スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天元突破グレンラガン 第二十三話

くぞ 最後の戦いだ

・戦いから一週間後
 予告の雰囲気(シモンのw)からしてもっと時間が経過しているかと思ったのですが、経過した時間は一週間のみ。さすがにこの期に及んで時間をすっ飛ばすような真似はしませんね。

・二重螺旋
 空間転移まで可能にする螺旋(DNA)の力に乾杯。凄すぎるwしかしそこは今まで「気合ですべてを乗り越えてきた」アニメだけに、その荒唐無稽さもすんなりと受け入れられます。第一話から空間をねじ切ることは宣言されていましたしね。
 
・聖典と司祭様
 ロシウいわく、聖典の文字は読めなかったとのこと。真偽は不明。ロシウの台詞の調子や表情からでは、判断がつきません。ただ、表紙から察するに聖典の中身がアンチスパイラル族に関することであるのは想像に難くないので、本当に読めなかった可能性が高いんでしょうねぇ。聖典を読めていたなら、アンチスパイラルの出現に慌てふためく必要もなかったわけですし。

・ロシウ
 今回でほぼ退場は確定かな。最後の花道を飾る的に、「あのシーンの裏ではこんな葛藤が!」というベタベタな演出が挿入。シモンを投獄した後の涙はともかく、キノンに対する「友情に感謝する」は心憎い台詞でございました。キノンへの最期の気遣いのつもりだったんでしょうね(最期にはなりませんでしたがw)
 対して、シモン投獄後の涙はあざといなと(苦笑)。ああやればどんなキャラでも心象は回復できますよね。ただし、あのシーンを挿入するならば、「死刑宣告されたシモンが、何故すぐに処刑されないのか」と疑問を抱くシーンなどが欲しかったところ。正直、力技だなあという印象が拭えません。計算づくの脚本を書く中島氏だけに、余計に引っかかるのかも。
 まあでも、今回のロシウは彼の最後の見せ場と思いきや、実はシモンの成長っぷりを描くためのものなので、相変わらず手腕が冴えてるっちゃ冴えてるのですが。主役のドラマを描かせたら超一流ですね、この人は。

・歯ぁ、食いしばれ!
 兄貴は死んでも、その魂は連綿とシモンに受け継がれている。でも、兄貴の模倣じゃなく、シモンらしい優しさも見せるという名シーンでした。こういう言い方は不謹慎ですけど、兄貴の死がいいアクセントになってますよね。

・敵地は指輪
 何とも洒落た演出で。ラストシーンは物凄いことになりそうですw

・本物の月
 地球への影響とか無視するかと思ってたら、異空間から引き上げて一件落着とはマジで豪快。ホント、今回は豪快すぎるw

・グレン団の旗
 いよいよ次週からは最終決戦。どこまで、そしてどうやって突っ走ってくれるのか楽しみで仕方ないです。




ガンプラRoomさんと相互リンクなのです。今後ともよろしくお願いいたします。

←少年編のファンブック
スポンサーサイト

テーマ : 天元突破グレンラガン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「量子宇宙論かな?…」

 「どうして自分を責めるんです?必要なとき他人が責めてくれるんだから、いいじゃないですか。」~アルバート・アインシュタイン~

 天才級に良いことを言ったシモンも、天才級に難しい話の前では、口ぽかーん…(汗)

 「気合いと恋ならまかしとけ!!」な体育会系のグレン団の皆さんに、大丈夫なのか?こいつら…と思ったところでのロシウのこの一言。凄く頼もしく見えました(笑)。

 それにしても、超銀河大グレン…でしたっけ?アホみたいにでかいッスね。
 まぁ、舞台のスケールが宇宙レベルなんだから、これでもまだ控えめな方なのかしらん。いつぞやのユニクロンなんてまんま惑星だったし。
 う~ん…そうなんだよなぁ…敵の本拠地が指輪の形なんてしてるから、今ひとつどういうスケールのバトルになるのか見当がつかないッス…

 ま、まぁ、シモンのゴーグルも復活したことだし、要は気合と恋で何とかなるって事で…(そそくさ)

 私は敵地が指輪(を、認識した)になったことで、かえって想像しやすくなりましたけどねwとことん馬鹿に、そして熱血な演出が見られそうです。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。