スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

末次由紀の盗作問題についての日記のようでいて、実はそうでないような、何だかよく分からないテキスト(題名長すぎ)

今話題の末次由紀の盗作問題を、ちょっぴり追ってみました。(講談社からの謝罪文はこちら

末次由紀って誰なのかまったく知らなかったので、どの程度の盗作なのか分からなかったのですが、検証サイトを発見して納得。これは酷い(苦笑)盗作として訴えられてもおかしくないですね。ただ、単行本を全て回収するような問題なのかな?とも思います。ストーリーまで盗作だったらお話にならないのですが、どうも見せしめという意味合いが強いような気がしますね。こいつを生贄にしたから、しばらくは他の漫画家には目を瞑ってください、みたいな。

末次由紀程度の盗作で単行本全回収なら、ジャンプで大人気の某忍者漫画はどうなっちゃうんでしょうね。アレの第一話は展開から構図までまるまる「うしおととら」のカマイタチの十郎のエピソードですよ。私はオマージュという受け止め方をしていますが、人によっては盗作と捉えてもおかしくないんじゃないかと思います。ジャンプに限っていえば、偉大なる黒猫様も平気で連載されていたわけで……

まぁ、この話は非常にデリケートなのであまり触れないことにします(ぇー 代わりに、何だか関係あるようでないようで、やっぱりあるようなことをちょっぴり。

創作というものは七割の模倣と三割の個性の融合でしかないと思うので、よほどの盗作でない限りは黙殺というのが私のスタンス。とりあえず、自分の知っている知識の中だけでパクリと叫びまくるのは、幼さをさらけだしているだけなので止めましょう。ちょっと精神年齢の低い掲示板に行くと、こういう書き込みばかりでホントに辟易します。自分がパクられ元だと主張している作品も、何らかの作品からパクっているのにね。
創作が完全な無から生み出されるなんてことは、ほとんどあり得ないって認識がないんでしょうねぇ。この辺の認識は多くの創作物に触れることでしか理解できないものなので仕方ないですけども。まぁ、すぐにパクリという人がどれだけモノを見ていないかとの証明にもなりますね。

問題なのは、パクることではなく、どうパクるのかということ。つまり、どういう味付けをするのかってことです。この味付けに作者のセンスが求められるわけですね。今現在、盗作としてバッシングされている創作者の殆どがこういったセンスが欠如しているだけで、創作自体が模倣と、模倣からの(僅かな)進歩の連続でしかない。頼むからこの程度のことは認識して、パクリだ何だと騒いでもらいたいものです。




今日の射雕英雄伝。八話ラストにジョウ・シュンキター(゜∀゜)!! やっべ、饅頭を食う様がキュートすぎるっ!! 悪戯っ子って感じで、頬がにやけちまう。何か性格も結構可愛いっぽいぞぉ。ぬはは、これはますます目が離せなくなってきたぜぇぇ!!! 明日からはジョウ・シュン漬けだ!!!!

うわ、何この感想。我ながらうざいw




へたれ大MAXさん、100万ヒットおめでとうございます! 遅れてスミマセン~(汗)

IMPULSE-Dさん、閉鎖……なのでしょうか? ううむ……精神的な苦痛を味わってまでサイト運営をする必要はないと思いますが……う~む。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

漫画家末次由紀氏の盗作(トレス)問題

どこのブログやニュースサイトでも取り上げてるこの問題。言いたいことは山ほどあるけど、現実的な教訓をここから学ぶとすれば「認めたら負け」ってこと。末次由紀氏がどんだけパクってたのかはこのサイトに絵と解説付きで詳しくのってるが、どうみても完全にパクって....

コメントの投稿

非公開コメント

著作権って難しいね

一応物書きを目指している身としては、非常に関心のある問題です。
結局、ストーリーの大半はある程度過去に登場したものとかぶってしまうことが多いですね。いわゆる王道パターンに限らず。
それこそ数百年単位の歴史がある分野なので当然といえば当然なのですが。
個人的にはストーリー構成のうまい下手は、ぱくりとは思われないような構成をどれだけうまく組みあわせ、改変するかの問題だと思っています。
それができない人はパクリといわれると。
ただブラックキャットなんかは少々あからさま過ぎるので問題外。あのひと絵は結構うまいんだからイラストレーターに転職すりゃあいいんじゃないでしょうか?というかあのひと今なんか作品かいてます?

コメントありがとうございます~。

ストーリーの基本形はシェイクスピア先生にやりつくされているそうですからね。音楽にしても同じことで、ロックと呼ばれるものはブルースから派生したものであり、さらにそのブルースも何かから影響を受けているのは間違いないと思います。結局、最初に物語を作った人間でない限り、完全なオリジナルなんて作れないんですよね。
だから、センスが問われる。そのセンスとは、まさにRKさんが言われたものです。

黒猫なんかは、センスがない創作物の典型例みたいなものですよね。あんなにパクって、書いていて楽しいかな?とも思います。創作物は模倣から生まれるものでしかないのですが、明らかにモラルのないデッドコピーが溢れている現状は本当に困りものですね。
ちなみに黒猫の作者は、漫画は描いていないです。物凄くつまらない読みきりの後は、さっぱり姿を見ませんねぇ。アニメ化で何らかの動きがあるかもしれませんが……新作が来たとしても見たくないなぁ(苦笑)
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。