スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIC レッドドラス

激しく今更でも構わずレビューする。それが玩具と日記と……クオリティ。ああ、言いにくい(笑)ちなみに、玩具とか模型とかさんとは何の関係もありませんので。ブログの名前を決めてから気付いんたんですよね、めっちゃかぶってるってOTL。決める前に気付けよ、私。前からずっと玩具とか模型とかさんは拝見させてもらってたのに

つーことで、その内ブログの名前を変更するかもしれませぬ。え~っとToyandDiaryに。英語にしただけじゃんとか言わないでくださいね。イカシた名前考えるの、苦手なんです。

では、今日のレビューはSICレッドドラスってことで。


red.jpg

仮面ライダーZOという超マイナーライダーから、さらにマイナーなレッドドラスが立体化。昭和ライダーの完全立体かも終わっていないのに、何故ZOなのか、ドラスなのか……未だにまったく理解できません。趣味で出してるだろ、とか思っちゃいます。少なくとも消費者側の需要はなかったようで、限定版のレッドドラスはともかくZO&ドラスは店頭に溢れている始末。アクションフィギュアとしての完成度が最低だったということもありますが。

もうね、このくらいしか動きません。

red6.jpg


OTL

冗談じゃなく、マジでこれくらいしか動きません。もう限界。こんなのアクションフィギュアじゃねえ。造形が優れているだけで全然動かないものを作るくらいなら、完全に固定のフィギュアとして出してくださいよ、旧SICシリーズみたいに……こんな中途半端なアクションフィギュア、いらねえッス。

red2.jpg


造形だけは優れているんですけどねぇ。右の写真に写っている球体はドラスの本体らしいです。

red5.jpg


ドラスとツーショット。これで動けばなぁ……


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。