スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最低作~ZガンダムⅡ 恋人たち

今日、ZガンダムⅡ見てきました。いやぁ、普段は映画が面白いかどうかなんて自分で判断してくれと言っている私ですが、こればかりは言わせて貰います。

駄作

見る価値なし。前々から富野監督には映画を撮る才能はないと思っていましたが、今回は才能のなさを完全に露呈してしまいました。あの名作ターンAガンダムをしょうもない編集で映画化してしまった地球光・月光蝶を上回る、超駄作。今年ワースト映画決定です。

最悪のOP
冒頭のシーンで観客を惹きつけるのは、映画の基本。いきなりのアクションシーンであったり、主人公の紹介であったり。ですが、ZガンダムⅡはベルトーチカの登場という何ともしょうもない幕開け。ベルトーチカがメインストーリーに絡んでくるのならこのOPもありですが、これがまったく絡んでこないんですね。極論してしまうと、ベルトーチカ自体に存在意義がありませんでした。ベルトーチカに限らず、今回は存在が不要なキャラが多すぎます。キャラの多さで話に厚みを出すどころか、物語を完全に殺してしまっている。

迫力のないアクションシーン
前作よりも新規作画の多い今作ですが、アクションシーンにまったく迫力がありません。前作の戦闘シーンは一体なんだったのかと思うほどです。印象に残る戦闘シーンは一つもなし

存在意義を失ったエイジング
旧作画と新作画をシームレスに繋げる技術のはずのエイジング。前作では気にならなかったとは言えないものの、それなりに成功している部分もありました。少なくとも、目くじらを立てる気にはなれませんでした。ところが今回は、旧→新の繋ぎ方が異様に下手くそ。数秒で旧→新→旧なんてのはザラで、映像が切り替わるたびに物語から引き剥がされてしまいます。監督がどんな言葉を並びたてようと、観客を物語から引き剥がす時点で映画として失格もいいところです。

上滑りする台詞
不要な登場キャラが多い上に、出来るだけTV版をなぞろうとした結果、キャラの掘り下げが中途半端に。キャラクターが掘り下げられていないために、彼らのやり取りが白けたものに感じられてしまいます。TV版の名台詞を吐かせたって、そこにいたるまでの積み重ねがなければ何の重みもない。おまけに編集もシーンの選択も最悪で、まったく物語りにのめり込めない。途中で何度寝ようと思ったことか。ガンダムでラブストーリーを描くと豪語していますが、本当に恥ずかしいから止めて欲しい。ラブはあっても、ストーリーにはなっていませんから。(前作では宇宙→ジャブロー→アムロとシャアの再会という流れがあったので、ここまで酷くはなかった)

盛り上がらないラスト
前作はアムロとシャアの邂逅という、ファンにとっては最高の幕引きだったわけですが今回は……ええまあ、とあるキャラクターは出てきますよ。そのキャラクターを好きなら盛り上がるかもしれませんが、普通の観客はアレを盛り上がりとは感じないでしょう。前作のラストシーンが上手く機能していたのは、落ちぶれたかつての英雄(アムロ)を、一般客にも分かりやすく描写していたからです。あれなら、ある程度は伝わる。ですが、今回のラストーシーンは原作を知っている人にしか伝わりません。監督は、一体誰に向けて映画を作ったのですかね?

新訳の意味はあるのか?
エイジングが機能しなくなった本作を見て、新訳の意味をまったく感じられなくなりました。削るべきキャラクター・エピソードが多すぎます。本当に新訳するならば、全てを新規作画でストーリーも大胆にアレンジする必要があるはず。今回のアレンジに限って言えば、素人が編集した方がずっといいものが出来上がったことでしょう。そのくらい、完成度が低い。下手に原作に思い入れがあるから、不要なキャラ・エピソードの判断が出来ないんでしょうね。

・総評
脚本にしろ編集にしろ作画にしろ、すべてにおいて練り上げが足りない。それにつきます。こんなものを映画として公開しないで欲しい。
ちなみに、フォウの声優が変わったのは、たいしたマイナス要因ではありません。ゆかなさんは頑張っていたし、これはこれでありかな。つーか、フォウの声優問題なんて些細なものに思えるほど本編が駄目なので(苦笑)

今回はガンダムファンという視点を抜きにして記事にしました。ガンダム・アニメファンという視点でZガンダムⅡを評価するのは、富野監督の望むところではないでしょう。ガンダム・アニメファンとして批評するなら、まだマイルドな記事になったでしょうが……

富野監督のキャリアで最低ランクに位置することは間違いない今作。Zガンダム、もしくは富野監督の熱烈なファンの方だけ、映画館に行ってくださいませ。ま、直に公開終了するでしょうが。

スポンサーサイト

テーマ : 今日見た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

同感(ーー;)

たった今ビデオ観終わったとこっす。。
あまりにもサイアク過ぎてこんなの感じてるのは自分だけ?などど心配になりました、、
新画と旧画のギャップはまるで北斗の拳のTVアニメみているようでした!
駄作なんて生易しいものではなく、ホント、あーやっちゃった(-_-;)って感じで。
結局何がいいたかったのかな、、kiss?っつか無理やりそれを主軸に持って行き過ぎ!!
ましてやZなんてちっとも活躍させてないし。
これ観た人の中には、TV観たことないけど、なんて人もいたでしょうに。
そういう方は間違いなく本編みないでしょうね。

 コメントありがとうございます~

 ビデオ見られましたか……見ちゃいましたか。この劇場版第二作はホントに散々な出来でしたよね。これがトラウマになって三作目を見に行く気が起こりませんです(汗)映画代がもったいなくって……

 テレビ版をよほど見ている方か、富野アニメに心酔している方、ガンダムであれば何でもオッケーって方でない限り、これを〝面白い〟と感じるのは難しそうです。

 三作目は私もレンタルでいいや……
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。