スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン 第二十二話 クラックポット

何故転落するのか? 這い上がるためだ――ようやく浮上の兆しを見せ始めたエウレカセブン。今週は久々に爽やかな気分になれました。やっぱ、エウレカセブンはこうじゃなくっちゃ。

鱗雲。
地殻変動を予兆させる雲だそうです。タルホは、レントンがいなくなって、ちょっとピリピリしてますね。フォローするのはヒルダ。
そうそう、二人のやり取りの中で「あたしの方が一つ年上なんだからねー」とタルホが言うんですが、ヒルダって28歳なんですよね(公式設定)。ということは、タルホは29歳となってしまいそうですが、その前に「折り返し地点だから」という台詞が。折り返し地点=25歳と考えるのが妥当で、ヒルダ25歳・タルホ26歳が正解っぽいです。脚本上では(笑)ただ、公式ページにはヒルダ28歳・タルホ26歳と書かれている訳で……どちらが正しいのやら^^;ちなみにマシューが25歳。マシューとヒルダは同年代っぽいので、設定の方がミスなのかな? それとも脚本ミス? まぁ、重箱の隅ですね。

エウレカと子供たち
エウレカは大分回復したようですが、顔の引きつり?は取れていません。まさか最後までこの状態ってことは……ないと願いたいです。体調と共に精神も復調したようで、子供たちに対する態度も元に戻っています。ただ、エウレカが不調に陥った原因が取り除かれたわけではないんですよね。その原因が何に(或いは誰に)あったのかも明確には語られていませんし、インターバルってところかな。

リーダーからして第二次性徴期の最中だし。
何と探さないでくださいと書置きを残していたレントン。ゲッコー号に未練たらたら(苦笑)「側にいて欲しい時にいない男なんて――」「女々しいのよ」とレントン君、ヒルダにメタクソに切られちゃいます。おまけにホランドも第二次性徴期の最中と、完全に子ども扱い。視聴者が言いたいことを代弁してくれましたw

旅するレントン。
リフボードで旅をするレントン。でも、波乗りしているわけじゃなさそう。リフボード自体にある程度の飛行機能が備えられているのかな。
「ごめん」と、泣きながら呟くレントン君。ゲッコー号(エウレカ)から逃げ出したことを悔いている模様です。分かりやすくてよろしい(笑)レントンのこういう子供っぽいところ、好きですねぇ。
それはそうと荷物を奪われてしまったレントンは路頭に迷うことに。

憧れをぶつけられると、どうしたらいいか分からない。
ハップとトイレで会話。小便の効果音が細かい^^;
憧れをぶつけられるというほど、レントンはホランドへの憧れを表現していないように思うんですが、憧れられるとホランドは反応に困るんだそうです。オトナでいるのに疲れるってことでしょう。何たって、ホランドは第二次性徴期ですから。子供がオトナのフリをしようとすれば、歪が出てくるのは当然ですね。ただし、この台詞は言い訳に過ぎないような気もします。ホランドとレントンの間には、確実に二人のサーストンとホランドの関係性が横たわってますから。多分。過去の話がないから推測しか出来ません。
……エウレカ世界の謎よりも、この人の思考を理解する方が遥かに難しいと気付き始めた今日この頃。

ゲッコー号では一人じゃなかった。
逃げ出した後に、そこが自分にとって意味があったことを知る。逃避型主人公の王道ですな。

その心は、センチメンタルジャーニーか。
チャールズとレントンの邂逅。レントンという名に聞き覚えがあるものの、レントン・サーストンだとは気付いていないようです。しかし、ボードに取り付けられたパーツへ注ぐ視線には、何か含みがありました。後々の台詞から鑑みるに、ホランド流のチューニングだということが分かったのかな?

低音の中に濁った音が混じり始めたな。
ここで冒頭の鱗雲の伏線回収。地殻変動が起きます。まぁ、この地殻変動は凄まじいもので、一瞬にして広場が崩壊。というか、これは地殻変動なんですか(笑)? 地中から珊瑚?がせり出してきて、地形が変化しているんですが^^;
ゲッコー号から鱗雲――地殻変動の予兆を捉えられたということは、レントンとゲッコー号の距離は意外に開いていないのかも。
レイに助けられて物語はBパートへ。レイの左手薬指にはめられた指輪が嫌な伏線になりそうです……

やっぱさ、変わったよね。
そうかな。
ギジェットとエウレカの絡み。ギジェットが「いつかエウレカとはちゃんと話してみたかったんだ」と言う通り、この二人がまともな言葉を交わすのは初めて(ちょっとした会話は除外)。新鮮でした。ここで注目したいのは最初のやりとり。
「やっぱさ、変わったよね」「そうかな」
今まで変化を恐れていたエウレカが、変化を拒絶しなかったシーンです。今までのエウレカなら、変わったよねと言われたらいい顔をしないはず。笑顔の話になった途端目を伏せるのは、変化を受け入れきれないからかと思われます。

レントンに本当は色々話したいのに、でも今は顔を見るのが怖いの。何でかな。
恋に決まってるじゃない! キタキタキター! レントンとの再会が楽しみでしょうがないです。

餓鬼が餓鬼でいられるのは、今の内だけだ。
チャールズの台詞。レントンの餓鬼っぽさを嫌う人が多いんですが、まだ〝折り返し地点〟に入っていない私はレントンの餓鬼っぽさを笑えなかったりします。14歳の時、何をしてたかって聞かれても答えられないですもん。ちょっと餓鬼っぽいけど、レントンはよくやってますよ。
餓鬼でいちゃいけない年齢に反抗期を迎えている29歳ホランドは論外ですけどね(苦笑)

リフってのは自分が面白ければ、他人の目なんか関係ねーんじゃないか?
チャールズはいいこと言ってくれます。ホランド流のチューニングを施したボードを見て、ホランドに憧れてるだけじゃ駄目なんだと気付くレントン君なのですが……う~ん、ホランドがあの有様なので憧れ云々言われてもピンと来ないんですよね。実際にレントンはホランドに憧れていたんでしょうけど、それを感じ取れないのはホランド株の急落が原因なわけで^^;ホランド株の急落はかなり深刻なものになっているような気がします。

ボードのないLFO。
自由に波に乗ればいいというチャールズの言葉を体現したかのようなLFO。レントン君は格好いい~! と飛びつくのですが、ちょっと待ってくれと。KLF(戦闘用LFO)じゃなくLFOと認識したならともかく、先週まで人殺しで悩んでたレントンがLFOに飛びつくのは妙じゃないでしょうか? 鬱はもう終わりにしたいのかもしれませんが、もうちょっと葛藤して欲しかった。冒頭の年齢設定のミスといい、今週はいつもより粗が目立ちます。鬱展開よりも遥かにマシですけど(笑)
ちなみに冷凍チョコってのは、ドラッグか何かのスラングと思われます。本当の冷凍チョコじゃないですよ。ついでに言っておくと、プッシャーとは麻薬の売人のことです。子供が聞いても何が何だか、という台詞のやり取りですが、スラングを知っていると結構やばめの仕事であることが分かります。

食べるための戦い。
チャールズ大暴れ。次々と敵を撃破しているものの、直撃は与えてないっぽい? 最後の銃撃も動力を断っただけと見ていいでしょう。(いくらなんでもコックピットまで銃弾が貫通するはずがない)ともあれ、戦いを肯定するキャラクターの登場でレントンの心にも変化が訪れそうです。この流れで行くと、不殺の方向にはいかない予感。人殺しやだ→不殺は、脚本陣によほどの覚悟がない限り描ききれないので、殺るべき時には殺るという方向に行っちゃっていいと思います。不殺を描ききれた作品って、るろうに剣心だけですから。(SEEDは論外)

家族の温かさ。
レイ、チャールズに囲まれての食事。
「自然も人もあっという間に変わってしまう。それが俺には驚きだった。なのに、こんな安らいだ気持ちになったのは生まれて初めてだった気がしたんだ、姉さん」
思えばレントンの家族構成って、姉と祖父(しかも姉は子供の頃に失踪)だけなんですよね。ちゃんとした〝大人〟であるレイとチャールズに家族の温かさを見出しても無理はない。また、食事がレイの手料理だということもポイント。ゲッコー号の台所事情は「何もない」か「ジャンクフード」のみ。食事だけ見ても、家族の温かさが欠けてしまっていることが分かります。色違いの戦艦といい、何もかもがゲッコー号とは正反対。レントン君の心地好さが見ているこちらにまで伝わってきましたよ。

方向音痴登場。
ガレージサーストンを訪れるドミニク。アゲハ構想を進めるためでしょうね。
ベルフォレストは冬。女心は秋の空の、あきを誰も理解できなかったところからして、この世界には四季がないと思っていたんですが、夏と冬が交互に来るが正解っぽいです。

多少の粗には目を瞑るので、鬱展開ではなく、この調子でお願がいしたいですねぇ。
来週はレイをもっと活躍させて欲しい(独り言)
スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇 エウレカセブン 第22話 『クラックポット』

少年と少女の新たな旅立ちでした。ゲッコーステイトと袂を分かったレントンは、大きくて暖かい男に出会います。一方、おおむね回復したエウレカの心に、なにか重大の変化が感じられるのです。

交響詩篇エウレカセブン 第22話 「クラックポット」

今回は交響詩篇エウレカセブン第22話「クラックポット」の感想を書きます。 タルホが怒って眉間にしわをよせていたのをやめさせるヒルダこの二人は仲がいいですね、タルホの方

交響詩篇エウレカセブン (Episode.22 クラックポット)

交響詩篇エウレカセブン 4↑DVD第4巻はアネモネ! 2005/10/28発売予定♪(毒のある感じがアネモネにピッタリ...笑)レントンが月光号を降りてどのくらい経っているのか分かりませんが、タルホはかなりピリピリしてるみたいですね。 眉間にシワなタルホは近づきがたいし、ギジ

交響詩篇エウレカセブン 第22話 クラックポット

う~ん、ゲッコーステイトのメンバーは、レントンの家出に対して全く責任を感じてないように見えるんですが。あれは、反抗期とは全く別物でしょう!まぁ、月光号内の雰囲気はチョ

エウレカセブン 第22話「クラックポット」

エウレカの病室からようやく面会謝絶の張り紙が取れる。 子どもたちは喜んでエウレカのもとへ。 レントン失踪について、ゲッコーステイトの面々はどうすんだろ。 レントンがエウレカのとこに行ったのバレてたね。 ボードで1人旅のレントン。 ボードええなあ。ちょっと欲し.

交響詩篇エウレカセブン 第22話 「クラックポット」 感想

そういえばレントンが一人になった所からタイトルが「○○○・○○」から「○○○」になった気がするでは感想を

交響詩篇エウレカセブン「クラックポット」雑記

気になりましたら、クリックどうぞ♪【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】ホームレスは辛いよ大人になりなよ恋愛は初めてよ子供でいろよ頼っていいよ空中戦もお任せよご飯はとっても美味しいよういうい、んでは「交響詩...

交響詩篇エウレカセブン「クラックポット」

交響詩篇エウレカセブン「クラックポット」です。クラックポットって何だっけ?テトラポットと違うのは判るけれど。いやひょっとしてと思って辞書を引いたならば、crackpot、ん?小泉首相のことか。それはさておき、あらすじ。って雰囲気だからなぁ。『レントン...

第22話 クラックポット

ハイサイ!(>_<)!さて、エウレカセブンの感想やらなんやらを書いていきましょうかーAパートレントンがいなくたったが、何も変わらず航行を続ける月光号ギジェットが綺麗な雲を見て喜ぶがタルホさんは冷たい感じで地殻変動の予兆のうろこ雲くらい覚えてなと返答レントン

エウレカセブン22話感想

 レントンが居なくなっても、全然気にしてる様子が窺えないゲッコーステイトの面々、まるで最初からレントンなど居なかったように皆が振舞う姿は友愛に満ち溢れてますな☆ タルホがちょっと機嫌悪そうですが、どれくらい心配してるのかはちょっと解り辛いですね。 ....

クラックポット

交響詩篇エウレカセブン第22話ここ最近は主力として活躍されていた方が居なくなった訳ですけど、慌てふためきもそこそこに基本的にはいつもな日常の月光号。そんな中で女の友情とそれに憧れる少女の物語が。ギジェットの一押しでエウレカも流石に気づいて頂けると。そして

エウレカセブン 第22話

ゲッコー号を出て彷徨っていたレントン少年はビームス夫妻に出会い心の安らぎを得る。チャールズ氏との交流が良いです。レントンの板を見て表情を変えたチャールズ氏はレントンが何者なのか見て取って,その上で自分たちの艦にレントンを誘ったのでしょうか?

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第22話:クラックポット

親父的でも兄貴的スタンスでもなく、一人前になった男が、自らの背中を見せることで相手の気づきを促すようなスタンスのチャールズは、なかなか魅力的なキャラに思えます。

9/18交響詩篇エウレカセブン第22話「クラックポット」

レントン「母を訪ねて三千里」じゃなくて船を離れて三千里ですか?w家出ってこの歳でやるか?荷物盗まれちゃいました。何やってんの。・・・(汗)これは朝にやってもいいん

エウレカセブン #22「クラックポット」

チャールズ&レイ・イームズ(本編ではビームスとちょい変えてありますが)、(フランク)ロイド・ライト等、有名デザイナーの名が使われて来ました。個人的にはマッキントッシュ、ヤコブ

交響詩篇エウレカセブン♯22「クラックポット」

 何かもう、どこをどう見てもレントンの扱いが、チャールズ>>ホランドなのが救いようがない気がします。  野宿して荷物とられて、人間不信になりかかっていたところに助けられたら、そりゃチャールズたちのところに、ころっといっちゃうんだろうなあ。  一方の月光号。

交響詩篇エウレカセブン 22話

22話 クラックポット皺を寄せて作業に励むタルホに、普段と同じように接するヒルダさん 女の友情って良いですね!「言っとくけど、あたしのほうがあんたより一個上なんだからねぇ~?」そうは見えないですけどねエウレカは面会謝絶ではなくなり、大分元気になった様子子供

エウレカセブン 第22話 クラックポット

「さがさないでください                レントン」「第二次性徴の最中だし」だと揶揄されるホランド。まあねえ。そりゃアレじゃあねえ。野宿してたら荷物

交響詩篇エウレカセブン

第22話 クラックポット 人と人との繋がりと家族の温かさが主体となった回でしたか

交響詩篇エウレカセブン 第22話 【クラックポット】

月光号を飛び出したレントン━━━新世界へ

クラックポット

レントン脱走後のお話ですね。子供一人の逃避行・・・どんなおもしろ行動がでてくるか楽しみに思いつつ始まりましたエウレカセブン!・オープニングで衝撃?の事実発覚!!!!!なんとヒルダよりタルホのほうが一つ年上とのこと・・・・・お二人は何歳なのでしょうか?

交響詩篇 エウレカセブン -EUREKA SEVEN- 第22話 「クラックポット」

さがさないでくだちいレントンの書置き、まるで子供レベル夜神月にでも書かされたんでしょうかね

交響詩篇エウレカセブン 第22話

ドミニクが本格始動開始!?{/hiyo_en1/}ドミニクのCVの人は、こっそりドラマ「電車男」で主人公にアドバイスを送る役(2ちゃんねらー)をしていました{/hiyo_shock2/}前回、月光号から家出?したレントン。 その日はどこに行くわけでもなくフラフラ。そして公園のベンチ

交響詩篇エウレカセブン 22話「クラックポット」

レントンが居なくなってから、なんかイライラしてるっぽいタルホさん。でも、そんな彼女にフツーに接してるヒルダさん・・・やはり友達だから判ってるんだろうな。エウレカが元気

交響詩篇エウレカセブン #22クラックポット

レントンは家出してみたものの特にあてもなく、あげくに荷物まで盗まれて散々。でもリ

交響詩篇エウレカセブン#22「クラック・ポット」

今週もラストの登場したエウレカセブンの七不思議のひとつ、ドミニク・方向音痴・ソレル氏に癒されました日曜八時出勤の強行策ですよりょくです。いやー、地図を回転しながら見て

[アニメ]交響詩篇 エウレカセブン レビュー

交響詩篇 エウレカセブンに関するレビューをトラックバックで募集しています。 感想

交響詩篇エウレカセブン ♯22 「クラック・ポット」

         もうすぐ折り返しのエウレカセブン、エウレカ・・・早く元に戻って欲しいよ(涙)では続きを読むからどうぞ↓ あと少しでTOP100です!引き続き応援のほど

crackpot

ドギーの好きな所はぁ、顔が綺麗な所と、ギャグがつまらないところと、ヘタレたところと、訛ってるところと、癒し系なところと、戦闘中何やってるのかわからないところと、・・・・とにかくドギーが好きなわけ!!

エウレカセブン、カリスマ主婦の食卓

しばらく空気が重すぎたエウレカですが。今回ちょっと明るさが戻ってきました。ありがとう、レイ・チャールズ。レントンがいない月光号。妙に気の抜けた雰囲気。(特にホランドが)(トイレシーンはあまりリアリティを求められても・・・)(つかハップのヌードは別に見たく

交響詩篇エウレカセブン #22クラックポット

家出して、雨の中走り、停留所で野宿して、汚くなって・・・なんだか前半のレントンは『火垂るの墓』の清太のようでしたよー。えっと、確かこっちも14歳だっけ。蛍が飛んできたらどうしようかと思ったよ。 ギジェットの「同士を作りたい」という感覚は輪を作りたがる10代の.

交響詩篇エウレカセブン22話 感想

エウレカセブンの感想月光号から家出したレントン、荷物を盗まれ金もなく落ちこんでいたところに偶然チャールズとレイに出会いました。チャールズと話、今まで正しいと思っていたことがすべてではないと思ったレントン、チャールズとホランドではやっぱりチャール....

エウレカ 第22話「クラックポット」

先週までの重~い内容とはうって変わってテンポ良く進み、後味悪い思いをせずに済みました。残念なのはタルホっちの出番が少なかったことかな。レントンが月光号を飛び出したのが原因なのか、タルホっちはかなりご機嫌斜めの様子。他のゲッコーステイトメンバーはというと

交響詩篇エウレカセブン 第22話 「クラックポット」 感想

交響詩篇エウレカセブン 4三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治 バンダイビジュアル  2005-10-28売り上げランキング : 199おすすめ平均  Amazonで詳しく見る by G-Tools今回はちょっといろいろあって疲れてるので縮小更新でいきます(汗前回月光号から家出をした....

センチメンタル・ジャーニー

{/kaeru_fine/}レントンはまだ、14だぁから~♪ワイン飲んでいいのか?『交響詩篇 エウレカセブン』エウレカ復活!チビコ達との面会を喜ぶ。レントンはあてどなくリフボードに乗り、ひとりの気楽さと寂しさを味わっていた。駅のホーム(?)で野宿していた所、ボードひと

交響詩篇エウレカセブン 第22話『クラックポット』

家出少年レントンくん飛び出したのはいいが行く宛ても無ければ目的も無いさらなる受難…どうし様もない彼にその出会いは訪れた

交響詩篇エウレカセブン 第22話 「クラックポット」

ちょwww踊ってるレントンワロスwwwwつかやっぱりあれはブレンパワードに見えr(ry今回は久しぶりによい話だなーつか全裸でトイレって(ry今回諸事情によりキャプなしですorz(ぁぁ

エウレカセブン#22『クラックポット』

ヤケクソだったのかもしれない。行けるとこまで行ってやろうと思った。生気のない目でただ前を見つめ、廃墟の立ち並ぶ街道を行く。まるでレントンの心そのままのような荒れた街だ。飛び出してきた青い空を見上げる。雲は風に乗って淀みなく流れる。頬を撫でて通り過ぎる

交響詩篇エウレカセブン 第22話【クラックポット】

「さがさないで ください」という,お決まりの書置きを 残して飛び出したものの...行く当てもない レントンお坊ちゃま.

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

グレートメカニック17号 京田監督インタビュー

京田「最近分からないことがあると公式ホームページを見ようとよく言うじゃないですか?でもエウレカセブンの公式ページに本当のことが書いてある保障はないですよ(笑)。」だそうです。いいのかな?

エウレカの世界ではLFOは純粋な兵器ではなく「自動車」みたいなものですね。自動車で「人を殺した」人が自動車に対してどのような葛藤があるのか?経験が無いので分からないですが、個人差は相当あるような気がします(例とし不適切かな)。
間違いなく言えることは、レントンはメカが大好きな少年だということです。案外、全てのことが終わったとき、おじいさんの跡をついで「メカニック」の仕事をするのかもしれません。

>京田「最近分からないことがあると公式ホームページを見ようとよく言うじゃないですか?でもエウレカセブンの公式ページに本当のことが書いてある保障はないですよ(笑)。」だそうです。いいのかな?

Σ(゜Д゜)えええ……これはちょっといただけない発言ですね。ミスリードの一環として嘘設定を書いておいてもいいとは思いますが、そもそもその設定すら全く公開されていない状態ですし^^;こういう台詞は難解な設定用語を公式ページで補足し切ってから言ってもらいたい(苦笑)

>エウレカの世界ではLFOは純粋な兵器ではなく「自動車」みたいなものですね。
ですねー。レントンの反応からすると、自動車兼波乗りロボットって感じでしょうか。ただ、ブーメランが標準装備されているので、戦闘用に運用されることも想定しているような気がします。

メカ好きなのは間違いないですね。自分が逃げ出した場所に帰結するというのは、逃避型主人公の王道なのでKtさんの予想通りになりそうな気がします。というか、そうなって欲しいw
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。