スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の秘宝part1


ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)ハリー・ポッターと死の秘宝 上下巻set (携帯版) (ハリー・ポッターシリーズ)
(2010/12/01)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


 リーポッター最終章開幕。何だかんだでシリーズ一作目からの付き合いなので、見てきた。原作は読了済み。原作を読んだのは発売当初だったので物語の細かいところはすっかり忘れていた。覚えているのは、「暗い」「長い」の二点のみ。サブキャラクターやサブドラマを展開しすぎたせいで、ハリーポッターは巻を重ねるごとに冗長になっていくという傾向があった。
 映画は当然原作をベースに制作されるわけだから、原作のボリュームが一挙に増えた炎のゴブレット以降、ダイジェスト版を見せられているような気分になった。制作体制が変わったというのもあるだろうが、あの分厚い原作を二時間半に収めるのはかなり困難な仕事だったと思う。

 最終章の今作では二部作という形を取ることで、尺的にはかなり余裕が。これがいい方向に働いた。相変わらず原作未読者にはハードルが高く、前シリーズまでの展開を踏まえていることが前提だが、ゴブレット以降ではベストな出来だ。ダイジェスト感も大分薄れた。(もっとも、原作からしてあちらこちらに話が飛ばなかったという点もあるが)
 前作までの出来にうんざりしている人でも楽しめるはず。
 ただ、今作では原作同様ホグワーツが登場しないので、明るく楽しい魔法世界を求める人は止めた方が吉。ひたすら暗い。決戦はpart2からなので、爽快感も薄い。part1はレンタルで済ませ、part2を劇場でというのも大いにアリだと思う。

 個人的な見どころはエマ・ワトソン。実に美しく成長している。女性としての脂がたっぷり乗っていて、ハリー・ロンの二人を完全に食っていた。しかし、女優業にはあまり関心がないよう。勿体ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。