スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 24&25

落のステージ&ゼロ

・復活のオレンジ
 恐らく、今回唯一期待を裏切らなかったキャラクター。いや、ある意味期待を遥かに上回ってくれたキャラというべきでしょうか。超絶言語回路に腹筋は崩壊寸前wアホすぎる。
 言語回路どころか人格までぶっ壊れているように思えるのですが、オレンジという単語に反応するなど根本的なところは変化していないようです。今回はC2に道連れにされて生死不明という幕切れでしたが、第二シリーズではどうなることやら。あまりに強烈過ぎて、使いどころが難しいというのも事実だと思うんですよね。

・水増し東京戦
 確か23話のラストでスザクとルルーシュが通信を交わして互いを敵だと認識するシーンがあったと思うのですが、今回は二話かけて、その焼き直しという印象が拭えませんでした。相変わらずスザクはやっていることがゼロと殆ど変わらないというか、ルルーシュのように共感できる行動理由が見当たらないために嫌な部分ばかり増幅されていますね。今回のラスト付近のスザクにはちょっと引いたかも。

 ただ、それ以外の戦闘シーンは緊迫感アリ・密度アリで非常に楽しめました。サブキャラクターをそつなく描いておくと、脇でもシーンを作れるのだということを再認識。主役抜きにはドラマがまったく成り立たないグレンラガンをリアルタイムで見ているので、尚更ギアスのサブキャラクターの演出の巧みさが光りました。ギルフォードとか殆ど出番がなかったのに、その少ない出番で「コーネリアの騎士」という印象付けをしっかり行っているので、戦闘シーンで出しゃばっても違和感がありません。

・ヴィレッタと扇
 意外にアッサリ記憶を取り戻しましたねー。もうちっと引っ張るかと思っていたので、予想外でした。しかしヴィレッタ復活で、黒の騎士団とゼロの緩衝材の役割を果たしていた扇が倒れたことで混乱が加速。見事にドラマを掻き回してくれました。
 扇にまったく情をかけないやり口も冷酷すぎて素敵ですw

・ゼロはどこよぉぉぉぉっ!?
 ガニメデ完成するの早いよw
 混乱に次ぐ混乱を巻き起こしてくれるのは、さすがオナニーナさんといったところでしょうか。東京ぶっ飛ぶって、どんだけ(笑)

・マリアンヌの死の真相
 自ら死を招き寄せたかのような、マリアンヌの死の直前の行動。ギアス契約者が死後、Cの世界に行くのだとすると、そのために襲撃させたとも考えられますね。ルルーシュとナナリーを逃がさなかったのは、どちらか或いは双方に消えぬ憎しみを植えつけるためだったのでしょうか。
 ルルーシュを気にかけるC2をからかったり、C2の目的を再確認させるような言葉を投げかけたりと、ただの優しい女性でないことは断片的に語れていますし、結構腹黒なのかも。

 ナナリーといえば、V2とC2と認識していました。これはある程度彼女が人の気配を察知できるということを示していて、やはりゼロの正体には薄々感づいていそうです。そうでない場合、つまり人の気配うんぬんは関係なかったとすると、ナナリーにはC2のような特殊な存在を感知できる能力が備わっているとも考えられます。マリアンヌが二人の子供を巻き込んだのは、その辺りに理由があるのかも。
 もっとも、V2がナナリーをさらったのはゼロをおびき寄せるためだけのような気もするのですが。

 V2といえば、ナナリーがC2と勘違いしました。思うに、CとVの二人は対の存在なんじゃないですかね。CとVの二人の争いがラグナロクに関係しているとか、そんな感じ。
 他にもV2のVはブリタニアのV=ヴリタニアとCとVは元々深い関係にあり、それ故にマリアンヌはC2と関係を持っていた(多分、ギアス能力を所有していたと思われる)とか色々妄想できて、謎のばら撒き方は心地いいし、面白い。

 次回の放送予定が決まっていればね。製作側としては新たな謎をばら撒いて次の放送までに色々想像してみてねって感じなのでしょうが、いつまで待たせる気だよと(苦笑)もう十分に待たされたんですけど。

・黒の騎士団崩壊寸前
 いよいよ黒の騎士団の崩壊が始まりました。ゼロがいなくなっただけで崩れ落ちる騎士団の脆さを露呈。重傷のコーネリアが騎士を鼓舞する一方で、ゼロは黒の騎士団を放置する。この二人のコントラストが面白かったです。
 どちらが優れているとかではなく、あくまで王族であろうとコーネリアに対して、ルルーシュは地位を捨て去っても己が目的を優先させる傲慢さを有している。王族の地位を剥奪されたルルーシュと、そうではなかったコーネリア。二人の歩んできた人生の違いを想像させてくれました。
 その二人がユフィーのこととなると途端に感情的になる(コーネリアは王族であることすら忘れる)のは何ともいえない皮肉ですね。すれ違いの哀しさは、スザクとゼロよりも、ゼロとコーネリアの方が描けているように思えます。

・アッサリ出たよ、長兄
 目立たない、うっすーいのがブリタニア第一王子でした。あまりに一瞬かつ、状況におろおろするだけだったので印象に残っていませんがw
 まぁ、この人は物語にあまり関ってきそうにないなぁ。

・魔女
 死なない女・C2の痛みの歴史。何かもう、彼女の悲劇性を高めるための要素って感じなんですが……それがいいw本人が悲劇のヒロインしてないので、嫌味じゃないんですよ。

 二話まとめての感想でした。まぁ、面白かったですよ。放送時期のことを考えなければ。リアルタイムで見たのは失敗だったかも。まかさここまで進まないとはねぇ……

←DVD
スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE24「崩落 の ステージ」 STAGE25「ゼロ」 

そうだ俺がゼロだ!!黒の騎士団を率い、神聖ブリタニア帝国に挑みそして世界を手に入れる男だ!!

コメントの投稿

非公開コメント

「脆いものだろ?」

 どーもお久しぶりです♪
>扇
 嫌なふられ方ベスト3には入るふられ方でふられちゃいましたね(泣)。タコさんウインナーロマンスに欠片ほどの未練も感じていない職業軍人ヴィレッタ姉さんは、劇場版とTV版のジャイアンを思わせる変貌振りでした…もっと苦悩してほしかったなぁ…あんなにいい感じだったのに…

>俺、参上
 スザクの一人称が「俺」に戻りましたね。許しを求める咎人から、例えどんな罪を犯してもゼロを倒すという怒りが読み取れます。
 ナイトの勲章をつけるあたりが、直接の行動理由が仇討ちなのがなんだかなぁですが、今思い出してみれば日本を憂いていたのは、ゼロではなくスザクなんですよね。
 そして、志を同じくしたユフィーのナイトとなって、日本復活までこぎつけた所で、ユフィー自らそれをぶち壊すという、最も悪趣味で残虐な方法でゼロに台無しにされた。そりゃーぷっつんいきますってー。
 真相はギアスが暴発したんだよーといっても、スザクはそんな事知るわけないし、それゆえの、「お前が手を組むべき相手はユフィーだった!!!」の慟哭に繋がるのでせう。
 それより、近くにナナリーがいるかもしれないのに、爆弾つけて脅すルルルーシュに引いたなぁ…

>奇跡の責任
 人にふっかけといて、自分はさっさと放棄するルルルーシュ。
 ささやかな願いだろうがなんだろうが、自分の大切なもの以外の命を、何とも思わないような奴の気持ちなんて分かりたくもありませんな。

 そうそう、結局ガウェインvsランスロットはなかったですね。紅蓮戦が凄かったとはいえ、少々残念。

ぬお、返信忘れていましたorz申し訳ありません(汗)

扇さんの振られっぷりが凄いですが、ヴィレッタさんとはまだ一悶着ありそうですよね。果たしてヴィレッタさんはデレるのか(ないない)

スザクはまあ、怒る理由は理解できるんですけどねぇ。それまでのキャラクター描写が、まさに「ウザク」だったので(苦笑)、共感しにくいという……^^;

ん~、ルルーシュは昔からあんなキャラだったと思いますよ。ナナリー一筋というか。ただ単に見せ方の問題であって、芯はまったくブレてないかと。ですので、共感できるという評価は変わりませんな。あのしょーもない人間臭さこそが、ルルーシュなんですよ。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。