スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムSEEDディスティニー 話数は、忘れた

殺しかけた相手が(笑)気違い――もとい、ステラだと気付いた馬鹿の子シン。慌ててミネルバに着艦したはいいですが、ステラちゃん大暴れ。

シンは艦長に怒られちゃいます。でも、反省してない。それがシンクオリティ。つーかこれはシンの責任じゃなく、馬鹿な兵士を上手く運用できない艦長の責任なのでは? 先々週のパイロット二人の敵施設潜入など、どうも艦長の能力が疑われるような描写がちらほらと。シンが馬鹿の子だって把握しておかなきゃ、艦長。

ステラがブーステッドマンだと判明。
シン、超ショック。でも、ガイアとインパルスって数えるほどしか戦闘してないんですよね。だから悲壮感が薄い。

次のシーンあたりでステラが唐突にシンを思い出す?のですが、これもどうなのよ、と。何かをきっかけにして思い出すならともかく、目覚めたら思い出すって、都合がよすぎませんか? 物語のリズムを考えたというより、今まで回想をやりまくってきたせいで、ここにいたるまで積み重ねるべきものが省略されてしまっている。そんな印象を受けます。種は脚本も駄目ですが、演出も本当に駄目です。救いようがない。回想をなくすだけで、どれだけ物語に厚みが出るか、分かっていないのでしょうか。回想を入れたからといって、作画のクオリティが維持されている訳でもないのに……ホント、種における回想の存在意義は理解できません。

ラクス暴走。
私は宇宙に上がりますわ、キラ。つーことで貧乳歌姫動く。わざわざミーア(ラクス)になりすまして。これね、物語としては確かに見せ場が作れますけど、かなり疑問の残る展開。あまりに非合理的です。

そして無敵のキラきゅんのお通りだい!
う~ん、フリーダムって基地の戦力に匹敵しちゃうのかぁ。ハッタリ効かせすぎ{困った}キラきゅんがフリーダムで暴れまわってれば戦争終わるじゃん。物語からリアリティを奪ってどうする気なんだろ、このスタッフ。リアリティを奪っておきながら戦争の仕組みを見せるとか、そんなの無理ですからね>福田監督。このシーンでフリーダムが中破→スーフリに改修とかだったらそれなりに盛り上がったはずなんだけどなぁ。

脚本が嫁じゃなかった分、所々に視聴に耐えうるシーンはありましたが、如何せんこれまでの積み重ねが少なすぎます。特にミネルバサイド。AAとミネルバ、その双方から物語を展開させたいのなら、もっと力量のある脚本家を連れてこないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。