スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の本vol.5

 末なので、恒例のアレです。


1.マリア様がみてる いばらの森



 先月に引き続き、マリみてがトップです。いばらの森が名作らしいので、黄薔薇革命とあわせて購入(いばらの森は第三巻にあたります)。黄薔薇革命がソツのない出来、言い方かえるとフツーの出来だったのに引き換え、いばらの森は……いばらの森はっ……

 白薔薇さま~!

 素晴らしくキモイのはさておき、涙なくして読めないお話でした。二人のセイの純粋な想いに胸打たれる。身もふたもない言い方をすると、レズのお話なんですが(コラ)、いやらしくはないです。背徳感もあまりないし。むしろ下手な純愛ものよりも純愛してるんじゃないかと。この作者のバランス感覚は素晴らしいです、ホント。

2.わたしたちの田村くん1・2



 去年の今頃、話題になっていたライトノベル。流行に乗せられるのが嫌いなので(ry
 いやね、ネット見てると時々気持ち悪くなるんですよ。どこもかしこも同じトピックスを扱っている時とかあって。そんなに同じことに興味があるのかと(笑)流行を読むのは大事ですが、人形みたいに何も考えないで乗っかるのは正直よろしくない。意識して、流行に乗るのならいいんですけどね。何でオリコン一位がそんなに大事なんだ?って、私は思っちゃうのです(言っちゃったよ)別にオリコン一位運動がどうとかいうわけではなく、その理由が理解できないので首をひねっちまうわけですよ。そりゃあ、長門は可愛いけども(ぇー!

 いつものように話が逸れまくったところで、田村くんに話を戻してと。田村くんの一人称が最大の魅力の作品でした。どうも二人のヒロインが作品の核のように思われがちですが、田村くんが田村くん足りえたのは、田村くんのおかげなのです。題名も、「わたしたちの田村くん」ですしね。テンポよくラブコメを読みたい人におススメ。二巻でスパッと完結してるのも好印象です。

4.マリア様がみてる 黄薔薇革命



 いばらの森がよすぎたので、若干霞んでしまった……かな? こちらの方が先に刊行されてるんですけど。週間漫画の第二話として見るなら、面白いんじゃないかと思います。とりあえず、マリみてを買い続けるとキリがないのでここで一段落。

5.武豊のこの馬にきいた。



 ブックオフにて100円で購入。100円分の価値しかありませんでした。以上(苦笑)
 唯一の救いは文章が丁寧なことくらいでしょうか。上手くはないですが、しっかり書かれているので読みやすくはあります。うん、それだけです。

 以上、今月の本でした。
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。