スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷ーのナウーシカー♪

 ナウシカは何度見ても面白いですねー。宮崎監督の最高傑作だと思うのですよ。アカデミー賞などの評価を受けるようになったのは最近ですが、過去作品の方が俄然面白いですな。

 とまあ、そんなことは置いといて。決算期が近づいてきたせいか、アマゾンさんで色々と安くなっているようです。今日はそれのご紹介。

S.I.C.VOL30 仮面ライダーカイザ&仮面ライダーデルタ←50%オフ! 参考レビュー
ファイナル・ファンタジー VII バハムート・シン←50%オフ!
強殖装甲ガイバー BIO FIGHTER COLLECTION MAX 獣神将 ギュオー←40%オフ! 参考レビュー
装着変身EX ミラーモンスターズ02←35%オフ!
EXTENDED MS IN ACTION!! 量産型ザクII←35%オフ!
GZ-016ムゲンライガー←33%オフ!
HGUC 1/144 アッシマー←31%オフ!
1/144 HGUC MK2+フライングアーマー←31%オフ!
P:キャラ ストリートファイター 春麗 & さくら←30%オフ! 参考レビュー

 他にもケロロ軍曹関連商品が安いみたい。
 んで、仮面ライダーヒビキ ディスクアニマルEX ムービーエディションセットは相変わらず売れ残っているようで(苦笑)よっぽど売れなかったんでしょうねぇ。

 ミラモンとかバハムートをゲットしたいですねぇ。しかし、定価近くで買ったデルタがこうも投売りされるのはちょっち複雑。何か損した気分。でも、その分投売りで色々ゲットしているわけで、因果応報ってこのことかなと思ったり思わなかったり(ぇー

←ようやく最新作!
スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : サブカル

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の金曜ロード

「ユパ様!」今日はナウシカだったのだね☆私、このナウシカの物まね上手いぜ?(えーおら、ナウシカ大好きだべさ。なまり「気流が乱れて上手く飛べないのー!」

コメントの投稿

非公開コメント

ナウシカの原作

お久しぶりです。

ナウシカの原作(マンガ)の最後は、ナウシカが巨神兵といっしょに暴れまわる、という話だったように記憶しています。

続編はファミリー向けではないので創らないのでしょうね。

ちなみに庵木監督はマンガの最後を「絶賛」していました。

お久しぶりです~

ナウシカの漫画は映画とはかなり毛色が違いますよね。やりたいことをすべて詰め込んでいる感がアリアリと(笑)
ナウシカを母と慕う巨神兵が印象に残ってます。
ラストシーン……そんなに凄かったですっけ?う~む、思い出せない。巨神兵が死ぬことは覚えているのですが。

「姫様姫様、みんな姫様、か…」

 今晩は~。

 まぁ、若い頃は、壮大なテーマを掲げて、「俺がこの世界に物申す!!!」って考える時期がありますからねぇ…そっちの方が全てにおいてパワーがありますしね。
 今の身近なテーマを扱った作品も僕は好きですね。

 ナウシカ原作はトルメキア勢の良い所が印象に残ってますねぇ…
 クロトワはかっこいいわ、クシャナのエピソードは泣ける泣けるわで…

 ラストシーン…自分はあまりきちんと理解してない&きちんと覚えてないなのでなんともいえません。
 世界が浄化された後に生きる予定の、新人類の卵を破壊した…んだと記憶してますが。

 ナウシカとセルムの独特な関係が印象的でした。

庵木監督は作品そのものよりも宮崎監督の「自分の全てを出そうとしている姿勢」を絶賛していました。

私は凄かったよりも、アニメとの違いが印象に残っています。

コメントありがとうございます~

>jimaさん
 若い頃はパワーとバランスが取れてたと思うんですけどねぇ。もののけはどうも監督の思いが強すぎて一種のエゴのようなものが発生しているように感じられなくもないです^^;まぁ、面白いんですけど。
 ちなみにマイベスト宮崎アニメは紅の豚かとなりのトトロです(笑)

>KTさん
 アニメとは全然違いますよね。ページをめくるたびに映画との違いに驚いた覚えが。

「やれやれ、馬鹿には勝てん。」

>もののけはどうも監督の思いが強すぎて
 そっすか?僕は、宮崎アニメでは男は基本単純馬鹿として描かれる中、もののけのアシタカでそれが報われた所を評価しているのですが。単純馬鹿だからこそ得られたハッピーエンドと言うか。
 マイベストは時によってしょっちゅう変わります。ま、何でも好きですよ(笑)。

 何と言いますか、「環境破壊駄目!」というメッセージは分かるんですが、もっとマイルドにやって欲しかったんですよねぇ。含蓄を持たせると言うか。物語にテーマ性は欠かせないし、ないものは駄作だと思うのですが、かといってテーマ性を打ち出しすぎるのも作品としてはバランスが悪くなっちゃうんですよね。
 ナウシカの映画版は、蟲たちに会話をさせなかったおかげで、そのバランスがギリギリのところで保たれていたように思えます。もののけは、人ももののけも互いを拒絶しあいますからねぇ。その辺にやっぱり、監督の想いの強さが現われているような気が。
 まぁ、もののけ好きですけどね(笑)テレホンカード、未だに持ってます。サンがアシタカに、肉を口移しで食べさせるシーンは最高ですなw

なるほど。

 「自然の怒り」をどう表現するかって事ですな。もののけぐらい自然の持つ感情が人間臭くなってくると、確かに、一般論としての自然のありようというより、監督個人の思い入れだと言えますね。
 しかし、一般論としての自然のありようも、シシガミで表現しているんだから、隙が無いというか…
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。