スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第二十一話

なたは生き残るべき人だ

・ヨマコ先生
 今回はギャグ回でオーケー?
 ヨーコのバレバレな偽名とか、芝居がかりまくったシーンの数々(男の子!とかw)には朝っぱらから笑わせてもらいました。子供たちとの話はベタでしたし、シリアスな展開が続いてた最近の話との兼ね合いは取れているかな。いい息抜きでした。
 また、息抜きとしての意味合いだけでなく、1クールでキャラクターを確立できなかったヨーコに戦う理由を与えたという点で今回のエピソードは大きな意味を持つと思います。
 カミナが死に、そしてシモンの側にニアがいたために居場所を見つけられなかった彼女が守るべき場所を見定めたというのもポイント。話は本当にベタなんですが、その裏に隠されたヨーコの感情を読み取ってみるとアニメで語られたこと以上のことが見えてきます。地平線を眺めるシーンなんかは第一話と意図的に被らせていて、結構切ない。

 アクションシーンも(そしてシモン解放のタイミング)用意されていますし、今回はまさに彼女のためのエピソードでした。個人的に嬉しかったのはどう見てもヨーコが使った方がよくねと思っていたダヤッカイザーにヨーコが乗り込んだこと(笑)

・あなたは生き残るべき人だ
 これには引きましたねー。そりゃねえよロシウと思わず苦笑。

・グレン団の大馬鹿野朗だ
 この辺の台詞回しが格好良すぎる。ヴィラルとシモン(そしてカミナ)との戦いの積み重ねが感じられる名シーンです。ヴィラルが地上に出たくない人間のために戦っていたという要素が、今回の宿命合体の伏線になっていたのも大きいですね。青年編はノリだけじゃなく、こうしたキャラの変化が不自然にならないようにちゃんと計算されていますね。(ロシウを除いてw)

・宿命合体グレンラガン!
 個人的にはヨーコがパイロットでもいいかと思うんですが、やっぱり主役ロボ=男のもの!なのかな。ドリルが象徴する男性器と女性キャラクターの相性がいいとは言えませんしね。
 芸コマなのは、グレンの口がアグレッシブに動いている点。獣人であるヴィラルが登場しているから獰猛に動きまくっているんだろうなぁ、と。ほんの一瞬のシーンなのですが、拘りが感じられます。


←DVD
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「俺を誰だと思ってやがる!!!」

 いや~、前々から気にはしていたんですが、キャラに対してあんまりなデザインのロボットにデスピサロみたいな上に超合金玩具っぽい主人公ロボに引いてたので、この前裏番の録画チャンネル間違えるまではきちんと見たことありませんでした。

 んで、今回、ビデオは裏番にとられているので、親の目を盗んでリアルタイム視聴。

 う~ん、地上で生まれた最初の子供達とか結構ツボに来ますねぇ…
 まったりやってるようで展開の処理が非常に秀逸なのもよかったですねぇ…教師赴任→戦場に帰る。までをよく20分強に収めた物だ。

 アクションも凄かったッス。最初何してるのか分かんなかったけど、スライド零距離射撃には痺れました。「零距離、とったぞ!」みたいな(笑)。

 ところで、防水処理も出来てない気密性のガンメンが何で宇宙で戦えんすか?

 さて、来週死にそうなロシウの事より、シモンがどうやってニアを正気に戻すかが気になるところ。
 ん~、個人的にはキンゲみたいなのが良いな~。あ、でも、Gガン風味も捨てがたい…

 青年シモンのタレ目が某08小隊の隊長を思い出させてしまいます…

 あ、録画用の裏番が何かはスルーの方向で…(苦笑)

 キャラデザに関しては見ていくウチに慣れますよね。今回はというか、青年編に突入してからは一人の脚本家がずっと担当しているので、非常に安定感があります。

 ガンメンの気密性はまあ気合で何とかなるということで一つ。

 裏番はプリキ(ry
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。