スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋堂 リボルテックNo.18 ジャイアントロボ



 るべき近未来。人類は第三のエネルギー革命・シズマドライブの発明によって、かつてない繁栄の時を迎えていた。だが、その輝かしい平和の影で激しくぶつかり合う二つの力があった。
 世界制服を策謀する秘密結社・BF団。
 かたや! 彼らに対抗すべく世界の各国から集められた正義のエキスパートたち。国際警察機構。そしてその中に、史上最強のロボット、ジャイアントロボを操縦する一人の少年の姿があった。名を、草間大作。
「砕け、ジャイアントロボ!」
(OVAシリーズ・地球が静止する日アバンタイトルより)

 ついに発売されたリボルテック・ジャイアントロボ。Gロボ厨としては見逃せないアイテムなのです。調子に乗って写真を撮影しまくったので、写真の量がいつもの倍近く。
giantroborevol.jpg

 ってなわけで、サクサク行きます。
 プロポーションは良好。ロボのどっしりとしたデザインを上手く再現しているかと。実際の色はもう少し濃いねずみ色です。ちょっと写真は明るすぎですな。スミマセン……
 全塗装で、ぱっと見の質感は抜群。ちょっと塗料がはみ出している部分もありますが、この価格帯なら問題ないかと。ロケットのオレンジ塗装が抜群に美しいですし。

giantroborevol3.jpg
giantroborevol4.jpg

 首・肩・肘・胴体・両足・膝・足首・ロケットの接続部と、手首以外のすべての関節がリボルバージョイント。山口さん特有の関節はありません。これにはちょっとビックリ。
 肘はカイザーと同じく関節が目立たない方法を取っていますが、肩のジョイントが豪快にむき出しの罠(笑)ただ、このおかげでハッタリのあるポーズを取れるようになっているので全然アリですなー。
 個人的に感動したのが膝の処理。ロボ特有の蛇腹?関節がリボルバージョイントを覆っており、正面からは関節がまったく見えない状態に。本当に蛇腹が動いているみたいなのです。足首も同様。


giantroborevol9.jpg
giantroborevol5.jpg
giantroborevol6.jpg

 付属品は平手のみ。スタンドはついてきません。塗装にコストかけたから、スタンドなしってことなのか……尚、コンボイにもスタンドが付属しないので、これがリボルテックデビューになる人は他のヤツも一個買っておいた方がいいかも。
 肩のジョイントのおかげで、無駄にヘルアンドヘブンのポーズが取れちゃいますw

giantroborevol26.jpg

 今回の平手は劇中シーンの数々を再現できる優れもの。主人を求めてバリヤーに腕を突き出すときのロボの手の平にそっくりなんですわw他にも、大作たちを手に抱える時も、似たような角度なのです。

giantroborevol7.jpg
giantroborevol8.jpg

 胸部ハッチと肩アーマーハッチを開放可能。ミサイルギミックを再現しています。開封後の状態ですと、かなり硬いので注意。

giantroborevol10.jpg

 ロボの重量がかなりのものなので、飛行シーンを再現するためにはスタンドが二つ必要です。一個だと、かなりキツイものが。カイザー、キングゲイナーと出来のいい連中にこのタイプのスタンドが付属してくるので、ついでに買ってしまうのもアリかと。

giantroborevol11.jpg
giantroborevol12.jpg
giantroborevol13.jpg

 ロボの背面が死ぬほど格好いいですwまぁ、ロケットの接続法についてはちと不満があるのですが、そちらは後ほど。

giantroborevol15.jpg

 さて、このジャイアントロボ、出来は素晴らしいのです。商品のままでも十分に魅力的なのですが、デザインの都合上足の可動範囲がどうしても狭くなってしまいます。
 そこで同時発売のウルトラマグナスに付属してくるジョイントの内、二連結のジョイントを使用。元来使用されているものより、微妙に長いのです。

giantroborevol30.jpg


 左がジョイント入れ替え。右がノーマル。ジョイントが長くなった分、より踏み込むようなポージングが可能になりました。

giantroborevol17.jpg

 ただし、正面限定。横から見ると、かなり間抜けな状態になっております。

giantroborevol27.jpg
giantroborevol28.jpg
giantroborevol18.jpg
giantroborevol19.jpg

 足の長さも当然増量されるので、同じポーズを取らせても足の開き具合が違ってきます。マグナスをお持ちの方は試してみるのも一興かと。

giantroborevol20.jpg

 膝関節は個人のお好みでという感じですが、ジャイアントロボ厨としては見逃せないのがロケットの接続方法。製品では二つのジョイントを使っているのですが、原作ではジョイント部は一つ。前後だけではなく、左右にもロケットが回転するのです(OVA最終話参照)

giantroborevol21.jpg

 とゆーわけで、思い切ってジョイントを一つ外しちゃいました。

giantroborevol22.jpg

 これで原作同様、左右にも動かせるように。ロケットの保持力にはほとんど影響がないので、ジャイアントロボ厨は外しちゃっても構わないかと。

giantroborevol23.jpg
giantroborevol24.jpg

 んで、外した部分の接続部がもったいないので、ダンテに付属してきたスタンドを使用してみました。ロボが重いうえに、スタンドが短いのでポージングは限られてしまいますが、電磁ネットワイヤー作戦時のロボを再現することくらいは出来ます(下の写真。劇中では、右腕が破壊されます。間違えたOTL)

giantroborevol25.jpg

 どひゅーん。

giantroborevol29.jpg

 行け! ジャイアントロボ!!
 リボルテック ジャイアントロボでした。ボリュームたっぷりで、再現度も高いし、原作ファンにとっては必携のアイテムではないかと。来月のGR2でジャイアントロボは一段落みたいですけど、アルベルトとか出してもいいんじゃないですかねぇ。ほとんど有効活用されていないヒューマノイドカテゴリを活かすためにも(苦笑)
 ちなみに来月のGR2にはロボ用のロケットバズーカが付属。くそ、あこぎな商売を(笑)

←値引率が凄いですw
スポンサーサイト

テーマ : おもちゃ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

なかなか・・・

Gロボはスパロボでしか知らないんですが、なかなかイイ感じですね~。
このゴツさはかなり好みです。
ロケットをGR2に付けるとはさすがですよね。w
今日、ヨドへ行った時確保しようか迷ってやめたのですが、買えばよかった・・・

ヒューマノイドはなかなか出ないですね~。
自分としては、格ゲーのキャラとかかなり欲しいです。

 Gロボはおススメですよ~! ボリューム感に圧倒されること間違いなしw
 最初、ロケットバズーカをGR2に付属と聞いた時は「海洋堂は阿呆か!」と思いましたけど(苦笑)、今では「どうせGR2も買うからいいや」と諦めております。慣れって怖い。

 ヒューマノイドではギルティギアシリーズとか、バーチャとか出してくれると面白そうですなぁ。

ダンテやレヴィの顔がアレな感じなので、
ヒューマノイドには期待出来なさそうだが、
それでも、それでもエフェクト付きの
アルベルトは欲しい!w パトレイバーみたいに
違う人が造形すればいい感じになるかもー

 山口さんの人間フィギュアはヤバイですよねー。泥人形に間違われそうなレベル……いや、顔さえ見なければ平気なんですよ。多分。

 銀鈴ロボとか出しても面白いかもしれない(ぇ
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。