スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン 第二十三話 ディファレンシア

ヴォダラクの過激派が起こしたテロ。同じテロ組織であるゲッコーステイト。テロによって引き起こされた現実を目の当たりにした時、レントンは何を突きつけられたのか。たまには真面目な出だしで感想にいってみましょう。

人間とは不思議なものです。同じことをやっているのに、こうも反応が違うのですから。
それぞれが独立し、思い思いの方向を見ているゲッコーステイト。大してレイ、チャールズは夫婦として寄り添い、同じ方向を見ている。おまけに人格者。大人になりきれないホランドをリーダーとするゲッコーステイトとの差は明白。ゲッコーステイトのことを思い出しながらも、レントンの心はゲッコーステイトから離れていく。甘い現実に浸るレントン君ですが、来るべきホランドとの対決ではどちら側につくのでしょうか。この甘い現実は視聴者を再び突き落とすための伏線と思えてなりません。おそろしや……
……レイは紫のブラジャーですか、そうですか(笑)

レントン・ビームス。
傭兵は偽造パスポートも何のその。レントン君は、レントン・ビームスとして入国。家族として受け入れられたようで嬉しそうです。サーストン家の名はレントンにとって呪縛でしかなかったのかも。レントン・ビームスがレントン・サーストンに戻る時、その時こそがレントンの成長と帰還になりそうです。

ヴォダラクの娘。
余命幾ばくもない少女をヴォダラクの聖地へ運ぶことに。短髪、チョーカーと、肌の色こそ違えどエウレカを連想させる少女。レントンの胸中は複雑です。しかも少女はヴォダラクの過激派が起こしたテロのせいで生命維持装置を外された状態。レントン君は、「永遠の命なんてありえないよ。人は壊れたら二度と元には戻らないんだ」とチャールズに抗議。ここで回想が入るかと冷や冷やしたんですが、さすがにそれはなくて一安心。クレームでも来た? レントンの人殺しは先週であっさり流すかと思ったら、またも蒸し返し。甘い現実の後には、苦い現実。食べるための戦いを知ったレントン君といえど、そう簡単に人の生き死にを割り切れないようです。相変わらず甘ったれた台詞を垂れ流していますが、それでこそレントン。どうか甘さを残したまま成長していってほしいですね。あ、ホランドのように成長するのはNGです(苦笑)

年頃の息子を持つってのも難しいもんだ。
チャールズの本心? 今のところ、打算は見えないですね。やはりチャールズの器は大きいです。

恋って、何?
エウレカの顔のひきつりが取れていませんね。いつになったら取れるんでしょうか。それはともかく、先週のギジェット発言が尾を引いているようです。ギジェット、グッジョブ! 恋って何と訪ねるエウレカですが、その前の反応の方が気になります。レントンがヴォダラクの少女の病室に入った途端、エウレカが何かに気付いたような素振りを見せましたよね。スカイロックゲートでレントンの危機を察知したように、レントンと感応したのか。それとも意識のないヴォダラクの少女と感応していたのか。レントンとエウレカの関係性って何なんでしょう?

エウレカの恋発言に揺れるゲッコーステイト。
エウレカに事実を告げられないでいるホランド。レントンがいなくなってから、餓鬼っぽさも少しずつ抜けているみたい。それでもエウレカに面と向かってレントンはいなくなったとは言えずに誤魔化しちゃいます。この根性なしめ(笑)そういえばこのシーンで、エウレカが左腕を吊っていたのですが、あれはどうしたんでしょうかね。いまだにスカブが剥がれ切っていないのか? それとも、骨折? それにしても、今週のエウレカがやけに幼く見えるのは髪型のせいでしょうか。

冬。
ヴォダラクの少女を連れ出し、病院を探すレントン。冬の到来が近いのか、レントンは寒そう。

マーマと一緒で嬉しいなぁ。
あれ? エウレカチルドレンが一人足りない。

死装束を着たヴォダラクの子。
病院に少女を連れてくるも、彼女は死装束姿。一目でヴォダラクだと分かり、テロ被害者で溢れる病院は混乱へ。レントンの無知がまたもや悪い方向へ転がっていきました。もう少し勉強すべきですよねぇ、レントン君。病院の人々は911後のアメリカを彷彿とさせます。あの時もテロとは無関係なイスラム教徒が襲われましたよね。ただアメリカの質が悪いところはテロ被害者じゃなく、直接被害を受けていない一般市民がイスラム教徒を襲った点にあります。あの国の餓鬼っぽさにはほとほと呆れる。その分、今回の話では直接の被害者がヴォダラクの少女へ怒りをぶつけるといった構図なので、まだ理解できます。

「突然家族を失った者の気持ち、考えたことあるの?」
そ、それはNGワード。あの回想が! と思ったのですが、やはり出ませんでした。こりゃあ、クレーム来たのは確実ですね。しかし、↑の台詞を突きつけられて涙するしか出来ないあたり、レントンが未だに罪を背負いきれていないことが分かります。レントンが全てを正面から受け止められるのがいつになるのか、最近は彼の成長が楽しみで仕方ないです。ちなみに先週のLFO搭乗→スッゲー発言は、レントンが問題視しているのは自分の行動によって引き起こされた結果を後悔しているのだと考えれば、ある程度は説明がつきます。今回のラスト付近の台詞を聞いて、そう考え直しました。LFOという道具で人を殺したことを問題とするのではなく、自分の意思で人を殺したことに問題がある。無自覚に人殺しをやっていたことに問題がある。LFOという道具に逃げ道を作らなかったと取ってもいいのかもしれません。

暴徒。
暴徒と化した市民に追い詰められるレントン。市民は先ほどの家族を失った女性とは対照的。何故こんなことをするんだとの問いかけに「家族や仲間を殺されたから」と口走っていますが、本当に家族や仲間を殺されたなら街中をうろついているのは不自然。鬱憤を晴らすためにレントンを追い込んだと見ていいんじゃないでしょうか。まさにアメリカン。陰惨な現実ですね。

人としてはむしろ正しい行いだと俺は思ってる。だが、それを本当にあの子が望んでいたかどうかは別の話だ。
ヴォダラクの少女はレントンが連れ回したことが原因で死亡。ヒューマンビフェイビアでレントンは、自分の責任で叔父が州軍に逮捕されたことを知らされませんでしたが、今度は逃れることを許されません。レントンの目の前で死亡が告げられます。幼いから、だけでは済まされない人の死。

聖地へ。あの子もきっとそれを望んでいるでしょうから。
両親が語る、少女の望み。レントンの行動とは正反対の望み。重圧に耐えかねたレントンは逃げ出そうとしますが、その背中にかけられた言葉は「あの子のために、ありがとう」レントンを慰めるだけの台詞ではなく、少女の両親もまたレントンのように行動したかったという心情がにじみ出た深い台詞だと思います。

あいつは寂しさや気まぐれ誤魔化すために出て行ったんじゃねえ!
気軽にレントンを迎えに行こうと言い出すゲッコーステイトの面々に、ホランドがぷっつん。レントンのことを見ていないようで、見ていたんですね。というか、あまりに急落しすぎたホランド株を修正するための布石? 個人的には天地がひっくり返るくらいのことがなければ、ホランド株は上昇しませんが(苦笑)
しかし、ボードのウィールからレントンらしいと判明したということは、チャールズも気付いている可能性は大ですね。でも、レントン抜きの、レイとのやり取りから打算はまったく見えてこないんですよね。ヴォダラクの少女を無料で聖地まで運ぶという台詞も、底の浅い人間なら絶対に出てこないですし。やはりチャールズの器は大きい(二度目)

あたしが酷いことをしたから、レントンは出て行ったの?
はぐらかし続けていましたが、ようやくホランドが決心。エウレカにレントン離脱を知らせます。あ、ホランドが逃げるのを止めた瞬間かもしれませんね。やはりここからホランド株が上昇していくのか。
ホランドは置いといて。エウレカの台詞が痛々しくて涙線が。酷いことには様々な事柄が含まれていると思います。アミタドライブを引き抜いたこと、救いの手を求めてきたレントンを拒絶したことなどなど。
空っぽになったレントンの部屋を訪れるエウレカが更に涙を誘います。空っぽになった部屋の演出は、本当に素晴らしいですね。レントン離脱時の物悲しさが未だに残されているような感覚を与えられます。ゲッコーステイトで得たアイテムが残されていることも、より一層哀しみを誘います。

あの子はきっと僕を恨んでいるでしょうね。あの子の気持ちなんてこれっぽちも考えず、助けなきゃって勝手に思いこんで。それが正しいことなのかどうかすら、僕は考えもしなかった。結局僕のやったことは人を助けるどころか、人を傷つけただけだ。傷つく必要のない人を、もう充分傷ついている人をもっともっと深く傷つけてしまっただけだ。きっと今までだって僕は……ごめん。
レントン、自戒。レントンのジャージを手に取るエウレカと、レントンの涙がリンクして、かなり切ないシーンとなっていました。他人の気持ちを考えない、このフレーズはエウレカにも通用するものですので、心情面でのリンクも同時になされています。王道的な演出ですが、好きですねぇ、こういうの。鬱が終わって王道に戻ってきた感じです。言わずもがなですが、レントンの謝罪はエウレカへの謝罪でもあります。

年頃の息子をもつってのは
悪くないよね。
やっぱ、打算は感じられないですねぇ。ホランドとの勝負になったらレントンを利用するかもしれませんが、この台詞に偽りはない……と、思いたい。容易に安心できないのがエウレカセブンの怖いところです^^;次回予告が不吉すぎる……

レントン、会いたいよ。エウレカがレントンに対する想いを自覚しつつあります。再会の日はいつのになるのか?
……つーか、今週の名塚さんの演技は凄まじいものがありますね。来ますね、色々な意味で。

今週は鬱というより、切ないお話でした。ビームス夫妻にエウレカが上手く機能していて、ただの鬱にしてしまわなかったのがいい。新展開と新キャラで波に乗り始めたエウレカセブン。このまま突っ走ってくれるのか、それとも……要注目です。






最近、エウレカのTB先が多すぎて訳が分からなくなってきました(笑)最多TBは54なんですが、40あたりがちょうどいいかも。100TBとか自分で宣言しておいて何ですが、無理無理^^;そろそろTB先のブログリンクを作らないと作業に支障が生じちゃうなぁ。ブログピープルでも導入しようかしらん。

今日はお礼返しです。

ガムの玩具店さんIMPULSE-Dさん
へたれ大MAXさん、ガンバスターの紹介ありがとうございました!

レッドショルダーさん、海洋堂 ガンバスターレビューです。
ガンバスターの紹介ありがとうございました!
新山口式可動が見たいですよね。山口さんの進化はいつにのなるのか。

ひなたちきさん、スプリング DX Fate/stay night セイバーレビューです。
出来は素晴らしそうですね。お値段がちょっと高めっぽいですが^^;そういえば、これって市販されるんですよね? イベント限定版と通常版、どこが違うんでしょう。
ガンバスターの紹介ありがとうございました!
大企業ほど、中国の工場問題の煽りを受けているみたいですねぇ。体が大きすぎて品質管理が徹底できないのではないかと。中堅企業の品質はそれほど落ちているように思えませんし。

コトブキヤワンコインフィギュアシリーズ うしおととら情報アスまんが劇場さん

……Σ(゜Д゜)!?

うしおととらのワンコインキター(゜∀゜)!! ちょっ、これは夢じゃなかろうか。あのうしおととらのフィギュアが出るなんて!!! うしおととらといえば、少年漫画を語る上で外せない作品。少年漫画好きでうしおととらを知らない奴は笑われるってくらい凄い作品なのです。サンデーなんか、うしおととらの作者のアシスタントで溢れかえってますしね。ジャンプの顔であるナルトとブリーチへの多大な影響も言わずもがな(この辺は詳細な記事にしようかなと考え中。ファンにショックを与えそうですが^^;)。
マジでスゲー嬉しい。箱買い決定サァ! あ~、今日はいい気分で眠れそうだw
スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

{/hiyo_oro/}このやっかいな人のコトを、「年頃の息子を持つってのは」「悪くないよね?」「ああ、悪くねぇ」と言えるビームス夫妻は、偉いと思います。『交響詩篇 エウレカセブン』居候だからと自発的に家事を手伝うレントン。そんな彼をビームス夫妻は認めてくれる。優し

交響詩篇エウレカセブン 第23話 「ディファレンシア」

今回は交響詩篇エウレカセブン第23話「ディファレンシア」の感想を書きます。ドギー兄さんおいしすぎ

ディファレンシア

交響詩篇エウレカセブン第23話家族になっちまったコレ。温かい。温かすぎるよ。こんな温かすぎるとこれからがきっついじゃないですか。そしてレイブラ萌え。知らないところで比較されまくりな月光ステイトもざわめきはじめ。ホランド頑張れ。ホランド頑張れ。ホランドは頑

交響詩篇エウレカセブン (Episode.23 ディファレンシア)

交響詩篇エウレカセブン 4↑DVD第4巻は2005/10/28発売予定~♪ 第3巻ももちろん手元に。(笑)なんて言うか、今週もよかったです。(すみません、表現力が乏しくて...)ビームス夫妻のところにお世話になってすっかりリラックスした雰囲気のレントンはご機嫌。 その緩みきっ

交響詩篇エウレカセブン #23ディファレンシア

ビームズ夫妻とレントンはもう本当の親子でいいんじゃないかと思ったら、パスポートに

交響詩篇エウレカセブン 第23話 【ディファレンシア】

相変わらずほのぼの展開今までの展開でになりすぎていた視聴者にはこの展開がありがたくて仕方ないです。

交響詩篇 エウレカセブン 第23話 『ディファレンシア』

レントンは、幸福を満喫しています。

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第23話:ディファレンシア

シリーズ一番の心温まるエピソード。テーマのひとつ、レントンの成長物語が、物語の世界観に沿った形で丁寧に描かれており、単話としても、全体を構成するピースのひとつとしても存在感のある作品に仕上がっていました。

交響詩篇エウレカセブン「ディファレンシア」雑記

気になりましたら、クリックどうぞ♪【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】幸福の定義現実の定義世間の定義少年の定義無常の定義親子の定義ういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン」を見て感じた事なんかを・・・。...

交響詩篇エウレカセブン♯23「ディファレンシア」

 ホランドのだめ大人ぶり、相変わらず炸裂中。月光号の中を巻き込んでの嘘の嵐。  そんなホランドも、ようやくエウレカに真実を告げました。でもやっぱり告げ方が下手。    一方、当人のレントンはビームス夫妻の元で安穏と暮らしてました。レントンこのまま、夫妻の子に

エウレカ第23話「ディファレンシア」

やっと今日のエウレカだ!でも学校からなので短縮気味で…今回も「??」っていうところがいくつか.そして前回出てきたにもかかわらずスルーされたドミニクの立場は一体(泣)

交響詩篇エウレカセブン 23話

23話 ディファレンシア居候の身のレントン少年はせっせと掃除に勤しんでいます同じことをしていても月光号とはまるで違う反応が返ってくるやっぱり褒められると嬉しいですからね「居心地良すぎます…」見てるこっちも安心します仕事の為に夫妻と共に街に降りたレントンパス

交響詩篇エウレカセブン#23「ディファレンシア」

ドミニクが「連邦軍統幕本部情報7課特務大尉」に昇進していたと言う事実に小躍りした、今週のエウレカセブンですよ!心地よい船に、心地よい二人。自分の行為を誉めてくれて、そ

交響詩篇エウレカセブン 第23話 ディファレンシア

第23話 ディファレンシア 感想文ビームス家に居候するレントン。優しいビームス夫妻との生活に心地よさを感じる。本気で待遇違いすぎ。でも、見ているとなんだか落ち着かない。理想的すぎて壊れる時がこわい。しかし、あのパスポートよく出来ていたなぁ・・・偽造

交響詩篇エウレカセブン 第23話

 その楽園では言葉や拳の暴力も無く、彼らは笑顔と心で褒めてくれた。諌めてくれた。 王の名が持つ呪縛から束の間解き放たれた少年は、安らぎと厳しさの中でまたひとつ大きくなる。  彼の成長譚としては良かったんだけれど、「殺戮劇」からの葛藤がレントンから掻き消え

交響詩篇エウレカセブン第23話 ディファレンシア感想

今週は大まかに、レントンとビームス夫妻の交流その2と、レントンの葛藤、エウレカが復活、不憫なドギー兄さん、そしてドミニクの権力発揮!でしょうか(笑ビームス夫妻はほ

交響詩篇エウレカセブン 第23話 ディファレンシア

レントンがチャールズとレイの所で過ごすようになって、明るい雰囲気に一転するのかと思いきや、どんよ~り暗~い雰囲気が再び漂ってきました。どうでもいい所からスタートします

交響詩篇エウレカセブン 第23話「ディファレンシア」

明後日までにレポート提出しないとマジで単位失っちゃうので、今回は短めで失礼します。 でもやっぱエウレカセブンって面白~!!・・・それだけは言っておきますww 交響詩篇エウレカセブン 4三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治 バンダイビジュアル 2005-10-28売り上げランキン.

交響詩篇エウレカセブン 第23話

レントン「人間とは不思議なものです。同じことをやっているのに、こうも反応が違うのですから。正直言ってここは居心地がいいです。だってゲッコウステートでは俺は単なる、単なる・・・」レントンはチャールズの船の雑用をこなしながら、ゲッコウステートでの扱いの違いに

交響詩篇エウレカセブン 第23話 「ディファレンシア」 感想

ビームス夫妻はかなりいい感じですね。ちょっと、前のエウレカセブンと比べたら大分重い雰囲気もなくなってきているみたいで。もうちょっとしたら、最初の頃のように明るいエウレカセブンが見れる気もしないでもないです。・・・ということで感想です。

[アニメ]交響詩篇 エウレカセブン レビュー

交響詩篇 エウレカセブンに関するレビューをトラックバックで募集しています。 感想

エウレカセブン 第23話 ディファレンシア

チャールズがマジでいい人なんで、今までのゲッコーステイトの駄目さが一層際だっちゃってるな。まあホランドも、レントンのことは本気で考えてるんだろうけど、レントンもホランド

交響詩篇エウレカセブン 第23話 「ディファレンシア」 感想

交響詩篇エウレカセブン 4三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治 バンダイビジュアル 2005-10-28売り上げランキング : 167おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools今回も忙しいので縮小更新でいきますm(_ _)m今回もビームス夫妻とのほのぼのな雰囲気で始まったので....

エウレカセブン #23「ディファレンシア」

脚本:菅正太郎 絵コンテ:阿保孝雄 演出:阿保孝雄作画監督:堀川耕一・小森高博 メカ作画監督:杉浦幸次ちょーっ…レントン。フォローできないよ…。そんな勝手に他人の

エウレカセブン第23話「ディファレンシア」の感想。

 さあ楽しい展開になってきたエウレカセブン!  チャールズとレイの船に居候することになったレントン。 さてそんなレントンに今回はどんな出来事が待っているのか?  そして月光号の様子は? エウレカはレントンの脱走をいつ知るのでしょうか?  

交響詩篇 エウレカセブン 第23話 「ディファレンシア」

拝啓ミスターポビット、レントンです最近はすごく幸せですが少し物足りない感じです。僕ってMなんでしょうか?まっ僕なりに頑張っていますよ

differencia

ホランドの蹴り付けた椅子がスネに当たって悶絶するドギー兄さんに乾杯!!(台詞あってよかったね)

交響詩篇エウレカセブン

第23話 ディファレンシア テーマ、おもっ・・・。 日曜の朝から・・・。 こう、

エウレカ 23

レントンは微妙な年齢だ   GEKKOSTATEでは完全な個人(大人)として扱わ

9/25交響詩篇エウレカセブン第23話「ディファレンシア」

レイ「ホームシック?」種デスとカブってますねぇ。レントン「いえ、そんなんじゃ。」レイ「だったら、ママが恋しいとか?」レントンよ~おまえな~レントン「あぁ~。居心地

交響詩篇エウレカセブン23話

交響詩篇エウレカセブン23話「ディファレンシア」感想。すっかりビームス夫妻の飛行艇に溶け込んでいるレントン。月光号ではただのパシリだったのに対しここでは居心地がいい様子。。たしかにいい人度は完璧にチャールズ>ホランドだよね(笑)そんなビームス夫妻と

交響詩篇エウレカセブン_20050925_23「ディファレンシア」

今日の話には、正直ビックリした。いままでの内容を反転させてきやがった!!いままでおかしいと思っていたことが、実はおかしいことだったと処理されてて、安心した。2005年09

エウレカセブン

いやー、このブログというかワタクシですが(笑) かなりエウレカびいきですな。; ほかにもアップしたいマンガ・アニメはヤマほどあるのに、 それでもまたまたエウレカアップしちゃうんだもんね。; 交響詩篇エウレカセブン 3三瓶由布子 名塚佳織 藤原啓治 by G-Tools

エウレカセブン 第23話「ディファレンシア」感想

 レントン只今家出中!! ビームス夫妻とゲッコウステイトのホランド、タルホを比較して、居心地の良さをご満悦しているご様子ですが・・・??

エウレカセブン 第23話「ディファレンシア」

居心地が良すぎる場所。 顔が歪んでますよー。 しかし、ホントに居心地が良さそうだ。 いい人たちに出会えたねレントン。 しかしそれがいつまで続くか…。 チャールズたちが受けた依頼は、ボダラクの少女を聖地まで連れて行くこと。 その子は生命維持装置がなければ生きて

エウレカセブン#23『ディファレンシア』

星明りに照らされて飛行するビームズ機。鋭角的なデザインが際立ってかっこいい。居候させてもらう代わりに、せめて何か自分にもできる事を…月光号で仕込まれた家事全般を手伝ってるだけなのに。褒めてもらえて、とってもとっても、嬉しかったんだよ。子供って、褒めら

第23話 ディファレンシア

ハイサイ!(>_<)!一日遅れですが、「ディファレンシア」の感想やらなんやら書いていきましょう~(^^)・Aパート空を飛ぶ月光号似の船楽しそうに食器洗いをこなしたりと様々な雑用をしていくレントン月光号での生活を振り返り、ビームス夫妻のもとでの居心地のよさを

交響詩篇 エウレカセブウン 第23話「ディファレンシア」

すっげー運命☆何と先週の日曜日は夜中の鋼からずーーーーっとビデオを撮りっぱなしにして寝てしまい、そんだらたまたまエウレカが入ってたっていう話。らっきー☆ずっと見てみたかったから!そんなこんなでもちろんストーリー理解率0%でお送りします☆←いばんなビデオ見.

交響詩篇エウレカセブン 第23話【ディファレンシア】

どこかの 艦よりも 格段に居心地の良い,ビームス夫妻の艦.レントン少年も お手伝いにも 力が 入っているようです.そんな,ビームス夫妻 に仕事の依頼が 来たようで,レントン少年も 付いていくことに.すごい 大都市に来たなぁ.

エウレカセブン24話「パラダイス・ロスト」感想

いや~、あんな両親だったら漏れももうちょっと人生変わってましたよ。 ちょっと鬱になると赤ちゃんをぶったたいて、揺さぶったところ なぜか氏んでしまっているバカ親達にはいい教訓になったのではないでしょうか? しかし幸せな時は長くつづかないね~。・゜・(ノД`)・゜.

エウレカセブン25話「ワールド・エンド・ガーデン」

もう連続3話本編から脱線ですよ。 いいかげん飽きてきてしまった・・・。 来週からまたバトルが楽しめるみたいだけど、 たのむからぐちゃぐちゃになって、種運命展開 だけは辞めてね・・・(; ■Voice I-doll 3体セット ■ターミナス typeR909(プラモ) ■ターミ

交響詩篇エウレカセブン第27話「ヘルタースケルター」感想

今週は新OPなのに暗い雰囲気でちょっと驚きでした。 まさかチャールズがあんな終わり方するなんて・・・。 まあガンダム種と同じじゃなくて面白みはありましたが ・・・(; だんだん戦争って雰囲気が出てきましたね~。 ところでフィギア雑誌に出ていたTHE ENDの

交響詩篇エウレカセブン28話「メメントメモリ」感想

今回は切れた女の戦いしたね。 切れたレイ、切れたタルホ、ぼけたエウレカ(あっ、これはちがう)。 最後のタルホの血糊キスは怖かった・・・。 ところでニルバーシュSPEC2はフィギア化されるんでしょうか? ここ最近アタラしフィギアも出てないし、その前に番組終わ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。