スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GEN13 今昔

gen1315.jpg

 EN13は、ジム・リーが立ち上げたワイルドストームという会社の作品で、当時はイメージコミックスから発売されていました。
 イメージコミックスとは、MARVELコミックスから独立を図ったアーティストたちが集い、創立した会社です。当初は各アーティストごとに自作品のキャラクターを他の作品に出演させるなどしてイメージユニバースの構築に務めていたようですが(SPAWNのアル・シモンズを殺したのがヤングブラッドのチャペルだったり)、アーティスト同士の仲が悪かったり、SPAWNの一人勝ち状態になったりと、色々な問題があって散り散りに。設立当時の作品で連載を続けているのはスポーンとサベッジドラゴンくらい。(シャドーホークも復活したのかな?)イメージもう一つのレーベルであるTOPCOWもMichael Turnerと喧嘩して、Michael TurnerがASPENコミックスを独自に立ち上げたりと結構ぐちゃぐちゃ。

 ワイルドストームも結局イメージコミックスとは決別し、DCコミックスに買収されました。ジム・リーはどうも経営が下手だったらしいですな。ジム・リーがバットマンHUSHでアーティストとしてカムバックしたのもこの関係です。
 でまあ、そのゴタゴタ&人気の低下でアメコミ界から姿を消していたGEN13が今年復活と相成りました。

gen1310.jpg

 初代GEN13はフェアチャイルドを残して爆死、その後二代目GEN13の働きで復活という凄絶な末路を辿ったようですが、私の手元にあるのは邦訳版第一巻なので、その辺は置いておいて。
 初代GEN13の第一話は割りと軽いノリでストーリーが進んでいて、機能紹介した新GEN13とは大分毛色が違っています。旧シリーズがフェアチャイルド中心にして話を展開させているのに対し、新シリーズでは五人それぞれの背景を語ることで物語に厚みを持たせています。また、新シリーズは両親の殺害・五人は虐げられてきたという暗い要素を持ち込んでいて、旧シリーズとは大分毛色が違います(少なくとも、第一話では)。また、サービスシーンたっぷりの旧シリーズに対し、新シリーズは控えめ……というか、皆無。邦訳版の帯にある「超強化人間!? 正義と真実ぅ? わたしたちそんなのガラじゃないんだってば!!」とは似ても似つかないですな(笑)

 さて、旧シリーズのGEN13は超人兵士作製計画・プロジェクト ジェネシスの第十二世代GEN12の子供たちという位置づけ。新シリーズではメンバーの実の親が登場してないので、旧シリーズの設定を引き継いでいるかもしれませんね。
 メンバーの外見も旧シリーズからほぼ引き継いでおり、フェアチャイルドは性格・外見ともに昔と変わらず。

gen1311.jpg

 ロキシーことフリーフォールは、旧シリーズではメンバー中でもノリのいいキャラクター。センチメンタルなティーンエイジャーといった趣の新シリーズとは大きく異なっています。共通点は、タバコ好き(笑)?

gen1312.jpg

 ボビー・レーンは外見が最も変化したキャラクター。旧シリーズでは寡黙なオッサン(ティーンらしいけど、そうは見えない)だったのに対して、ドレッドヘアの少年に大変身。性格はロキシーと同じく、暗くなってます。プラス、協調性がない模様。

gen1313.jpg

 サラ・レインメーカーは相変わらず、レズビアンみたいです(笑)彼女もやっぱ、ちょっと暗めに性格がセットされてます。

gen1314.jpg

 グランジは旧シリーズとまったく変わりませんねー。性格・外見ともにまんま。

 旧シリーズ初期のアーティストはJ・スコット・キャンベル。色の乗せ方に古さを感じますが、今見ても魅力的な絵デス。対する新シリーズのアーティストは「鼻と口を大きくしたマイケル・ターナー絵」って感じ。実際、マイケル・ターナーのアシスタント経験者みたいです。カットによってはいい絵を描いてくれるんですが、やっぱり鼻が気になってしまう(苦笑)慣れていくしかないのかな。

 ちなみに昨日のコミック紹介トップの画像はJ・スコット・キャンベルのバリアントカバーです。昔に比べて、大分洗練された感じ。いっそのこと、この人がアーティストを(ry

 それはさておき、これからが楽しみなシリーズであります。旧シリーズとの比較のために、一巻だけじゃなく邦訳版も集めておきますかねぇ。

←旧シリーズTPB
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

不躾で申し訳ないんですが イメージコミックスの会社の所在地 知りませんか? 知っていたら是非教えて下さい お願いします
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。