スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIVIL WAR FRONTLINE THE ACCUSED PART6 and SLEEPER CELL PART4



 ガティブゾーンに投獄された、ロバート・ボールドウィン。ネガティブゾーンの有様は燦々たる有様だった。精神を病み、自らの頭を吹き飛ばして自殺したヒーロー、S.H.I.E.L.D.の襲撃で脊椎を痛めたまま、満足な治療も受けられないヒーロー。ここには、彼らがヒーローであったことを知る者はいない。ただの犯罪者として扱われる彼らに人権などなかった。
 ボールドウィンはネガティブゾーンの状況を伝えようと母に手紙を書いたが、その手紙が決して届くことはないだろうと知っていた。届いたとしても、ボールドウィンはアメリカで最も憎まれる男。そんな息子からの手紙を喜びはしないだろう。苦い想いを噛み締めながら、ボールドウィンはネガティブゾーン内への施設へと運ばれていく。

CIVIL WAR FRONTLINE THE ACCUSED PART6

20070619220246.jpg

 施設でボールドウィンを待ち受けていたのは、リード・リチャーズだった。休眠状態にあるはずのボールドウィンの能力が突如覚醒した刑務所内での事件に彼は興味を示していた。ボールドウィンにとっては、リードの知識欲を満たすことなど興味がない。スーパーヒューマン登録制度施行を推し進めた人物の一人であるリードに、ボールドウィンは敵意をむき出しにする。どう落とし前をつけるつもりだと。ネガティブゾーンに投獄されたヒーロー、そのヒーローたちの惨状を招いたのは他ならぬリードだからだ。地獄に落ちろと罵声を浴びせるボールドウィンに、リードは一つの提案をする。
 ボールドウィンの、その頑なな意思……登録制度への嫌悪感・スタンフォード事件に対する解釈を、人々の前で話してみないかと言い出したのだ。様々な意見があってこそのアメリカなのだからと。スタンフォード事件の罪を一方的に着せられることとなったボールドウィンは、これまで釈然としない気持ちを抱き続けていた。いいだろう。ボールドウィンは即答し、ネガティブゾーンを一時的に出ることとなった。

20070619220301.jpg 

「まんまと乗せられたわね」
 ボールドウィンの弁護士、シーハルクは彼の決断に頭を抱える。ボールドウィンが何を言ったところで、世間に渦巻く彼への憎しみが薄れるはずがない。ボールドウィン自身も、窓の外で溢れかえる「人殺し!」のプラカードを目にしている。
 護送車を降りたボールドウィンとシーハルク。護衛も満足に与えられず、周囲には報道陣と野次馬が集っていた。
 スタンフォード事件の責任の是非を問うマスコミに、ボールドウィンは「誰も殺しちゃいない。どうして弁解の余地が与えられないんだ」と、相変わらずの一点張り。無実を訴えようとする。
「ボールドウィン!」
 人込みの中から一人の男が飛び出してきたのは、ボールドウィンが再び「俺は誰も殺していない」と訴えたその時だった。
 銃弾を遮る護衛は、いない。ボールドウィンに男の放った銃弾が突き刺さる
 

to be continued CIVIL WAR FRONTLINE THE ACCUSED PART7...

sleepercellpartfour.jpg

 スーパーヒューマン登録制度で混沌とする世界は、かつてスパイとして送り込まれたスリーパーエージェントの覚醒を促した。人のいいマリーンショップの店主として知られたジョーからは、かつての穏やかな面影が消え失せている。海中を自由自在に泳ぐジョーはクラゲたちと会話を交わし、とある町外れの廃工場へと赴く。

SLEEPER CELL PART4

20070619220431.jpg

 ワンダーマンはジョーの姿を物陰から捉えていた。S.H.I.E.L.D.に報告しようとするワンダーマンだったが、〝本名と登録番号〟を求められる。まさに先日彼が出演したくだらないCMそのままの状況。ワンダーマンは辟易しつつも、脱税の問題を持ち出されてはS.H.I.E.L.D.の要求に逆らうわけにはいかない。大人しく本名と登録番号を告げるのだった。

20070619220455.jpg

 ジョーを追跡したワンダーマンは驚くべきものを発見する。ジョーが足を踏み入れた建物の内部には、彼と同じ青い肌をした人間で溢れかえっていたのだ。彼らが手にするのは、プリンス・ネイモアが率いるアトランティス製の武器。
 アトランティスのスリーパーエージェントたちが、一堂に会していた。

to be continued SLEEPER CELL PART5



←ただいま紹介中
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。