スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代ゲーム機の行く末は?

 S3は59800円。E3でスペックや値段が発表され、何だかちょっとした話題になっていますね。高い高いと。ただ、個人的には「この程度の値上げで済んだのね」というのが、率直な感想。PS2は発売当時39800円でしたからね。そこから二万円上がるだけなんだって、感じ。まぁ、その分、イロイロ機能が省略されるわけですが。一番問題なのは容量かなぁ。久多良木さんの話によると、PS3のゲームは本体にインストールして使うことになるっぽいですよ。パソコンみたいに。となると、20GB程度じゃ先が知れてるわけで、結局7~8万程度出して高スペックのPS3を買う羽目になるんですよねぇ。う~む、どうしたものか。

 スペックにしても正直なところ、どれだけのユーザーがハイビジョンを求めるのかなぁというのがあります。ぶっちゃけた話、グラフィックのレベルなんてPS2程度でいいんですよ。以前はゲームキューブやXBOXに比べてどうとか言われていましたが、最近発売された「FF12]や「大神」を見る限り、これ以上の進化はいらないという結論に達しました。私はね。ネットでXBOX360やPS3の映像見ても、別に何ら魅力を感じませんからね。「大神」の大神降ろしの方が何十倍も魅力的。結局のところ、いくら綺麗なグラフィックを作ったって現在のユーザーの心は動かされないわけで、大事なのはどう技術を使うか。その点では、XBOX360もPS3も時代の最先端を行こうとして、失敗した感が拭えないです。現時点では。今後どうなるかは分かりませんけどね。あとはコンテンツ次第。どうもアンチソニーやアンチマイクロソフトの方々はどちらかに優劣をつけたがるようですが(苦笑)、どっちもどっち。魅力は感じません。
 それはそれとして、日本で売れるのはPS3でしょうなぁ。マイクロソフトがコアなゲーマーしかやらないようなソフトをいくら出したって、消費者はついていかない。ソニーとて今の任天堂ほど大衆寄りの販売ではないですが、それでも少しでもライトユーザーを取り込もうと努力しているわけで。ライトユーザー取り込みの視点が完全に抜け落ちている(少なくとも目に見えてこない)XBOX360の日本市場での未来は暗いでしょうね。もっとも、機能重視のPS3も360の二の轍を踏む可能性は非常に高いですが。

 で、そんなライトユーザーをメインターゲットにすえてきたのが任天堂の新ハードWii。革新的なコントローラーで既に話題沸騰ですな。実際のプレイ感覚はともかくとして、目新しさという点では凄く魅力的。触ってみたいと思わせる力を秘めてますよね。問題は、疲れている時には絶対にプレイしたくないと思ってしまうところでしょうか(笑)充分なプレイスペースを確保できない日本の家庭事情とマッチするのか、ちょっと疑問でもあります。誰もこの辺を突っ込まないのはどうしてなのかなと思っていたら、通常のコントローラーも用意されているようで(ただし、別売りみたい)。Wii本来のコンセプトとはかけ離れるものの、従来のゲームと同じようなプレイも可能っぽいですね。これなら安心。64・ゲームキューブと立て続けに敗れてきただけあって、今回の気合の入れ方は半端ない。頑張って盛り返して欲しいものです。


←ゲーム好きならプレイすべし!
スポンサーサイト

テーマ : E3(イースリー)総合
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。