スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦訳アメコミガイド ソー:マイティアベンジャー/マイティソー:アスガルドの伝説

ソー:マイティ・アベンジャーソー:マイティ・アベンジャー
(2011/06/30)
ロジャー・ラングリッジ

商品詳細を見る


 名タイトルの#1~#8を邦訳。ソーの映画化に合わせてスタートしたシリーズで、既存のユニバースとの関わりは薄く、独立した話となっている。当初は#9以降の刊行も考えられていたようだが、あえなく休刊。後の展開のために張ってあった伏線が機能しないままとなってしまった。
 肝心の内容は、映画と似たり寄ったりで深みはない。それでも映画は演技と映像の力で存分に楽しませてくれたが、コミックではそれがない。アートは悪くこそないものの、魅力的ではなく、決め手に乏しかった。
 映画版のレトロアーマーを独自にアレンジしたアイアンマンは一見の価値ありなのだが。
 ★★★

マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books)マイティ・ソー:アスガルドの伝説 (ShoPro Books)
(2011/07/16)
スタン・リー

商品詳細を見る


 ャック・カービーのアートを、現代のカラーリングで復刻したシリーズ。表紙と中身ではアートが違うので、要注意。ジャック・カービーの名前を知らず、表紙のアートに惹かれて買うと痛い目に遭う。
 また、通常のコミックと違い、一話ごとのページが少ないため、やや単調な印象を受ける。一話完結でキャラクター紹介に割かれる前半はその傾向が顕著で、読んでいて辛いものがあった。その代わり、後半からはシリーズものになり、ぐっと面白くなる。全ての登場人物が作中で紹介されるため、予備知識を全く必要しないのは魅力と言えるかもしれない。
 ただし、ジャック・カービーの名前とアートを知っていることが大前提。初めての邦訳アメコミ本としても、ソーへの導入としても、おススメ出来ない。
 ★★★~★★★★★(読者の年齢・カービーへの理解度で大きく変わる)
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

邦訳アメコミガイド ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト/ニューアベンジャーズ:セントリー


ニューアベンジャーズ:ブレイクアウトニューアベンジャーズ:ブレイクアウト
(2010/05/29)
ブライアン マイケル ベンディス

商品詳細を見る


 THE NEW AVENGERS#1~#6を邦訳。前身にあたるアベンジャーズが解散を余儀なくされ、ニューアベンジャーズとして再結成されていくまでのストーリーが描かれる。いわばシリーズの再始動であり、アイアンマンやキャプテンアメリカに加えてウルヴァリンやスパイダーマンといった(当時)映像化されていたキャラクターが加入する。日本には馴染みのないルーク・ケイジやスパイダーウーマンといったキャラクターも出てくるが、有名キャラが半数以上を占めるため取っ付きにくさは感じない。
 話の筋は単純に思えて、後々の展開への伏線が細かに散りばめられており、このコミック単体での評価は難しい。その分、アートは上質で、いい意味でアメコミらしい仕上がりになっている。スタンダードで堅実なアートは日本人が抱くアメコミ観にかなり近いのではないだろうか。
★★★


ニューアベンジャーズ:セントリーニューアベンジャーズ:セントリー
(2011/07/30)
ブライアン・マイケル・ベンディス

商品詳細を見る

 THE NEW AVENGERS#7~#13を邦訳。セントリー編と、シークレット&ライズ編の前編を収録。ブレイクアウトから一年以上の期間を経て邦訳され、続刊は八月に刊行予定。同じく刊行を控えるシビルウォーとの兼ね合いもあるのだろうが、翻訳のスパンが長すぎるというのが本音である。
 セントリー編は試みこそ興味深いものの、ストーリーラインが混濁している印象を受けた。読めるし理解できるが、面白さには繋がっていないような気がする。
★★★

 正直なところ、この両作品を初心者にはおススメ出来ない。アートだけを楽しみたいなら十二分に応えてくれるが、ストーリーを味わいたいならば他の邦訳本を買うべきだろう。

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。