スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エウレカとアネモネと鼻血と

エウレカセブンはやはり、戦闘を見せるつもりはないですねー。この間もいったとおり、ロボットを活躍させなければならないってのは幻想だと思っているので個人的にはOK。
でも、ターンAの末路を見ても分かるように視聴者は所詮ロボットしか見ていないわけで。もうちっと戦闘シーンを入れたほうがいいかも。

ターンAやエウレカみたいなロボットアニメが一つの潮流になってくれないと、ホントは困るんですけどね。ジャンルが動脈硬化を起こして、どうにもならなくなっちゃう。
さてさて話を元に戻して。今回はホランドの過去がちらりと垣間見えました。タルホさんとの関係も。てっきりレントンの姉との出会いが先だと思っていたのですが、この間の放送を見る限り、タルホとの出会いが先? だからタルホはレントンに複雑な視線を送ったんでしょうかねぇ(第四話くらいで)。後から来た女に男を寝取られて、その弟がここにいる! みたいな。いや、違うと思いますが。でも、ホランドとタルホが別々の場所に寝ていたのは気になる描写。この距離感は倦怠期か(笑)?

そして最後に今後の物語のキーパーソンとなるであろう少女が登場。オープニングに出ているピンク色の髪の少女、アネモネ。鼻血だらだらって、強烈な登場シーンだ。しかしまあ、ただの強烈な印象を植え付けるだけの演出ではなく、エウレカにもかかってくる演出なんですよね。体の不調を感じているらしいエウレカに、レントンの奇妙な独白「あの時、彼女の表情の意味に~」、そしてどことなく似ているアネモネとエウレカ。
ちょっと嫌な予感がするなぁ。

エウレカ感想はここまで。ロボットアニメの幻想云々について、ロボットアニメの始祖も似たようなことを思っているようですね。

【わたしの失敗】アニメーション作家・富野由悠季さん(4)

つくづく、ターンAが正当に評価されるべき時期に差しかかったよなぁ、と思います。特にターンAの前半部分。ファーストなんかこれ以上評価しなくていいから、ターンAにこめられたメッセージを受け取れよと。ヒゲが格好悪いとかいう奴は表に出やがれ!と。物語の表面だけ撫でて面白いとかつまらないとか言って欲しくないなぁ。
監督が昔、ガンプラばかりに夢中になる観客に「少しは分かれよ!」と言ってしまった心境が、今は分かる……

でもまあ、キングゲイナーやZで見事なロボットエンターテイメントを見せてくれるあたりはさすがだなと。キングゲイナーが立体化が容易なデザインだったなら、種玩具の数倍は売れたでしょう。これは確実に。それだけ、種とキングゲイナーの演出の仕方には差がありました。余談ですね、ハイ。




悠久なる雪月花さんの企画、「あなたなら何を真っ先に買いますか?」に反応してみましょう。
答えは本。ファイナルアンサー。
近頃は漫画ではなく小説を買いあさってますねぇ。純文学・ライトノベル問わずですね。基本的に純文学の方が多いです。純文学といっても、どちらかというと大衆よりのものですが。つーか、自分で書いておいて何だけど、純文学の概念がよく分かりません。
漫画は二・三ヶ月に一度くらい。ホントは買いたい漫画が沢山あるのですが、家が大変なことになりそうなので我慢してます^^;小説も積み本が十冊近くあるし……
二・三年前ならゲームが一位でした。毎月一本買ってたからなぁ。頭と金遣いがおかしかったんです、あの頃は。あはははは。おかげで今は金欠だぜOTL



今日のレビューはコイツです!

shadow3s.jpg


S.I.C.シャドームーン。RXの撮影予定は今んとこなし。



巡回しましょ。

へたれ大MAXさん、シャドームーンの紹介ありがとうございました!

千川オタク御殿さん、30万ヒットおめでとうございます!
「コトブキヤ こみっくパーティー 長谷部彩 寝巻版」、紹介しましたよー。と、普通に言ってみる。ワラジムシは強烈過ぎますってw

巡回終わり~。今日はウチのリンク先のサイトさんでのレビューはなしでした。珍しい。

それでは、また明日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。