スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NADASURF


ラッキーラッキー
(2009/07/01)
ナダ・サーフジュリアナ・ハットフィールド

商品詳細を見る


 NADASURFが良い。非常に良い。ここ最近のお気に入り。

 きっかけは彼らの最新アルバム「if I had a hi-fi」に収録されたMusutang。
 といっても彼らのオリジナルではなく、アジカンのミニアルバム「未だ見ぬ明日に」に収録されているムスタングのカバー曲。原曲であるムスタングは漫画ソラニンに触発されて作られたこともあって、曇り空のような何処か湿っぽい空気がして、それでいて明るさも感じさせる名曲なのだけれど……Musutangも甲乙つけがたい出来なのです。というか、ギターの美しさではNADASURFの圧勝。湿っぽい空気を吹き飛ばして明るさに満ち溢れた曲へと変貌してます。アジカンのムスタングが曇り空なら、NADASURFは晴れ。それも快晴。アジカンがメロディメーカーであると再認識も出来るとても素敵な仕上がりになってます。

 その後遅まきながら夜のコール目当てに購入した「NANO-MUGEN COMPILATION 2009」に収録されたWeightlessやif I had a hi-fiのライブ音源に興味をそそられつつ5thアルバムである「lucky」を買ってみたわけですよ……

  ( ;∀;) カンドーシタ

 ギターがね、もうとにかく美しいの。ボーカルもギターにぴったり。思わず口ずさみたくなるような軽快な歌なのに、ギターの旋律が胸をざわざわーっと刺激して来るんだなー。顔は笑顔なのに、ホントはちょっと切ないみたいな感触。
 んで、日本版のボーナストラックであるアコースティックバージョンがヤバイ。超ヤバイ。胸キュンですよ。撃ち抜かれますよ。

 気づけば4th以外を二日間で買い揃えるという暴挙に出ておりました。4thが名盤と名高いので是非手に入れたいところ……!

 各アルバムの簡単な感想をば。

 1st「hige/low」……最新アルバムから聞いた人間からすると、「え? これNADASURF?」というのが率直な感想。悪くはないんだけど、バンド自体が自分たちのやりたい音を見つけられてないような感じです。普通のロックバンドみたいな。それでも曲の所々に今にも通じるものが。入門には勧められないかなー。

 2nd「the proximity effect」……羽化間際のNADASURF。1stの空気と3rd以降の新生NADASURFの中間といった楽曲が多いです。ネットでも彼らの紹介でも殆ど話題にならないけど(名前すら出てこない)、何気に味わい深いです。過渡期って感じで。

 3rd「let go」……ここからガラリとバンドの方向性が変わります。旋律とボーカルの美しさで勝負する現在のスタイルへと。ここから入っても全然OK。もー、名曲揃いです。惜しむらくは国内盤がないので普通のCDショップでは入手しにくいことでしょうか。アマゾンやitunesstoreでは簡単に手に入るので是非。

 5th「lucky」……正当進化。いや、深化かな? これといった変化はなく、自分たちの音を追求していて、それが結果として美麗なメロディを生み出しているという傑作です。4thを聴いて、深化の度合いを確かめたいところです。

 6th「if I had a hi-fi」……カバーアルバム。全曲彼らの曲ではないのに、NADASURFオリジナルのような気さえしてくる完成度の高いカバー集。既存のアルバムを聴いた後に戻ってくると、彼らの凄さを改めて認識できます。日本版のみアジカン、スピッツ、少年ナイフのカバー曲を収録。スピッツの「空も飛べるはず」がオモロイです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。