スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン第二十四話 パラダイスロスト

24のせいで感想を書くのが遅れてしまいました。今日はサクッと行きたい……つもりだったんですが、結局いつもと変わらない長さでした(笑)だって、今週も素晴らしい出来なんだもん

着陸失敗。
KLFと遭遇、撃破するホランド。帰還するホランドは着艦失敗し、負傷。骨折……ではなさそうですが、この程度の怪我じゃホランドの罪は償えないと思っちゃいました(苦笑)最近はホランド株の修正に取り掛かっている脚本陣ですが、あまりにイメージを地に叩き落しすぎたため、ホランドに負の感情しか抱けないという状態なんですよね。少なくとも私は。あの数々の虐待を忘れろという方が無理な話です^^;

レントンのジャージ。
レントンが、いないから……
いなくなったレントンの代わりにゲッコー号の雑用をこなすエウレカ。しかもレントンのジャージを着るなんて、何ていじらしいんだろう。数多くの視聴者がエウレカジャージにくらりと来たはず(笑)
真面目にエウレカがジャージを着た理由を考えると、レントンの気持ちを理解してみたかったから――だと思います。前回のレントンの台詞「あの子の気持ちなんてこれっぽちも考えず……」とリンクした行動ですね。あとは心の隙間を埋めたかったというところでしょうか。

また椅子でも飛んできたら……おっかね。
レントンを探すも放置するもホランドの意思次第だと漏らすドギー兄さん。ホランドがリフボーダーのカリスマだということは、雑誌のレイアウトでしか描かれていないために、こういった発言が出ると首を傾げざるを得ません。ホランドに従う意味なんてあるのかなぁ、と(苦笑)レントンやエウレカを丁寧に掘り下げているんだから、ホランドも掘り下げてあげましょうよ、スタッフ。人間臭い男だとは理解できるのですが、それ以上の感情移入は現時点では不可能です。メンバー自体も渋々付き合っているみたいな感じですし……頑張ろう、ホランド(笑)

パパ、ママと呼んでくれ。
パパとママ。レントンにそう呼んで欲しいというイームズ夫妻。やたらと照れまくるところが何とも微笑ましいです。特にレイ。それにしてもこの二人は何故子供がいないんでしょう。かなりの年月を共にしているようですが……どちらかに問題アリなのかな。
じっちゃんや周囲の人間からしか両親の顔を知らないレントンは、この申し出に感激。涙を流します。
子供のいない夫婦と親を知らない子供。なかなか泣ける組み合わせなのですが……

バランス。
アミタドライブを反応させているのはレントンとエウレカのメンタルバランスらしいです。ただ、アミタドライブが発動する時って、必ずエウレカが気を失っていたような。う~む、このバランスもなかなか厄介なものかもしれません。
ゲッコー号の面々も、ようやくレントン不在の意味を考え出した様子。早いか遅いかはともかく、何気ない動作で心情を表現できるのは凄いですねぇ。かなり基本的な演出なのですが、昨日まで放送していた某アニメはこういった演出すらなかった訳で……^^;

解散解散!
レントンに嫉妬してるだけじゃん。エウレカを取られたからいじけてるだけでしょ。
まぁ、レントンへの嫉妬も少なからずあるでしょうが、他にも理由は色々あるはず。それを分かっているからこそ、タルホは「かかってきなさいよ」と挑発したのではないかと。ゲッコー号の面子で一番嫉妬という感情を抱えているのはタルホですけどね。〝あの人〟ことレントンの姉への嫉妬、エウレカへの嫉妬。タルホさん、実は嫉妬まみれなのです^^;

それは甘くて暖かくていい匂いがして、なのにちょっぴりくすぐったい言葉。
思い出しにんまり(何だそれw)をするレントン。両親の顔すら知らないなんて、レントン君はつくづく不憫な子ですねぇ。レントンを必死に育ててきたであろうじっちゃんと姉の立つ瀬がない^^;

ジムで一汗かいてきたところだ。臭いか?
これがお前の親父の匂いだ。本当にいい匂いだよ。
台詞を書いただけだと、大層な変態台詞ですね。確かに私もちょっとばかり噴き出してしまったんですが、泣けるシーンになっています。面白おかしいのに、ちょっぴり切ない。チャールズ編はホント、名作揃いです。

サーストンの呪縛。
レントンがサーストン家の息子だということが判明。あまりのショックにレイがアッチョンブリケ(笑)かつて師事した人物の息子とはいえ、ショックを受けすぎなような気がします。アミタドライブと感応するレントンの秘密を知っているのかも。
でも、打算でレントンに近づいたんじゃなくて、ちょっと安心。いくら何でも打算尽くしでレントンを懐柔するというのは痛すぎますから。

レントンとエウレカが一緒にいれば、いつか必ず悲劇を生む。
認めなきゃならないのはあなたがエウレカに選ばれなかったってこと。
揺れるホランド。レントンとエウレカが一緒にいると悲劇が起きる。それはホランドがエウレカに選ばれた場合でも同じらしいです。悲劇とは一体? またもやさりげない〝不穏〟な伏線が^^;
「認めなきゃならないのはあなたがエウレカに選ばれなかったってこと」
つまり、ロリコンは引っ込んでいろと(笑)いや、冗談ですよ。この辺の台詞は、ホランドがエウレカを使って何をしようとしているのか判明しないとツッコミようがないですね。〝エウレカが選ぶ〟って何なんでしょう。好き嫌い云々の問題を超越しているような気がするのですが。

俺はこんな素敵な世界を自由に飛びまわれるLFOが憧れだった。大好きなんだ。でも今は……
人を殺す道具の気持ちなんて、俺には分かりません。
こんなに綺麗な世界なのに、どうして人は争うのかな?
おや? 今更LFOについての嫌悪感を持ち出してきますかぁ。う~ん、好意的に解釈すればニルヴァーシュのことを話したせいで記憶がぶり返してきたせいでしょうか。この後に〝あのシーン〟が回想されますし。まぁ、「LFOの気持ちが分かるみたいだな」というチャールズの台詞を受けてのものでしょうけど。
台詞としては間違っていないし、いい台詞なんですが、ちょっと引っかかってしまいました。

ゲッコーステイトのメンバーだったんだ。
無自覚に引いた、決別への引き金。まさに楽園の喪失。

自由とは獲得しなければならないものであって、無償で得られるものではない。
チャールズはホント、偉大な男ですね。次週ではチャールズの残忍な面もクローズアップされそうですが(汗)、レントンとの決別を予想しているにも関わらず、生き方を説くのは本物です。本物の男や。自由を得るためには、生きていくためには戦うことも必要なのだと教えられるレントン君は果たして、今後どのような選択をしていくのか。

俺達の本業は連邦軍遊撃部隊所属のフリーランサーだ。
俺、練習するから。パパママって言えるように頑張るから。
シナリオの流れが物凄くスムーズで、かつ感情移入できる素晴らしいシーン。しかも泣ける。

「ゲッコー号に戻って伝えても構わない。心の片隅にとめて、この船に残るのもいいだろう。どちらから逃げる手もある」
「だからお前も約束して欲しい。自らに偽らず決めた事なら俺達は受け入れる。必ず貫け」
ゲッコー号襲撃の詳細な情報を知らされるレントン。行動の選択は少年の手に委ねられる。
漢と書いておとこだよ、チャールズさん! レントンを利用するのでも叩き出すのでもなく、レントンの好きなようにさせるってのはパパになれなかった男の最後の愛情なんでしょうね。子供として扱うのではなく、一人の人間として扱ってあげる――本当に素晴らしいキャラクターですねぇ。たった三週しか出てないのに。三週でキャラクターがこれだけ掘り下げられるという事実を、どこかの脚本家には勉強してもらいたいものです。
泣き叫ぶレイにもらい泣き……レントンのカップにさらに涙。小道具を使った演出が本当に上手いなぁ。

「最初から分かってて僕に近づいたんですか?」
「当たり前でしょ」
次に会うときは敵同士。レントンに未練を残させないための台詞です。まさに親心。
もう涙なくして見られないとはこのことですよ。ここからずっと目に涙が溜まりっぱなし。先週の出来も素晴らしかったですが、今週はそれ以上。こんなにテンションの高いエピソードを見られるなんて、鬱展開の時には想像もしませんでしたよ。

「あいつ、戻るかな……ゲッコー号に」
「貫くわよ。だってあの子は私達の息子だもの」
だ、誰かティッシュください。

エウレカ、俺は今、君に会いたい。
もう早く会ってくれとしか言いようがない(笑)エウレカとの再会で、またも泣かせる話になるのは間違いないので、期待して待ちます。

「レントンの所に行かなきゃ! あなただって彼が必要でしょ、ニルヴァーシュ!」
「俺が必ず連れ戻してやる。だから待ってろ」
ホランド、立つ。エウレカサイドの話も泣けるし、レントンサイドの話も泣ける。今週もいい出来でした。が、チャールズという核とも言うべき存在が主人公から離れたことで、テンションは明らかにダウンするでしょうねぇ。そこが残念。
終焉を迎えた楽園から、現実へと飛翔しなければならないのは我々視聴者も一緒なのかもしれません。






レビュー↓

pospe17.jpg


レビューの紹介お礼も明日にまとめさせていただきたいと思います。日曜の夜は更新しづらくって……OTL先々週辺りから急に重くなった感じ。
スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇エウレカセブン 第24話 「パラダイス・ロスト」 (キャプ感想)

今回は交響詩篇エウレカセブン第24話「パラダイス・ロスト」の感想を書きます。「チャールズさん、レイさん、ありがとう

交響詩篇エウレカセブン 第24話 「パラダイス・ロスト」 感想

今回も結構いい話でした。レイとチャールズはやっぱりいい人たちでした。レントンもエウレカもホランドも変化があったりしてよかったと思います。・・・ということで感想いきます。●切ないエウレカ今週のエウレカも見ていて結構切なかったです。レントンの代わりにジャージ

交響詩篇エウレカセブン 第24話

レントンが月光号を降りてから、ホランドは考え込んでLFOの操縦を誤りそうになったりだんだんホランドがへタレキャラに向かってるような気がする{/hiyo_shock1/}レントンがいなくなってエウレカはレントンのジャージを着て、レントンがこなしていた雑用をこなす。エウレカ「

交響詩篇エウレカセブン24話 感想

エウレカセブンの感想チャールズたちが軍からの依頼で月光号を追いかけていることをレントンに教え、レントンに今後の選択を自分で選ぶようにさとしたチャールズはホランドと違い大人ですね。そのあとレイがチャールズに怒りながら泣いている姿はせつないです。...

交響詩篇エウレカセブン 第24話 「パラダイス・ロスト」 感想

さて、ブログを移行して最初の感想となるエウレカセブン!!今回は初めから終わりまでかなり見入ってました。

交響詩篇エウレカセブン 第24話

 もし、普通の、どこにでもいる少年だったら。もし、彼女より先に出逢えていたら。 楽園から離れ、少年は再び空に舞う。逃げるのではなく彼女を救い、己の運命に挑む為に。 「嘘だと言ってよ、バーニィ」を想起する「残酷な現実」。最後までレントンを想うビームス夫妻に

レイの涙、エウレカの涙

{/kaeru_rain/}レントンが初めてチャールズと遇った時、チャールズはボードを見て「あっ」というような顔つきをした。私はそれでレントンの身元を察したんだなと思ったけど、それは、レントンが家出少年だってわかった瞬間に過ぎなかったんだ・・?『交響詩篇 エウレカセブ

パラダイス・ロスト

交響詩篇エウレカセブン第24話心ここにあらずホランド。そしてもっと心ここにあらずエウレカはついに赤ジャージ。恋の迷宮に迷いすぎ。そんなエウレカに涙ぐむギジェットの女の子の友情も。逢えない時間が育むのです。ホランドも大人の階段を一歩ずつ。彷徨う月光号を尻目

エウレカ24話 ミニ

パソコンがネットに繋がらないので、携帯から短縮更新!第24話「パラダイス・ロスト」腕もう勘弁!先週はうまく触れずにやってたじゃないの―!!つか…ちょっと前にはLFOに何の抵抗もなかったはずなのに何で突然?と思ったのですけど…(「機械の気持ちが~」

交響詩篇 エウレカセブン 第24話 『パラダイス・ロスト』

泣けました・・・!!

交響詩篇エウレカセブン 第24話

戦闘を早々に終えて、月光号に戻るホランドだが、集中力がまったくない様子。着艦でのミスで、右手にケガを負う始末。エウレカは、前回ホランドからレントンの家出を聞いて、ますます彼への思いが強まっているような感じですね。まだ左腕を包帯で吊ってるっていうのに、レ...

交響詩篇エウレカセブン♯24「パラダイス・ロスト」

 タイトルどおり。ついにあかされてしまった真実。レントンがゲッコーステイトのメンバーだということが、ビームス夫妻にばれてしまいます。そして同様に、彼らの目的が月光号撃破だということ、つまり夫妻はレントンにとって「敵」だということが。  うーん、レントンにと

エウレカセブン 24話感想

 「パラダイス ロスト」 前回に引き続いて面白い。 視聴前は、鬱な展開になりそうで怖かったんだけど、中身を開けてみてビックリな、いい意味で期待を裏切られた展開だった。 >レントン 知らぬ父と母のぬくもり。 レントンにとっての父親は、偉大な名....

交響詩篇エウレカセブン 第24話

交響詩篇エウレカセブン 4交響詩篇エウレカセブン 5 UMDスペシャルパック (DVD + UMD Video)交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK12005/11/02発売予定!【パラダイス・ロスト】「パラダイス・ロスト」っていうサブタイトルの印象通りの話になってしまった...

交響詩篇エウレカセブン 第24話 投稿者:アヅラ

■第24話「パラダイス・ロスト」今回の展開なんて前回の次回予告であらかた読めていたはずなのに泣けました。作画がたまにひどく乱れていようが話しがよければ万事よし。・エウレカがまさかレントンのコスプレする日が来るとは…感涙。・パパーママーと呼んでみないか!!・...

交響詩篇エウレカセブン 第24話 「パラダイス・ロスト」

「自らに偽らず決めた事なら俺たちは受け入れる。必ず貫け。」 深夜の海外サッカーから一睡もせずに待った甲斐がありました。某種じゃ絶対に見られない王道演出にもう泣きまくりですよ・゚・(ノД`)・゚・。 続き→ 

交響詩篇エウレカセブン#24「パラダイスロスト」

レントンは、これから考えるのでしょう。連邦軍とゲッコーステイトと父親「アドロック・サーストン」が一体何をして、しようとしていたのか(いるのか)。今回は、レントンがゲッコーステイトのメンバーだとばれると聞いていたんですが、あのウィールを見て気がついてい

Paradise Lost

しつらくえん【失楽園】《原題Paradise Lost》ミルトンの長編叙事詩。一六六七年刊。旧約聖書の「創世記」に取材。アダムとイブの楽園追放を神とサタンとの争闘のうちに描き、人間の原罪と神の恩寵の問題を追求したもの。

交響詩篇エウレカセブン 第24話

第24話 「パラダイス・ロスト」 楽園の時間の終り。少年は、暖かな場所を離れ、再び旅立つ・・・レントンとのことを考えて着艦に失敗し負傷するホランド。ホランドの治療をするミーシャは、ニルバーシュを動かすのにはバランスが必要と言う。アミダドライブを動かすのは、

エウレカセブン#24『パラダイス・ロスト』

そろそろ第2クールも終了しますし、鬱展開からの脱却と行きたいところです。今回はばっちり泣かせていただきましたよ!ホランドは心ここにあらずな状態。目の前のモンスーノしか目に入っておらず、マシューの存在はスパッと無視。しかも慎重を期すべき着艦時にも考え事

エウレカセブン #24「パラダイス・ロスト」

前回に引き続き脚本が逸材。最近のエウレカセブンは本当にすごい。大満足です☆脚本:野村祐一 絵コンテ:もりたけし 演出:原口浩作画監督:真庭秀明今回の話はどれもこれも切なすぎ…せつな

交響詩篇エウレカセブン 第23話「パラダイス・ロスト」

まさにサブタイトルの通りのストーリーになってました。 はぁ~、レントンにはチャールズ達のそばにいて欲しかったよ。 エクセレントモデル エウレカセブン タルホメガハウス 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools

交響詩篇エウレカセブン第24話 パラダイス・ロスト感想

今回はサブタイトルと予告通り、レントンとビームス夫妻の別れ、そしてそれぞれの決意のような話でした。もうこれからはビームス夫妻が敵になってしまうのが残念です・・・。エウレカは恋の病か、かわいそうで見るの辛かった・・・。レントンの部屋で膝か

エウレカ 24 

サブタイはパラダイスロスト 失楽園です ミルトンです 渡辺淳一です まぁ関係あり

交響詩篇エウレカセブン-EUREKA SEVEN- 第24話 「失楽園」

今日から俺たちのことパパとママって呼んでくれよな

交響詩篇エウレカセブン「パラダイス・ロスト」

交響詩篇エウレカセブン「パラダイス・ロスト」です。良い話でしたが、画が絵がう~ん、最近レベルが下がっている気がするけれど、大丈夫かなぁ。さてあらすじです。『レントンが出て行き、ふさぎ込むことが多くなったホランド。今日もLFOの帰還でミスをして...

交響詩篇エウレカセブン (Episode.24 パラダイス・ロスト)

交響詩篇エウレカセブン 4↑アネモネ降臨(笑)のDVD第4巻は2005/10/28発売予定~♪ でも思えばここから苦難の道が~。レントンの束の間の楽園の時間は終わりを告げてしまいました。日曜の朝から一人でいい大人がTVを前にウルウルと...。(T T)今週は何だか久しぶりなホラン

交響詩篇エウレカセブン #24パラダイス・ロスト

チャールズとレイ、拾ってきた子どもをなぜそんなに愛せるのか。過去、子どもを儲けたことがあるのかも知れない・・・なら男の子だったのかもしれないし、身体的に子どもを望めない夫婦だったのかも知れない。 食卓を囲む三人。 チャールズ「さぁ、レントン。パパ・ママと呼

第24話 パラダイス・ロスト

ハイサイ!(>_<)!最近一日遅れで書いてますね、エウレカセブンの感想やらを(^^;)ただ、話は重いパートを超えておもしろいですよ~!・Aパートめずらしく、戦闘からスタートでも、ホランドの909にてKLF瞬殺!やっぱ。ホランドは強いんだねちゃかすマシューを無

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第24話:パラダイス・ロスト

これまでで一番の出来。「親を求める心と、子を求める心。その温かな夢の時間は、それぞれの真実を前に、終わりを告げる」。予告編のナレーション、そのままの内容でした。

パラダイスロスト

レントンの楽園のような時間は今回終わりを告げました・・・・・・しかしそれは奪うのではなく自らに選択させた行き先の結果であり、物事に向き合うことを決意したレントンの成長が見られた回でした・・・・今回は見ていて面白かったですね!それでは今日の感想始まります・

エウレカセブン:第24話

エウレカセブン:第24話『パラダイス・ロスト』 悩んでばかりで本調子ではないホラ

交響詩篇エウレカセブン #24パラダイス・ロスト

レントンはビームズ夫妻からいたく気に入られて、パパ・ママと呼んでくれという仲にま

エウレカセブン第24話「パラダイス・ロスト」の感想。

 毎週日曜のお楽しみ、エウレカセブンです!  さて今回はちょっと不安でした。 というのは、前回の予告でのレイの表情です。 なんでまたあんな表情しちゃうかな?、というくらいスゴイ顔してましたね。  とにかく感想行ってみよう!!

交響詩篇エウレカセブン

第24話 パラダイス・ロスト 何か今回の私は、気持ちが非常にレイとシンクロしてま

交響詩篇エウレカセブン 24話

24話 パラダイス・ロスト「頭を起こせ、ホランドーーー!!」敵のKLF部隊を倒した後、月光号の着艦時に考え事をしてたホランド勝手に入ってくるでしょ、と思ってたタルホ姐さんもビックリ怪我はさほど酷くないようですミーシャを呼ぶホランド「勘違いしないで。私はカウ

学業が忙しい

まぁ「ビームス夫妻はすばらしくいい人だった」とだけ言っておきましょう。もう感動ものでしたね、あれは。エウレカとレントンの再会が楽しみ。それにしても鋼の錬金術師といいボンズさんはいい仕事してますね。

交響詩篇エウレカセブン 第24話【パラダイス・ロスト】

レントン少年が 出て行ったことを 知って,益々元気がなくなる エウレカちゃん.州軍を 簡単に撃破 した ホランドも,考え込むことが 多いようです.ミーシャさん 話くらい 聞いてあげれば いいじゃん.

今日のエウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン第24話『パラダイス・ロスト』。ものすんごい眠かったけどがんばって起きて見ました。なんだか、レントンがいつまでたっても試練の連続なのが辛いと思った。まるで本物の家族のように愛を注いで大事にしてくれていたチャールズとレイが敵側の人間だな

『交響詩篇エウレカセブン』#24

「パラダイス・ロスト」 あの頭をすっぽり覆う白い帽子をかぶってると、エウレカがす

●交響詩篇エウレカセブン感想

『EPISODE NO.24:パラダイス・ロスト』 ※ビデオ見ながら取りとめもな

エウレカセブン #24 「パラダイス・ロスト」

なんか微妙な天気が続いて嫌ですね。どうもこんばんわ師匠です。よくあるパターンで開始してみるのも一興かと思いましたが、本編の前に書く事が無くて困ってる事がバレバレだなぁwこの先は以下でどうぞ。

[アニメ]交響詩篇 エウレカセブン レビュー

交響詩篇 エウレカセブンに関するレビューをトラックバックで募集しています。 感想

交響詩篇 エウレカセブン 第24話「パラダイス・ロスト」

お、竹田さんの名前発見☆ていうか、アニメに時刻出てるのとかOPに歌詞カード(カード?)出るのって何か新鮮だな。そんなこんなで録画したやつ見ながら感想(理解度0%)☆うを、戦闘シーン初めて見たぜ!感激☆あ、藤原啓治さんが着艦にしつぱい。でもかっちょえー。ああ、

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

 はじめまして、だっちゃんさん。トラックバックありがとうございました。

>次週ではチャールズの残忍な面もクローズアップされそうですが(汗)
 今のチャールズがあるのは、もしかしたら昔のそういう過ちがあったことを省みた結果なのかもしれませんね。
 まだ、次回の話を見ていないのでなんとも言えませんが。
 ただ、成功よりも失敗からの方が、人間は学べることが多いんですよね。

まずはティッシュをどうぞ☆

コメントは初めてになるかと思います。新と言います。

だっちゃんさんの感想に共感する部分が多々。
ホランドの浮上はうれしいけれど、それ以上に今までのレントンの仕打ちが私の中のホランドの株を大いに下げています。それを忘れさせるくらいのことをホランドがレントンに与えてくれないと!!と思うばかり。

>面白おかしいのに、ちょっぴり切ない
このシーンはまさしくその通り。チャールズのキャラを活かしつついい感じに切なくさせてくれるのがたまらないです。

ビームス夫妻と離れたことで、これからの展開に不安がよぎりますが、どんなことがあってもエウレカセブンに着いて行くぞと心に決めたそんな話。エウレカは良い作品だ。

お二方とも、初めましてです。コメントありがとうございました。

>こ~どさん
>今のチャールズがあるのは、もしかしたら昔のそういう過ちがあったことを省みた結果なのかもしれませんね。
恐らくそういうことなんでしょうね。デューイが接触してくるまで民間のフリーランサーをやっていたことも、過去の出来事が関わっていると思えますので。ホランドにチャールズ、二人がまったく違う道を選びながらも軍から離れた理由が知りたいところですね。

>新さん
ティッシュありがとうございます(笑)
>ホランドの浮上はうれしいけれど、それ以上に今までのレントンの仕打ちが私の中のホランドの株を大いに下げています。それを忘れさせるくらいのことをホランドがレントンに与えてくれないと!!と思うばかり。
脚本陣は、ちょっとばかりホランド株を落としすぎましたよね。エウレカに最も風当たりが強かった鬱展開時も、ホランドの行動が鬱の一翼を充分すぎるほどに担っていましたし。ここから本当にホランドは上昇していけるのか、ある意味ではレントンの物語より注目かもしれませんw

>ビームス夫妻と離れたことで、これからの展開に不安がよぎりますが、どんなことがあってもエウレカセブンに着いて行くぞと心に決めたそんな話。エウレカは良い作品だ。
チャールズ編は良作ばかりでしたからね、私も一安心しました^^;今回の話を越えるような物語展開を期待しましょう!

TBありがとうございました

うちのようなつたないブログにまでTBくださって
ありがとうございます。私もレイとチャールズには
心底惚れてしまいました。散ってほしくない二人です。

初めまして。こちらこそ、コメントありがとうございます~。

レイとチャールズには逝って欲しくないですよねぇ。でも、逝っちゃうんでしょうね……あぁ、本当にパラダイス・ロストです^^;
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。