スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種を切ってみよう!

とろんさんのトコで種コラムが掲載されたので、私も便乗(笑)

いや、どうせ種はいつかメタクソにぶった切ろうと思っていたので、便乗という訳でもないのですが。いやでも、便乗なのかなぁ。前にも書きましたが、ブログの種ファン比率は高すぎです(汗)雪月花さんとかとろんさんとか、仲間を見つけるとついついリンクやトラバしたくなっちゃうw

種ファンの方は見ないほうがいいかも。信者はお断り。信者って言うのは作品の批評無しにすべてを肯定してしまう人のこと。ファンとは違いますよ。ファンには批判能力がありますから。信者にはそれがない。

※尚、本文は旧HPに掲載された文に改訂を加えたものとなります。今回は読みやすいよう、改行を多用しました。また、私はテーマという側面から種を切っております。キャラという側面からは、とろんさんが切っておられるので合わせてどうぞ。
 



種が多くの新規ファンを獲得した一方で、多くのアンチファンを生み出してしまった理由。

それは大抵、粗雑で幼稚な脚本・バンクの多様・登場キャラクターを前面に打ち出し(過ぎ)た作品姿勢。そして何より福田監督の過去作品への何のリスペクトもない発言が原因だと言われているように思えます。

もちろん私もこれらが原因だと思っていますが、種の欠陥はもっと根深いところにあるのではないでしょうか。これは私個人の見解ですが、ガンダムSEEDは亡霊のような作品なんです。ガンダムSEEDの売りはここだ、という作り手の思い(匂い)がまったくないんですよね。SEEDのストーリーが売りにならないのは言うまでもないでしょう。

それでもファンの方はキャラクターがいい、メカがいいと仰るかもしれませんが、ガンダムでキャラクター・メカを売り物(商品)にするのはガンダムW以降、ほぼ当たり前のことであり、決してSEED特有のものではない。そもそもそれはセールスポイントであり、作り手の意志は存在しません。

では過去の作品はどうだったのか。私が見たことのある作品に限らせて言わせて貰います。

Gガンダムにおいてはガンダムの既存概念を粉々に打ち砕き、Wでは「お前を殺す」に始まるケレン味溢れる演出で物語を牽引しました。Wはファーストガンダムへのオマージュも散りばめていました。ガンダムXではニュータイプという概念に捕らわれ、先祖返りしながらもニュータイプは幻想なのだという結論を出しました。そして続くターンAガンダムではすべてのガンダムシリーズの全否定にして全肯定という目的をもって(全否定というのは、Wのように、作品が終了して以後戦争は起きなかったとするタイプの作品ですらも一まとめにしてしまったことから)、ガンダム史が平らに地ならしされました。

亜流とされるOVAシリーズでは0083のような戦争の亡霊にとりつかれた男たちの物語から、ガンダム初の(こてこて)ラブストーリーといったように多様な作品形態が見られます。このように、すべてのガンダムシリーズは一言でそのシリーズを表せることが出来ます。それこそが作り手の思いであり、匂いです。つまり、個性でありテーマです。

ところが、種にはそれがない。種が最終的に何を描きたかったか提示できる人はいますか? いませんでしょうね、恐らく。種が訴えたかったのは反戦? 生き抜くこと? それは違うと私は否定しておきます。

何故なら種のスタッフがそのテーマですらも否定してしまったからです。

機体の爆発に巻き込まれたのに何事もなく生還する主人公(その補足は漫画でされていますが)、何の脈絡もなく復活する敵キャラ=砂漠の虎。ここで生き抜く、というテーマは見事に打ち砕かれました。生き抜くことを描くと言うのは命を描くことであり、生と死を真っ向から描かない限り、描ききれるテーマではない。どんなにスプラッタ描写をしても、バンクでキャラの死亡シーンをいくら使いまわしても、最終話で人が大勢死んでも、種に命は描けない。何故なら、上に書いたように、スタッフが自らそのテーマを砕いてしまったからです。何を細かいことを、と思う人もいるでしょうが、その細かな要素が作品を破綻させてしまうのはよくあることです。

反戦についてもこれとほぼ同じことが言えます。スタッフが命を真正面から描かなかったせいで、戦争(殺し合い)についても焦点がぼやけて、どうにもならなくなってしまった。しまいには主人公が不殺の悟りを開いてしまう始末。不殺だけで反戦が描けるとでも種のスタッフは思ったのでしょうか? 不殺の悟りを開くキャラクターを出すなら、戦争に対してどこまでもシビアなキャラクターを出し、鏡あわせのようにして演出しなければならないはず。Wがその顕著な例ですね(五人の主人公やゼクス・トレーズなど)。ところが、種にはそれがない。人を殺すキャラクターは掃いて捨てるほどいても、演出力のなさと幼稚な脚本が、そういったキャラクターを戦争に対してシビアなキャラクターにまでは育て上げ切れなかった。

要するに、戦争と向き合っていないんです。戦争世代じゃないから、という言い訳は許されません。世に作品を送り出す以上、例え戦争世代でなくとも、架空の戦争であろうと、真摯に戦争という題材に向き合わなければならない。


これだけでは種はただのテーマがない作品ですね。悲しいことですが、このレベルのアニメは今の業界に溢れています。

私が亡霊と言った理由は他にあります。それは種の作品開発コンセプトがすべてを語っています。「21世紀のファーストガンダム」を作る。まさにここにつきます。

種のスタッフには新しい物語を作るつもりは皆無で、古い物語を焼き直しすることしか考えていなかったんです。それは言うまでもなく作品中でも感じられることで、登場するほとんどのキャラクターがファーストガンダムのキャラクターと置き換えることが可能です。

また不殺の思想についてはガンダムW(リリーナ)のみならず、某少年漫画の主人公などの劣化コピーであることは言うまでもありません。コピーするのは構いませんが、そこに作り手の個性が出てこなければ、醜いだけです。

また、種死に突入してからは、メカデザインですら歴代ガンダムシリーズの劣化コピーとなってしまいました。

作品のテーマがなく、そして過去のガンダムシリーズの要素だけが不気味に浮き上がる亡霊。それがガンダムSEEDという作品だったのではないかと、私は思っています。(種死では強化人間などZをコピーしていますしね)だからこそ、旧シリーズからのファンは過剰に反応し、生理的な嫌悪感すらも感じるようになってしまった。そんな風に思っているんですが、どうでしょう?

そして同時にターンAという偉大な作品の後に、いくらでもガンダムは新しい道を拓く可能性がありました。それにも関わらず、進歩のない稚拙な作品を作ってしまった種のスタッフの罪は重大だと思うのです。たとえそれがどんなにヒットしたとしても。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。