スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン第三十七話 レイズ・ユア・ハンド

 年始放送から、いきなりエンジン全開のエウレカセブン。いつもは大体一回の視聴で理解できるんですが、今回ばかりはビデオで見直してからようやく理解。正月ボケの頭にはきついものがありました。
 感想の書き方も忘れたので(ぇー、今日はリハビリも兼ねてじっくりと取り組んでいきたいと思っていきたい所存であります。でも、きっと思うだけです。だらだらと長くなるに違いない。 

スカブコーラルは知性体
 今回はAパートまるまるを使ってコーラリアンの説明。ぶつりゅうち(物流値?)の崩壊やら〝くだん〟の限界やら訳の分からない用語が飛び交って脳味噌はパンク寸前でした。〝ぶつりゅうち〟と〝くだんの限界〟はググっても、ヒット件数ゼロ。〝かんかい〟と同じく、どんな漢字を当てはめるのかすら分かりません。意味は掴めるのですが、漢字が分からないって何だかムズムズします。知っている方、教えてくださいませ。
 余談はさておき、台詞一つ一つの意味を読み取っていきましょうか。

コーラリアンは、その知性体が生み出したコミニュケーションツールだ。
 上記の台詞における知性体とは、スカブコーラルのこと。私はスカブコーラル=コーラリアンと認識していたのですが、どうもコーラリアンは情報端末の模様。とはいっても、情報端末の役目を果たしているのは人型コーラリアンだけ。LFOがコーラリアンの一種だという仮説が立てられなくもないですけどね。この辺は深く突っ込むと混乱しそうなので、〝コーラリアンはスカブコーラルの下っ端〟程度の認識でいいでしょう。蟻や蜂と、その巣の関係みたいな

知的生命体のこれ以上の増加を許すと、物流値が崩壊しちゃうんだねぇ。情報力学における〝くだんの限界〟ってやつ
この世である第三〝かんかい〟はヴォダラクの想念の泡に過ぎない。いずれ破れ、尽きる
「その引き金が知的生命体の総量なの?」
「彼らは生きる迷いといっているが、お前たちの言う知的生命体と同じだろう」
 はい、平仮名のオンパレード。マジで漢字かカタカナなのかも分かりません。要するに、表面張力でギリギリ保たれているコップに衝撃を与えると溢れかえっちゃいますよというお話。物凄く頭の悪い例えですが、訳の分からん用語が飛び交っているので、このくらいが丁度いいでしょう。
 ここで疑問なのは、人類がこの星に来る前からも、スカブコーラルは休眠していたのかということ。恐らく、知的生命体はスカイフィッシュくらいしか存在していなかったでしょうから、当然、スカブコーラルは活動していたと思われます。では何故、人類が来た途端にスカブコーラルは休眠してしまったのか。そのまま人類を飲み込んでしまえばいい話な訳で。
 人型コーラリアンを送り込むことで人類との接触を図ったのは、スカブコーラルが休眠した理由が絡んできそうです。変化によってもたらされる進化を求めているのかなぁ。もしくは、ブレンパワードのオルファンみたいに銀河の孤児で、淋しかったから人間とコミュニケーションしたかったとか。これは冗談ですが。

数千年前に巨大隕石が落下した。休眠状態にあったスカブコーラルの一部が目覚め、限界を超えてしまった
「スカブコーラルが全部目覚めれば、その空間全部を呑みつくす」
そうなる前にスカブコーラルと合一、すなわち第十かんかいへ進み、彼方のヴォダラクを目指さなければならない
スカブコーラルは船だ。彼方の岸へと我らを乗せる風
 大地が目覚めれば空が裂けるの台詞どおり、スカブコーラルが覚醒した土地は、「あらゆる物理法則を無視する異空間」が形成されているようです。その内部は恐らく、アクペリエンス1で突入した悪夢の世界や、1クールのOPで印象的な金色の世界が広がっているのでしょう。ダイアンの姿が金色の世界にあったことから、彼女は恐らく、このスカブコーラルが覚醒した土地へ足を踏み入れたものと思われます。ただし、軍の情報部によって隠蔽されていたという点を踏まえると、人間が容易に触れていいものではなさそう。デューイがこのポイントへ直接攻撃を仕掛けずに、手当たり次第にオレンジを打ち込んでいるのも、そのためかと。
 さて、スカブコーラルは船だという台詞に触れてみましょうか。本当は物凄くスルーしたい気持ちで一杯なんですが(だって、頭がこんがらがる)、ゆっくりと見ていくことにします。ちなみに私は感想を書くときには他のブログさんの記事を一切見ないので(見るのはTB送信時)、素っ頓狂なことを書くかもしれませんがご勘弁を。
 スカブコーラルと合一、共に第十〝かんかい〟を目指すのが、ゲッコーステイトの最終目的らしいです。最初はイデや人類保管計画みたいに、人類の心が解け合うのかと思ったのですが、〝スカブコーラルと合一〟という台詞から考えるにどうも違うようです。どうも、スカブコーラルは不完全な知性体らしい。確かに、目覚めただけで周囲の空間を呑み込んでしまうのは、あまりに破壊的だし、まるで他人との接触を怖がっている自閉症の人間のよう。案外、スカブコーラルは誰かと触れあいたいだけなのかもしれませんねぇ。人類にとっては、迷惑甚だしいところですが、実は人間側にも欠陥が隠されているような気がします。地球を飛び出さなければならなかった理由、この星を約束の地と呼ぶ理由。それが何であるのかは不明ですが、今後のキーワードになってくるような気がします。気がするだけ。

船を運ぶための風、トラパー
 さぁ、長文を読んでこられた閲覧者の方も、就寝前の二時間程度で記事をダッシュで仕上げる私も、そろそろオネムの時間ですが、感想はまだまだ続くのです。はぁ、眠い。
 トラパーが何であるのか要約すると、えーとエウレカメモには……書いてねえΣ(゜Д゜)更新サボりすぎですな。しかも大したこと書いてないし。さすがメモ代わりだぜ。
 まぁ、トラパーは人とスカブコーラルとを繋ぐ媒介の一つなのでしょう。で、そのトラパーと人を繋ぐためのツールが魂魄ドライブ。魂魄ドライブについては、私がエウレカメモで書いたことと大差ないので、フォローはしません。〝世界〟が第七〝かんかい〟に置き換わっただけだしね。追記するとしたら、第七〝かんかい〟が人の思念が渦巻く世界だということでしょうか。絶望病患者の精神は、第七〝かんかい〟に取り込まれていると見て間違いなさそうです。ということは、絶望病となった患者とも、魂魄ドライブを介すれば会話が可能なのかな。

私と私のしもべの力、よーく見ておきなさい!
 ニルヴァーシュspec2にボロ負けしてから、ようやくカムバックのアネモネちゃん。今日のアネモネは一味違うよ~。コーラリアン相手に大暴れ。モンスーノの新型をお供に飛びまくる。フォーメーション・ガグンドーラなんて技も出ちゃいました。やべーよ、アネモネつえーよと思っていたんですが、これはショーの一環だったようで。「抗体コーラリアンが活動停止する時間に合わせて、アネモネ隊を投入」しているだけらしいです。うおお、またも噛ませ犬ちっく。まぁ、本人も納得済みでストレスを発散させているんでしょうが。

 噛ませ犬といえば、弟ホランドに対して盛大な噛ませ犬っぷりを披露してくれたデューイ。今回は大活躍です。ホランドにへこまされて、変に居直っちゃった感じでしょうか。アネモネを女神と祭り上げ、コーラリアンに怯える大衆を扇動。衝撃的な事件と、大衆の心の拠り所となるシンボル(アネモネとアドロック)を持ち出してくるなど、デューイの手腕は完璧。アネモネを冷たくあしらっていたのは、自分への依存心を強くするためなのかなぁ。麻薬と一緒ですね。まぁ、営業スマイルのアネモネが可愛かったのでよしとしましょう(ぇー

今日あるこの事態を想定し、コーラリアンに対抗する組織を造り上げようとしたのは私ではない。誰あろう、かの英雄アドロックなのだ
 ここでアドロックの名を持って来たのはお見事と言うしか。真偽はどうあれ、アドロックの名を持ってくれば大抵の民衆は付いて来るでしょうからね。
 重要なのはこの台詞の真偽ですが、今のところは不明。人とスカブコーラルの合一が間に合わなかった場合の保険として、アドロックがアゲハ計画を造り上げた可能性は充分にありますし。

 さて、メディア戦では完全敗北のゲッコーステイト。それでもストナーは「一人でも真実を伝えたい」と息巻きます。後に彼が記事を書き上げるのは当然として、その際にじっちゃんやレントンの同級生たち、2クールで出会った人々が関わってくると予想。

 しかし、この放送の後のレントンの感情が今ひとつ読みとれませんでした。父がアゲハ計画に関わっていたことへのショックにも取れるし、抗体コーラリアンの虐殺へのショックに取れる。おまけに、軍に扇動される大衆への恐怖とも取れちゃう。どうにもスッキリしません。抗体コーラリアンの虐殺にショックを受けているのかなぁ。シーン展開を考えると、アドロックのことも多少は気になっているようですが、はてさて。ただでさえ今週はややこしいお話なので、こういう時くらいは分かりやすい反応が欲しかったところ。

淋しくなるわ
エウレカは人になることを望んでいる。その前になんとしてでもやり遂げなければならない。それがサクヤとの約束だからな
 変化が加速するエウレカ。人間に近づいていく一方で、彼女はコーラリアンとしての存在意義を失っていきます。これは、人型コーラリアンが人間に限りなく近づけることを示しています。サクヤやエウレカ以外の人型コーラリアンが人間として暮らしていける可能性も。ただ、彼方のヴォダラクへと到達するためには都合が悪いようです。
 ノルブいわく、「人とコーラリアンが対となってニルヴァーシュに乗ること、それが重要だ
 ちなみに破戒僧としてもっぱら評判のノルブですが、どうも彼はヴォダラクに関心がないようですね。というより、勝手に高僧と崇められている可能性が高い。というのも、Aパートでヴォダラクのことを「奴ら」と呼称したんですね。俺たちではなく、奴ら。完全に他人行儀。道理でだらしないわけだ(苦笑)
 しかしさぁ……トレゾア技研の連中は脳味噌にお花が咲いちゃってますなw軍に帰るって……ただじゃすまねえだろうがwこの人たちは最初から最後まで、一貫して感覚の鈍化した集団として描かれていましたね。エウレカのサブキャラの中でも、実はかなり不気味な部類です。

未来。グレートウォールの先には、それがあるの。アドロックはそう言ってたわ
 と、いうことで、来週はアドロック編。

 今日の感想はこの辺で。最後に一言、エウレカの化粧の意味ねーじゃんw引きつりが取れてないよー!

スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇エウレカセブン 第37話 「レイズ・ユア・ハンド」 感想

今回は、ノルブとグレッグの対談によって、デューイの目的が明らかになり、エウレカやレントンたちの歩むべき道もはっきり示されたって感じでしょうか。・・・ということで感想をば。

交響詩篇エウレカセブン第37話「レイズ・ユア・ハンド」

アネモネたんはやさしいなぁ(´∀` )な交響詩篇エウレカセブン第37話「レイズ・ユア・ハンド」ここ2回、見てなかったせいか、話についていけなかったですよ・・・。ということで、萌え的に、簡潔に、感想いきます。・今日のドギー兄さん

交響詩篇エウレカセブン #37レイズ・ユア・ハンド

竹Pは「子どもに子供だましは通じない」の信念を元にアニメ制作を手掛けてるそうですが、確かに今回の科学の目と宗教の目から見た世界観は子ども騙しではないと思った。それどころか子ども視聴者の存在を無視してると思ったよ。 情報部によるグレートウォールの情報。 「あ

交響詩篇エウレカセブン 第37話 投稿者:アヅラ

■第37話 「レイズ・ユア・ハンド」「豆を食いすぎた…」屁するわ、ゲロより臭いわ……とんだ坊主ですね相変わらず。そして……ドミニクいつもながら乙。「はっ……」ってあのドミニクの間抜け声を聞いて、エウレカ久々だなぁとようやく実感が。こっちも相変わらず報われな

レイズ・ユア・ハンド

先週はお休みだったので、ちょっとお久しぶりなエウレカですね。でも、なんだか初めから専門用語がばしばし出てきて、一回見ただけではよく分かりませんでした(汗)私の頭ではあ

アネモネ復活!!あれはフラッシュシステムか!?『交響詩篇エウレカ...

エウレカセブン37話の感想・あらすじです。。。今回はアネモネが活躍してたよ…それはそうと話がややこしくなってきた…あらすじ上手くまとめれませんでした…orzあらすじ第37話「レイズ・ユア・ハンド」ノルブとイーガンの対談によってコーラリアンのことを理解しよ...

森薫詩篇エウレカセブン #37

今週のエウレカセブンやっぱアネモネですよ!!アゲハ隊との連携技まであるなんて、すごいよアネモネ!方や、エウレカは最近見ててイライラする。ていうか気持ち悪い。アドロ

交響詩篇エウレカセブン (Episode.37 レイズ・ユア・ハンド)

ついに実現したノルブとドクター・ベアとの対談。 対談を仕切るはストナー。でも張り切るストナーをよそに、当の本人たちのテンションはいつも通り。(笑) 聞く側にとっては目新しい情報であっても当の本人達からすればそれはごく普通に接してきた「日常」であったり「持論

交響詩篇エウレカセブン 第37話 「レイズ・ユア・ハンド」

交響詩篇エウレカセブン第37話年明け一発目からニュース速報に遮られるとは幸先よろしくないな。それにしても仙台って良いニュースが無いものだな。ノルブ俗物過ぎ。あんだけピザをかっ食らえば相当な体臭でしょうよ。くわえて浜ちゃんばりに屁もこくし。そしてノルブVS科学

エウレカセブン #37「レイズ・ユア・ハンド」

ノルブとグレッグの対談、楽しみにしていました。けれど予想していた通り、今日の話は小難しいモノでいまいち理解しきれない部分が多々。耳から聞くだけでは無理。文字にしてじっ

交響詩篇エウレカセブン 第37話

サブタイトル「レイズ・ユア・ハンド」  またも発射された”オレンジ”弾。  その裏には、さらなるデューイの野望が潜んでいた。  交響詩篇エウレカセブン 7以下詳細  ***********

第37話 レイズ・ユア・ハンズ

ハイサイ!(>_<)!さて、一話感想をサボってしまったので今回からまた気合入れて書こうとと思ったんですが~今回はあんまり話が進まなかった・・・ってか難しかった(^^;)う~ん、今回は簡素化しながら書いていきます、ちょっと手抜きで・・とりあえずいきますか■A

交響詩篇エウレカセブン「レイズ・ユア・ハンド」雑記

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】凡人置いてけぼり天才問答民衆煽りまくり決起集会デューイの暗躍、大嘘付き若者達は先人を語るういうい、んでは「交響詩篇エウレカセブン」を見て感想じた事なんかを・・・。○「科学と宗教...

交響詩篇エウレカセブン #37レイズ・ユア・ハンド

あれ?エウレカが眉無しに戻ってる!化粧の話は続かないのか(^^;) 今回は科学者

『交響詩篇エウレカセブン』#37

「レイズ・ユア・ハンド」 ノルブのおっさん、“ブー”と屁をこき、「豆を喰いすぎた

交響詩篇エウレカセブン 第37話「レイズ・ユア・ハンド」 感想

キーワードをねじこみ、状況を動かし...と慌しい印象です。以下感想。

TBS「交響詩篇エウレカセブン」第37話:レイズ・ユア・ハンド

スカブコーラルとの共生の道を選んだホランドたちと、スカブコーラルの殲滅を目指すデューイとのメディア戦。勝ったのは、先手を打ち、情報操作の巧みなデューイでした。

交響詩篇 エウレカセブン #37 「レイズ・ユア・ハンド」 (キャプ感想)

早起きしてこれを見てるお子様はお話についていけているのだろうか俺は最初のほうの話まったく付いていけなかった正直、面白ければ良いと思ってる

交響詩篇エウレカセブン第37話

こんにちは。萌です。2週間ぶりのエウレカ。今日は寝坊しちゃったので、リアルタイムで見ることはできませんでした(´Д`;)それでも起きたのは7時半。最近エウレカのおかげで日曜日は早起きしてます☆まずはノルブとグレッグの会談。・・・難しくてわかんねぇ....

エウレカセブン 37話感想

 遂にデューイが、本格的に腰を上げる。「レイズ ユア ハンド」 そうか、なるほど。やっと、デューイの考えを理解できた。 抗体コーラリアンに殺された人たちに対する対処が、今まであまりにも、お粗末だったのは、説得力が欲しかったからか。 「コーラリ....

交響詩篇エウレカセブン 37話「レイズ・ユア・ハンド」

正月休みを挟んで、2週間ぶりのエウレカセブン。しかし今回のAパートは、何回見ても判らないです(汗)難しすぎる・・・専門用語バンバンだし。ノルブから語られる、世界の真

交響詩篇エウレカセブン#37「レイズ・ユア・ハンド」

最近富にデューイが小物化していくようでハラハラしどうしなエウレカセブンです。……あんな演説シーンを見ていると、チンケな子悪党な気が……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブ

交響詩篇エウレカセブン 第37話

ノルブとドクターベアを交えての話し合いの場が持たれて、ここまでのおさらいが繰り広げられるのだが、内容が難しい…。この話だけを聞くとデューイのやろうとしていることもそれほど悪いようには聞こえないなぁ…{/kaeru_yodare1/}

交響詩篇エウレカセブン37話 感想

ドクター・ベアとノブルとの会談は意味が少し理解できなかったです。休眠中のコーラリアンが目覚めたら、物質が増えすぎて世界がパンクするみたいなこと言っていたのかな?一方デューイは世界にコーラリアンの存在を知らしめ民衆を扇動しました。アネモネは....

エウレカセブン 37「レイズ・ユア・ハンド」

今日は難しかった…。レイ=アウトの記事にするべく科学者サイドと宗教サイドから真実に迫ったわけですが、正直難解です。情報力学とか言い出されると途端に考えることを諦める私の脳なのでした…。とりあえず現時点では休眠状態にあるけど、将来に向けてこれ以上の知的生..

交響詩篇エウレカセブン 37話

37話 レイズ・ユア・ハンド「クサイ!クサイよ、ママ~!ゲロンチョよりクサイ!」メーテルが嗅いだノルブの臭いの感想真剣な話なんて子供には関係ない~グレッグとノルブ、科学面と精神面の対談?スカブコーラル、抗体コーラリアン、オレンジ、エウレカ…重要キーワードが

難しいんでテキトー

{/hiyoko_thunder/}げっっ!アッタマ悪いんだわ私。わかるように教えて欲しいんだわ~・・『交響詩篇 エウレカセブン』 第37話 レイズ・ユア・ハンド科学サイドと宗教サイドのトップ同士で、コーラリアンはなんぞやとの問答。ノルブのこの態度は高僧とは思えません。し

交響詩篇 第37波◇レントン「父さんのこと知ってるの?」

「レイズ・ユア・ハンド」 科学者イーガンと宗教家ノルブが語る「コーラリアンとは何

~交響詩篇エウレカセブン 第37話「レイズ・ユア・ハンド」~

臭いおじちゃんノルブとドクターベアことでっかいおっさんの話し合いくだんの限界ってのがよくわからんとりあえず、ノルブが科学者よりコーラルをよく理解してて、休眠している

交響詩篇エウレカセブン 37

副題「レイズ・ユア・ハンド」 虚言の英雄。 従順な皮を食い破り、 ついに反逆の牙をむいた肉食獣は、 王も大地も呑み込んで己の肉としようとする。 虚構の偶像となった姫は、 英雄に必要とされたことをただ喜び、 忠実なだけの恋する騎士は....

エウレカセブン #37 「レイズ・ユア・ハンド」

一応エウレカは力を入れたいところですが、だいぶ遅れていますので適当な感想でもやろうかとー。先週はエウレカの化粧やら、ホランドから語られるダイアンの話やらでした。そろそろ戦

「考えてそうで、考えてない顔ばっか!」

 情報戦完全敗北しましたね~…まぁ、今にして思えば、メディアが主人公の味方になる事ってそうそう無いような? まぁ、アムドライバーは兎も角、スターシップオペレーターズあた

交響詩篇エウレカセブン 第37話「レイズ・ユア・ハンド」 ⊂二二二( ^ω^)二⊃

今回はマスコミを使った情報戦です。デューイの三文役者ぶりがワロスwww

エウレカセブン 第37話 「レイズ・ユア・ハンド」

エウレカセブン 第37話 「レイズ・ユア・ハンド」 年初からエウレカはわけわからん???状態連発でしたね。

コメントの投稿

非公開コメント

明けましておめでとう御座います。

 遅まきながら(苦笑)。
 今年もここの考察にお世話になりまくると思うので、今年も宜しくお願いします。

 今回の話でピンと来たのは、エウレカが飛びたがっていた理由。
 飛ぶ=トラパーからの離脱=人間になりたい
ってな感じで納得してみました。
 じゃ、ニルヴァーシュが望んだのは何故?って話になるのですが、LFOを人型コーラリアン(とその対)を単にフィードバックするだけの存在だと考えると合点がいくわけで。

 許容量が限界を超えていると言っていますが、それが物理的な限界なのか、それとも、スカブの精神的な許容量の限界なのかが気になります。
 物理的な限界ならば、スカブと人類の行き場は宇宙ぐらいしかないわけで。そうなると宇宙にトラパーなんてあるのか?って疑問が出てくるから、やっぱり、後者かなぁ…

 因みに、トレゾア研の皆さんはゲッコーステイトに拉致されていたのですよ。多分。

>最後に一言、エウレカの化粧の意味ねーじゃんw
 まだまだ修行中ってことなのでせう。その内上達して見えなくなるんじゃないんでしょうか。

あけおめです~
今年もよろしくお願いしますね。

「飛びたがっている」はjimaさんがおっしゃるような意味合いが含まれているでしょうね。気付きませんでしたよ~

星の限界は精神的なものでしょうね。でも、宇宙への飛翔も見てみたい気が(笑)

初めまして

くだんの限界とは、熱エントロピーの崩壊を刺すのではないでしょうか。

システムが高温の環境に接すると、熱は環境からシステムに移り、受けた熱量=ジュールをシステムの絶対温度=ケルビンで割った商がエントロピーです。

システムをスカブコーラリアンに例えれば、熱量は人類に例えることができます。つまり、スカブコーラリアンが人類に接触すれば、スカブコーラリアンのエントロピーは増大する。

その限界値が”物流値”であり、それが崩壊することを”件の限界”とするのではないでしょうか。



 コメントありがとうございます~

 エントロピーですかぁ。そっち方面にはまったく疎いので考え付きもしませんでしたよ^^;
 いやはや、お恥ずかしい。

 クダンの限界は名無しさんの仰った通りで、ほぼ正解かと。私の方は「これ以上ものを入れたらコップから水が溢れる」という何とも無様な例えをしたわけですが(苦笑)
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。