スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邦訳アメコミガイド X-MENファーストクラス 明日への架け橋

X-MEN:ファーストクラス 明日への架け橋 (ShoPro Books)X-MEN:ファーストクラス 明日への架け橋 (ShoPro Books)
(2011/06/11)
ジェフ・パーカー

商品詳細を見る

 WRITER:Jeff Parker
 PENCILERS:Roger Cruz with Paul Smith
 INKERS:Victor Olazaba&Roger Cruz with Paul Smith

 ★★★★

 X-MEN FIRST CLASS#1~#8を邦訳。マーヴェルユニバースにX-MENが登場した時、彼らはまだティーンエイジャーだった。コスチュームも現在のようなスタイルではなく、黒と黄色を基調としたお世辞にも恰好いいとは言えないタイツ姿。そんなかつての彼らの活躍を、このシリーズでは現代風のアートで語り直している。X-MEN創生期ということで、確固たる敵はいない。全編を通して、どこかのんびりとした空気が流れており、ゆったりと物語を楽しむことが出来る。
 アートも健闘している。レトロコスチューム、スカーレットウィッチなど、現代の感覚では受け入れがたいデザインを原型を崩さず(かつ、可愛らしく)描き出す。(ただし、表紙とはアーティストが違うので注意)

 注意点が二つ。一つ、映画Xメンファーストジェネレーションとの関連性は全くない。ノリ自体正反対なので、原作本としては見ないこと。二つ、多彩なゲストキャラクターが登場するが、小冊子などによる補足は一切ない。アメコミの邦訳は現在、小プロ・ヴィレッジ・ジャイブの三本柱。活発に活動しているのが小プロとヴィレッジなのだが、小プロは最近明らかな手抜きが目立つ。ジョーカーの序文のレイアウトは最低だし、小冊子がつかないのが標準となりつつある。往時の小プロならばこんなところで手を抜かないだろう。復刊・復刻ばかりに力を注ぐのではなく、新刊もキッチリ仕上げてほしいところだ。

 尚、X-MEN ファーストジェネレーションのブルーレイは九月二十八日に発売予定。BD+DVDセットが標準で、ケースがDVDサイズのものとBDサイズのものに分かれるという仕様。メモリアルフィルムや非売品オリジナルブック、スペシャルアウターケースを同梱したコレクターズエディションに加え、シリーズ全五作を収録したBOXも発売される。節操のないラインナップだが、映像を楽しむ分には通常版を買えば問題ないだろう。
X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2011/09/28)
ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。