スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミナギ生きてた~ゼーガペイン

 週のゼーガペインも面白かったですねー。と、今更ながらに言ってみる。毎度どうも、だっちゃんです。

 まずは、カミナギ生存オメということで。これからの話は彼女をどうやって復活させるかで動いていきそうですね。いきなり復活ってことはないでしょう。彼女が復活するとゼーガペインが無敵モードに入っちゃうし(笑)シズノとの三角関係も処理が難しくなりますしねー。カミナギの復活に関しては、今後の展開に期待ですな。
 ただ、今回気になる点がいくつか。まずは主人公のキョウ。前半はカミナギを失ったと思い込むキョウがひたすら鬱々としているわけですが、キャラクターが一人で悲しんでいて、どうにも話に入り込めなかったんですよね。視聴者の共感を得る前に、キャラクターが突っ走って泣き叫んでるって感じかなぁ。ラストのカミナギ生存のオチを際立たせるためには、キョウの感情移入できなさっぷり(苦笑)も必要だとはわかるんですけどね。
 いやね、今週の話って大体の人が退屈だとか、キョウうぜーとか思ったと思うんですよ。設定の説明も物凄く面白いとは言いがたかったですし。で、視聴者のフラストレーションが極限まで高まったところに、カミナギ生存の朗報&EDというインパクトを用いることで、全てをチャラにしようという構成だったんですな。というか、私がそう思っただけなんですけど(笑)だって、カミナギ生存の報せまで本当に退屈だったんだもの……
 ここで問題になってくるのが、ゼーガの面白さのほとんどが瞬間的な衝撃であること。アークの死であったり、カミナギの死&生存報告であったり。瞬間的な面白さや刺激を与えられても、次のインパクトを用意できなければ話は死んでしまう。その事実を、今回のエピソードが象徴している気がします。次なるインパクトへの伏線はもちろん張ってあるわけですが、それが話に生きるかどうかはまた別。今のところ瞬間的な面白さを話に完璧に生かしているとは言いがたいような。
 とまあ、面白くなってきたからこそ気になってきた点をつらつらと書いてみました。もうちょっと脚本の練度を上げられれば、ゼーガは今以上に化ける作品だと思います。来週にも期待。




 アポカリプスの紹介をしてくださった皆様、ありがとうございました。今回はまとめてのお礼とさせていただきます。申し訳ありませんです(汗)

←主題歌(TVサイズ)収録!
スポンサーサイト

テーマ : ゼーガペイン
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

「死んだり生きたり…便利よねアニメって…」

 とは言え、やはり嬉しいものです。カミナギ生存おめでと~♪とこちらも今更言ってみる。(ホントに今更だなォィ)
 シズノ先輩の頑張りのお陰ですねぇ…先週は呪ってるとか言って本当に申し訳ない。

 今週のキョウは、言われてみれば…といった感じ。どちらかと言うと、キョウ視点と言うより、予定調和に持ち込もうとするセレブラント視点だったような気もしてきます。(ぉぃ

 さて、予定調和のお陰か、ベッタベタと伏線貼りまくられましたねぇ…これからそれらをどう回収していくかでしょうね。
個人的には近未来版ビルゲイツが、あんな高性能な生物兵器を用意できるなんて、どういうコネ持ってんだよ?ってとこにウケましたが(笑)。

 さて、カミナギはどう復活するんでしょうかね?キョウみたいにマイハマサーバーに戻して覚醒を待つようなのではダレるの確定だし、何より次回のサブタイがリインカーネーションだし(汗)。
どうなることやら…

 コメントありがとうございます~

 先週も伏線貼られてましたね。まだ半分近く残しているので、いい感じで回収できるんじゃないかなと思います。

 カミナギの復活の扱い方で作品の評価も変わってきそうなんで、慎重に扱って欲しいですねぇ。明日がどうなるか楽しみですw
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。