スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOUSE OF M #1

houseswmcp.jpg

 カーレットウィッチ。本名、ワンダ・マキシモフ。Xメン最大の宿敵の一人であるマグニートーの一人娘にして、強力な魔力を持つミュータント。以前はマグニートーの元で悪のミュータントとして活動していたが、改心。マーヴェルユニバース最強のヒーローチーム・アヴェンジャーズへと、弟のクイックシルバーと共に加入する
 強大すぎる彼女の魔力は、自らの思うがままに現実を作り変える〝現実改変〟をも可能にする。かつてワンダは夫・ヴィジョン(人造人間)との間に子供を渇望し、現実改変能力によって双子を作り出したこともある。その双子は彼女の魔術の師・アガサによって消去された。その記憶は長い間封じられていたが、何らかの理由によって記憶の封印が解除されてしまう。自らが産み落とした双子が消去された痛みに怒り、そして悲しみに狂うワンダはその能力を暴走させ、アヴェンジャーズの半数を死に追いやるのだった。その中には、夫ヴィジョンも含まれていた。
 それから六ヵ月後……

 HOUSE OF M#1

 ジェノーシャ。マグニートーが元首を務め、大勢のミュータントが虐殺された地。
 荒廃したその土地で、双子を出産するワンダ。その周りには父エリック(マグニートー)や弟のピエトロ(クイックシルバー)、そして夫のヴィジョンがいる。新たな命の誕生を喜ぶワンダとその家族たち。そこへチャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)が現れる。チャールズはワンダに言う。
今すぐ世界を元に戻すのだ
 すべてはワンダの能力が作り出した偽りの存在。プロフェッサーによって能力を解除されたワンダは、泣き叫ぶ。私がアヴェンジャーズを殺した、夫を殺したのよと

 ワンダの抑制に力を使い、疲弊するプロフェッサーの元を訪れたのはマグニートーこと、エリック。Xメンとの戦いに敗れた彼に、かつてのような強靭な「ミュータントの理想郷を作る」という意志はない。プロフェッサーと共にジェノーシャの復興を目指している。
 プロフェッサーはエリックに、ワンダの状態を告げる。幸せな家庭を求めるあまり能力を乱用し、精神の均衡を失っていくエリックの娘のことを。磁界の帝王マグニートーとして人類と戦ってきたエリックは「すべて私の責任だ」と呟く。
 私の生き方が、子供たちを狂わせたのだと。(ワンダとピエトロが部下だった時、エリックは彼らが実の子供だとは知らなかった。また、アヴェンジャーズとして活動するピエトロを殺しかけたことも)
 己を責める磁界の帝王マグニートーは、空へと消えていく。

 スタークタワー。ワンダの能力によって破壊されたアヴェンジャーズマンションの代わりに、今はスタークタワーがアヴェンジャーズの本拠地となっている。
 そこに集う旧アヴェンジャーズ・新アヴェンジャーズ、そしてXメンの面々。彼らを集めたのはチャールズ・エグゼビア。その理由は、スカーレット・ウィッチ――ワンダの処分を決定するためであった

 一方その頃、超高速での移動を可能とするクイック・シルバー――ピエトロは姉の側で涙に暮れていた。彼はその能力によって、スターク・タワーでの出来事を認識していた。父エリックに、姉さんが殺されると叫ぶピエトロ。エリックは彼らが正しいのだろうと答える。だが、ピエトロの怒りは止まらない。
俺は命をかけて姉さんを守ると誓ったんだ。最初はあんたから。今度は彼らから守らなくちゃならないと言うのか? 家族同然のアヴェンジャーズから! あんたは娘が殺されてもいいのか!?
 己に泣きすがる息子に、エリックは静かに問う。
 私にどうしろと言うのだ。

houseswmcp2.jpg

 ピエトロは答えられずに泣き崩れる。エリックもまた、歯を食いしばるしかなかった。

 スタークタワーではワンダの処分を巡って議論が起きていた。ワンダの処刑を唱える、ミュータントのエマ・フロスト。ワンダの現実改変能力が制御不能と人間に知られたら、ミュータント全体が危険に陥ると彼女は言う。ニューアヴェンジャーズの一員、ウルヴァリンもエマの意見に賛同する。チームメイトでもあり、友人でもあるスパイダーマン(人間)の「もし僕の能力も制御不能になったら、君は僕を殺すのかい?」という問いかけに、ウルヴァリンは頷く。
 エマに反対するのは、キャプテンアメリカを中心とした人間の旧アヴェンジャーズ。仲間をワンダに殺された彼らだが、未だに彼女のことを家族のように思っているのだ。
 議論は平行線を辿り、ワンダ本人に会ってから処分を決めることに。

 ジェノーシャを訪れる一行。だが、そこにワンダの姿はなかった。ピエトロとエリックの姿も。ワンダを探す内に、プロフェッサーが忽然と姿を消す。何者かによって、拉致されたのだ。ワンダを守ろうとする家族の手によることは、間違いない。彼らの行方を突き止めたエマの先導で、一向はとある巨大な門の前にたどり着く。門の向こうにワンダたちがいるのは間違いなかった。スパイダーマンはプロフェッサーが拉致された際に〝スパイダーセンス〟が反応しなかったことを皆に告げる。スパイダーセンスは、どんな危険をも察知する超感覚である。何故、プロフェッサーが拉致された際に、スパイダーセンスは働かなかったのか? だが、スパイダーマンの言葉を誰も聞いていない。皆、門に魅入られたかのように固まっている。異変に気づいたスパイダーマンは門へ視線を向け――巨大な光に包まれる

 光が収まった後、スパイダーマン――ピーター・パーカーはベッドで目を覚ます。傍らには、金髪の女性。女性はピーターの伴侶だ。その名は、グエン・ステイシー

 グリーン・ゴブリンとの戦いに巻き込まれて死亡した、ピーターの元恋人である――

to be continued HOUSE OF M#2




 先日購入したHOUSE OF Mがあまりにも面白かったので、今日から八回に分けて紹介。見所は何と言っても、マグニートーの家族たち。そして、ワンダの悲劇性。端正なアートも手伝って、彼らの抱える苦悩が画面から滲み出てきます。アクションシーンは少ないですが、台詞のやり取りは見所たっぷり。是非とも電子辞書片手に読破して欲しいところ。それから、女性キャラクターが可愛いんで(笑)、日本人にも読みやすいかと。
 初見の人が混乱するであろう脇キャラクターの名前は一切排除し、背景を簡単に語ったつもりですが、疑問のある方はお気軽にコメント欄へ。

←HOUSE OF M全話を収録
スポンサーサイト

テーマ : オススメ!
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「HOUSE OF M」、あらすじでも十分な読み応えです。スパイダーマンとウルヴァリンのやり取りだけでも読みたくなりました。

電子辞書翻訳にトライしてみたいですが、どこか日本語版を発売してほしいです・・・。

家族は大事だね。

 今年のTOYBIZから発売予定のギフトパックにラインナップされていた時から「どんな内容なんだ?」と気になっていたのですが、まさかマグニートー親子が中心の話だったとは・・・・・アヴェンジャーズの半分が死んだとのことですが、キャップや社長を殺しちゃうとマズいでしょうからやっぱりホークアイやワンダーマン辺りでしょうか。
 ちなみにギフトパックは購入決定済みです。社長が武器だけでなく飛行ユニット付きというとっても素敵なので。

 コメントありがとうございます~

 >猫さん
 修正しておきました^^;

 >洋平さん
 邦訳は絶望的ですねぇ。ほとんどの出版社がアメコミ翻訳から撤退したきりなので……

 >サンスターさん
 ギフトパックは私も購入予定に入れています。発売延期でどのくらいになるかわかりませんが^^;
 死亡したのはアントマンとホークアイ、ヴィジョンの三人ですね。他にもワスプが意識不明の重態に陥っています。身も蓋もない言い方をすると……看板タイトルのない方々(もしくは現代では看板として成り立たない)がリストラされてしまったようです(苦笑)
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。