スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANNIHILATION SILVER SURFER vol.1



 ルバーサーファー。本名、ノリンラッド。母星を救うために、星を喰らう魔神ギャラクタスの手下――ヘラルドとなった彼は主人の飢えを満たすために地球を選定した。母星を救うために、サーファーは他の星を犠牲にしなければならなかったのである。だが、アリシア・マスターズとの出会いによってサーファーはギャラクタスに反旗を翻した。地球のヒーロー・ファンタスティック4と共にギャラクタスを追い返し、サーファーはヒーローの一員となるのだった。
 ギャラクタスと和解し、宇宙を自由に駆け巡っていたサーファーは、ネガティブゾーンの支配者アニヒラス率いる艦隊が蹂躙したザンダーを訪れていた

ANNIHILATION SILVER SURFER vol.1

annihilationsilversurfurepifirst2.jpg

 ザンダーの残骸舞う宇宙を駆けるサーファーは、今も尚どこかで異変が起きていることに気づく。そこではアニヒラスの部下レイブンアスと、アンドロイドにしてギャラクタスのヘラルドであったガブリエル・ザ・エアウォーカーが戦いを繰り広げていた

「ロード・アニヒラスはお嘆きになることだろう。ガブリエル・エアウォーカー……ギャラクタスのヘラルドだったアンドロイドよ、俺を失望させるな」
「お前の主人、アニヒラスは高いツケを払うことになるぞ……ザンダーを破壊するとは。十億だぞ、十億が死んだ。何のためにこんなことを!」
「エアウォーカーよ、俺に教えてくれないか。一体いくつの星をギャラクタスに捧げた? 何十億人の命を、ヤツの空腹を満たすために選定したのだ?」
「ギャラクタスは銀河のバランスを取っている。必要だからこそ、彼は星を喰らうのだ!」
「俺とお前が違うようには思えないがな。ここで十億人死んだ、お前も十億人を主人に捧げた。それだけのことだ。さあ、降伏しろ」

 レイブンアスに組み伏せられるエアウォーカー。だが、そこへシルバーサーファーが現れ、レイブンアスとサーファーとの戦いが始まるのだった。レイブンアスはアニヒラスから、サーファーやエアウォーカーのようなコズミックパワーを持つヘラルドの捕獲命令を受けていた。コズミックパワーは宇宙に満ちる無限のパワーである。
 コズミックパワーがあるからこそ、サーファーは絶大な力を振るうことが出来る。だが、レイブンアスはコズミックパワーと対を成す力を備えていた。オポジングフォースである。レイブンアスと彼が使役する獣クルスに追い詰められたサーファーは一瞬の隙を突き、コズミックパワーを爆発させると、ガブリエルを連れて逃走するのだった。

annihilationsilversurfurepifirst3.jpg

 満身創痍のガブリエルはサーファーに、ザンダーの崩壊と彼らヘラルドが捧げてきた星の崩壊は同じだと言う。アトロシティのようだと。
 それだけ言うと、ガブリエルの体がショートを起こし始める。

「奴らは俺が機械だとは知らない。アンドロイドと勘違いしているんだ。奴らとは文明レベルに差がある。そこを利用すれば……考えろ、サーファー。君がどうするべきか。それとも、君の周りの死に無関心を貫き通すつもりなのか?

 そう言い残し、機能停止するガブリエル。

君の体を奴らに弄ばせたくはない……安らかに眠れ、我が友よ

 ガブリエルを跡形もなく破壊し、サーファーは宇宙へ飛び立っていく。

 スクラル帝国へと辿りついたサーファーは、多くのスクラル星人の遺体を目にする。

「以前にも似たような光景を見たことがある……ギャラクタスに星を捧げていた頃と同じだ。だが、これは悪意に満ちている。同じではない……」

 同じではない……そう言いながらも、サーファーは過去の己の所業を思い出していた。ヘラルドとして、数多くの星を主人のギャラクタスに捧げていた日々のことを。アニヒラスと自分は同じではないのか――サーファーは苦悩する。
 サーファーはまた、遠かりし日のことを思い出す。アリシア・マスターズとの会話だ。

「私たちの星は危険に晒されているわ。でも、私には確信があるの。あなたには私たちを救う力があると」
「ギャラクタスに反逆しろと? 考えられない」
世界が破壊される様を、あなたは黙って見ていられるの!? あなたに気高さを感じたのは間違いだったようね……」

 世界が破壊される様を、看過できない。何よりも、アニヒラスの虐殺とギャラクタスの〝食事〟は根本的に違う。ギャラクタスのそれは生きるために必要なことだが、アニヒラスの虐殺には何の意味もない。アニヒラスと自分は同じではない。自分にそう言い聞かせ、サーファーは迷いを断ち切った。

annihilationsilversurfurepifirst4.jpg

アニヒラスを止めなければならない!
 シルバーサーファーはコズミックパワーを漲らせ、宇宙を駆け抜けていく――

to be continued ANNIHILATION SILVER SURFER vol.2




 マーヴェルコミックスでは現在二つのクロスオーバーが進行中。スーパーヒューマン登録制度を巡るシビル・ウォーと、アニヒラスが巻き起こす大破壊に宇宙のヒーローたちが立ち向かうアニヒレーション。今回はそのアニヒレーションの前章とでもいうべきミニシリーズを紹介しました。前回のアニヒレーションプロローグの続きですね。他にロナン・スーパースクラル・ノヴァといったコズミックキャラのミニシリーズがあり、全てがアニヒレーション本編へと繋がっていきます。ウチで扱うミニシリーズはシルバーサーファーのみ。アニヒレーション本編はサーファーのミニシリーズを紹介し終えてからってことになります。

 今回のお話はサーファーがアニヒラスとの対決を決意するまで。大きな展開はないんですが、アニヒラスの目的(コズミックパワーの収集)やアニヒラスとギャラクタスの対比などがそこそこ面白かったかなと。私はアニヒラスと同じではないと苦悩するサーファーさんが素敵。最後も結局、自分を誤魔化すような感じで無理矢理突っ走ってるし(笑)実際問題、サーファーはギャラクタスの行為(惑星の捕食)を完全肯定している訳ではないってことが、ミニシリーズ最終章で明らかになるんですよねぇ。まぁ、その辺はおいおい語っていくとして……カバーがちびりそうなほどに格好いいんですが! カバーのアーティストが中身も担当してくれたら最高なんだけどなぁ。

←サーファーのボブルブディーズ
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。