スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷれびゅーず

prebilste.jpg

 ぼ一週間遅れでようやく新刊が入荷したブリスターで(遅すぎ)、狙っていたコミックをゲット。ついでにプレビューズをもらってきました。いつもはコミック買っても何も言わないのに、今回に限って「いりますか?」と聞かれたので遠慮なくいただきましたw
 いや、別にコミックの情報なんて各出版会社のHP見れば事足りるよなーとか思ってたんで、今までスルーしてきたんですが……

 ごめんなさい、私が間違ってましたOTL

prebilste4.jpg
prebilste3.jpg

 プレビューズとは、アメリカサブカルチャーのカタログ誌。アメコミからアメトイ、果ては日本のアニメ・漫画までずらっとカタログに掲載されています。その分量は500ページ超。もちろん、フルカラー。おまけに、無料(笑)
 中にはコミックのプレビューを載せてる作品なんかもあって、読み応えは抜群。カタログなんで、わざわざ電子辞書を引くほどでもないし。中学生くらいでも、カタログをざっと読み流すことくらいは出来るんじゃないかなぁ。そもそも、500ページもあるから全部の紹介文は読んでられないし(苦笑)

prebilste2.jpg

 でまあ、読んでいくと欲しいコミックが沢山出てきて大変なことに^^;普段はスルーしてるウィッチブレイドとか、無性に欲しくなってきちゃった……ちなみにウィッチブレイドは元々アメコミのキャラクターですからね。あんまり知られていないようなんですが(苦笑)ちゃんと原作の普及活動もしろよなー、まったく。原作のデザインの方がエロくて格好いいし。

prebilste5.jpg

 一番驚いたのは、日本の漫画が想像していた以上に向こうに侵食してることですかねー。かなりの分量が輸出されていて、ハヤテのごとく!やげんしけんなど、アメリカ人が見ても面白くないだろ(笑)ってな漫画まで英訳されてるみたい。他にもアニメ版ゲットバッカーズやジーンシャフトなど、むしろ輸出して欲しくないコンテンツまで海の向こうを渡っているようで、相当節操がない状況になりつつあるような気がしました。いや、現地に住んでいるわけじゃないから詳しいことは分からないんでけどね。とにかく、日本におけるアメコミの状況とはまったく比べ物にならないほど漫画は進出している模様。近年、アメコミのTPB(単行本)化が進んでいるのも日本の漫画の影響だと言いますしねー。あちらの出版社も頑張って日本の市場を開拓して欲しいもんですわ。

prebilste6.jpg

 プレビューズの話はお終い。興味のある方はブリスター豆魚雷に入手方法が書いてあるので調べてみてください。

 今回買ったアメコミは以下の五点~

 ・CIVIL WAR 3(これのみ池袋まんがの森にて購入)
 ・CIVIL WAR FRONT LINE 4
 ・THE AMAZING SPIDER-MAN 534
 ・YOUNG AVENGERS & RUNAWAYS 1
 ・BLACK PANTHER CIVIL WAR CEASE-FIRE

 狙いをつけていたYOUNG AVENGERS & RUNAWAYS 1・BLACK PANTHER CIVIL WAR CEASE-FIREが買えてホクホクでした。しかし、同時に入荷されたはずのNEW AVENGERSが既に売り切れ。入荷日の午前中に売り切れるって、明らかに入荷数が少なすぎるぞ、ブリスター。まぁ、どうせキャップの仲間探しの旅だったろうから買わなくてもいいんですが(ぇー
 ちなみにNEW AVENGERSの前号ではキャップがハンク・ピム(ジャイアントマン・アントマン・イエロージャケットなどヒーロー名は複数)に助けを求めにいったものの、S.H.I.E.L.Dの待ち伏せにあって敗走するというストーリーが展開。かつてのチームメイトとの間に亀裂が入ったのでした。
 CIVIL WAR 3ではそれが更に加速して、アイアンマンとキャプテンアメリカのガチンコバトルが勃発。これがまた酷い(笑)というのも、アイアンマンの罠でキャップ率いるシークレットアヴェンジャーズが誘き出される→アイアンマン、キャップを説得→キャップ、アイアンマンに不意打ち。アイアンマン倒れる→アヴェンジャーズ対アイアンマン連合(スパイダーマンなど)→復活したアイアンマン、キャップを急襲。ボコボコに叩きのめす。正々堂々なんて言葉を忘れてしまったかのような戦いっぷりに唖然。何だか凄いことになってきました。マジの殺し合いに発展しそうですよ。まぁ、ラストでマーヴェルユニバース最強クラスの雷神ソーが復活したので、戦いはうやむやになりそうではありますが。

 で、THE AMAZING SPIDER-MAN 534ではキャプテンアメリカとスパイダーマンの一対一のバトルが展開。キャップとの戦いに迷いを見せるスパイダーマンが描かれます。アイアンマンを裏切りそうな勢いだなと思って読んでいたら、どうやらそうなるみたいですね^^;次号の表紙がアイアンマンをぶっ飛ばすスパイダーマン。もう、滅茶苦茶です。どうなっちまうんでしょか、このクロスオーバーは。いい意味でも悪い意味でも目が離せません。

 CIVIL WAR FRONT LINE 4ではグリーンゴブリンが登場。スパイダーマン誌に絡んでくるんでしょうかねぇ。

 YOUNG AVENGERS & RUNAWAYSは若いヒーローユニット同士のクロスオーバー作品。漫画のヒットを受けて生み出されたマーヴェルユニバースのニューフェイス・RUNAWAYS目当てでゲットしました。YOUNG AVENGERSと共に若さ溢れる面子が魅力的です。歴史が浅いから入り込みやすいし。といってもどちらもコミックで見るのは初めてなんですが(苦笑)RUNAWAYSはすぐにコミックが売り切れるから、いつも空の棚を見つめてたんですよねー。
 ストーリーは両チームの顔合わせといったところ。表紙のメンバー紹介くらいしか見てないです^^;しかしメンバー紹介だけでも面白いんですわ。RUNAWAYSのメンバーの生い立ちが滅茶苦茶だから(笑)邪悪な魔法使いの娘、エビルミュータントの娘、キラーロボットの息子(ロボットの息子って……)、エイリアンインベーダーの娘などなど、とにかくぶっ飛んでます。彼らの親が悪人だとは聞いていましたが、こんなに多彩な面子だったとは。恐竜までいるし。RUNAWAYS本誌のTPBを買い漁ってみようかなー。

 BLACK PANTHER CIVIL WAR CEASE-FIREはブラックパンサーとXメンのストームの結婚式。ブラックパンサーの盟友アイアンマンとキャップが同時に登場して、一触即発の場面も。時系列がちょっとわからないんですが、CIVIL WAR本誌より過去の話なのかな? ちと混乱ですわ。とにかくまあ、結婚記念でゲット。ストームはこれからずっとブラックパンサーと一緒なんですかねー。何だかメインストリームとかけ離れているような気がしなくもありませんが^^;

←CIVILWARのプロローグ?
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。