スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン第十八話

かせてもらうぞこの世界の謎を

・アンチスパイラル
 螺旋王がニアに何か仕掛けをしていたのかと思いきや、アンチスパイラルとして目覚めたのはただの偶然だったそうで。となると、誰にでも人類の査察官・アンチスパイラルとして目覚める可能性があるということであり、人間は遺伝子レベルでアンチスパイラルに支配されているってことですね。一気にスケールがでかくなりました。
 技術に対する異常な適応性などが本編でも触れられ、かつ伏線の一つになっていたのは個人的に嬉しかったですねー。ただのノリで通しちゃうのかなあと思っていたので。この辺りのさりげない伏線の張り方は上手いですねぇ。

 螺旋王の辿ったであろう道(人類のために戦っていたはずが、気づけば疎まれていた)をシモンになぞらせているのも面白い。突きつけられた障害に屈するしかなかったロージェノムに対し、シモンはどう行動するのか。
 お前のドリルで天を突け。その答えは既に第一話で用意されているのではないでしょうか。第一話で銀河大戦をイメージさせたシーンを挿入させたのもそのためかと。

 ……ところで螺旋力ってDNAのことなのでしょうかね? アンチスパイラルって人間とは別の種族のようですし。

・ニア
 アンチスパイラルとして覚醒してしまったのはドラマを盛り上げるために仕方ないとして、留守電などを含めて先週からの天然っぷりに少々違和感。確かに天然な部分を持つ少女だったのですが、大人ニアのボケっぷりが加速しているというか(苦笑)こんなにボケてなかったような気がするんですよねぇ。もっとも、ニアが登場したのは打倒螺旋王に燃えていた頃で、ボケる暇もなかったのかもしれませんが。
 個人的には、前回・今回の脚本家が上手くキャラを掴めてなかったのではないかと考えております。事実、今回の脚本家はニアの子供時代にはノータッチですし。(各話担当の脚本家の名前を見れば一目瞭然)
 ロシウにしても、少年時代のドラマがああも放置されているとは思っていなかったのかもしれません。

・ロシウ
 そのロシウは相変わらず。あの旅は何だったのと問いかけたくなるガチガチぶり。まともに描かれたのが登場時のエピソードだけではねぇ。
 もっとも、それまでのことを考えなければシモンの障害として機能しているキャラクターではあるんですが。

 七年間のミッシングリンクを除けば、第三部の滑り出しは好調。非常に堅実な出来で見ていて安心出来ます。あとは小説なりコミックなり、ウェブ展開なりでミッシングリンクを埋めてくれれば。特にロシウ(苦笑)

←DVD
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

ニア=アンチスパイラルついに明らかになったニアの正体ロージェノム最初ギャグキャラ要員かと思ってしまいましたが、それはなく渋いまんま。人格残してないとかいってたけど、残ってるんじゃないか? それにし

コメントの投稿

非公開コメント

今回は若き日の螺旋王の姿がアニキそっくり
だったりするのが、これまたシモンに
待ち構えている苦難を想像させてドキドキしました。

あと、黒ニアの目つきがたまらないw

ロシウは、マーボー神父から貰った本を
文字を覚えて読めるようになったら、
なんかどえらい秘密が書かれていたとか
脳内補完してます。

そりゃあもう性格が曲がるぐらいの
どぎつい真実が。
(単なる事実なら今回判明しましたけど)

でも、出身の村も人減らしを行ってたし、
それが意識としてかぶってるかも。

7年前の決戦のあと、
一人月を見上げてたし。

>k999さん
 シモンはこれから苦労しまくるんでしょうねwまだまだ第一話冒頭のべらんめえ口調になっていませんし。シモンに降りかかるドラマに期待大なのです。

>ゲーザさん
 村のことを意識しているのは分かるんですけどねぇ。ちょっと七年間に甘えているかなと。グレンはサブキャラクターのドラマは徹底的に力を抜く極めて悪い癖があって(ヨーコとか)、そーいう部分はあまり受け入れられないんですよね。やれるのにやらないんじゃないかと思えてしまったり。
 これが普通のレベルの作品なら仕方ないかで済ませるんですが、グレンラガンには高いレベルのドラマを期待しているので^^;
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。