スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼーガペイン セレブラム

 ゼーガペイン第二話。話が動き出すと思ったけれど、今週も特に動きはなし。とはいえ、イロイロな要素が散りばめられていました。

 止まる時計

 「私とキミはそういう関係」

 現実への干渉などなど。

 バトルフィールド内でのタイムリミット?も気になるところ。第一話の冒頭で主人公が死亡?したのは、恐らくこのタイムリミットのせいかと。ただし、その結果、精神の死を迎えるのか肉体の死を迎えるのかは、不明。とりあえず、記憶が吹っ飛ぶことは確かなようです。リセットって感じでしょうか。ゲームをイメージすれば、そんなにややこしい設定でもなさそうです。戦っている相手は何がなにやらサッパリですが。

 まぁ、今回の見所は現実への浸食かな。記憶改竄や秒針の止まる時計などなど、単なる虚構の世界でないことが証明されましたね。公式ページでは異世界となっていますが、これだけ現実と密接に関わっていると言うことは、何らかの秘密が隠されていそう。

 戦闘シーンはまあ、オマケみたいなものですね。それ以上でもそれ以下でもなく。ロボットゲームのムービーの方がよっぽど格好良いやと身も蓋もないことを言ってみる(最悪)正直な話、3Dのロボットアクションをやるならアクエリオンくらい突き抜けないと商品レベルにはならないなぁと個人的には思いますです。はい。フツーのレベル以下のCGでフツーの構図で戦闘やっちゃ駄目だと思うなぁ。
 そんなわけで、脚本と作画が標準レベルを保っているだけに、CGが足を引っ張っている感が拭えない作品ですね(苦笑)脚本とキャラクターでどれだけカバーできるのかが見所となりそう。頑張れ脚本陣。

スポンサーサイト

テーマ : ゼーガペイン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。