スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングダムカム愛蔵版


キングダム・カム 愛蔵版 (ShoPro Books)キングダム・カム 愛蔵版 (ShoPro Books)
(2010/10/30)
マーク・ウェイド

商品詳細を見る


 年以上前に発売されたキングダムカムが愛蔵版となって再登場した。化粧箱つきなのが地味に嬉しい。
 発売元は小学館集英社プロダクション。HOMを発売しているヴィレッジブックスとは異なり、絶版していたコミックを再販する機会が増えている。映画ダークナイトの高評価、ウォッチメンの映画化と上手く波に乗っている印象だ。

 個人的にはヴィレッジの勢いと小プロの堅実さの中間が程よいと思うのだけれど。飛鳥新社から発売しているユーロマンガシリーズがペース的に気持ちいい感じ。ジャイブはずっとマイペースなので、あれはあれでいいと思う。

 閑話休題。

 キングダムカムは全編、アレックス・ロスの美麗かつ写実的なアートで綴られる。アートを眺めているだけでもため息がこぼれる。これが十年以上前の作品なのだから、もう唸るしかない。ストーリーも錆びついてはおらず、名作たる所以を感じさせる。消耗されるのが常の創作において色褪せないのは凄い。もう、凄いという言葉しか思い浮かばない。どれだけ言葉を並び立てても、アレックス・ロスのアートを見た瞬間に消え失せる。

 本編以外も、大充実。ボリュームたっぷりの設定イラスト集には詳細な解説が加えられ、巻末・冊子と二つの解説が付属。別冊冊子の方には昨今のDCコミックとキングダムカムの関連性が記載されており、親切な作り。すべてを味わおうと思ったら、本編以上に時間を費やすことになるんじゃないだろうか。愛蔵版の名に恥じない重厚な一冊だ。

 少しでもアメコミが好きなら、間違いなく買いの一品。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。