スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の本二年分~その四 終わりはいつじゃろか、編

アラビアの夜の種族

アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈1〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る

アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈2〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る

アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫)アラビアの夜の種族〈3〉 (角川文庫)
(2006/07)
古川 日出男

商品詳細を見る


 ラビアンナイトを底本にした(らしい)、ファンタジー長編。一つの書物を中心に語られていく物語は圧巻。過剰とも言えるほどに言葉(そして、言葉遊び)を連ねて物語を作り出す古川作品の心地よさに存分に浸ることが出来ます。
 文章にはやや癖があり、突然語り口調が変わることに戸惑いを覚える人もいるかも。ただ、そんな欠点をかき消すほどに幻想に満ち満ちたストーリーが魅力的なので、是非とも腰を据えて読んでいただきたい一品でございます。

SOSの猿

SOSの猿SOSの猿
(2009/11/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


 海獣の子供で知られる五十嵐大介とのコラボレーションから生まれた伊坂最新作。他人からのSOSを受信してしまう「私」や、物語をトリックスター的な立ち位置で語る孫悟空など、伊坂作品らしいヘンテコな要素が期待を煽ってくれます。実際、中盤までは広がりを見せていく世界観に胸躍らされます。この辺りの広がりは、伊坂というよりも五十嵐大介の作品が持つ懐の深さに影響を受けているのではないかな。底知れぬ世界観を持つ海獣の子供を思い出さずにはいられませんでした。
 ただ、広がりはそこでストップ。終盤になってもさしたる展開はなく、物足りなさが残ります。つまらなくはないけど、長編でやるネタでもないよね。
 もっとも、私は伊坂幸太郎は「プロットは素晴らしいけれど、膨らましきれていない作家」という認識なので、こんなものかなという感想を抱いてもいますが。
 魔王 JUVENILE REMIXのように、伊坂作品を膨らましきった傑作を見た後では尚更に。漫画や映画の原作を手がけた方が素晴らしい仕事をするのではないかなあ。

終末のフール

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


 ほぼ、SOSの猿と同じ感想。ワクワクさせてくれる部分はあります。読みながら、「どうなるんだろう?」という興味を抱かせてくれる作家という点では、稀有な力を持っているとは思います。ですが、やはり「他の人がこのネタやれば、もっと膨らむんじゃないかな?」という想いも同時に生まれるわけで。
 もちろん、「面白いネタ」を考えられるだけで商業作家としては一流なんです。なんですけど、終末のフールを大須賀めぐみが書いたらスゲー面白いんだろうなと思ってしまうわけです。
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。