スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイビズ マーブルレジェンドシリーズ12 ボーナスフィギュア アポカリプス

apokarisinml13.jpg

 ふっかーつ。今日はまともな更新です。レビューするのはマーブルレジェンドシリーズ12を全て揃えることで完成する、アポカリプス。いわゆるボーナスフィギュアってやつです。この手のものは他にもあるんですが、レジェンドシリーズのボーナスフィギュアは異常なまでのクオリティ。つーか、むしろこいつがメインくらいの勢い。スタチューに匹敵する造形とレジェンドレベルの可動範囲を備えた恐ろしいフィギュアです。唯一の欠点はでかすぎて保管場所も撮影場所もないことか(苦笑)今回は撮影場所に四苦八苦したため、画像がいつもより汚いです。ご勘弁を。

 ※アポカリプスについてはWikiを参照ください。
apokarisinml.jpg

 プロポーションは抜群。力強い造形を存分に味わえます。ただ、同じボーナスフィギュアのセンチネルに比べて関節の強度が低いため、安定性はイマイチ。40cmオーバーの巨体が転ぶとエライことになるので、普段は手提げ袋の中でお眠りになっています(笑)ちなみにセンチネルはSIC555の箱の上に腰掛けております(ぇー

apokarisinml2.jpg

 マクファトイに匹敵するといっても過言ではない上半身の造形。これがタダで手に入るってんだから、マーブルレジェンドシリーズは恐ろしい。ちなみにマーブルレジェンドシリーズの商品構成は、フィギュア・コミック・ボーナスパーツの三点。それで1500円ってんだから、恐ろしいとか言いようがないですわ(笑)尚、日本でのアメコミの相場は約六百円。どんだけぶっ飛んだ商品構成か、言うまでもないですね。

apokarisinml3.jpg
apokarisinml4.jpg
apokarisinml5.jpg

 ただ、さすがのトイビズもサービスしすぎたのか、シリーズ13ではボーフィギュアのサイズが縮小されてしまいます。ジャイアントマンシリーズはともかく、シリーズ14・15がどんなサイズで来るのか、ちと不安といったところ。

apokarisinml6.jpg
apokarisinml7.jpg
apokarisinml8.jpg

 なお、今現在マーブルコミックスの版権を所有しているトイビズは今年度で撤退します。来年からはスターウォーズでおなじみのハズブロに版権が移り、商品が展開される模様。マーブルレジェンドシリーズは継続するとのことですが、ハズブロの実力では不安ばかりが先立ちます。お世辞にも造形がいいとは言えないし(価格帯によって違うけど)、可動にいたっては壊滅状態。ブリスターで飾っていたいたほうがマシというもの。う~む、お寒いことになりそうです。

apokarisinml9.jpg

 サイズ比較。

apokarisinml10.jpg

 人間がフィギュアいじるのと変わらんですね(笑)

apokarisinml11.jpg
apokarisinml12.jpg
apokarisinml14.jpg
apokarisinml15.jpg

 アポカリプスでした。出来はいいんですが、アポカリプスを含めてシリーズ12は関節強度がちょっぴり怪しいので、そこがマイナスポイントかなぁ。といっても、現在ではコンプリートするのが難しい状況ですが^^;ウカウカしてるとすぐに売り切れてブツが手に入らなくなるのが、アメトイのネックかな。お買い物には「アメトイを楽しむために~その二」を参考にしてくだされ。

←1400円で販売中!
スポンサーサイト

テーマ : おもちゃ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

黙示録の男。

 ほんとにこれでオマケなのかっ?! と思わず唸ってしまうビルドフィギア第三弾アポカリプスですね。
 上半身に関しては仰っている通りかなりいい出来で、そのままでもスタチューとして十分に飾れますよね。ただ、その反面下半身がやや細すぎるとような気がします。もうちょい太くしてほしかったです。
 また足の強度はほんとに弱めですね。僕のアポカリプスも何度も倒れて、部屋に飾っていた時はその音で目を覚ましたこともありました。
 ちなみに保管場所は押入れです。オンスロートは見ているだけで不憫なので、先ごろダンボールに封印してしまいました。
 ハスブロ版は僕も期待していないです。マーベル担当のスタッフが丸々移籍して、造るのなら話は別ですけど。
 モジョーとモードックはともかくジャイアントマンは楽しみです。
 

アポカリプス追記

 アポカリプスの初登場はエンジェルをアークエンジェルに改造し、部下として引き連れてきた時のエピソードです。
 そのエピソードにおいてアークエンジェルはそうそうに部下をやめてしまいますが、アポカリプスはよほど気に入ったのか、後のエピソードにおいて散々「息子」呼ばわりします。
 こんなとんでもない奴に息子呼ばわりされてアークエンジェルのさぞかし迷惑だったことでしょう。
 それとスパイダーマンクラシックのサンドマンが秋葉原のソフマップフィギア館で1040円、イエローサブマリンで1470円で売っています。映画版はかなりデザインが異なると思いますが、”TOYBIZのサンドマンがいいんだっ!!”とお思いでしたら、購入をお勧めします。
 ギミックはMr,ファンタスティックと同じく腕の差し替えだけなので、かなり動きますし、造詣も折り紙付きです。

 返信送れて申し訳ないです~

 アポカリプスはバタバタ倒れますよねぇ。床とフィギュア両方にダメージが。下半身と上半身のバランスもあるんでしょうねー。まぁ、ただでこれだけのフィギュアが手に入るんだからよしとしますか。
 ジャイアントマンは楽しみですねー。他の二種は……大きさがちょっと不安^^;

 サンドマンですかぁ。ちょっと考えてみますw
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。