スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画感想:アメイジングスパイダーマン

メイジングスパイダーマン

 設定をリブートしての再出発となったスパイダーマンを撮ったのは、『500日のサマー』にて映画デビューを果たしたマーク・ウェブ。『500日のサマー』のようなポップな映画になるかと思いきや、予想に反して堅実な撮り方をしていた。

 サム・ライミ版との大きな変更点は、ピーター・パーカーに「主人公である必然性」をもたらしていること。ライミ版は偶然からスパイダーマンになるのだが、ウェブ版は運命に導かれるようにしてスパイダーマンとなる。
 この結果、ヴィランとの対峙も「偶然ではなく必然」となり、ライミ版の「偶然ヴィランが誕生して、それと闘います(ライミ版の〝必然的〟な闘いはゴブリン親子のみ)」という流れとは大きく異なるものとなった。よりドラマをスムーズに展開させやすくするための変更点と言っていいだろう。

 二つ目の大きな変更点は、私生活の充実。ウェブ版のピーターは、ガールフレンドを難なく得、学内での立場も(スパイダーマンとなった後は)決して低くない。大してライミ版は、「ガールフレンド? いない。学内の立場? 勉強は出来るけど微妙」と、ないないづくし。
 抑圧された悩めるヒーローは、親しい人の死以外さしたる悩みを持たないヒーローへと変貌した。このトーンの変化もまた、物語に変調をもたらすこととなる。(もっとも、グウェン・ステイシーの行く末によっては、ライミ版の色合いに近くなるかもしれないが)とにかく、話が軽いのだ。悩みは一瞬で、表面的で、葛藤を抱くまでには至らない。抱いていたとしても、それを演出で充分に表現できていない。軽いなあという印象が残る。「ポップなヒーロー」に振り切ったスパイダーマンならそれもアリなのだが、変に「宿命」という重い要素を持ち込んだせいで不協和音を起こしている。ドラマは軽いのに、設定は重い。
 ちょっとシリアスだけど気軽に見られるというラインを目指したのかもしれないが、長編二作目のマーク・ウェブには荷が重かったようだ。

 とはいえ、部分部分は光るものがある。アクションはライミ版より確実に進化しているし、終盤の市民との連携も感動的だ。高校生活の瑞々しさはライミ版とは比べ物にならないし、スパイダーマンならではのユーモアも、ウェブ版が上回っている。ヒロインについてはノーコメント。あくまで個人的にだがライミもウェブも、女の子を可愛く撮れる監督ではないと思う。『500日のサマー』のズーイー・デシャネルは『New Girl』の方が輝いていて、キルスティン・ダンストは『キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!』が断然いい。

 閑話休題。

 最後の大きな変更点はやはり、3Dの導入だろう。ユニバーサルスタジオの「アメイジングスパイダーマン・ザ・ライド」でスパイダーマンと3Dとの相性はライミ版の誕生よりも前に実証されている。さぞかし素晴らしい画面作りをしてくれるだろうと思っていたのだが……不満の残る結果となった。現在公開中のアベンジャーズよりは遥かにましな3Dだが、アバターにはまったく届いていない。多くの3D映画に当てはまる、中途半端の一言。
 これもまた、ポップにもシリアスにも振りきれなかった本作の宿命なのかもしれない。


 ★★★☆:単純にアクション映画として見るならアリ。他のアメコミ映画と比較すると△。

スポンサーサイト

テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【映画感想:アメイジン】

アメイジングスパイダーマン 設定をリブートしての再出発となったスパイダーマンを撮ったのは、『500日の

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。