スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOYBIZ MarvelLegends FACE-OFF キャプテンアメリカVSレッドスカル

captainamricafeceoff2.jpg

 イビズ後期にリリースが開始された、主役とライバルをセットにしたFace-Offシリーズから、キャプテンアメリカVSレッドスカルをピックアップ。残念ながら、ハズブロに版権が移ると同時にシリーズが打ち切られてしまい、このシリーズは第二弾までで終了してしまいました。もっとも、キャップ・社長・デアデビル・ハルク・ウルヴァリン・パニッシャーと有名どころが発売されたので仕方のない部分もありますが。あとは、ソーVSロキとかマグニートーVSプロフェッサーとか? 最初はシリーズ打ち切りで、「ハズブロ、マジで馬鹿」と思ったりもしたけれど、妥当な判断だったのかもしれません。
 ちなみに、ハズブロへの版権以降の際にミクロマンサイズのマーヴェルショウダウンも打ち切り。これは勿体無い。

 ぐだぐだ言っていても仕方がないので、レビューです。
captainamricafeceoff.jpg

 プロポーションはいつものレジェンズですが、仕上げが丁寧。目だった塗装のはみ出しはないし、トレードマークのシールドの出来も申し分ないです。背中に空いた、スタンド用の穴はご愛嬌。

captainamricafeceoff3.jpg
captainamricafeceoff7.jpg
captainamricafeceoff9.jpg

 肩の引き出し・抜群の設置性と、出来はレジェンズシリーズの中でも高ランク。

captainamricafeceoff4.jpg

 付属のスタンドを使えばポージングの幅も広がります。最近のレジェンズはそれ単品にスタンドがついていなくても、スタンド用の穴が空いているのだけど、ハズブロ版はどうなんだろう? 個人的にはシリーズ10のスタンドがあまりまくり&フェイスオフのスタンドもあるので、空いていて欲しいですなぁ。まぁ、代理店が決まらない今の状況&ハズブロクオリティのレジェンズは買わんと思いますが^^;

captainamricafeceoff5.jpg

 S.H.I.E.L.D.に追われてビルを飛び出すキャップ……の、つもり。

captainamricafeceoff8.jpg

 スタンドを利用して、シールドを投げるお決まりのポーズも取らせてみました。やっぱ、スタンドがあると遊びの幅が広がりますわぁ。

captainamricafeceoff10.jpg

 お次はレッドスカル。プロテクターが格好いいのですよ。ただ、欲をいえば、もうちょっとマッチョ分が欲しかったかなぁ。付属のアメコミでは、もっとムキムキ体形だったので。

captainamricafeceoff11.jpg
captainamricafeceoff12.jpg

 肩の引き出し機構及び、足首の横可動なし。キャップに比べると可動範囲は落ちますが、それでもよく動くアクションフィギュアには変わりなく。

captainamricafeceoff13.jpg
captainamricafeceoff14.jpg

 ナイフが付属。ちょっち、保持しづらいかな。

captainamricafeceoff15.jpg
captainamricafeceoff16.jpg

 台&スタンドを絡めて。

captainamricafeceoff17.jpg

 対決。

captainamricafeceoff18.jpg

 対決。

captainamricafeceoff19.jpg

 対決っ!
 うはー、やっぱりライバルキャラがセットってのはデカイですわ。遊び応えたっぷり。台座がまた芸コマなんですわ。戦いを物語るかのように、薬莢が落ちていたりして。

captainamricafeceoff20.jpg

 フェイスオフ・キャップ&レッドスカルでした。出来は折り紙つきなのですが、如何せん入手が困難です。店頭で買うのは、ほぼ不可能かもしれません。ハピネットも、もう少し入荷数を増やしてくれるとよかったんですけどねぇ。

 尚、今のところハルク VS リーダーパニッシャー VS ジグソーがハピネットにて購入可能。ハルクは未購入なので何とも言えませんが、パニッシャーVSジグソーは銃器が付属品として六つほど入ってくるのでおススメ。ジグソーの出来が異常に気合が入ってますしw

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

シリーズ最高傑作!!

 発表になってすぐに真っ先に予約しました。ほんとうに両者供出来がいいですね。
 キャップはシリーズ8版を基礎としながらも造詣可動範囲供にヴァージョンUPされ、ほぼ新造といっても過言ではないですね。6インチでは最高傑作でしょう。
 レッドスカルも若干見劣りする部分はあるもののかなり良いできです。僕は以前にも言った通り、ロキの剣を持たせています。付属の剣ではあまりにも小さくて迫力不足ですから。
 ネタ的に長くは続けられないシリーズでしたが、できればアソート3まではやってほしかったです。マスターワークスなんてガレキ造るくらいならそうして方が良かったのでは?

 これが発表された頃には、トイビズ製品が今のように即完売になるとは夢にも思ってませんでした(苦笑)

 シリーズ8のキャップも欲しかったんですが、待って正解だったかも。

 マスターワークスはもうちょっと気合を入れてもらえればイイものになっただろうと思う反面、あの価格設定ではアレが限界かなぁと^^;

これ、買おうと思っていたんですけど、当時財布にお金が入ってなくてですね、2週間後にはもはや手に入りませんでした。
海外でもレアっぽいですもんね。
このキャップは一番の出来らしいので残念です。

 実は私も買い損ねていて、たまたま店頭にしぶとく残っていたものを二ヵ月後ぐらいに発見したんですよ。在庫の少なさは本当に勘弁して欲しいですよね。

 ハズブロではレジェンズの再販も行っていくようですので、もしかしたらこのキャップのリペイント版が発売されるかもしれません。まだハズブロが本格始動していないのでハッキリとしたことはいえないのですが、注目しておいて損はないかも。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。