スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン第四十九話 シャウト・トゥ・ザ・トップ!

 さてさて、エウレカセブンも今週で最終回を迎えました。二話連続ですが、まとめて書くとフォローが大変なので一話ずつやります。ちなみに今週はいつもより辛口。ただし、批評はしません。ウチの姿勢は基本的に視聴補助なので。エネルギー使うし。それにネガティブな文章って書いていても読んでいても心と体に悪いんですよね。種死でそれは十分にやったからもういいだろうと。
 ウチの感想は( ゚д゚)ポカーンが全て。ただ、そうは言ってもここまで書いてきたわけだから感想放棄することも出来ず。出来うる限りのフォローをしたいと思います。皆様の助けになれるのなら、幸いです。

 ではでは、いつものように。※注意。ご意見ご感想お待ちしておりますが、50話までの感想を見たうえでお願いいたします。

オラトリオナンバー8
 自我を取り戻す絶望病患者と、そこを急襲するオラトリオナンバー8のデブリ。絶望病患者が一種のビーコンのようになっているという感じでしょうか。彼らが目覚めた理由は、司令クラスターに死によってスカブ・コーラルが暴走したから。私としては未だにスカブ・コーラルは一個の生命体だと思っているのですが、ここ数週の話を見る限り、そうではないようです。スカブは種族の総称。司令クラスターが破壊されたからと言って、スカブの統制がとれなくなるだけで種の全滅には至らないのです。
 統制の取れなくなったスカブはその身に抱える絶望病患者の魂を第三環界である世界に解放せざるをえなくなったのでしょう。ちなみに冒頭で登場したジェシカちゃんが「分かっている」という発言をしたのは、スカブ内からは地表の事象が感じ取れるから。これはウィルとマーサのケースで、既に説明されていますね。
 ウィルとマーサと言えば、彼らを襲ったあまりに理不尽な死。最終回は脚本が暴走したかに見えますが、彼らの死の意味を考えると、実は意図的にやったのではないかと思えてきますウィルとマーサは「人とスカブ・コーラル」の関係性の縮図であり、また「コミュニケーション」というエウレカにおけるテーマを象徴する存在でもあったからです。彼らが登場するワールド・エンズ・ガーデンはそういった意味で最終回にも等しいエピソードでした。既に「コミュニケーション(共生)」というテーマが描かれていたわけですから。あとは共生の手段をどうするかというお話で、先々週でレントンでのレントンの決断(スカブ・コーラル内に全人類を取り込むという提案を跳ね除けたアレですね)がそれにあたります
 ところが、ウィルとマーサを殺してしまった。ここで、脚本陣はテーマを粉々に破壊してしまっています。意識的か無意識的かは知りえませんけどね。だから、最終回で「ディスコミュニケーション」しか描けなくなってしまった。「ディスコミュニケーション」については最終回の感想にて触れます。
 もっとも、死んだ人々の精神はスカブ・コーラル内に取り込まれるわけで。そういった意味では「共生」が描かれているとも言えます。この物語が目指す「共生」でなかったことは明らかですが。
 ともかく、ウィルとマーサの死についてはエウレカスタッフの趣味の悪さが全開になった最低描写の一つといえましょう(アレ、思いっきり斬ってるよ?)

 今週で感想も最後なので細かくフォロー。

 ここで言う「共生」とはスカブ・コーラルに〝精神を取り込まれず〟、それ以外の方法で両種族が暮らしていくこと。ただ、その答えについてはぼかしたままで話が進んでしまいました。本来ならばアクペリエンス4で説明されていなければならなかったのですが。私がアクペリエンス4の感想時にブツブツ言っていたのは、この説明がなされていなかったためでもあります。
 ※スカブの「共生」は全人類の精神を取り込むこと。

デブリに破壊された塔の街
 さて、スカブ・コーラルが物理法則の限界を無視して(恐らく)絶望病患者の収容されている街を狙い打ちにしたわけですが。台詞によると、被害は全世界の三分の一程度。作品内ではそれほど取り上げませんでしたが、恐ろしい数の人々が死んでいます。エウレカには様々な残酷描写がありましたが、実はこれが一番怖い。というか、不気味。最終話冒頭の「ニュースで流れなければ」にあたります。この台詞とのリンクを考えての描写なら、趣味が悪いながらも演出としてはアリでしょう。ただし、エウレカでこういった演出をする意味があるとは思えません。

テンシャン山脈の大穴
 ホランドたちが知らなかったことに、アレ?と思いましたが考えてみると納得。先週ジ・エンドが打ち込んだアンカーはビーコン。ドミニク突入後、すぐに離脱してしまったゲッコー号がオラトリオからの攻撃を感知できなかったとしても不自然ではないかな。司令クラスターの場所はゲッコー号とは位置がずれていたでしょうし。

嘆くニルヴァーシュ
 コレについてはエウレカが説明してくれているので、特にフォローは必要ないですね。ポイントは、空いたままの大穴。さしものスカブ・コーラルも司令クラスターを破壊されては再生が困難のようです。死の間際といったところでしょうか。

司令クラスターになる
 ニルヴァーシュと共に司令クラスターになるというレントンたち。49話の一番の問題はここですね。新しい「共生」の形を模索しなければならないはずだったのに、これではスカブ側の主張する「共生」と変わりがない。確かに司令クラスターが消失しては、ニルヴァーシュのクラスター化が唯一の手段でしょう。(最終回もニルヴァーシュが司令クラスターの代わりをしますしね)ただ、あまりにもアッサリと覚悟しすぎですよね。ここはもっと悲壮感を打ち出していかないと。何より、エウレカチルドレンまで連れていっちゃ駄目だろうと。司令クラスターを守れなかったレントンたちが真に守らなければならないのは、彼らでしょうよと。いつもなら突っ込まないんですが、テーマに関わってくるだけに触れておきました。まぁ、ホランドの↓の台詞でフォローはされているんですけどね。

ゲッコー号の超機動・大人のやることかぁっ!
 今週の見所。アダルトチルドレンだった(現在進行形w?)ホランドだからこそ、痺れる台詞ですね。そしてメカ戦が熱いっていうか、ゲッコー号はどうなってるの!? 乗員、死んでるって。しかもシートベルトなしだよ!! 以前にエウレカの戦艦ってオーバーテクノロジーだよね的なことを書いたんですが、オーバーテクノロジーどころじゃないわ(笑)面白いからいーんですけど。いいドッグファイトでしたw
 んで、303の吶喊が素晴らしい。CGなのかな、ロボット視点のアングルとスピード感が秀逸でした。モンスーノの新型は何故か見せ場がまったくありませんでしたが、303の活躍は凄いですねぇ。かっちょいい。しかも、艦内突入でレーザー乱射って最高ですね。鬼すぎる。

予定調和の奇跡
 絶望的な戦力差にも関わらず、イズモ艦は沈まず。すべては予定調和だった。というシーン。結局パシフィック・ステイトが起こしたさざ波がユルゲンス艦長で収束してしまったのは残念な限り。

紛い物
 ホランド対デューイ。デューイってSOF出身者でしたっけ。過去編はとにかく情報不足なのでよく分からない上にうろ覚えですが、特殊部隊出身者相手に格闘戦を挑めるあたり、日常的に鍛錬は行っていたようです。チャールズと知り合いだったってことは、SOF出身者と見るのが妥当でしょうか。チャールズ含めて、過去編のお話はもう少し欲しかったところ。
 さて、紛い物の剣が折れてもデューイは殺されるどころか形勢逆転してみせたわけですが、その後の台詞がどうも。というのも、どうにも彼の言動のほとんどは〝紛い物〟であるような気がするんですよね。贖罪だなんだとのたまってはおりますが、それがどこまで本心なのかは怪しいところ。

私は贖罪しようとしているのだ。贖罪することで人としての尊厳を守り、この星の尊厳を守ろうとしているのだ。それがなぜ分からない!
 ここはまあ、いいかなと。言い方は悪いですが、地球はスカブ・コーラルに陵辱されたも同然ですからね。真実を知る一族の末裔がスカブに復讐しようとしても不自然ではありません。スカブがコミュニケーションしたがり屋なので陵辱ってイメージは沸きにくいでしょうが、デューイにとってはそうだったというお話。ただし、これが本音かどうかは不明。

そう、滅茶苦茶だ。私はこの滅茶苦茶に歪んだ世界を粛清し、尊厳を守るために、自らに業を埋め込んだ。見るがいい! 私の業を!
 ゲッコー号の 信じられない 突撃。
 戦艦関連はとことん無茶な描写しまくりですなwエウレカの戦艦戦闘に今更リアリティを求めても仕方がないので、ここは素直に楽しんでいた方がオトク。
 デューイの真の目的は世界との集団自殺。デューイの世界は恐らく、父を殺した瞬間に一度終焉を迎えています。その後、彼はアドロックと出会ったことにより〝科学的〟にスカブ・コーラルの存在を知った。馬鹿げた風習に憑かれ、親殺しまでしたデューイにとってこの出来事は耐え切れなかったはず。世界を呪ったとしても、まぁ納得出来るかなと。
 ただ、結局この粛清(復讐)もおべっかにすぎないんじゃないかなと個人的には思えます。デューイは「贄の王」になりたかったのではないかな。それも一人でひっそりと死ぬのではなく、弟の前で。贄の王として選ばれた弟に、贄の王になりたかった兄が自らその存在として散ってみせる――復讐よりも、妄執といった単語が当てはまるような気がします。彼の妄執はアネモネシリーズに代表されていますしね。
 最期まで贄の王たろうとした。デューイの心理を理解したいのなら、こう読み解くしかないんじゃないかなぁ。多分、ほとんどの感想サイトで丸投げされるだろうからウチはフォローしておきました。ただ……デューイに関する情報が少ないのでほとんど「私が作るなら、こういうキャラにする」という範疇でしかないです。スミマセン^^;

こうすることで私は世界とこの星と合一した。私の生命は即ち、この星そのものなのだ。抗いたければ抗え! だが、私はこの星の尊厳と共に行く。泣け! 喚け! これが新たな地球の始まりだ!
 恐らく今週で最も混乱を読んだであろう台詞。魂魄ドライブを埋め込んだことが何故、「この星そのもの」ということになるのか。ゆっくり見ていきましょう。
 まず、世界と合一したについて。これは魂魄ドライブを埋め込んだこと自体を差しているわけではありません。
 デューイの死によって、CFS(魂魄フィードバックシステム)――スカブ・コーラルとのアクセスを可能とするシステムですね――の一種が組み込まれたエウレカとアネモネの首輪が自壊プログラムをスカブへと送り込む。司令クラスター、つまりスカブの指導者となったモノが自壊プログラムを発すれば自ずとスカブに死が訪れるというわけです。その結果どうなるのかは不明。クダンの限界が起きて、スカブは人類を取り込みつつ段階的に死に至るという感じでしょうか。人類もスカブも全滅ってこと
 上記の点を踏まえた上での「星との合一」です。デューイが死ねば、世界(星)も終わるということ。はた迷惑なお話ですね。
 新たな地球の始まりは無視していい台詞かな。それとも、エウレカが自壊プログラムに抗うことを見越しての台詞だったのか。彼女が抗えばスカブも人類も死なず、新世界が始まるわけですから。その新世界には贄の王は必要ない。デューイの存在価値はなくなる。そういった意味での、「この星(自分)の尊厳と共に行く」ということなのかな。ここまで予定調和を見越しての台詞なら、凄い。ただ、勢いで作っただけの台詞のような気が(ry
 まあ、意味を読み取るのなら上記したアプローチから迫るしかないでしょう。

ごめん。私約束守れない。ごめん、ごめんねレントン
 スルーされるかと思っていた首輪が日の目を浴びました。これについては最終話感想にてもう一度触れます。

 49話はここまで。異常に疲れた。異常者の心理を読み取るのは大仕事ですな(苦笑)

←全主題歌収録!
スポンサーサイト

テーマ : 交響詩篇 エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

交響詩篇 エウレカセブン 第49話 『シャウト・トゥ・ザ・トップ』、最終回 『星に願いを』

 きれいな終わり方でした。

交響詩篇エウレカセブン #49シャウト・トゥ・ザ・トップ!

最終放送の儀式として最初で最後のリアルタイム視聴。 Bパートの機敏な月光号の動き、あれはないでしょ。クルー全員、シートベルトしてないのにあんな弾除けの仕方したら中の人がシェイクシェイクですよ。 ユルゲンス艦長は地味ながら勇ましなぁ。モニターの壁紙が可愛ら

交響詩篇エウレカセブン「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

交響詩篇エウレカセブン「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」です。15秒ぐらい悩みましたが、元々別々の話が、なんだか都合で一つになっただけのような気がするので、とりあえず感想も分けます。1時間スペシャルとしては、賛否両論ありそうですが、たぶんこの前半...

~交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」~

ついにやってきたエウレカ最終回、一時間SPです。ではep49から。聴こえない何もかもエウレカが人になったのかと思ったらどうも違う日とみたいコンパクドライブがそして動

交響詩篇エウレカセブン 第49話 「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&第50話(終) 「星に願いを」 感想

今日で最終回ということで、一時間SPの今回。

シャウト・トゥ・ザ・トップ!

始まる一時間前くらいからときどきして仕方なかったです。今日で終わるんだ…と思うと残念でなりません。だからなおさらドキドキしてテレビの前で待っていました。時計をちらちら

「まったく早ぇんだよ…良い家族つくりやがって…」

 う~ん、1時間スペシャルだけど、話数としては分かれてるんだよねぇ… まぁ、書きたい事いっぱいあるし、取りたいキャプチャーもいっぱいあるしで、分けていく事にします。 

交響詩篇エウレカセブン 第49・50話

怒涛の最終回攻撃…はぁ~…息が切れる。うぅ~ん…今まで頑張って盛り上げて来てこれなんだ…というのが正直な所。いいんですよ、いいんですけどね。まぁ、私の場合…ドミニ

交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

「大人のやる事かぁーー!」見せてくれるねホランド!!

交響詩篇エウレカセブン 第49話

サブタイトル「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」  思わぬ行動に出たデューイには、彼の思惑があった。  彼の画策が動き始めた時、エウレカに新たな異変が起こる...  交響詩篇エウレカセブン6  以下詳細  ***********

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&最終話「星に願いを」

2つの意味でレビュアー泣かせなエウレカセブンSPでした。一つはもちろん感動的だったこと、そしてもう一つは恐ろしいほど内容が濃かったこと(=感想書くのが難しい)では、最後のエウレカ感想いってみましょう!!交響詩篇エウレカセブン 9BONES 京田知己 三瓶由布子...

交響詩篇エウレカセブン 第49話&第50話 (最終話)

~アニメ 交響詩篇エウレカセブン~◇第49話 『シャウト・トゥ・ザ・トップ!』 & 第50話 『星に願いを』 (最終話) について◇【 デューイ と ホランド ~兄弟の因縁に終止符の刻とき~ 】<デューイVSホランド>デューイ 『 私は贖罪をしようとして...

交響詩篇エウレカセブン 最終話

主人公ズの、あのラブラブっぷりはテレビとパソコンの前でへばりついて日曜日を過ごす人間に、けんかを売っていると思うの(´∀` )な、交響詩篇エウレカブン最終話、と一個前。・ユルゲンスのおじさまがかっこよすぎ。軍隊もの、とか、

交響詩篇エウレカセブン 49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

司令クラスターが破壊されて、絶望病になった人間達は回復していった。だが世界には、デブリが流星となり降り注ぐ――これが、クダンの限界なのか?デブリが塔を壊していることと

終わった

交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」50話「星に願いを」ううううう。何と言えばいいかわからないけど。良い。良いい。良いいい。うわわわ。とりあえず電グルが来るとは。今思えば可能性は無いわけじゃないのに全然予想外。名曲だ。デューイの件

交響詩篇エウレカセブン (Episode.49 シャウト・トゥ・ザ・トップ)

指令クラスターはアルティメット出力で放たれたオラトリオNo.8によって破壊された。the END はアネモネとドミニクを守るために盾となって消滅した。そして、起こり始める世界の変化。  物理法則を無視し、地上へと降り注ぐデブリ。第49話はあまりの展開に翻弄されてました

交響詩篇エウレカセブン 49話 「シャウト・トゥ・ザ・トップ」 

エウレカもようやく最終回です。長かったな~ではまずは49話から。デューイのとんでもない罠にまんまとはまったゲッコーステイト。レントン達は指令クラスターになるという目的

49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ

バンダイビジュアル 交響詩篇エウレカセブン 10 2週間近く放置しておりましたが、これだけは書いておきたかったので・・・交響詩篇エウレカセブン 第49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ 第50話 星に願いを長くなるのでそれぞれ分けて書きます。始めに

交響詩篇エウレカセブン 49・50

副題49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」副題50「星に願いを」 最初に書いておきます。 ちょっとテンション低下気味です。 第48話が神脚本だっただけではなく、エウレカセブンは節目節目で最高の話を持ってきていただけに、 『このスタッフの人たちなら、...

交響詩篇エウレカセブン第49話

こんにちは。萌です。興奮して昨日の夜は寝れないかと思いましたが、眠気には勝てませんでした^^;もう朝から大興奮でしたよ。きっとこんな最終回は誰も想像していなかったでしょうね。良くも悪くも。終わってしまったのか・・・・。何か実感がないなぁ。。2つの....

交響詩篇エウレカセブン第50話「星に願いを」

終わりは始まりなんだいや、ホントに…エウレカを見始めたのは実はGYAOとレンタルからなんですね。で、実際に朝7時ので見始めたのが第2クールの終わりくらいから。ビー

交響詩篇エウレカセブン第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

子供にあんな決意までさせて、エウレカは姿かたちを変えてまでして。これが大人のやることかぁ!?【ここから先はネタばれの可能性アリアリっす!!】

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&第50話「星に願いを」 感想

いよいよ最終回1時間スペシャル!今は見た直後で作品が良いか悪いかの判断を冷静にすることはできませんが、好きか嫌いかで言えばはっきりと好きと言えます。1年間私を楽しませて

地球にリング

{/kaeru_love/}月にハ~ト{/heartss_pink/}{/heratss_blue/}『交響詩篇 エウレカセブン』第49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ!最終話 星に願いを司令クラスターは破壊され、その破片のスカブコーラルはデブリとなって塔を狙い撃ちする。絶望病の人達はつかの間、意識を

エウレカセブン最終回感想 その1 簡潔編

やっぱり本の感想かけなかったですね。 ダメダメじゃん・・・ それはともかく(オイ!)時間がないので、その1は簡潔に書きます。 今回の終わり方はなんかだかなぁ…っていうかちょっとわかりにくかった感じですね。 てっきりスルーかと思われていたエウレカ&アネ

~交響詩篇エウレカセブン 第50話「星に願いを」~

エウレカの語りで始まる最終回さあ泣いても笑ってもこれで終わりです。エウレカはどんな結末を見せてくれるのか?世界を呪った男あの子達を引き取ろうと思うんだデューイが最

交響詩篇エウレカセブン #49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

絶望病患者の覚醒は、司令クラスターが破壊されたからという理解でよいのでしょうか。

『bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』イベントレポート

bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイトイベントレポート 4月2日に前からお知らせしていた『bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』に行って来ました。 新作アニメの記事で忙しくて、「レポートなんか誰も見たくないでしょ」と思い書....

コメントの投稿

非公開コメント

>異常者の心理
なんていうなら見なきゃいいじゃん(プゲラ
と、自分は思うわけですがまぁそんなことはおいておいて。
「これが新たな地球の始まりだ!」は
マンマの意味で今の地球上の全てを道連れにしてチャラにしてやるとも取れるんじゃないですかね?

う~ん…

 指令クラスターになるって宣言した所、「クラスターの中でも人間は生きていける。」とか、「帰って来れないかもしれない」=少なくとも帰ってくる気はある。とか、から考えて、融合する気は全く無かったんじゃないかと思いますけど。
 あくまで応急処置でしかないと。

 デューイは何処までが本心なんでしょね。ホント。自分でも分かってなかったり?
 贄の王になりたかったんなら、コーラリアンを敵視する理由にはならないし。だって、生贄となる事で、大地=スカブを静める。つまり、共生の為のコミュニケーション手段の一つとして、贄の王という風習があったわけですから。
 僕は、贄の王でも科学の王でもない王の姿を追いかけていたんじゃないかと思ってます。

 後、自壊プログラム。あれで地球が滅びるという解釈は、首をひねります。
 要するにもがき苦しんで死ぬか、一瞬で死ぬか、の違いであって、クラスターだけ壊して放っておく=前者。自壊プログラムで瞬殺=後者。という形になって、スカブは何もできないまま死を向かえ、後には地球だけが残るという事ではないでしょうか?

 コメントありがとうございます~

>to-riugari さん
 閲覧者に対して不誠実になるわけにはいかないんですよ。ウチみたいにエウレカ感想をメインの一つにしている場合は特に。だから、正直なところ私も書きたくはありませんでしたとも(苦笑)ただ、そうは言っても見に来てくださる方がいるわけで。スルーするわけにもいかないのです。
 新しい地球~に関しては下でまとめてさせていただきます。

>jimaさん
 いえ、問題は確実性がないことです。戻ってこれる可能性があるということは、同時に〝戻って来れない〟可能性もあるわけで。そんなあやふやな状態で子供達を連れて行くのは、違和感を禁じえないのです。いくらスカブの中で生きられるといっても、レントンたちはその答えを一度跳ね除けているわけですしね。この辺りの葛藤がしっかり描かれていれば話は別なのですが。あまりにも軽すぎる決断(実際には違うのですが、演出上はそうとしか見えない)も問題アリです。

 デューイは道化師みたいな存在でしたね。何だかよく分からんです。ただ、贄の王にこだわっていたのは彼の死が世界の変革にリンクしているという点から類推できるんじゃないかと。結局彼は古い習慣を忌む一方で、その実風習にがんじがらめにされていたのではないでしょうか。本人は風習を断ち切ったつもりでも、実は違ったみたいな。コーラリアンへの憎しみも、正直なところ怪しいです。この人の言葉に真実があるとしたら「これも紛い物か!」くらいではないでしょうか。何にせよ、与えられた情報が少なすぎるのでコレ以上考えるのは厳しいですねぇ。

 >自壊プログラム
 新しい地球云々とかかってきますね。まぁ、素直に「スカブ殲滅」と受け取ってもいいのですが、如何せんデューイのすることですからねぇ。彼の真意がどこにあるかは、正直分かりません。台詞もあまりに抽象的ですし。その上スカブだけ死んだとして、どうなるかはほとんど言及されていないとくる。とにかく情報不足です。よって、いつも以上に私見が入っています。素直に見ていくならjimaさんやto-riugariさんが正しい思います。が、「デューイ」という酷くあやふやな要素が入ってくると、私はイロイロと考えてしまうわけですwもう少しデューイの内面に迫るエピソードがほしかったなぁ。

え~?

 今まで、真の約束の地編で、散々家族の一致団結を描いてきといて、最後で子供だけ下ろす(しかもさっきまで爆撃のあった戦場に)方が、僕は違和感感じますねぇ…

 最終話の方は、違和感をノリで押し切られた感があるので、また考えを纏めていずれ書きます。
 因みに、僕はワールド・エンズ・ガーデンは見てません(汗)ので、モーニング・グローリーでレントンが言っていた「変な人たち」程度の認識しかありません(汗)。

 コメントありがとうございます~

 司令クラスターになるにせよ、降ろすにせよ、子供達の扱いには不満が残っちゃいますねぇ。私は。あそこはもっとちゃんと描くべきだったかと。そうしておけば、ホランドの「子供にあんな決意までさせて!」という台詞がもっと活きて来るわけですし。49~50話は演出・情報ともに、いつも以上に不足していた感が否めないような気がします^^;

 ワールド・エンズ・ガーデンは見て損はないお話かと。絶望病を通して魂魄ドライブの謎やスカブとの関係に迫った見事なエピソードです。人とスカブの共生の一つの形も、このエピソードにおいて見られます。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。