スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIVIL WAR FRONT LINE THE ACCUSED part seven&SLEEPER CELL part five



 んなことが起きるなんて、思ってもいなかった。弁明も出来ずに死んでいくとは。母さん、もし俺にまだ力があったら、あんな弾丸なんか反らせたはずだ。だけど、それ以上に、最初から力がなければ、こんなことは起こらなかったとも思うんだよ……
 銃弾に倒れたボールドウィン。騒然となる周囲をよそに、ボールドウィンは過去の出来事をまざまざと思い出していた。父の帰りを待って、夜遅くまで犬のルパートと共に過ごした日々。けれど、ボールドウィンが起きている間に父親が帰って来ることはなかった。

 CIVIL WAR FRONT LINE THE ACCUSED part seven

20070710220959.jpg

 それでも、ボールドウィンには力があった。ニューウォーリアーズという仲間がいた。チームを結成した時のことを、ボールドウィンは今でもまざまざと思い出せる。だが、ニューウォーリアーズは若かった。そして、無謀だった。
「TVショーに出てみようぜ」
 ある日、〝誰か〟が言い出した。ニューウォーリアーズのほとんどは気が進まなかったが、ボールドウィンは違った。
「今日のバトルはセカンドシーズンのベストエピソードになるに違いない」
 あの日、スタンフォードで爆発事件が起きた日、ボールドウィンは何も考えていなかった。仮にも相手は力を持ったヴィランだというのに。そして、あの爆発が起こった。
 救急車に乗せられたボールドウィンは過去を振り返り、苦痛に呻く。痛みにうなされ、意味にならない言葉を呟く彼の体に異変が起きつつあった。失ったはずのパワーが再び発動し始めたのだ。救急車内に異変が起きる中、ボールドウィンの回想は続く。

20070710221010.jpg

 ボールドウィンは、スタンフォードの事件を認めるわけにはいなかった。何故ならば、あの事件を認めてしまえば、友人たちの死を受け入れねばならないからだ。だが、友は死んだ。爆発に巻き込まれ、子供たちも死んだ。
俺は皆に嘘を続けていたんだよ、母さん。ニューウォーリアーズの過失なんかじゃない。俺なんだ。皆が死んだのは、俺のせいなんだ……
 ボールドウィンの苦痛は頂点に達し、あふれ出したパワーが救急車をショートさせる。制御を失った救急車は乗用車に激突し、新たな犠牲を生み出すのだった。

 to be continued CIVIL WAR FRONT LINE THE ACCUSED part eight...

20070710221033.jpg

 ジョーのマリーンマニアでの殺人事件を追ってきた、刑事のキースとドナ。二人は町外れの工場……何者かによって爆破された工場跡に足を踏み入れていた。現場にはジョーの遺体があった。彼の肌の色、そして工場内に落ちていた武器は、ジョーをアトランティス人だと裏付けるものだった。

 SLEEPER CELL part five

20070710221050.jpg

 ジョーを追っていたワンダーマンもまた、現場にいた。意識を失い、瓦礫の下敷きになったワンダーマンの脳裏には、緑色の悪魔の姿が焼きついていた。工場に突然現れ、全てを破壊していった、ノーマン・オズボーン……グリーンゴブリンの姿が。グリーンゴブリンの登場はワンダーマンに指示を出していたS.H.I.E.L.D.のエージェントにとっても予想だにしないものだった。グリーンゴブリンはS.H.I.E.L.D.の思惑を外れ、単独で暴れまわる。無力化するアトランティスの戦士たちの頭上に無常にも爆弾を落とし、グリーンゴブリンは去っていく。

20070710221108.jpg

 グリーンゴブリンだ。途切れ途切れのワンダーマンの呟きを耳にしたキースとドナは、そんなことは有りえないと一度は否定する。グリーンゴブリンは牢の中にいるはずだからだ。だが、多くのアトランティス人が殺され、工場には爆弾が爪あとを残している。ただの失踪事件だと思っていたのに、事件は思いも寄らない展開を見せた。
 どんなにこの事件を推測しても、真実は遥かに複雑で、その本当の姿すら見せてくれないのかもしれない。キースは低い声で呟くのだった。

 to be continued sleeper cell part six...


←ただいま紹介中
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。