スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンチドランク・ラブ

昨日、色々と煮詰まっていたので取り溜めしていた映画を鑑賞しました~。パンチドランクラブと、エレファント。エレファントはパルムドール受賞作品ですが、散漫すぎる脚本が肌に合わなかったので感想なし。

対してパンチドランクラブは非常に面白かったです。

簡単に行ってしまえば、出会い系詐欺に引っかかったキレる男(アダム・サンドラー)が女(エミリー・ワトソン)と結ばれるまでの物語。
主人公とヒロインがとってもキュート。顔じゃないですよ(笑)キスもせずにヒロインのアパートから帰る主人公を、ヒロインがアパートの管理人室に電話をかけて引き止めたり、ハワイへ出張したヒロインの尻を追っかけたり、一夜を過ごした後のぶっ飛んだ台詞の応酬「あなたの顔にかじりつきたい」「君の顔をハンマーで叩き潰してやりたい」「目玉をえぐってすすりたい」だったり、くすりとさせられてしまうシーンが光っています。ハンマー云々の台詞は、文面だけだと猟奇的ですが、演出で見事に方向転換させています。お見事。
「一生に一度の恋をしているから、僕はとても強くなっている」や、「君なしでは生きていけないから」などのベタベタな台詞も、脚本と演出で見事に昇華してます。全然クサくない。クサいと思うより先に、何だかキュートねぇと思ってしまう。

コテコテのラブストーリーにはうんざりなんだよ! という人はレンタルしてみるといいかもしれませんよ?

ただし、ほとんどが主人公の視点から語られるため(一人称)、味わいは独特かも。見る人によって、評価が真っ二つに割れるかもしれませんので、あしからず。

※以前にコメントくださったあやさん、感想遅くなってスミマセン&適当な感想でごめんなさい^^;


巡回。

ガムの玩具屋さん、コトブキヤ 1/144 ビルトファルケンレビューです。
シャドームーン三体ですかΣ(゜Д゜)安心してブラックに換装できますね。シャドームーンとRXは関節が弱いという噂を耳にしてから購入したので、未だに換装できていません^^;
シャドームーンの紹介ありがとうございました!

鉄のタマシイさん、MIA ウィンダムレビューです。
> 『玩具更新の無い玩具サイトに存在価値はねぇ!!』
ガーンΣ(゜Д゜)ここに新製品レビューのない玩具サイトに~という一文が加わるとウチは失格な訳ですが……ドンマイ、俺! 金貯めような!
>この頃のSICの方がイマジネイションしてましたよねー。
ですねー。今の平成ライダーシリーズはなまじデザインが完成しているから、アレンジしにくいというのもあるかも。でもやっぱり、昭和特撮ヒーローのアレンジっぷりが忘れられない訳ですが。
ポーズ、ホントに決まりませんよねぇ^^;
シャドームーンの紹介ありがとうございました!

悠久なる雪月花さん、小説も積みますw今日もめでたく二冊追加されました~パチパチパチ。ただ無計画なだけです、ハイ。

魔女の隠れ家さん、HG フォースインパルスガンダムレビューです。
インパルス……どうなったんでしょ? 先週の放送を見てないからサッパリ分かりません。
サイトは今の方が見やすいと思いますよー

ひなたちきさん、グッドスマイルカンパニー フルメタル・パニック?ふもっふ 千鳥 かなめ 水着Ver.(キャラアニ版)レビューです。
パンツァーファウストⅢの出来がやたらいいですなぁ。他のアクションフィギュアに持たせてもよさそう。

巡回終わり。
また明日。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンチ・ドランクラブ

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督アダム・サンドラー主演のジャンクなラブストリーです。ラバーカップ販売会社で働くバリーは日々に押し潰されキレる寸前です。そんなバリーの前に姉の同僚リナが表れドランク・ラブは動き出します普通じゃない純粋ボクは

パンチドランク・ラブ / PUNCH-DRUNK LOVE (2002・米)

善良でまともだけど、ふいに周りの奴らをブチのめしたくなる人へ★★★★★95分/カラー監督・脚本:ポール・トーマス・アンダーソン音楽:ジョン・ブライオン出演:アダム・サンドラー/エミリー・ワトソン/ルイス・ガスマン/フィリップ・シーモア・ホフマン完璧です。久々に

「パンチドランク・ラブ」

米国新進気鋭の若手映画監督、ポール・トーマス・アンダーソンが2002年に撮ったアダム・サンドラー主演の風変わりなラブ・ストーリー「パンチドランク・ラブ」(米、コロンビア映画配給、95分)。この作品は、文字通りパンチの効いたラブ・コメディーで、観客を笑わせ

「パンチドランク・ラブ」

さっそく観ました、他の映画のアダム・サンドラー。前回観た「ウェディング・シンガー」の彼の役柄がベタな性格設定だったけど妙に良くてたまたま録画してあったこの映画をさっそくチョイス☆内容は、姉の同僚が写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。