スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色んな〝I〟

 原書を読むためのコツ。原書といえばオール英語!で、駄目な人は見ているだけで頭痛ものなのですが、私が普段アメコミを読む際に取っている方法を簡単にご紹介。

 アメコミを読む時・紹介する時に、「こいつはどんな一人称で喋るのか」ってのを、真っ先に考えています。
 お子ちゃまなキャラクターなら、わたし・あたしとか、気弱なキャラクターなら俺じゃなくて僕とか、尊大な奴なら我輩とか。

 分類↓

私キャラ(男性編):キャプテンアメリカ、アイアンマン、ソー、シルバーサーファー、プロフェッサーX、マグニートー、バットマン

僕キャラ(男性編):スパイダーマン、スーパーマン、サイクロップス、ハルクリング(YA)、アイアンラッド(YA)

俺キャラ:ウルヴァリン、デアデビル、パニッシャー、ランナウェイズの男性メンバー全員(アレックス以外)、サノス、ホークアイ(アヴェンジャーズ)、ウィキャン(YA)、パトリオット(YA)、スピード(YA)

特殊一人称キャラ:オンスロート(我)、アニヒラス(アニヒラス)

私キャラ(女性編):ニコ(ランナウェイズ)、ルーシー・イン・ザ・スカイ(ランナウェイズ)、ガート(ランナウェイズ)、ホークアイ(YA)、キャシー(YA)、スカーレット・ウィッチ、スーパーガール

あたしキャラ:モリー(ランナウェイズ)、ニコ(ランナウェイズ)、バッキー(リボーン世界)、ロキシー(GEN13)

 などなど。ボクっ娘が一人くらいいると思ったのですが、私が購読しているタイトルの中にはいないかなぁ。ランナウェイズのニコを「私・あたし」の両方に入れているのは、アーティストによって彼女の印象が随分変わってくるから。メインのエイドリアン・アルフォナの時は繊細で(ちょっぴりスレてる)十代だけど、YA&ランナウェイズでは完璧にヤンキー(笑)
 それはともかくとして、英語をいかにも固い「私は~です」みたいなエキサイト翻訳状態で読まないようにするためには、「I」の脳内変換は必須。その作業を無意識に行えるようになると、英文を訳した際に自然とキャラクター性が反映された〝活き活きとした〟日本語が脳内で再生されることになります。例えば、こんな具合に。

原文
ニコ:We will leave the avenging to you guys.

パトリオット:And what about you? You are just going to walk away?

ニコ:Take my advice.When the world goes crazy you run...you runaway.

エキサイト翻訳
ニコ:私たちはかたきを討つことをあなた達に残すつもりです。

パトリオット:そして、あなたはどうですか? あなたはただ歩き去るでしょうか?

ニコ:私の忠告を聞いてください。世界が気が狂っているとき、あなたは走ります…あなた、暴走。

意訳その一・ヤンキーバージョン
ニコ:復讐とか報復とか、あたしたちのガラじゃないのよね。

パトリオット:じゃあ、君たちはどうする? このまま、背を向けて生きていくつもりなのか?

ニコ:あんたにアドバイスをあげる。もし世界がぶっ壊れたら、走って……逃げちゃいな。

意訳その二・私バージョン
ニコ:復讐(AVENGING)は、あんたたちに任せるね。私たちは、そーいうノリじゃないから。

パトリオット:じゃあ、君たちはどうする? このまま、背を向けて生きていくつもりなのか?

ニコ:私の忠告、忘れないでね。この世界はおかしいって思ったら、走って……逃げるの。走って逃げるのよ。

実際に採用されたバージョン(超訳)(冒頭文なし)

パトリオット:じゃあ、君はどうするんだ? 当てもなく歩き続けるだけか?

ニコ:アドバイスを一つ。もしも世界が狂ってしまったなら、走るのよ。パトリオット。走って、逃げればいい――RUNAWAY。

 とまあ、ご覧のように僅かな英文でも一人称によるキャラクター性の位置づけの決定などで、印象はガラリと変わります。キャラクター性に付随して重要なのは、英単語の無視。原文と訳文を見てもらえば分かるんですが、ラストのニコの台詞にifは含まれていません。でも、「世界が狂った時にor狂った際に」よりは「もしも世界が~なら」の方がニコ的には自然なので、完全に無視。これがチェイスやスピードといった、ヤンチャな部分を持つキャラなら「世界が壊れちまった時にはよ」など、whenをそのまま採用するんですけどね。これもまた、キャラクター性によるものなのです。シーンの流れとキャラクター性に整合さえしていれば、原文を破壊しようと構わない。

 じゃあ、そのキャラクターを掴むためにはどうすればいいのかっていうと、私の場合はアートとキャラクターの行動で決定しています。リーフを一つ読むだけでは把握は困難ですが、ミニシリーズ一つ或いはTPBを読めば大まかなキャラクターは掴めるはず。ホントはそのキャラが出ている話をカバーしなきゃいけないんですが、それはほぼ不可能だし、資金的にも難しいので、私はお手軽な方法を選択wアメコミを読むのは別に勉強でもなんでもなく、単なる趣味なんだから歴史が長いからと怖気づく必要はなくて、思い切って飛び込んでしまえばいいと思うのですよね。上でも書いたように、英文をそのまま訳す必要なんて、どこにもないわけですし。原書を読むのは意外に簡単ですよ、ということです。

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

曖昧Me

はじめまして。

いつもアメコミとアニメのレビューを楽しく拝見させて頂いております。

自分の場合、DR.ドゥーム、ケーブル、ブラックパンサーなんかの外交的な絡みが多いキャラは、相手によって俺、私、我、余、わしと一人称を使い分けてる感じで読んでいます。

 初めまして。いつもご覧いただき、ありがとうございます~

 彼らは確かに、接するキャラクターによって一人称が変わってきそうですね。ドゥームなんか特に、リードと接する時には一人称を変えそうです。この見方はあまり考えてませんでした。今度から使ってみます~
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。