スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろはにほへと 其の十九

 ろはにほへと、GYAOにて無料放送中デス。毎週金曜日正午に最新エピソード更新。

赦逆の五芒星

 月涙刀に操られ、秋月を斬ってしまった赦乃丈は己が所業に恐怖する。そんな赦乃丈は月涙刀を捨てようとするのだが、そこに先生こと蒼鉄が現れ「秋月は死んでいない」と告げるのであった。

・赦乃丈と鉄ノ介
 いつの間にか物語の舞台上に引っ張り上げられ、いつの間にか秋月をバッサリやってしまった赦乃丈さん。キャラクターを確立できないまま、あれよあれよと流されてきた彼女は、正直なところ、魅力あるキャラクターとは言えず。先週の話で一気に株を落としたなぁと思っていたのですが……彼女の世話役・鉄ノ介が、いい役回りをしています。それまで「座長」としてしか見られず、(一部のキャラには、〝女の子〟として扱われたけど。秋月の前では〝女〟だったけど……相手が秋月だからなぁ^^;)女性としてのパーソナリティを確立できずにいた赦乃丈を「少年の視点」を通すことで、ちゃんとした「綺麗な女性」として描いています。彼女の母性や女性性は白虎隊との絡みでも、それとなく描かれていましたが、鉄ノ介の方が機能しているかな。もっと早くに、こういうキャラクターが欲しかったです。上手いけど、惜しい。

・赦乃丈一座
 赦乃丈、立ち直りはええ!としか言いようのない、一座の再集結。しかし、相変わらずの演出の光っぷりにすべては誤魔化されるのであった。ちゃんちゃん。久しぶりに、いろはにほへとらしい演出見られて満足でした。一座の視点を通して、蒼鉄のキャラクター描写もなされていますし、今週の脚本はシッカリしてます。作画のレベルも高いし、中居屋とのラストバトル以来、最大の満足度を得られました。殺陣も格好いいです。
 面白いのは、今まで作中でヒーローの役割を背負ってきた秋月の代わりに、赦乃丈を戦うヒロインとして描いている点。刀を手に入れた経緯は苦笑ものの彼女でしたが、秋月が退場している間、今回のような役割を背負わされるのだとしたら、加速度的に魅力が増していくんじゃないでしょうか。少々、時期を逸した感は拭えませんが(もう十九話だよ……)

・秋月
 どこかの浜に漂着した秋月。って、どれだけ海を彷徨ってたんだ。こりゃあ、復帰するのは赦乃丈がピンチに陥った時でしょうかね。

 あやかしあやしは見逃したので、来週以降に。

スポンサーサイト

テーマ : 幕末機関説 いろはにほへと
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。