スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの側にいることが、私の一番大切であります

 今日は久しぶりにエウレカ小説更新。いやー、50万ヒット企画を何かしようと思ったんですが、ウチは金がないもんで(ぇー
 いやまぁ、アマゾンのギフト券1000円くらいなら提供できないこともないんですが、そんなみみっちいことをしてもなぁとゆーことで、ウチの看板だったエウレカセブン関連のコンテンツを更新しようと思った次第であります……短いけどね(最悪)ま、まぁ、その分、サクッと読めるようになったと思いますですよ? 続きは多分、来月の頭くらいに更新できるかなー。息抜きで書いてるんで、どうしても進行速度がね。ガッツリやれば、三日ぐらいで終わらせられるんですけど……その辺は勘弁してくださいということで。

 鉄のタマシイさん、天羅ブログさん、50万ヒット祝辞ありがとうございます!

 では、今日はこの辺で。小説はmoreを押せば読めます。

 ※前回までのお話は、こちらをドウゾ。



 どれくらいの時間が経ったのだろう。私には、何も見えない。何も聞こえない。私を包む闇が、徐々に濃くなっている。
闇に溶けていく。私は溶けていく。

 このまま闇に身をゆだねたら、どんなに楽だろう。きっと私は、もう何も感じないで済む。人を殺す瞬間の感触も、自分が人間ではないことも、きっと忘れられる。

 嫌なことを全て、忘れられる。それはとても楽なことだ。

 死のう、か。皆一緒に、死のうか。辛いのは一瞬だよ。死んでしまえば、楽になれる。そうだよ。皆、私と一緒に死のう。

 ……どうしてだろう。楽になれるはずなのに、涙が出てくる。胸が熱いよ。

 ああ、そうか。私が死ねば、皆も死ぬんだ。コーラリアンの皆に、もしかしたら人間も死んでしまうかもしれない。

 私の好きな人も、死んでしまうかもしれないんだ。

 だったら私は、このままでいい。好きな人をこの手で守れるなら、きっと耐えられるよ。

 でも、でもね。もう、心が闇に溶けそうなの。

 だから……私が私でいられるように、君の名前を呼ばせて。

 ――レントン。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごい、おもしろいです。

すごいです。引き込まれますね。
当方、エウレカセブンの二次創作ものを扱っております。
よろしかったら遊びにきてくださいね。

 コメントありがとうございます~
 遅々たる更新ペースで申し訳ないです、ハイ^^;
 ブログ、遊びに行かせていただきました。エウレカのMADとかあるんですねぇ。時間がある時にゆっくり楽しませてもらいます~
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。