スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン第四十八話 バレエ・メカニック

 最終回スペシャルは、朝七時から放送開始! 開始時刻は通常通りでも、終了時刻は違うのでご注意を。冒険戦隊を見ている人は、ちゃんと録画しておこう
 ってな具合にアナウンスをしたところで今週の感想でっす。といっても、今週はアクションシーンがメインだったので特に書くことがなかったりするのですが。まぁ、いつものようにダラダラと。

「まぁ、人生イロイロってとこかな。心残り? そんなのないって言ったら嘘に決まってる」
 いきなりのモノローグ。モノローグといえば2クールまではレントンのモノローグが挿入されていたのですが、モーニング・グローリー以後はぱったりと止みました。結局のところ、あれはエウレカと決別したレントンが過去を振り返っていたということなのでしょうね。だから、レントンが成長してからはモノローグが入らなくなった。振り返って、その意味を考えてみると、なかなか見事な構成だったと思います。気づく人は少ないでしょうけど。って、前にも書いたような気がする。
 さて、今回のモノローグはアネモネ。レントン以外では初です。「私もまだまだ若いし」とか、「素敵な恋だって出来れば最高なんだけど」とか、アネモネの意外な本心が透けて見えてよかったのではないかと。正直、最初は「何だこのモノローグ……」と辟易していたのですが、後々の展開を考えるとこれは必要な伏線だったわけで。言葉の選び方はともかく、これまた構成がお見事でした。
 それにしてもアネモネも、ちゃんと女の子してたんですねぇ。というよりは、ドミニクとのコミュニケーション・ディスコミュニケーションが、魂のない器に人格を吹き込んだと見た方が正しいでしょうか。どう考えても登場時のアネモネが、今回のような感情を抱いていたとは思えないので。鼻血ダラダラで強烈だったもんなぁ。鼻血といえば、アレも華麗にスルーされていますが、薬品投与の副作用ってことなのかな。劇中ではまったく触れないけど、もしかしたらアネモネは余命幾ばくもないんじゃ……ま、まぁこの辺はぼかしておきましょう。

「私情の何がいけない!」
 し、痺れるぜドミニク。続く台詞が青臭さ全開でしたが(笑)この青臭さがドミニク(エウレカセブン)の長所でもあるので、突っ込むのは野暮というもの。
 愛する人を救いたいんです! ――は、恥ずかしい(コラ)!

「親指がお父さん」
 エウレカチルドレンと、エウレカとレントンを合わせて五人。ちょうど指に対応するわけですねえ。設定段階から指の数を意識していたかは不明ですが、後付にしろ上手い台詞。

黒いLFO
 ジ・エンドとの対決、三度。戦闘シーンが少ないエウレカセブンですが、毎回気の狂ったような作画枚数を注いでくれるので、これ以上を望むのは贅沢というもの。サラリとやっているように見えても、凝りに凝ったアングルやアクションが連発されています。このレベルを毎週やれって言われて実現できるスタッフなんて、存在しないと思いますよ?
 一番芸コマだと思ったのはアネモネの乳揺れ。3秒程度のシーンなんですが、攻撃の衝撃でキッチリ揺れています。一体誰が見るっちゅーねんと(笑)そしてお前は真面目に乳揺れとか書くんじゃねえよと。
 乳揺れは置いといて。出番が少なすぎるニルヴァーシュ飛行形態の戦闘シーンが素晴らしかった。腕だけ変型解除でワイヤーを切ったりとか。ニルヴァーシュの変型システムを知っている人にはにやりとする演出でした……type2のトランスモデル出ないんだろうなぁ(遠い目)せめて製品のクオリティさえあげてくれれば、まだ違ったかもしれませんが。
 他に芸コマなのに気づきにくい演出としては、ジ・エンドのスキー。ジ・エンドのリフボードは分離状態でも使用可能(ただし一枚にすることは少ない)なんですよね。で、今回はカッターをストックに見立てて空を滑っていました。ビデオに録画している方は確認してみると面白いですよ。スキーヤーの動きを完全にトレースしたアニメーションになっていますから

「小さな鏡を一つ買って、微笑む練習をしてみたい」
 ニルヴァーシュ内に響く、アネモネの声。これは魂魄ドライブを介してアネモネの精神とリンクしたとういことでしょう。エウレカとアネモネの精神がリンクしやすいことは2クールでも描かれているので、特に不自然な演出ではないかと思われます。何でもアリのスカブコーラル内ですし(笑)

「何度も何度も練習しよう。もう一度会うために。もし、誰も傷つけずに生きていいと言われたら、風にそよぐ髪を束ね、大きな一歩を踏みしめて、胸を張って会いに行こう」
「生きていたい。ありがとうを言うために」
「生きていたい。沢山の気持ちを贈るために」
「生きていたい。気づかなけりゃよかった、こんな気持ち」

 冒頭のモノローグがここに繋がってきます。冒頭で割と浮ついたイメージを植えつけておいてから(お洒落をしてみたいとかね)、ここで真摯な声を発し、落差で視聴者の感情を揺さぶる。いやはや、お見事です。涙脆い人はここから泣き始めちゃいますよねぇ。ああ、目が痛い(泣いたのかよ!)。

アネモネとエウレカ
 互いの名を初めて口にする二人。二人の共通点については(首輪)、ついに明かされず。スカブコーラルにも同化しない首輪に、意味がないとは思えないのですが。まぁ、明かされないんでしょうねぇ。

アネモネの選択
 ドミニクへの想いを爆発させたアネモネと共に変貌したジ・エンド。これはアネモネの選択と変化が終了したことを示す演出です。唐突なシーンに思えますが、4クールに入ってからのジ・エンドの様子を見ると(アネモネを観察していた)、きっちり伏線が貼られていたことがわかります。白色に変化した理由はともかく^^;あれは演出上のハッタリとしてスルーするのが正解かな。演出通りの意味と受け取ってOK。

「好きだって言ってるんだ!」
「私も初めて、こんな素敵な気持ち」

 もう、バカップルばっかり(笑)! そしてアネモネはキス魔。間違いない。ドミニクの額→唇→ガリバーと三連発。ドミニクの額へのキスの仕草が凄く自然で、キュートでした。あれはやばい。ちなみに二人がランデブーに至るまでのシチュエーションは、モーニング・グローリーでのエウレカ・レントンとほぼ同じです。別離→再会→可愛らしい愛の告白と
 このシーンでは、アネモネの微笑みに注目すべし。「小さな鏡を一つ買って、微笑む練習をしてみたい」を受けてのシーンであり、擬似人型コーラリアンの選択と変化を表すものでもあります。エウレカに訪れた変化が、アネモネにもようやく。とことんエウレカとレントンの関係性とドラマをトレースしてますね。要素としては同じでも、キャラの性格とシーン展開が異なれば新しい感動を生み出せる――むむむ、今回は脚本密度は低いですが、よーく見ていけば脚本レベル自体はかなり高いですな。一歩間違えばエウレカ・レントンのデッドコピーとなってしまうところを、上手く処理してます。上手いなぁ、上手い。

「君が望む世界にあんなものは必要なのかね」
 粛清の一撃。ジ・エンドの脱落がした今回。敵陣に名前のあるキャラクターはデューイのみとなってしまいました。最終決戦にしては、ちょっと敵が少ないかも? 次回でどう話を展開させてくるか、見所ですな。
 ジ・エンドのアーキタイプ(素体ですね)のみ消滅したのは、スカブコーラルが受けた打撃と関係していそう。で、ジ・エンドの出自についても明かされないままと。サイドストーリー(ゲームや漫画)で明かされることを祈っています。

本当の宇宙

 外殻が破壊され、真の宇宙がレントンたちの前に広がる――
 真の約束の地の空は、スカブコーラルが作り上げた幻影みたいなものと捉えてよさそうですね。凄いスケールだ。

 エウレカセブンもいよいよ来週が最終回。感想も来週で終わりとなります。まとめ記事や、ブルー・マンデー改訂版などを企んでいますが、一応来週が区切り。最後までお付き合いくださいませ。ではでは、来週に続く!

←全主題歌収録!
スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇エウレカセブン #48バレエ・メカニック

アネモネの言う「ジ・エンドー、ジ・エンドー」が「ジュドー、ジュドー」と聞こえて、いつからそんなあだ名が付いたんだと思ってしまった・・・。 それからアネモネの独白は初め、アゲハっ子の一人の心の叫びで、実は表情には出さないけど嫌々デューイに従ってて、デューイ

交響詩篇エウレカセブン 第48話 「バレエ・メカニック」 感想

今週は、なんと言ってもドミニクとアネモネの話が良かったかと。

交響詩篇エウレカセブン ♯48「ベレエメカニック」

お絵かき掲示板の宣言どおりエウレカ感想やります。ようは自己満足です。すいませんこんばんは、犬神がお送りします   *   *   *今回は良かった!文句ないよドミニクデューイによりスカブに開けられた大穴に飛び込むアネモネをホランドが「追いかけようとするの...

交響詩篇エウレカセブン「バレエ・メカニック」雑記

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】泣いているのは一輪の花対決するのは始めと終わり聞こえてきたのは素直でない花の慟哭方向オンチが落ちてきた終わりが始めへと変わる抱擁とキスは逆さまでバカが本気でやっちゃったういう....

エウレカセブン 48話 (TBS 毎週日曜 朝7:00)

『最終回直前の大感動~!』あたしはアニメやドラマなんかは、物語が完結してからか、

交響詩篇エウレカセブン 48話「バレエ・メカニック」

始まりは、アネモネの独白から。てかアレ最初、誰が喋ってるんだと思ったよ(苦笑)本当は、普通の女の子で居たかった・・・気になる人は居たけれど、もう過去形でしかない。や

交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」感想

いよいよ最終回までラスト2回。今回はアネモネとドミニクがついに!の回でした。私の中で今までで一番心を揺るがされた話かも。あとドギー兄さんがカッコよかったw一瞬だけど・

エウレカセブン 第48話 「バレエ・メカニック」

交響詩篇エウレカセブン第48話アネモネとドミニクの回。。・゚・(ノД`)・゚・。。・゚・(ノД`)・゚・。。・゚・(ノД`)・゚・。アネモネのモノローグ素晴らしい。二人の行く先には幾多の困難が待ち受けてるでしょうけど本当に頑張って欲しいなあと。デューイにこれほどま

いよいよクライマックスへ!(エウレカセブン46話~48話)

全国ネットのエウレカセブンは便利ですね。帰省先の岩手でも46話バッチリ見られました。東京に戻ってから見た47話&48話と一緒に、まとめて感想など。エウレカセブン最終回も目前です。

交響詩篇エウレカセブン「バレエ・メカニック」

交響詩篇エウレカセブン「バレエ・メカニック」です。もぉ、感涙です。最終回まで、今回を入れてあと3話ですが、ようやくアネモネとドミニク君に脚光が当たりました。本当は、もっとストーリーの中心にいるべきなんでしょうがね。ということで、あまり言うこと...

交響詩篇エウレカセブン 第48話 「バレエ・メカニック」

「まぁ、人生色々ってとこかな。心残り?無いって言ったらそんなの嘘になるって決まってる。・・・ほんと、あーあ」ここんところ毎回同じ事を言っていますが、エウレカセブンは最高です。この48話はとりわけ思い入れが強すぎる回になってしまいましたので、少しク....

交響詩篇エウレカセブン48話「バレエ・メカニック」

大地を撃つ七色の光。スカブに穴をあけジ・エンドを突入させるデューイ。穴が自動修復するってことをデューイが知っていたのなら、アネモネはもう戻ってこなくていいってことだよね。実際デューイの下にはもうアネモネは戻らない。やったねドミニク。

エウレカセブン #48「バレエ・メカニック」

ドミニクーっ!!よくやった!!!今日はアネモネドミニク祭り。ここで魅せてくるか!!←もう最終回だもんね…ここでやんなきゃ!ドミニクの高速艇がロストした時はまだ死んでな

交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」

普通に泣きました。・゚・(ノД`)・゚・。俺、ずっとこんなエウレカセブンが見たかったんですよ。たぶんこの48話が今までのエピソードの中で一番好きです。交響詩篇エウレカセブン 10BONES 京田知己 三瓶由布子 バンダイビジュアル 2006-04-26売り上げランキング : Am...

『交響詩篇エウレカセブン』 アネモネ&ガリバー

『交響詩篇エウレカセブン』のアネモネ&ガリバーです。「ニルヴァージュ type the END」のライダーであり、デューイの命令に従順な態度を示すアネモネ。普段から感

『交響詩篇エウレカセブン』#48

「バレエ・メカニック」 アネモネのモノローグ。諦めのにじむ穏やかさで自分の本当の

交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」

地球を取り戻す事を宣言したデューイはオラトリオNo.8を発射。・・・と同時に始まる女性のナレーション。最初、この声誰?!・・・と思いましたが、よく聞くとアネモネじゃあ

交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」 感想

良かった。以下感想。

エウレカセブン 48「バレエ・メカニック」

今日も今日とて大感動~♪ アネモネの「ドミニクー!!!!」大絶叫で奇跡が起きましたね。あの瞬間、震えました。もう呼び合う二人に号泣です。こんなに感動満載な急激落下見たことありませんよ(笑)。あぁ、よかった。救われてよかった。報われてよかった。アネモネの花が..

交響詩篇エウレカセブン (Episode.48 バレエ・メカニック)

フィナーレに向けてこれまでのエウレカやレントンたち、みんなの想いの変遷とそこから紡がれてきたストーリーを思い出しつつ、エウレカ×レントンの対比となるアネモネ×ドミニクのストーリーの行方と二人が果たす役割りを冷静に見つめて............って、そんなことできる

エウレカセブン #48 「バレエ・メカニック」

今回の主役はアネモネとドミニクの2人ですね。それにしても#26 「モーニング・グローリー」 と重ねて視聴するとゾクゾク来ましたヨ。#26ではレントンとエウレカが再会するところに重点が

交響詩篇エウレカセブン 第48話 「バレエ・メカニック」 キャプ感想

交響詩篇エウレカセブン 第48話 「バレエ・メカニック」 キャプ感想

バレエ・メカニック

もう泣けた泣けた!とにかく泣けた!Bパートはほんとボロ泣きでした!良いもの見せてもらったよエウレカセブン!!(泣)今回の提供の絵は手を繋いだレントンとエウレカ、そして

交響詩篇エウレカセブン 48

副題「バレエ・メカニック」 絶望と自暴自棄。 降ってきた、ずっと迷子だったヒーロー。 “子どもたち” を命懸けで守った銀色のお父さん。 私は途中からもう、泣きっぱなしでした……。 そんな第48話でした。 なお第49~50話は、一気に2...

~交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」~

やべえ、めっさ感動。ドミニクアネモネパート全然話が無えなとか思ってたら、もういい話で号泣必至です。アネモネの悲しい独り言正直ドミニクの事をここまで思っているとは考

エウレカセブン 48話 

アネモネ~~~~~!ドミニク~~~!!私には26話より素晴らしかった!!アネモネの心情とか!ガリバーとか!!ジエンドとか~~~~~~!!!永久保存決定!もう妄想癖が止まりません!デートで待ち合わせ、ドミニクが来た瞬間のアネモネ;(マニアック色付け終わって眺

エウレカセブン 48話感想

 よかったね、アネモネ……よかったよう…(つД`)「バレエ・メカニック」>あらすじ 賽は投げられた。 デューイの押したボタンが、オラトリオ№8を起動させ、大地を穿つ。その先にある場所へと飛び立つジエンドとアネモネ。 それを阻止しようとホランドと...

交響詩篇エウレカセブン 第48話「バレエ・メカニック」

(公式サイト)アネモネー!アネモネー!アネモn(ryいやぁー、もうね!ドミニク・アネモネが主役にとって変わったなぁ。今回。アネモネの心の声(本心)に併せて展開する話とか斬新だった。ドミニクとアネモネの急降下中での告白はレントンとエウレカのそれと被る。...

交響詩篇エウレカセブン 第48話

サブタイトル「バレエ・メカニック」  失意のまま、大地に開けられた穴へと入り込むアネモネ...  彼女を追うドミニクの高速艇は大破するが...  交響詩篇エウレカセブン 2 UNKNOWN PLEASURE  以下詳細  ***********

エウレカセブン48話「バレエ・メカニック」

とりあえず、記事だけ出しておこう、書きかけだけど。今回はドミニク×アネモネ版「モーニング・グローリー」って予想が的中、まさにジ・エンドへ空中ダイヴ!してくれました。最初、誰のモノローグだ?って思いましたよ僕も。アゲハ隊のひとりかなぁ、にしてはちょ....

「まぁ…人生色々ってとこかな…」

…アネモネ…アネモネ。アネモネ!!アネモネェェェェェェェェェェェェェェェェッ!!!! …っはっ…以前にも同じような事を書いた気が…?デジャヴ?既視感?シナップスシ

交響詩篇エウレカセブン第48話『バレエ・メカニック』感想☆

 アネモネの救いはもっと最後だと思ってました~(笑)。 いい意味で期待を裏切られて良かったです(^^)☆□ちょーっと「千と千尋」を思い出した僕でした☆ ドミニクやるじゃん!へたれじゃなかったんだね☆ コンパクドライブっていつから通信機になったんだろう? 

こんにちは。さようなら・・

{/hiyo_please/}アネモネを見つめるジ・エンドの目。怖いと思っていたけど、ジ・エンドもコーラリアンの人間を観察する目だったのかもしれない。アネモネの想いが満たされた時、ジ・エンドは白く生まれ変わる。そしてアネモネ達を守る為に盾になり、破壊された・・『交響詩

交響詩篇エウレカセブン #48「バレエ・メカニック」

ドミニクー!!よくやった!!よく言った!感激っすよ!これはもうアネモネの為に設けられた1話と言っちゃえ!独白がアネモネの心の声だとわかった瞬間に涙腺崩壊。恋愛モノ担当野村氏の脚本に泣かされっぱなしでした~。

交響詩篇 第48波◇ドミニク「私がジ・エンドを止めます。ジ・エンドのライダーを説得します。」

書いても描いても書き足りないなんて・・・、素晴らしいぞ!!

交響詩篇エウレカセブン第48話「バレエ・メカニック」

盲夏魚も80%復活しました。エウレカ遅れも大事の前の小休止だと考えて許してください。そうか、もう終わっちゃうのかぁ…今回は一つの物語の終わりそれは幸せな終わりなのか

エウレカセブン48 バレエ・メカニック

最終回まで残りホントわずか!「心残り?…ないって言ったら、そんなの嘘になるに決まってる」オラトリオNo.8の攻撃が開始される中、独白するアネモネの声。「そりゃあ…素敵な恋だってね。 そうゆうの出来ればホント最高なんだけど…そう…ホント最高」スカブの大地へ大..

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。