スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス18

 木スザクに命じる

・新生オレンジ
 OP動画入れ替えキター! って、ネットでアップされてたMADっぽいOPですね。ところどころに挿入される新作カットの一番の見所は、やはり新生オレンジさん。左半身がおかしなことに。つーか、それ何てシェルブリット状態に(笑)! 爆笑してしまって、OPどころじゃなくなってしまいましたよ。ナイスなお笑いのセンスだなぁ。

・黒の騎士団
 新編成の黒の騎士団。藤堂やディートハルトといった新参者を重要位置に据える辺りが能力至上主義のゼロらしくてイイですね。そして、零番隊隊長になってますますゼロに浸透していくカレン……(笑)
 扇の副指令配置は色々と波乱を起こしそうですな。日本解放戦線の一件が明らかになれば、扇派・ゼロ派と別れてもおかしくない。扇にそこまでの人望があるかといえば……あると言い切れないのが、何とも扇らしいw
 玉城の第二特務隊隊長の任命はつまりは、こういうことですよね。「お前は能力が低いから、捨て駒部隊の隊長よろしく!」と(笑)実際問題、彼は捨て駒にしても痛くない人材ですし。

・皇帝になるということ
 次第に明かされていく、ブリタニア皇帝と、その子供たちの関係。皇帝のやり方に心酔しきっている子供たちはいないようで、ユーフェミア・シュナイゼルと二人もの皇族が皇帝に対する反感を持っていることが明らかにされました。

・皇帝の話し相手
 C2のように、その場にいない人間と会話をするブリタニア皇帝。C2が以前、口にした「Cの世界」にブリタニア皇帝も通じているということなのでしょうか。思えば、ルルーシュがC2と契約した時も、皇帝は「ラグナロクの始まりだ」と二人の動向を把握しているようでしたね。ギアス能力者というよりはむしろ、C2に近い存在?
 とりあえず、謎の台詞をメモっておきますね。思考エレベーターの構築。

・ニーナ
 ユフィーの騎士になったスザクへの嫉妬全開なニーナさん。イレブンへの偏見も再燃していそうですなぁ。スザクのパーティーに顔を見せなかったし、態度が露骨すぎる(笑)
 さりげなく彼女とロイドを接触させていたのは、対紅蓮(ラクシャータ)の突破口にするためでしょうかね。今週も含め、ラクシャータに遅れを取ってばかりだったので、そろそろロイドの反撃が始まりそうです。

・ミレイ
 ロイドとの婚約が明るみに出て、思わずルルーシュの方を振り返ってしまうのは、やっぱり好意の証なのか。

・柩木スザクに命じる
 どんな秘策があるのかと思ったら、口先だけでスザクをやり込められると思っていたのか、ルルーシュよ……さすが、実戦に弱い男(笑)結局、シュナイゼルの思わぬ奇襲のせいで、ギアスを使用しちゃってるし。ギアスの有効期限が完全には立証されていない状態での使用は、いずれ歪を生む可能性もあり、これはこれで面白い展開になりました。

・謎の少女
 シュナイゼル擁するナイトメアの砲撃の瞬間、謎の少女のカットが挿入されてました。最初はナナリーかと思っていたんですが、ちょっと違うような。う~ん、謎。

スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル : アニメ・コミック

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コードギアス反逆のルルーシュ STAGE18「枢木スザクに命じる」

コードギアス反逆のルルーシュの第18話を見ました。STAGE18 枢木スザクに命じる黒の騎士団はバイク一台調達するにも苦労していたのが嘘みたいにラクシャータはどういうルートを使ったのか潜水艦を調達していた。「それでは黒の騎士団再編成による新組織図を発表する。軍...

コードギアス反逆のルルーシュ #18

『枢木スザク に 命じる』 ユーフェミアの騎士となったスザク。C.C.はスザクにギアスをかけるようルルーシュに提言する。それを拒み、ユーフェミアに奇襲を仕掛ける黒の騎士団。この危機にランスロットが出動するが、ルル

コードギアス 反逆のルルーシュ stage17 『枢木スザク に 命じる』

スタッフの意地を見た気がした。

コメントの投稿

非公開コメント

いいところで終わり過ぎ

 今週は色々ありましたね。OPのジャレミア卿は『スクライド』という以前ルルーシュの監督さんが手がけた主人公にそっくりです。

 結局騎士拝命についてのスザクの内面描写もなく任官式へ、やっぱり藤堂と会話したことで、何かが吹っ切れたのでしょうか。

 それにしも素直にスザクを認めるダールトンはいい人だ。

 ニーナとロイドに接点を持たせましたが、これも何かの複線でしょうか? ひょっとするとランスロットの飛行ユニットに関係があるのかもしれませんね。

 ブリタニア皇帝一族は互いの権力闘争によって成り立っているのでしょう。現皇帝も兄弟を殺して成り上がった可能性は十分にありますし、長兄がいないこともその辺に起因していると思われます。

 そして引っ張るだけ引っ張って1クールでは葬儀シーンにしか登場しなかったシュナイゼルが今後いかにストーリーに絡んでくるのか、楽しみです。

 そして最後に怪しいと思いながらもまんまと敵の策にはまるスザク、先々週で行動パターン読まれているんだから、もっと警戒しなさい。

「ちょっと面白い子がいてね。」

 ビアン・ゾルダークとルルルーシュのやってる事って、方法論としては同じなんですよね。
 斬新なようで、意外とありふれた物語なのかもしれない。

 山の様な陰口を背に、凛々しく儀式をこなすスザク。
 非常に格好いいシーンなのですが、そんなスザクがMに見えてしまう僕はどこで人生を間違えたのでしょうか?…

>サンスターさん
 オレンジはカズマのシェルブリッドみたいですよね。
 スザクは吹っ切れるも何も、ないような気が……^^;彼は一つの道を選択したら、そこで走り続ける=思考の硬直化を自ら選択しているキャラですので、よほどのことがない限り人の言葉に耳は貸さないかと。ゼロの話術も、本当にスザクをねじ伏せられたのか? という疑問もありますし(多分、無理)
 
>jimaさん
 ビアンとルルーシュが同じ? ん~、よくわからない(汗)
 ただ、コードギアスはそれほど斬新なものではないのは確かですよね。デスノート登場以前なら、新しかったかもしれませんが。むしろギアスの魅力は人間臭いキャラクターと、視聴者を刺激しまくる演出・脚本にあると思います

 スザクはMでしょう、間違いなくw死にたがりですから。
プロフィール

だっちゃん

Author:だっちゃん
リンクについて

ブログ検索
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
リンク
RSSフィード
全記事(数)表示
全タイトルを表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。