スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス17

 

・ルルーシュの動揺
 スザクの父親殺しについては、自分も腹違いの兄を殺したこともあり、さして気に留めないルルーシュ。それどころかナナリーを任せるつもりでいたのが、スザクがにっくき白兜のパイロットだと知り、動揺丸出し(笑)コーネリアとの初戦闘の時もそうですが、ルルーシュは突発的な事態への対応がイマヒトツですね。反応できないことはないけど、あまり上手くはないというかw今回は、ほぼパニック状態でしたね。
 とはいえ、同じ学校に通うカレンも動揺を隠せずにゼロに指示を求めているので、人間らしい正常な反応ともいえますが。まぁ本当にこの人は人間臭いというか、この甘さが魅力でもあるのですよねー。
 ただ、ランスロットのパイロットの素性という大きなカードを手に入れたので、それはそれで動きやすくもあり、最後の高笑いは吹っ切れた証拠なのかも。再来週からの展開が楽しみですね。ちなみに来週は総集編。

・シャーリー
 記憶を消去されたものの、部屋でルルーシュへの手紙(ボツにしたやつ)を発見し、再び物語上に浮上してきたシャーリー。その後の反応がまたもや意図的にカットされていましたが、自分が(今は)知らない男に手紙を書いているのを知った時の不気味さときたら、想像を絶するものがありますね(笑)

・中華連邦には行ってない
 先週、時間軸がよくわからないと書いたのですが、C2は中華連邦には行っていないみたいですねー。となると、ルルーシュの危機を察して引き返してきたということですか。彼女の神出鬼没ぶり&マオの出現は察知できなかったことからすると、〝現〟契約者の動向を把握しているようです。〝前〟契約者のマオとは、ルルーシュと契約を結んだ時点で契約破棄ってことだったのかな。その内、C2のこの能力についても触れられそうですが……何ともまあ、便利な能力ですな(笑)ご都合主義に感じられる展開も、こういう能力ですからの一言の前に敗れ去ってしまうw
 でも先週、ルルーシュの「何故、お前がここにいる!?」とか「C・C!?」程度の台詞は欲しかったかな。テンション優先にするのは分かるんだけど、先週は首を捻らざるを得なかったので。
 ちなみにC2の正式名称はC・Cですが、打つのが面倒なので、ウチではC2で行きます。

・ラクシャータ
 紅蓮の開発者登場。声と外見が微妙に合っていないような。もっとお姉さんな感じだと思ってました。
 ランスロットの動きを観察していたから、対抗策とか出してくれるんでしょうか。

・藤堂
 専用機ゲット&テーマソング?つきと破格の待遇の藤堂さん(笑)しばらくはゼロと行動を共にすることになるのかな。そうなると、ゼロはまたもや大きな爆弾を抱え込むことになってしまうんですよね。日本解放戦線を囮に使ったことがバレたら……扇・ヴィレッタとの絡みがどうなるのか、見所ですね。

・騎士
 ようやくというか、ついにユフィーの騎士に選出されたスザク。長かったですねぇ。彼のもたつきぶりはちょっとフラストレーションが溜まり気味なところもあったのですが、それが解消されそうです。ただ、ユフィーの騎士になるということは、これまでスザクが徹底的に避けてきた「殺し」も時にはしなければならず、トラウマスイッチがオンになりそう(笑)ブリタニア変革のためには必要だし、スザクにとっては大きなプラスだけれど、マイナス面も存在しているんですなー。
 ルルーシュに顔を見られたことに付け加え、今週は物語上の大きなターニングポイントですね。再来週が待ち遠しいですわ。

スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス 第17話 『騎士』(コントあり!)

「ブリタニアの少年ルルーシュは、ふたつの道を持っている。 ひとつは母へ仇を探す過去ヘの道。 もうひとつは妹ナナリーが幸せに過ごせる場所をつくるための未来への道。 ルルーシュが過去と未来を見据えたとき、彼だ

イレブンなら誰もが知る伝説の騎士!藤堂鏡志郎と四聖剣!俺は歴史さえも下僕にできるッ! コードギアス第17話感想 ~騎士~

スザクが藤堂さんに信念を肯定され、ユーフェミアの騎士となり、スザクが精神的にも、地位的にも一歩上の水準へ。  それと対比的に藤堂さんが「奇跡」という桎梏をふっ切って黒の騎士に。  ルルーシュが中華連邦を利用しての大

コードギアス第17話の感想-ラクシャートかわいいよラクシャートw

「ディートハルトに仕切らせろ」 扇がヴィレッタにぬくぬくしている間に、ディートハルトへの信頼度がかなり増してきてますね。扇の立場がだんだんと危うくなってきてる予感。でもそこで無理をしないのが扇のいいところかも。・・ってヴィレッタの件で無理してるのかなw

今週のコードギアス&妖奇士

 いよいよ春改編。コードギアスは予定通り「第1部・完」っぽいが、妖奇士はどうやら打ち切りっぽい。 コードギアスの後番組は「Darker than BLACK -黒の契約者-(ダーカーザンブラック くろのけいやくしゃ)」(Wikipedia)。製作はBONESにアニ...

コードギアス 反逆のルルーシュ 第17話「騎士」

全てを出し切らなければ何も獲得できはしない――。 囚われた藤堂を救出に向かった黒の騎士団。 奇跡という夢のつづきを見せる責任。 ゼロの言葉に再起する藤堂――。 スザクは、藤堂の敵となる道を選ぶ… 今回も劇的な展開です。 スザクより藤堂の方が今回メインみたいでし

コードギアス 反逆のルルーシュ 第17話 「騎士」

おまっwwwどんな笑顔だよwwwwwどう見ても狙ってます!本当にご馳走様でした(*゚∀゚)=3 そして四聖剣のキャラ(一部除くw)に惚れた!(´∀`*) ポッ

コードギアス 反逆のルルーシュ #17 「騎士」

 ブリタニアの少年、ルルーシュは、 2つの道を持っている。 1つは、母の仇を捜す、過去への道。 もう1つは妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るための、 未来への道。 ルルーシュが過去と未来を見据えたとき、 彼だけが選べる現在の道は、 ....

コードギアス 反逆のルルーシュ stage17 『騎 士』

情報の不完全性とランバ・ラル

コードギアス 反逆のルルーシュ stage17『騎 士』

ブリタニアの少年、ルルーシュは二つの道を持っている。一つは母の敵を探す過去への道もう一つは妹ナナリーが幸せに過ごせる場所を作るための未来への道ルルーシュが過去と未来を見据えた時彼だけが選べる現在の道

父殺しの男が…(コードギアス第17話)

最初に見た感じの印象では、もっとキツイ性格の人かと思っていましたけど、意外にサッパリした人のようで安心しました。それでいて軽薄な所はありませんし、声も結構可愛らしく、また、自分が開発したメカに、誇りと愛情を

コメントの投稿

非公開コメント

「書類地獄からは解放かな?」

 タコさんウィンナー…ヴィレッタ…僕には君が分からないよ…(笑)

 ユフィーのイレブンに対する意識ってどうなんだろうと思った今回。まぁ、スザクを騎士にする事で吹っ切ったって所かな?
 どちらにしろ、くぐつ的な印象が強調されていましたが、これも吹っ切れたのかしらん。

 まぁ、今回は、色々なキャラが、今までためてきた秘密やフラストレーションが、一気に解放された話やねぇ…

 ラクシャータはEDを見る限り、中立なのかな?

 タコさんウィンナー……あれですよ、よく考えてみると、軍に入る前はヴィレッタも普通の女の子だったわけで。そこであのメルヘンチックなライフスタイルが形成されたのではないかと。軍で堅物になったのは、少女のままではいらない!的なノリだったのではないかと……妄想しておりますwまぁ、ギャグパートとして割り切ってます。

 ユフィー自身は偏見がないつもりなんでしょうけど、周囲が偏見に満ちているので、どうしても影響されてしまうところもあるんじゃないでしょうかね。一部の過激な偏見者以外は、この部分が描かれていないので、判断に困るところではありますな。

>ラクシャータ中立
 兵器開発者の常というやつでしょうかw

新型続々

 冒頭から笑顔でファンサービスのルルーシュはいいとしてスザク、立ち直り早過ぎですね。ルルーシュに責められなく安心したからなのでしょうか。
 
 できれば藤堂と言葉を交わすことで、己の目標を再確認することで、立ち直ってほしかったですね。

 メカ戦については新型機が二種でてきましたが、富士山決戦の時くらいには動いて欲しかったです。

 タコさんウィンナーブリタニアにもあったんですね。

 スザクがまともに見えて、実は壊れているキャラクターなのは富士山決戦で明かされていますからね。彼が自身を本当に見つめなおすのは、ドラマ上、もっと後ろに配置されると思いますよ。でないと、彼のエピソードが終わってしまうので^^;

 メカ戦はあれくらいで十分だと思いますねー。毎週、最高水準を求めては酷かと。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。