スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.I.C. vol.12 ハカイダー&バイク

他のサイトさんが続々と新製品をレビューする中、時期遅れでも構わずレビューするっ! それが、玩具と日記と……クオリティ!!
今回はハカイダー&バイク。匠魂じゃなくて本家の方ね。

hakai.jpg

フィギュア・バイク共に非常に高レベルでまとまった商品。このアレンジこそがハカイダーですよ。この間の匠魂みたいなハカイダーはもういらんとです。これと匠魂vol2の劣化コピーやん。

hakai2.jpg


バイクはカウルの取り外しが可能。カウルを取るとあら不思議、普通のバイクになります。

hakai3.jpg


龍騎シリーズには及びませんが、足の可動範囲は中々のもの。アマゾンについで広い可動範囲を誇っています。何故この後、クウガ・アギト・RXなどSIC可動闇の時代が続いたのか理解できません。フィードバックくらいしようよ、竹谷&安藤&開発部。
一方、腕の可動範囲は最低に近いです。九十度曲がりません。足が動きまくるので気になりませんが。それから、上半身の関節が少々緩いです。

hakai4.jpg


偉そうに銃をぶっ放すハカイダーさん。可動範囲が広いので足を楽々組めちゃいます。実は龍騎素体では足が組めなかったり。そんな素敵なハカイダーさんですが、まともにバイクに乗ることが出来ません。つーか、どんなフィギュアもまともには乗れません。(ライディングポーズが取れないということ。上に乗るだけなら出来ます)キカイダー&サイドマシーンも似たようなものです。この頃のSICはロクに打ち合わせもしていなかったと思われ。もっとも、今も大して打ち合わせしているようには思えませんが……龍騎素体をまったく活かさないところとか。何故、ZO&ドラスに素体の技術をフィードバックしないのかなぁ。555もノーマル素体っぽいし。
やっぱバンダイって、怠惰なメーカー。

hakai5.jpg


ハカイダーをバイクに乗せるのもいいですが、他のフィギュアを乗せても合います。

店で運良く見かけたら即ゲットの一品。次の再販がいつになるか分かりませんから。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。