳細な解説がついているので有難い。作中のタブロイド誌も事細かに訳されているので、よりどっぷりとHOM世界に浸ることができる。
 ただHOMのタイインタイトルの邦訳は予定されていないようで、関連タイトルが解説に羅列されるに留まっている。この辺りは原書にチャレンジするしかない。

 個人的には邦訳版を手にできて満足なのだけれど、何故にこのタイミングでこのタイトルなのだろうか?
 今人気のアイアンマン、映画公開が控えているキャプテンアメリカやアヴェンジャーズは殆ど活躍しないし、ソーにいたっては復活していない時期のストーリー。XMENも近々新作をやる訳でもなし。
 HOMは好きなクロスオーバーだし、邦訳ものがどんどん発売されるのは嬉しいけれど、アメコミを知らない人が手に取るには時期が微妙かなとは思う。

 難しいなあ。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。