スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の本vol.5 第三期

1.僕僕先生

 美少女仙人とニートの青年の、ちょっとした冒険譚。ヒロイン(というか、主役)の僕僕が、とにかく可愛い。大人とも少女ともつかないアンバランスな存在感があるんですよ。主人公をからかったかと思えば、やたらとベタベタしたりとか(笑)
 もう一つのポイントは、時代背景。神仙の存在が次第に忘れ去られつつあるという時代設定を持っているので、物語が後半に進むにつれ、不思議なノスタルジーが生まれてきます。僕僕と主人公の関係性にも同じことが言えて、ちょっぴり切なくなるところも。でもでも、最後は気持ちよく終わってくれるので、その辺は安心なのです。
 読後に爽やかな気分にさせてくれる良作でした。

1.文学少女と穢名の天使

 文学少女最新刊。今回は、琴吹ななせにスポットライトが当たります。全シリーズ通して、井上心葉の影とも言うべきキャラクターたちが毎回登場するのですが、今回はまさにもう一人の心葉そのものといったゲストキャラが登場して、物語を彩ってくれます。1~3巻のゲストキャラに心葉(そして、美羽)と似通った部分を持たせつつ、4巻で心葉と鏡合わせとなるキャラクターを投入、そして5巻へという構成がお見事。今回は事件がごちゃごちゃしすぎかなという印象があるのですが、それでもシリーズ通しての構成力が素晴らしいので気になりません。
 ただ、琴吹さんにはヒロインの資質はないかなぁ(コラ)遠子先輩の深い愛情(というには語弊があるけれど)と琴吹さんでは勝負にならんですわ。

1.去年ルノワールで

 妄想エッセイ集。筆者・せきしろの妄想がひたすら綴られていく、無意味・無価値・無気力の三拍子が揃った一品です。だが、それがいい(笑)気分はまるで、ファミレスでグダグダと友達と喋っているよう。どーでもいいんだけど、まあ笑えるよね……みたいな微妙な面白さが味わえます。

条件付1.ぼくらの alternative 1

 ぼくらのノベルス。原作を大胆に変更して、小説ならではの物語を作ることに成功しています。契約者の変更、キャラクターの削除、そしてキャラクターの追加。更には搭乗順まで変更。ifの世界を思う存分に楽しめます。これぞ、メディアミックス展開と拍手を送りたくなるライトノベルでした。挿絵も鬼頭莫広で雰囲気抜群。
 難点は文章力でしょうか。雰囲気はあるのですが、体言止めの多様は一部分での視点のブレなど、文章のレベルは決して高くありません。誰が喋っているのか分からなくなったりとか、結構根本的な問題を抱えてます。校正と編集、もっと仕事してよ!と言いたくなってしまう。作者の不得意なところをカバーしてあげなきゃ、可愛そうですよ。このぼくらのはガガガ文庫という新レーベルから発行されているものですが、編集部のレベルが透けて見えてしまいます。記念すべきレーベル第一弾で校正段階でのミス連発かよ、と。
 そのため、原作未読者にはあまりおススメ出来ません。特にキャラクターが口々に喋るところは原作を読んでいなければ混乱することは必至。原作読んでライトノベルという流れが理想的かと思われます。

2.龍天ノ門―居眠り磐音江戸双紙

 居眠り磐音シリーズ。ちょっと飽きてきたかも……(笑)殺陣のシーンがワンパターンなのが……

 アメコミ新刊情報は、明日。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。