スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第十五話

は明日へ向かいます

・作画は上り坂・脚本下り気味
 二週続けて作画は高クオリティ。それどころか、先週よりも凄いwこのスタッフの力は底知れないぜ(笑)中川翔子の挿入歌も相まって、普段以上の迫力でした。頭を空っぽにしてアクションだけを楽しめるアニメって久しぶりかもしれません。朝の寝ぼけた頭には丁度いいです。
 燃えたぎるアクションシーンに対して、脚本は今一歩及ばず。ニアと螺旋王の確執、大グレン団との絆なんかはあと一話使って掘り下げて欲しかった。シモンの啖呵、そしてニアの台詞は相変わらず胸が熱くなる、まさにグレンラガンクオリティなのですが、結局はキャラの魅力に頼りきっているだけで。キャラの魅力、ドラマとしての面白さ、アクションの格好良さが融合していた第一~二話・シモン復活編と比べると、ちと厳しいものが。脇のキャラクターが増えたのに、その殆どのキャラを掘り下げられていないのが原因でしょうねぇ。
 う~む、画龍点睛を欠くって感じ。

・螺旋の力
 後編に向けての伏線が色々と。百万匹の猿が云々~という台詞と、宇宙が舞台になることを考えると、シモンたちの星が第三者に監視されてるんでしょうか。人口が百万人を超えると自動的に搾取みたいな。でも、螺旋王の口ぶりからすると螺旋の力自体にも破滅的な力が秘められていそう。来週の総集片で、この辺りに触れてくるのかな。語り部は、やっぱり噛ませ犬だったヴィラルだし(笑)
 それにしてもヴィラルの転落っぷりは中の人が可愛そうになってくるくらいですなwネタキャラにもなりきれない哀愁が漂っております。

・ヒロインたち
 ニアのスカートが週を重ねるごとに短くなっているような気がするのですが。まったくもって、けしからんw
 んでもって、ヨーコはまたもや空気に。やはりロシウはグレンから降ろすべきだと思うなぁ。


←お前のドリルで天を衝け!
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天元突破グレンラガン 第15話「私は明日へ向かいます」

 ラジオで柿原さんが作画が凄い。とかいってたのですがその通り。 先週で四天王を全員倒してしまい、今回ついにラスボスとの対決。ってオープニングなしって今回最終回ですか!?ヴィラル哀れライバルだった

コメントの投稿

非公開コメント

ずっと気になってるのですが

「ロシウ」のことを執拗に「ロシュウ」と呼び続けておられるのは
あんなキャラ認めねぇってことなんでしょうか?

第一部完って感じですかね。
最後にみんなが並んでるシーンで、ヨーコの
出番がなかった事にようやく気づきましたw

最初の方でヒロインぽいポジションに
立ったがためにこんな事になったと
思えて仕方がない。ポニーテールの彼は
故郷で暮らしてた方がある意味良か(ry

>名無しさん
 いや、素で間違えてるだけです^^;

>k999さん
 最後、ヨーコ並んでましたっけ(ぇ
 というくらいの空気っぷり。OPアニメのシーンが一番輝いてるってのはどうなんでしょうかw

巨大ロボの意味が・・・・・・。

 ストーリーは先週と同じく前振り無しな感じでしたね。

 一番気なったのが螺旋王の戦い方、ガンメンで戦っている内はいいのですが、生身になった途端素手で殴るって・・・・・・それじゃあ螺旋の力もシモンよりも下なわけですよ。

 コアドリルも持っていなかったみたいですし、どかへ無くしたのでしょうか?

 螺旋王の戦い方は、アレはアレで面白かったと思うのですが^^;というより、あれは螺旋の力がガンメンに左右されるものではないという伏線かと思われますよ。

 コアドリルはガンメンに刺しっぱなしだったのではないでしょうかねぇ。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。